第62回 ブルガリア

   

かの松下幸之助氏は運やツキをとても大切なものと考えたそうで、面接時に必ず「あなたは運が良いですか?」「あなたはツイていると思いますか?」と聞いたそうです。

そして、”運が悪い””ツイてない”と答えた人は、どんなに学歴や成績、面接が良くても、即不採用したそうな。

こちらは今でもたまにネットでも見かける程有名なお話です。

そして、私。

「運が良いですか?」「ツイていると思いますか?」と聞かれたなら”とても運が良いです””ツイていると思います”と答えます。それは松下幸之助氏の話を知っているからではなく、現在は私自身がそう感じるからです。
そして、今このように感じるのは全くそう感じられなかった時代を経験したからとも言えます。

そもそも運って何なんでしょう?

「あいつ、運だけはいいよな」と言われる人が周りにいると思います。

運だけで何事もうまくいく人。実力があるように見えても何かとうまくいかない運の悪い人。確かに、運が良い人もいれば、運が悪い人もいるように思います。

私は“運”も完全に実力だと考えていますので、どちらかといえば前者の運だけの人を評価します。いえ、後者の方を評価しないのはうまくいかなかったからではありません。たぶん、その人は運が悪いと思っていて何事も後手後手に回っている、またはあきらめてしまっているんじゃないかなぁと思うからです。

私は19歳くらいまで強烈に“運が悪い人”でした。というかそう思い込んでいました。内向的な性格的で、自分に全く自信を持てず、協調性がないことも原因だったと今はわかります。

いろいろ“つまずき”はあるのですが、最初に思い当たるのは超偏食であったことです。

私にとって小学校の給食は本当に地獄でした。当時は食べるまで許してくれない教師もおり、いかにこっそりパンに詰めて持って帰るかばかりを考えていました。周りからは給食を食べられずに残されるイケテナイ奴と思われていたはずです。給食が苦痛なので学校生活が楽しいわけがありません。給食だけでも、かなり引け目を感じていたわけです。
→本当に強烈に好き嫌いが激しかったんです。野菜はキャベツ、玉ねぎ、ジャガイモくらいしか受け入れられず、大根もネギも当然人参もピーマンもキノコも全部ダメ。肉は牛肉ととんかつのみ。とんかつ以外の豚も鶏肉も当然モツ系もダメ。魚は白身の煮付けのみ。刺身も焼き魚も、貝類は完全にダメでした。卵は醤油の炒り卵しか食べられず、さらに言えば、乳製品は全てダメで、牛乳、チーズ、ホワイトソースなんて見たくもありませんでした。
高校に入学した頃に”鳥の唐揚げって美味しいな”と思った瞬間を覚えているくらいです。

この超偏食からの脱却はお酒でした。もちろん、偏食はカッコ悪い、このままじゃいけないとも思っていましたが、大学生になってお酒を嗜むようになって、見事になんでも、他の人が食べられないようなものまでなんでも食べられるようになりました。
→今は、ジビエもウォッシュタイプのチーズもホヤもナマコも大好きです。仔羊に関しては日本に入っているものは私には風味が物足りず、仔羊の特有の風味、肉肉しさをもっと感じたいと思っているのであまり食べません、というくらい仔羊らしさが好きです。

偏食だけではないのですが、本当に本当にお酒で人生が180度変わりました。

さて、運の悪い時代に戻りますと、なんといいますか、運が悪いと思いこんでいましたから良くないことが起こり続けるように感じ、そして、またやっぱり運が悪いなと思ってしまう。

常にずぅーーーっとこのような悪循環の中にいましたので、マイナス思考にならざるを得ないですし、自分はつまらない人間だと思いこんでしまいます。そして、自分自身のことをつまらないと思う人間に楽しい人が近づいてくるわけはなく、当然女の子にも全くモテません。こうなると全てがダメになるのですが、当時の私には何がダメなのかさっぱりわかりませんでした。そして、この悪循環、簡単に抜けることはできなかったのです。ここまでいくとイジメられる確率も高くなるわけで、私の場合そんな壮絶なイジメではありませんでしたが、中学時代もかなり辛い日々でした。

当時、常にこの状態、この思考ですから当然、自信なんて皆無です。極稀にクラスの女の子に話しかけられた時、心の中では”僕なんかと話していいのだろうか?”、フォークダンスの時に”僕なんかと手をつないで嫌じゃないのかな?”なんて思ったことが今、辛い思い出として浮かび上がってきました…。もう見放されてますよね。
→そう思い込んでるからなのか、掃除当番や誰もがやりたくない役割のクジ引きにはよく当たったように思います。反対に何かをもらえるなど、こんな小さなことですら良いくじを引いた記憶がございません(小学校の給食時、休んだ友達のプリン争奪戦や遠足のバスの窓側の席など、プリンは嫌いでしたが)。それでも、小学校低学年時代は、このようなプリンみたいなものやバスの席の争奪戦に参加した記憶があります。しかし、高学年、中学生になるころにはこのような場に私が参加していいのかとすら思い始め、どんどん人との距離がわからなくなっていきます。

僕には運が良いことなんてないんだと、ずっと思っていました。

「本当に運が悪い。何がダメなのかはわからないのだけど、たぶん人より何かが足りなくて、たぶんちょっとイタイ人と他人からは見られているんだろうな」と真剣に思い込んでいましたので、とうとう高校時代は精神的にはヒキコモリで、どんどん一人の世界に入って行きました。学校には行ってましたけどね。

ただ、高校時代は“運良く”進学クラスに進んだため、クラスメイト全員が受験勉強に一生懸命で、イジメどころではありませんでした。皆本当に思いっきり勉強していました。ですから、細かい人間関係の歪みが私に及ぶことがなく、さらに一人の世界に没頭したわけです。勉強はしませんでしたが。

今思えば運が向き始めたのはこのころからです。でも、当時はわかりませんでした。世界が滅びればいいとさえ思っていましたから。私は何かのタイミングであればあのオウムに入信していたかもしれないとあの事件の時に思ったものです。

でもね、今思えば”運が悪い”と思いこんでいたことで、より良くないことが起こり、その結果さらに落ち込んで、”運が悪い”と再認識するという循環にハマって出れなかったんですよね。本人の捉え方に問題があると今はわかるのですが。

あれからもう30年くらい経つのですが、今は”運が良い”と思えるようになりました。それは全てお酒のおかげで、今こうしてお酒の仕事をしていますが、この話はまたいつか。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

※表紙はブルガリヤの女性と樽入りラキア。

スポンサードリンク


第62回 ブルガリアのワイン

このブルガリアは以前2009年に出題がありました。そして、2017年、2016年と出題が続きました。

さっそくですが、ブルガリアのkeywordです!
・バルカン半島、ドナウ河
・ラキア→白いブランデー
・白ブドウ:ミスケット
・黒ブドウ:ガムザ(カダルカ)、マヴルッド、ルビン(交配品種)

以上 !

A ブルガリアのワインについて
バルカン半島に位置し、ドナウ川に面し、ルーマニアの南、ギリシャとトルコの北、黒海の西にある国です。

・紀元前何千年からトラキア人によってワイン造りが行われてきました。
・温暖な大陸性気候と地中海性気候の間くらい。

・Rakiya ラキア

ラキアはバルカン半島でポピュラーな蒸留酒。梨やベリー系などさまざまな果物から造られます。
→自家製のものになると、さまざま果物を砂糖、水とともに桶に入れて1ヶ月ほど発酵させ近所にある蒸留所に持ち込むようです。

B ブルガリアのワイン法
・原産地呼称保護ワイン

 PDO:現在52生産地が認められている。→EUのワイン法以前はGDO、GCDOと呼ばれていた。

C 主なブドウ品種
・白ブドウ
ディミャット:フルーティ、フレッシュ、
ミスケット・チェルヴェン(レッド・ミスケット):高品質レッドだけど白ブドウ。
・黒ブドウ
パミッド:かつてはブルガリアで最も栽培されていた。テーブルワイン。
ガムザ(=カダルカ):酸度が高く、タンニン少。
マヴルッド:高級品種、フルボティ

・交配品種(黒)
ルビン=シラー×ネッビオーロ

D ブルガリアのワイン産地

・北部ドナウ平原
最大のワイン産地の一つ

 スポンサードリンク

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2017】
ブルガリアの土着品種で、大量消費用のシンプルで軽い赤のテーブルワインが造られる黒ブドウ品種を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Gamza
2.  Pamid
3.  Mavrud
4.  Melnik

【解説】
ブルガリアで覚えるべきことの数個のうちの一つですが、ちょっとマイナーな方です。

【過去問】
ブルガリアが位置する半島を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ペロポネス半島
2. イベリア半島
3. イストラ半島
4. バルカン半島

【過去問】
ブルガリア独特のブドウ品種で白ブドウを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Mavrud
2. Pamid
3. Red Misket
4. Gamza

【過去問】

次のブルガリアのワイン用ぶどう品種の特徴に関する記述に該当する品種を下記の中から1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

「東ヨーロッパの他の国々ではカダルカと呼ばれる。ワイン用ぶどう畑の約2%でしかないが、かつては北部の主要品種であった。比較的酸度が高く、タンニンは少ない」

1. Gamza
2. Rubin
3. Dimiat

4. Mavrud

【過去問】

次のブルガリアの概略に関する記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ブルガリア共和国は、ヨーロッパ南東部のバルカン半島に位置している。
2. ブルガリアの2005 年度のワイン生産量のうち、白ワインは40%、赤ワインは60%である。
3. ワインの他にラキアと呼ばれる白いブランデーが生産され、よく飲まれている。

4. ブルガリアワインの約40%が輸出されている。

【解説】

以前は6割以上が輸出されていると教本に書かれていました。

【シニア過去問】

次の中からブルガリアにおいてワインの他に生産される白いブランデーの名称に該当するものを1つ選んでください。

1. マール
2. ラキア
3. グラッパ

4. ディミャト

【シニア過去問】

次のブルガリア独特の品種の中から辛口白ワインの生産に使用されるぶどう品種を1つ選んでください。

1. Pamid
2. Gamza
3. Mavrud

4. Red Misket

【シニア過去問】

ブルガリアのプレヴェンにおいて1950年代にシラーとネッビオーロの交配によって造られたワイン用ブドウ品種を一つ選んでください。

1. Gamza
2. Rubin
3. Melnik

4. Pamid

【シニア過去問】
ルーマニアとブルガリアが面する海の名称を1つ選んでください。

1. 地中海
2. 死海
3. 黒海
4. カスピ海

ここもサラッと流して次に進みましょう。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ●ブルガリア・ギリシャ