第41回 ラム・VdL・マール

   

この神々しい輝きを見てください!
bajj 55

私は受験当時、この金色に輝くブドウバッジに憧れて試験勉強に勤しみました。はっきり言って、このブドウバッジを付けた制服姿に憧れただけという理由でソムリエを目指したのです。特にワインが好きというわけでも、毎日扱っていたわけでもありませんでしたから。→形から入るというタイプではないのですが…。

当時のソムリエ協会の小冊子にはこの金色のブドウバッジの写真が掲載されておりました。そして、この写真を毎日眺めながら、このブドウバッジをつけている自分を想像しながら辛い日々を乗り切ったのです。

そりゃ、毎日不安でしたよ。地方に住んでいましたし、当時はネットの情報もなく、ワインスクールに通っているわけでも、まわりに同じような受験を目指す仲間がいるわけでもなく…。自分の勉強法が正しいのかどうか、どのレベルまで求められているのかすらわからず、ただやみくもに参考書と睨めっこし、部屋を暗くしてボトルが見えないようにワインを注いでブラインドテイスティングなんてことをやっていましたから。

“私なんぞがソムリエになれるのか”なんて自問し続けた反面、先日の引き寄せの法則ではありませんが、毎日バッジを眺めていると徐々にですが、ソムリエバッジをつけている自分のイメージが明確になっていきました。
→気分的に乗らない時ややっぱりダメかなぁなんて落ち込んだ時にも一つのきっかけに、切り替えスイッチ的に、テンションを上げる為にソムリエバッジの写真を眺めていました。もうすぐこれを付けて仕事をするんだ、するんだってニタニタしながら。ソムリエバッジをつければソムリエになれると信じていましたし。この大きな間違いに気づくのは合格してしばらくしてからのことです。笑

男の子が野球選手やサッカー選手に憧れて真似をしたり、ずっと眺めているのと同じです。このように前向きな気持ちでイメージする中で上手になるものです。

私はこのソムリエバッジをつけてみたい!という本当に子供みたいな理由、少々間違った動機でしたが、それでもその想いが通じたので合格することができたのだと思っております。→今思えば、本当になんとか、ギリギリでしたが。

本物のブドウバッジを手にした時の喜びは一生忘れることはありません。そして、いつも眺めていた小冊子はボロボロになりましたが、もう愛着というか私にとっては縁起物であり、神聖な存在と相成ったわけです。この小冊子、十数年経った現在もお守り代わりとしてパスポートケースに入っております。
→で〜も〜、こんなに憧れたソムリエ呼称のブドウバッジはなくしてしまい、シニア呼称のものは…ちょっと言えませんがすでに手元にありません。

IMG_4226wp

皆さんもブドウバッジの写真を見るだけでも気分が盛り上がると思うのですがいかがでしょうか?

受験される全ての方がブドウバッジをつけてというわけではないでしょうが、ブドウバッジでも、他の事柄でもよいので合格に直結したイメージをお持ちになることをお勧めします。

イメージし続けることで目的が徐々に明確になり、それはいつか必ず、あきらめなければ必ず実現すると私は信じております。

※表紙はコロンブスが”世界で最も美しい場所”と称したマルティニク島

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第41回 ラム・VdL・マール

【ポイント】
ここ数年、単独ではほとんど出題されておりません。正誤問題等で他分野と絡めて出題される程度です。ここはさらっといきましょう。

A ラム

サトウキビの搾汁や糖蜜から造られる西インド諸島の蒸留酒です。フランスが西インド諸島にマルティニク島やレユニオン島などの海外県を所有しているためにラムのAOCが存在します。→その他、ジャマイカ、プエルトリコ、ハイチ、メキシコなどでも生産されています。

大きくわけて二つの製法で造られます。一つ目はサトウキビの絞り汁を煮詰めて砂糖を精製し、その後に残った成分(これが糖蜜)から製造する方法です。こちらをインダストリアル製法と呼びます。

もう一方のアグリコール・ラムは農業生産ラムと呼ばれ、天然のサトウキビから採れた純粋で新鮮な絞り汁を使用します。サトウキビの絞り汁をそのまま発酵させるためサトウキビ本来の甘く濃厚な香りがラム酒に封じ込められることが特徴です。

フランスがAOCとして認めているラムは後者のアグリコール・ラムになります。INAOによってサトウキビの品種も決められており、伝統的に連続式蒸留機が使用されます。

AOC→1996年に制定されています。
・Martinique Blanc 蒸留後最低3ヶ月間貯蔵
・Martinique オーク樽で最低12ヶ月間熟成
・Martinique Vieux  指定地域内で650リットル以下のオーク樽で最低三年の熟成

B Vins de Liqueurs

Vins Doux Naturelsとは違い、いろんな地方で造られていますが(たとえばシャンパーニュやブルゴーニュ)、AOCが認められているのはラングドック、ジュラ、コニャック、アルマニャックのみです。

・ラングドックのVdLはのみです。
・Macvin de Jura、Pineau des Charentesはロゼ全てが認められています。
・Floc de Gascogneには赤がありません。
※このなかで一番有名で、おそらく出会う確率が高いものはPineau des Charentesでしょう。比較的手ごろな価格で、ソーテルヌなどの貴腐ワインに比べて物足りなさは感じるものの、適度な酸味と甘さが魅力です。

・VdLとは言いませんが、リンゴ版VdL(リンゴ果汁にカルヴァドス)が三つAOCに認められています。
Pommeau de Normandie
Pommeau de Bretagne
Pommeau du Maine
→フランス語でリンゴをPomme(ポム)と言います。

※ブドウ品種に関しては考えなくてもいいです。

D マールとフィーヌ

マールとフィーヌの違いを理解していますか?

マールはイタリアのグラッパにあたり、ワイン醸造に使われたブドウの搾りかすをさらに圧搾し、搾り切った果汁から造ったブランデーです。
一方、フィーヌはワイン造りには使用されなかった(いろんな意味で選果され、はじかれた)ブドウから造ったブランデー(オー・ド・ヴィー・ド・ヴァン)。
→選ばれたブドウの搾りかす果汁と選ばれなかったブドウの新しい果汁。どちらがよいかは好みの問題です。DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社)もこの上記を二つとも造っています。

マールはワインが造られているところで生産可能なので、各地で生産されており、さまざまなAOCが存在します。

覚えなくてもイイと思うけど有名なAOCだけ紹介
・Marc de Bourgogne
・Fine de Bourgogne
→共に2011年にAOCに昇格!

あと、Marc d’Alsace de Gewurztraminerあたりも有名です。

ここはなんとなく読んで頭の片隅に残っていればいいな程度で先にすすんでください。

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2016】
ユニ・ブラン、フォル・ブランシュ、コロンバールなどの原料を用いて製造される酒を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Armagnac
2. Marc du Jura
3. Calvados du Pays d’Auge
4. Martinique Blanc

【過去問】
コニャック地方で造られる V.D.L. を 1 つ選んでください。

1. Pineau des Charentes
2. Floc de Gascogne
3. Frontignan
4. Rivesaltes

【過去問】
ピノー・デ・シャラントの醸造法による分類を1つ選んでくださ い。

1. スティル・ワイン
2. スパークリング・ワイン
3. フォーティファイド・ワイン
4. フレーヴァード・ワイン

【過去問】
「Martinique vieux」と呼ばれる名称が認められているスピリッツを1つ選んでください。

1. カルバドス
2. アルマニャック
3. ラム
4. マール

【過去問】
次の 1-4 の Cognac 地方で生産されている飲料に関する文章の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Esprit de Cognacは Vin Mousseux の調整などに使用されアルコール 度は 80~85 度で、2回蒸留である。
2. Cognac の熟成表示で Vieille Reserve はNapoleon より古い熟成のものである。
3. Vin de Liqueur の Pineau des Charentesは白とロゼが認められている。
4. Fine Champagne とは 50 % 以上の Grand Champagne と残り Petite Champagne を混合したものである。

【解説】
やや難問ですね。Esprit de Cognacは3回蒸留なのですが、1.と2.の選択肢で迷うことになるのでしょう。さらに、この問題は2005年のものなので、3.に赤が入らないんですね。
それでも、私はコニャックやアルマニャックの熟成表示を覚える必要はないと思っています。

【過去問】
次の1~4の農業生産RhumのA.O.C.Martinique についての文章の中から誤っているものを1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 農業生産Rhum A.O.C.Martinique Blanc は、着色されておらず蒸留後最低3 ヵ月の予備期間を経ている。
2. 農業生産Rhum A.O.C.Martinique が制定されたのは、1996 年である。
3. 農業生産Rhum A.O.C.Martinique の原料であるさとうきびの刈り取り期間は、毎年6月1日から12月31日までと限定されている。
4. 農業生産Rhum A.O.C.Martinique は、いずれの場合も消費される時点でアルコール度が40%以上でなければならない。

【解説】
選択肢3.の刈り取り期間を覚えることがソムリエ試験受験者に必要とは全く思いませんが、たまにこのような問題が出題されますね。これを無視すると選択肢4.と悩むところですが、多くの蒸留酒はアルコール度数を40度に定めているものが多いです。
アルコール度数が45度以上であることが有名なものとして、マール・ダルザス・ゲヴュルツトラミネールがあります。

【過去問】
次の1~5 の中からフランスで、2002 年にA.O.C.に認定されたものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Pommeau de Bretagne
2. Calvados du Pays d’Auge
3. Pommeau de Normandie
4. Domfront
5. Eaux-de-Vie de Poire de Normandie

【解説】
この手の難問がたまに見られますが、すべてを覚えるのは不可能なので、新しいものをなんとなく意識しておきましょう。そして、わからないのであればあきらめるくらいでいいと思います。正解は4.です。

【過去問】
次の中から V.D.L. と V.D.N. が交互に並んでいるものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Maury、Pineau des Charentes、Macvin du Jura、Rivesaltes
2. Macvin du Jura、Rasteau、Floc de Gascogne、Banyuls
3. Maury、Pineau des Charentes、Floc de Gascogne、Rasteau
4. Rivesaltes、Pineau des Charentes、Banyuls、Rasteau

【過去問】
次の1~4 のフランスで生産される飲料の中から最も南で生産されるものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Floc de Gascogne
2. Pineau des Charentes
3. Macvin du Jura
4. Frontigna

なんだかんだで長くなってしまいましたが、今日の内容は本当になんとなくでよいです。そして、あともう少しでフランス終了です!

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩
スポンサードリンク
 

 - ●フランス, ・コニャック、ラム、フランス概論