第22回 サヴォア

   

いただいた質問にお答えします。

おおよその更新の目安をお教え願えますでしょうか?
何月ぐらいまでに、それぞれの国が終わるのか、また、もう一度もとに戻り復習のような講座があるのかなど。不安もあり、スケジュールのイメージを持てるとありがたいです。

おおまかに今後の更新についてお伝えします。
私の一次試験対策はフランス→イタリア→スペイン→各ヨーロッパ諸国、その後新世界に移りまして、最後に日本、その後は料理とワイン、サービス実技、酒類概論という流れになります。復習は各自で行うものとしてこちらでは行いません。

私も本業のレストランの仕事をこなしながらの更新になるのであくまで予定ですが、4月半ばにイタリア対策に入り、6月中旬に新世界に移ります。一次試験対策の最後を締める酒類概論または日本酒の項目は7月末に更新を予定しております。

一次試験対策と並行しまして、二次のテイスティング対策に関する更新も15回くらい組み込んで進めます。そして、一次試験終了後には二次試験対策に入るといった流れです。

また、別途お申込みいただく必要がありますが、5月、7月、9月には大阪・東京にてテイスティングセミナーの開催を予定しております。セミナーに関しては随時こちらで告知いたします。

昨年度に関して言えば、私が二月に転職したということもあり、四月・五月に自分の時間があまり取れず、更新が大幅に遅れてしまいました。六月に挽回することになるのですが連日更新しなければならなかったため、毎日3、4時間しか寝る時間が取れず、本当に辛い思いをしました。←ここで取り戻さないと一次試験に間に合わない気がついた為。寝ないででもやるしかなかったんです…。

今年は昨年の反省を元に結構準備をして始めましたから、よほどのことがない限り順調に更新できると思いますが、多少のズレはあるかと存じます。

このように私も本気で頑張ります。皆さんもこの秋まででよいです、人生でこんなに頑張ったことがないよ、と思えるくらいやってみませんか?半年くらいテレビを見なくても何も困ることはありません。飲みに行く回数を1/4以下にして、行き先もワインバーにしませんか。

半年の努力で”ソムリエ””ワインエキスパート”の有資格者となれるんですから。

最後まで諦めない人が合格します。私もきっちり皆さんを見届けますので、どうぞ秋までお付き合いくださいませ。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

※表紙はアルプスの麓に広がるサヴォア地方のブドウ畑

スポンサードリンク


第22回 サヴォア

Savoie

【ポイント】
スイス、イタリアとの国境付近・レマン湖の南側の山間部。白ワインが6割ほどを占めます。
ほとんど出題されません。過去に数回、AOCについて出題された程度です。

A 主要ブドウ品種

・白ブドウ:アルテス(=ルーセット)、シャスラ、ジャケールなど
・黒ブドウ:モンデューズ、ガメイ、ピノ・ノワール

B サヴォワのAOC

Seyssel 白のみ、アルテス(=ルーセット)
→泡(mousseux)になっても、何か(Molette)ついても白のみです。

・Vin de Savoie 赤・白・ロゼ
→泡(mousseux・petillants)になると赤がなくなります。

・Bugey 基本は赤・白・ロゼ。
→このBugeyの細かいことろは今はいいんじゃないでしょうか。試験の直前に余裕があれば覚えるくらいで。

・Rousette ~ ルーセットって書いてますから。当然白です。

ここはサラッと。

ソムリエ試験 過去問

【過去問】
次の 1-4 の Savoie 地方の A.O.C. ワインの中から赤、白、ロゼの生産が認められているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Crepy
2. Vin de Savoie
3. Seyssel
4. Rousette de Savoie

【解説】
現在、1. AOC CrepyはAOC Vin de Savoieに格下げになっております。

あれっ、もう終わり?
はい、今日はこれだけです。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ●フランス, ・アルザス、ジュラ、サヴォア