第87回 カナダのワイン

   

本気で頑張ってますか?

まぁ、絶好調です!という方はそんなにいらっしゃらないでしょう。何とか頑張っていますという方、疲れていてつらいけど、たまにさぼっちまうけど、なんとかここまで来ましたという方、お疲れ様です。いい感じだと思いますが、でもこの時期、もうちょっと、あともう少し頑張れるはずです。

一方で、まだうまく波に乗りきれていない方もいらっしゃるでしょう。でも、本当に本当に最後のチャンスです。ダラダラしている時間、うだうだ言ってる暇は一ミリもありません。今、まさに今この瞬間から本気にならないと、一分一秒を大切にして頑張らないと合格が露と消えます。

コツコツ頑張っているのにいまいち手ごたえを感じない。覚えてもすぐに忘れてしまう。飲み比べて違いはわかるようになったけど、品種の特徴がとらえられない。

この時期、さまざまな悩み、モヤモヤがあるものなんです。おそらく受験される多くの方が同じように悩み苦しみながら試験対策を進めているはずです。受験当時、私も同じように苦しみましたから。

もしかすると試験当日までこの苦悩から開放されることはないかもしれません。それでも、ここを乗り越えた先に、耐えた抜いた先に合格はあるのです。

覚えても覚えてもすぐに忘れてしまう。これは皆同じです。健全な人間はどんどん忘れるようにできているそうです。全ての記憶を背負って生きることなど恐ろしくて考えるだけでぞっとしてしまいます。

残念ながらコツコツ繰り返し暗記を行うことが合格への道です。ここまで来たのですから自分のやり方を信じて一歩一歩前進しましょう。後で振り返ると試験対策のやり方なんてなんでもよかったと思える日が来るはずです。

大切なことは合格するという強い気持ちを持って最後まであきらめずに試験対策を続けることです。

テイスティングについても不安は尽きないと思います。私は結局よくわからないまま二次試験会場に向かいました。

二次のテイスティング対策についても最後は暗記です。この講座ではなんとかタイプわけして最後は模範テイスティングコメントを当てはめる方法でいきます。ですから、今の段階では、これまでに何度もお伝えしたように定期的にテイスティングを行い、必ず書き留めて自分なりの感覚、基準を持てるように努力してください。細かいテイスティングコメントなどは一次試験が終わってからでも十分間に合います。

もう本気でやっていなければいけない時期です。ちょっとした空き時間も一切無駄にせず日々少しでも前進しましょう。

私ごとですが、このちょっとまじめにこーざも6シーズン目を迎えました。お読みいただいている皆さんがいると思うことがなによりの原動力です。感謝しております。

これだけやっているわけですから自分なりのペースがあるはずですが、なかなかうまくいかない日もあるもので、弱い自分が顔を出す瞬間があります。正直、今日はいいかなと思う日もあるんです。私も疲れてますし、眠いですから。でも、そこで自分に負けてしまうとこの講座の存続に関わります。はっきり言って私そんなに寝てません。だって、私も皆さんと同じように飲食店で朝から夜遅くまで働いているんです。通勤の電車の中と深夜家に帰ってからがこの講座更新の為の時間です。でもまぁ、私のことはいいんです。

私は最後まで必ずしっかりと更新を続けると約束しますから、イマイチ乗り切れない人も今日から本気でがんばりましょうよ。しんどい時に頑張れるかどうか、人生において本当に大きな差になります。ずっと頑張れとは言いません。まずは一次試験まで、最初のゴールが見えかけているんです。そこまで全力疾走しても体は壊れません。

一次試験まであと一ヶ月半です。私も皆さんと共に戦っている気持ちで前進していく所存です。今後ともよろしくお願いします。

何度も申し上げますが、毎日少しずつの積み重ねです。そして、もうなりふり構っている時間は全くありません。疲れているのは皆同じなんです。明日ではなく、今日少しでも頑張ろうを合言葉に、何よりもこれからは合格を強く意識して前進しましょう。

※表紙は氷結ヴィダル

一生懸命にやればやるほど幸運に恵まれることを私は発見した。by T・ジェファーソン
お酒カテゴリーでも3位まで上昇しました。ありがとうございます!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第87回 カナダのワイン

これまで試験的にはそれほど重要視されていなかった感じです。試験範囲がある程度限定されていましたからその影響もあったのでしょう。ただ、2013年以降は毎年一問から二問程度は確実に出題されています。基本事項は押さえておきたいところです。
→2016年は二問、2015年にはアドバイザー・エキスパート呼称で三問、2014年は一問、2013年度は二問出題されております。

カナダワインのkeyword!→久しぶりに!
Vidal=Ugni Blanc × Seibel 4986 アイスワイン
ジョン・シラー、オンタリオ州
Niagara Peninsula:カナダ最大、オンタリオ州

Okanagan Valley:ブリティッシュ・コロンビア州最大

A カナダのワインについて

アメリカ・ニューヨーク州、ペンシルバニア州の影響を大きく受けたオンタリオ州とワシントン州の影響を受けたブリティッシュ・コロンビア州の2つが主な産地です。この2つの産地は性格が異なります。→この一文で、東西どちらの産地でどのような性格のワインかがわかります。

●歴史

1811年にジョン・シラーオンタリオ州でワイン造りを始めたのが最初と言われています。

●ワイン法

・1988年 オンタリオ州でブドウ醸造業者資格同盟VQAが導入され、特定栽培地域DVAが規定されます。→VQA=Vintners Quality Alliance / DVA=Designated Viticultural Areas なんとなく。

・1990年 ブリティッシュ・コロンビア州にもVQAが導入される。

エチケット表示
・原産州表示:100%その州で栽培されたブドウであること
・VQA名表示:オンタリオ州は85%以上、ブリティッシュ・コロンビア州は95%以上→ナイアガラ・ペニンシュラのサブ・アペレーションを名乗るワインは、100%です。
・畑名表示:100%
・ビンテージ:85%以上→以前はブリティッシュ・コロンビア州のみ95%以上でした。
・品種名:85%

・Estate Bottled:アメリカと同じです。→忘れちゃった方、今戻って確認です。

B オンタリオ州(カナダ南東部)
オンタリオ州はカナダ最大のワイン生産量を誇ります。

カナダでは1984年からアイスワインが造られています。アイスワイン用のブドウの収穫は12月中旬から1月初旬です。

●主要ブドウ品種
シャルドネ、リースリング、ピノ・グリカベルネ・フラン、メルロ、ピノ・ノワールヴィダル←ヴィダル以外は栽培面積順
白ブドウの方がやや多い。

ヴィダル:Vidal=Ugni Blanc × Seibel 4986

●主な産地
Niagara Peninsula←地図で確認しましょう。カナダ最大の生産地
Lake Erie North Shore

・Prince Edward County

C ブリティッシュ・コロンビア州(西側海岸沿い)

年間を通じて温暖な乾燥地帯です。

●主要ブドウ品種
メルロピノ・グリ、ピノ・ノワール、シャルドネ←栽培面積順ですが、覚えなくてもいいでしょう。

黒ブドウの方がやや多い。

●主な産地
Okanagan Valley←地図で確認しましょう。ブリティッシュ・コロンビア州最大
・Similkameen Valley

※〇〇Valley、〇〇 Islandとあればおおよそブリティッシュ・コロンビア州です。

過去問で確認です。ほとんどカナダワインのkeywordでクリアです!

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2016】
次のカナダワインについての文章で正しいものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ワイン造りは 1711 年に始まった
2. ワイン造りはジョン・シラーがブリティッシュ・コロンビア州で始めた
3. 30 年から 40 年前まではヴィティス・ラブルスカ種とフランス系との交配種を主に使っていた
4. 冷涼な気候を活かして造られるフォーティファイドワインは世界中から注目されている

【解説】
ちょっと難しいですね。ただ少なくとも、1.と2.を外して、3.と4.で悩まなくてはいけません。そして、選択肢を読んで、アメリカ、カナダの流れからラブルスカ種とフランス系の交配に反応し、一方でカナダでフォーティファイドワインが世界中から注目されているなんて聞いてないなぁと思えば正解です。

【過去問 2016】
カナダのブリティッシュ・コロンビア州のワイン産地を 1 つ選び、解答欄にマー クしてください。

1. Prince Edward County
2. Lake Erie North Shore
3. Niagara Peninsula
4. Similkameen Valley

【解説】
そうですか、こっちが問われますか…。でも、消去法でいけそうです。

【過去問 2016】
ブリティッシュ・コロンビア州で最大のワイン生産量の産地を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Okanagan Valley
2. Niagara Peninsula
3. Prince Edward County
4. Similkameen Valley

【過去問】
次の地図中 1 ~ 6 の中から(A)、(B)に該当するカナダワインの産地をそれぞれ1 つ選んでください。

canadawo
(A)Niagara Peninsula
(B)Okanagan Valley

【過去問】
1811 年にジョン・シラーがカナダで最初のワイン造りを始めた州名を 1 つ選んでください。

1. Prince Edward Island
2. British Columbia
3. Ontario
4. Quebec

【過去問】
カナダのブリティッシュ・コロンビア州の栽培地域を 1 つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County
4. Niagara Peninsula

【過去問】
カナダのオンタリオ州でアイスワイン生産量が最も多い、アイスワイン用のブドウ品種を 1 つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Riesling
3. Cabernet Franc
4. Vidal

【過去問】

カナダのブリティッシュ・コロンビア州の栽培地域を 1 つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County

4. Niagara Peninsula

【過去問】

カナダのオンタリオ州のアイスワインに使用されるワイン用ぶどう品種で最も生産量が多いものを1つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Vidal
3. Riesling

4. Cabernet Sauvignon

【過去問】

カナダ全体のワイン用ぶどう品種の約85%を栽培している州を1つ選んでください。

1. Nova Scotia
2. Quebec
3. Ontario

4. British Columbia

【過去問】
カナダで最も生産量の多いアイスワイン用ぶどう品種を1つ 選んでください。

1. ヴィダル
2. シャルドネ
3. バコ・ノワール

4. リースリング

【過去問】

次の1~4 の中からカナダのアイスワインで知られるVidal はSeibel4986と何の交配種なのかを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Ugni Blanc
2. Riesling
3. Chasselas

4. Chenin Blanc

【過去問】

次のカナダのワイン産地の中から、Ontario州に属しているものを1つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Fraser Valley
3. Prince Edward County

4. Gulf Island

【過去問】

カナダのオンタリオ州で、最も生産量の多いアイスワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Riesling
3. Cabernet Franc

4. Vidal

【過去問】

次の中からカナダのワイン用ぶどう品種Vidal 256の交配として正しいものを1つ選んでください。

1. Chardonnay × Seibel 4986
2. Pinot Blanc × Seibel 4986
3. Riesling × Seibel 4986

4. Ugni Blanc × Seibel 4986

【シニア過去問】

カナダのブリティッシュ・コロンビア州のワイン産地を一つ選んでください。

1. Similkameen Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County

4. Niagara Escarpment

今日はもう終わりです。ここはサラッとです。どんどん進みましょう。

何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ●カナダ・南アフリカ