第26回 シャブリ

   

ブルゴーニュの最初はシャブリです。

シャブリという名前が世界的に有名でワインを知らない方でも名前だけは知っているのではと思うほどです。そして、シャブリといえばミネラル。牡蠣にシャブリが合うかどうかは別にして、有名な組み合わせです。

シャブリのトップ生産者の一人、フランソワ・ラヴノー。この方のシャブリは圧倒的に硬いんです。わかりやすいミネラルではなく、例えるなら頑強な岩。ミネラルや果実味がギュッと硬く詰まっているイメージで、若いうちに飲んでも良さを発揮せず、非常に扱いにくい。ただ、このギュッと詰まったものが解放された時の感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。そうですね、ヴィンテージにもよりますが、まぁ最低15年は待ちたいところです。

このラヴノーのシャブリは日本でも大人気なのですが、このわかりにくいワインがこんなに人気なのかと思ってしまいます。→もちろん、硬さ等も含め好みの問題でもあります。

さて、私は極寒の1月大雪の中、シャブリのラヴノーさんを訪ねたことがあります。そして、常々疑問であった、「ご自身のワインの飲み頃と硬さ、ミネラルについてどう思っていらっしゃいますか?」「正直、どのくらい寝かせてから飲んでほしいと感じてらっしゃいますか?」「これまでに飲んだもので一番良かったヴィンテージはいつ飲んだ何年のワインでしょう?」ということを直接聞いてみたことがあります。

比較的友好的にテイスティングを進めながら、ここぞというタイミングで上記の質問を投げかけたのですが、
「いや、私のワインはいつ飲んでもおいしいと思っているよ。飲み頃?今だよ。今。ほら、美味しいでしょ。もちろん、長期熟成にも耐えるから何年後かに飲んでもおいしいんだけどね」
と答え、私をがっかりさせました。さらに、
「これまで一番良かったヴィンテージは…古いものだろ、えっとこの間息子の誕生日に飲んだえっと何年だっけ?いや、199…、あれ忘れた。でも、あれも良かったなぁ」
はぁ、どれを飲んでも美味しいのね。

フランスに住んでいる頃、特にブルゴーニュの生産者をよく訪問したものですが、多くの生産者がこの飲み頃問題に対して、同じように”今だよ”と答えるのです。

そして、ある時、気が付きました。

彼らにとって自分が造ったワインはいくら若くて硬かろうと、出来が良くなかろうとその時々のワインそれぞれの良さを感じるのであろうと、自分の子供が何歳になっても子供は子供でかわいいのと同じように、自分の造った愛おしいワインなのであろうと。

ラヴノー、若くてももちろん突き抜けています。ただ、満開の状態を知っている私としてはもったいないというか、ものたりないというか、そんなことを思ってしまうんです。ソムリエとして、最高の飲み頃を知ることは大切だと思っておりますが、それぞれのワインの良さをしっかりと感じることも大切だとこのラヴノーを飲むといつも考えさせられます。

またいつか、先日私が開かない、硬いと力説したシャンパーニュ・サロンのお話に続けます。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。
今日出来ない人は明日もたぶん、できません…。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第26回 シャブリ

冷涼な気候と小さな牡蠣の化石を含む特徴的な土壌で、シャルドネから爽やかでミネラル豊かな白ワインが造られます。

A シャブリ・グラン・クリュ

Petit ChablisからChablis Grand Cruまで四つの階層にわかれています。最初にGrand Cruの7つの畑とMoutonneを地図を見て覚えましょう。

 黄丸のあたりにMoutonneがあります。中央に流れているのはスラン川です。

Grand Cruの畑の中で、
Grenouillesが最小
Les Closが最大
になります。

・Moutonneについて
Moutonneが個別のGrand Cruとされるようになったのは法が整備された最近の話です。それ以前からヴォーデジールのMoutonneとしてシトー派修道院が所有していた由緒ある畑でした。
現在は大手ネゴシアン、アルベール・ビショーがMoutonneを所有するドメーヌ・ロン・デバキを管理しています。

・もう一つの特級、Clos des Hospis
Les Closの一部がボーヌの慈善病院に寄進されているためGrand Cruと言われています。
この畑名が認定試験に一度出題されていますが、これも難問・奇問の部類に入ります。私はこのワインを見たことがありません。→だから、ここまでは覚える必要は全くありません。

※ここシャブリに限らず、ボーヌの慈善病院のオークション、いわゆる Hospice de Beauneに関する問題はほとんど出題されません。無視しましょう。

B シャブリ・プルミエ・クリュ

一級はきりがないので一気に覚える必要はありませんが、
Vosgros
Vaillons
Beauroy
はGrand Cruと名前の響きがかぶっている感じがあり、この中からGrand Cruを選びないさいという問題の選択肢として登場します。そのほか有名どころもありますが、何かの機会に出会ったものを覚える程度でよいでしょう。

C シャブリの土壌

牡蠣の化石を含む石灰岩と泥灰岩からなるキンメリジャンと呼ばれる土壌→これは超有名でここに書くまでもありませんね。

D グラン・オーセロワ地区

シャブリ地区のお隣にあります。それほど有名な地域ではありませんが、試験に出る項目があります。

Irancy:赤ピノ・ノワール主体←100%じゃなくてもいい)
Saint-Bris:白(ブドウはブルゴーニュとしては珍しいソーヴィニヨン・ブラン
→私が試験を受けた当時はAOCではなく、その下のクラスで、ソーヴィニヨン・ド・サン・ブリと呼ばれていました。

上記のIrancy、Saint-Brisは日本ではそれほど見かけないと思うのですが、パリではカフェなどでたまに見かけます。

他にもマイナーAOCがあります。本当に余裕のある人、シニア呼称受験の方は赤・白・ロゼすべてが認められているAOC以外(Epineuil、Vezelay、Tonnerreなど)をチェックしておくとよいかもしれません。

 スポンサードリンク

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2017】
Chablis地区に流れる川を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. セーヌ川
2. シロン川
3. ソーヌ川
4. スラン川

【解説】
これまでですと、ちょっと難しいなと思うのですが、今後はこのレベルまで覚えなくてはならないのかもしれません。

【過去問】
Chablis Grand Cru の中で最も面積が大きなクリマを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Blanchot
2. Les Clos
3. Grenouilles
4.  Valmur

【過去問】
シャブリ地区の地図中 A に該当するグラン・クリュを 1 つ選んでください。

スクリーンショット 2016-02-15 11.37.55

1. Les Clos
2. Bougros
3. Grenouilles
4. Les Preuses

【過去問】
ブルゴーニュ地方で Sauvignon Blanc を主体に生産される A.O.C. を 1 つ選んでく ださい。

1. Irancy
2. Fixin
3. Saint-Bris
4. Marsannay

【過去問】
Chablis Grand Cruの中で最も面積が大きなクリマを 1 つ選んでください。

1. Blanchot
2. Les Clos
3. Grenouilles
4. Valmur

【過去問】
ブルゴーニュ地方のヨンヌ県で赤ワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。

1. Irancy
2. Saint-Bris
3. Bourgogne
4. Tonnerre

【解説】
ヨンヌ県を知らなくても、AOCの知識だけで解答できます。ただ、シャブリといえばヨンヌ県、頭の片隅にでも置いておくとよいかもしれません。4.Tonnerreなんて出ないと思いますが、白のみのAOCです。

【過去問】
次のクリマの中からChablis Grand Cru 以外のものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Blanchot
2. Bougros
3. Beauroy
4. Valmur

【過去問】
次の 1-4 の中からChablis Premier Cruを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Beauroy
2. Grenouilles
3. Valmur
4. Bougros

【解説】
グランクリュ以外の畑を選ぶといいわけです。

【過去問】
次の畑名の中からシャブリ・グラン・クリュを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Les Ruchotte
2. Les Vercots
3. Valmur
4. Vaucrains

【過去問】
次のシャブリ・グラン・クリュのクリマの中で最も栽培面積の小さいものを1つ選んでください。

1. Bougros
2. Grenouilles
3. Preuses
4. Vaudesir

【解説】
では、同様に栽培面積最大の畑は?

【過去問】
次の1~5 のブルゴーニュ地方のA.O.C.ワインの中からSauvignon Blanc種のぶどうから造られているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Bouzeron
2. Irancy
3. Vire-Clesse
4. Saint Bris
5. Maranges

お疲れ様でした。
今日はそれほどでもありませんよね。ってこともないか…。だっ、大丈夫です!着実に進んでいます。今日はあさっりとこれくらいで終わりたいと思います。

明日も頑張りましょう!

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ●フランス, ・ブルゴーニュ