第88回 アルゼンチン

   

さて、今日はアルゼンチンです。

私の大学時代の友人に5年以上かけて世界一周旅行をした男がいます。日本からアメリカ・ニューヨークに渡り、その後南に下って南米から南アフリカに入り、ヨーロッパを経て、アジアを回り日本に帰国しました。途中、彼はフランス・パリに三ヶ月ほど滞在したのですが、たまたま私もその期間(仕事をしておらず)暇だったの大学時代同様に遊びまわったものです。→当時32歳!かな。

アフリカの中央部では、バスで移動中にゲリラに襲撃され銃口を突きつけられて殺されそうになったり、三日間”水”にありつけず、耐えかねて泥水を飲みアメーバ赤痢になったという馬鹿(ツワモノ)でもあります。

彼からこのような話を聞きました。

『俺は将来海外移住するなら、アルゼンチンがいいと思っている。とにかくみんな明るいんだ。今の日本とは比べものにならないくらいに。それに女性もきれいだし、なんと言っても肉がうまい。日本円で100円あればうまいステーキが食えるんだ。一緒に赤ワインを飲むんだけど一本50円くらいなんだよ』

このアルゼンチンの話が妙に印象に残っています。

この時の赤ワインがマルベックだったのか、カベルネ・ソーヴィニヨンか、はたまたボナルダであったかはわかりません。

私もいつか現地で100円のステーキと50円のワインを飲んでみるつもりです。ちなみにフランスでも1~2ユーロ程度のAOCワインが普通にスーパーで売られていました。←美味しくありませんが。

一日生きることは、一歩進むことでありたい by 湯川秀樹

こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

※表紙はアコンカグアの麓のブドウ畑、秋

スポンサードリンク


第88回 アルゼンチンのワイン

アルゼンチンについてはこれまでそれほど出題されてきたわけではありませんが、ここ数年間は毎年1.2問必ず出題されています。→2017年度はソムリエ呼称で2問、エキスパート呼称3問でした。

こちらも時間の無い方に、キーワードだけでやり過ごす、ワンポイント講座です。

アルゼンチンワインのkeyword!
・ゾンダ風・灌漑
・マルベック→ボナルダ→カベルネ・ソーヴィニヨン
・ラ・リオハ トロンテス・リオハーノ白・フローラル

・メンドーサ ルハン・デ・クージョ、サン・ラファエル→マルベック

A アルゼンチンのワインについて

●地理、気候、特徴

南緯22度から42度までのアンデス山脈の西側の麓を中心とした高地(平均標高900m→とにかく高い!)にブドウ栽培地が広がります。乾燥しているため病害虫に悩まされることが少ないのですが、多くの地域で灌漑が必要です。太平洋からの湿った風がチリを超えると暖かく乾燥した風になり、こちらをZONDA風と呼びます。大陸性気候

ブドウ栽培の歴史は16世紀半ばにスペイン人宣教師にもたらされ、その後、19世紀にボルドー品種が伝わり本格的なワイン造りが始まります。長年、質より量の国でしたが、1990年代以降、海外の資本流入を期に品質が急速に向上しました。

●主なブドウ品種(栽培面積順に)

白ブドウ
トロンテス・リオハーノ、③シャルドネ

黒ブドウ
マルベック、②ボナルダ、③カベルネ・ソーヴィニヨン

●アルゼンチンのワイン法

・1959年 ワイン法により設立されたINV(国立ブドウ栽培醸造研究所)がワインを統括しています。
・1999年 原産地呼称(Denominacion de Origen Controlada)
現在二地区が認定されています。 

・メンドーサ州 Lujan de Cuyo(ルハン・デ・クージョ)、San Rafael(サン・ラファエル)

B アルゼンチンのワイン産地
※北から順に

●北部地方
・サルタ州、カファジャテのトロンテス・リオハーノ

●クージョ地方

メンドー
アンデス山脈のミネラル分豊富な雪どけ水の流入で灌漑が容易、土壌は肥沃です。アルゼンチンワインの生産量の8割を占め、ルハン・デ・クージョサン・ラファエルが原産地呼称地区に指定されています。マルベックを中心にボナルダ、カベルネ・ ソーヴィニヨン、シラー、メルロなど。あとはトゥプンガトのマルベックが高品質で有名です。

サン・ファン
アルゼンチン第二の産地 シラー、マルベック

ラ・リオハ
標高800~1400m位置する灌漑された小さな渓谷でブドウが栽培されています。白ブドウが半分を占め、なかでもトロンテス・リオハーノが世界的認知と評価を受けています。

●パタゴニア地方
・リオ・ネグロ 一番南!

こんなものでいいと思いますよ。

 スポンサードリンク
ソムリエ試験 過去問

【過去問 2017】
アルゼンチンを特色づける 2 大ブドウ品種、黒ブドウはマルベックですが白ブドウで代表するものを次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Ugni Blanc
2. Chardonnay
3. Sauvignon Blanc
4. Torrontes

【過去問 2017】
アルゼンチンのワインを産する州で最も南に位置する州を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. サルタ州
2. リオ・ネグロ州
3. メンドーサ州
4. トゥクマン州

【解説】
なんとなく地図を見ておいてください。この後の過去問でも役立ちます。

【過去問 2017】
アルゼンチン第二のブドウ・ワイン産地でマルベックやシラーが国際的に評価されている産地を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. カタマルカ州
2. サン・ファン州
3. ネウケン州
4. ラ・リオハ州

【過去問 2016】
アルゼンチンの黒ブドウ品種で最も栽培面積の多い品種を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Cabernet Sauvignon
2. Merlot
3. Bonarda
4. Malbec

【過去問 2016】
アルゼンチンワインの品質に最も大きな影響を与える気候風土の条件として正し いものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 降雨量の多さ
2. 低い緯度
3. 高い標高
4. 土壌の多様性

【過去問 2016】
アルゼンチンのワイン生産地域で、カファジャテが位置する州を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. サルタ州
2. カタマル州
3. メンドーサ州
4. サン・ファン州

【過去問】
アルゼンチンのブドウ栽培地は高い位置に畑がある事が特徴であるが、平均の標高を 1 つ選んでください。

1. 約 300m

2. 約 600m
3. 約 900m
4. 約 1,200m

【過去問】
ヴィティス・ヴィニフェラ種がヨーロッパからペルーやチリを経てアルゼンチンにもたらされたのは何世紀か正しいものを 1 つ選んでください。

1. 15 世紀
2. 16 世紀
3. 17 世紀
4. 18 世紀

【解説】
アルゼンチンから歴史カテゴリーの出題があるなんて。ただ、昔習った歴史の知識をフル回転させると、スペイン人が南米を侵略したの15世紀で…。その流れで伝わったとすると…。

【過去問】
アルゼンチンのブドウ栽培に気候上多いに影響を与える南米最高峰のアンデス山脈に位置する山を 1 つ選んでください。

1. キリマンジャロ
2. マッキンリー
3. アコンカグア
4. ワスカラン

【解説】
これもある意味常識といえるのかもしれません。1.と2.じゃないでしょ。となると…。

【過去問】
太平洋からアンデス山脈を越えてアルゼンチンに吹く乾燥した暖かい風の名称を 1つ選んでください。

1. アリゼ
2. ゾンダ
3. ミストラル

4. シロッコ

【過去問】
アルゼンチンのワイン産地の中で最も北に位置する産地を 1 つ選んでください。

1. Rio Negro
2. Mendoza
3. San Juan

4. Catamarca

【解説】
先ほど1.の場所をなんとなく確認されたと思います。2.と3.はしっかりと勉強しました。さて、ということです。

【過去問】

アルゼンチンのD.O.に認定されているラ・リオハ州に属する地区を1つ選んでください。

1. Valles de Famatina
2. Maipu
3. San Rafael

4. Lujan de Cuyo

【過去問】
アルゼンチンにおいて、現在原産地呼称制度に認定されている地区を1つ選んでください。
1. Lujan de Cuyo
2. Maipu

3. Tupungato

【過去問】

アルゼンチンの代表的なワイン産地マイプの耕地がある標高を1つ選んでください。

1. 標高300m ~ 600m
2. 標高600m ~ 1,100m
3. 標高1,100m ~ 1,700m

4. 標高1,400m ~ 2,000m

【解説】

難しいですね。平均900mですから、そこから2.か3.あたりまで絞れれば…。

【過去問】

アルゼンチンのSan Juanにおいて、春に太平洋側から吹く 乾燥した風の名前を1つ選んでください。

1. Mistral
2. Austru
3. Zonda

4. Bora

【過去問】
次のアルゼンチンのワイン産地の中からメンドーサ州に位置していないものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. パジェス・デ・ファマティナ
2. ルハン・デ・クージョ
3. マイプ
4. サン・ラファエル

【過去問】
次のアルゼンチンのワイン生産地の中から最も南に位置するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ラ・リオハ
2. サン・ファン
3. メンドーサ
4. リオ・ネグロ

【過去問】
次のアルゼンチンの概略に関する記述中、下線部AおよびBに該当する語句として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください

「アルゼンチンのぶどう栽培地は(A)___山脈の麓、南緯(B)___の位置に広がる」

1.(A)アンデス(B)22 度~42 度

2.(A)アンデス(B)26 度~44 度
3.(A)アペニン(B)22 度~42 度
4.(A)アペニン(B)26 度~44 度

【過去問】
次のアルゼンチンワインに関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. メンドーサは赤向けのぶどう栽培が最も多く、次に多いのはピンク系統品種である。
2. 最も栽培面積の大きい黒ぶどう品種はカルベネ・ソーヴィニヨンである。
3. メンドーサのワイン生産量は最も多く、例年総生産の50%~60%を占める。
4. アルゼンチンのワイン生産地は全体的に降雨量が多く常に病害に注意を払う必要がある。

【過去問】
次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「アルゼンチンでは、現在の主要産地であるMendozaとLa Riojaでは1569年から1589年の間にぶどう栽培が始まったといわれている。」

1. 正    2. 誤

【解説】
ラ・リオハではなくサン・ファンです。

【過去問】
次のアルゼンチンワインに関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。

1. ワイン用黒ぶどうの栽培においてBonardaはMalbecに次いで栽培面積が広い。
2. San Juanは中央西部地方に属している。
3. ほとんどの畑が標高300~2400m、平均900mの高い位置に畑がある。
4. 降雨量に恵まれており灌漑せず畑に安定して水分を供給できる。

【過去問】
次のアルゼンチンの主な黒ぶどう品種の中で、マルベックの次に栽培面積の多いぶどう品種を1つ選んでください。

1. Bonarda
2. Merlot
3. Sangiovese
4. Barbera

【過去問】
次の記述に該当するアルゼンチンのワイン産地を下記の中から1つ選んでください。

「例年、ワイン総生産量70~75%を占めるアルゼンチンの最も重要な産地である。栽培地域は5地区に分けられ、マルベックを中心にした赤向けのぶどう栽培が最も多く、47%を占める。」

1. San Juan
2. La Rioja
3. Catamarca
4. Mendoza

【過去問】

次のアルゼンチンに関する記述中(a),(b)に該当する語句の組み合わせとして正しいものを1つ選んでください。

「アルゼンチンのぶどう栽培地域は南緯(a)度の間で国の中央および北西部に位置し、太平洋からの湿った風はチリを超えると(b)と呼ばれる乾燥した暖かい風となる。」

1. (a)22~35  (b)貿易風
2. (a)22~39  (b)偏西風
3. (a)22~42  (b)ゾンダ風
4. (a)22~45  (b)卓越風

【解説】
(a)の選択肢だけで正解を導けます。太平洋からの湿った風がチリを超えると乾燥した暖かい風になります。これをゾンダ風というそうです。

【過去問】
次の中からチリではPais 、カリフォルニアではMission と呼ばれているぶどう品種のアルゼンチンでの呼称を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください

1. Moscatel de Alejandria
2. Viognier
3. Criolla Chica
4. Bonarda

【過去問】
アルゼンチンの北西部地方のバジェス・カルチャキエス地区で、最も広く栽培されている、フローラルなブーケと独特のフレーヴァーが特徴のワイン用白ぶどう品種を1つ選んでください。

1. Pedro Gimenez
2. Moscatel de Alejandria
3. Cereza
4. Torrontes Riojano

【解説】
バジェス・カルチャキエス地区がわからなくとも、同じく北西部地方のラ・リオハがトロンテス・リオハーノで有名であることを考えれば素直に4.が選べるはずです。

この品種はしばしばフローラルなブーケと独特のフレーヴァーが特徴というような言い方をします。

ここまで来ちゃいました、素晴らしいです!

何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com 松岡 正浩

 スポンサードリンク

 - ●アルゼンチン・チリ