第63回 ハンガリーのワイン

   

以前、サッカー好きとして知られる明石家さんま氏がサッカー日本代表の試合を見て感じたコメントが新聞に掲載されており、面白いなと思ったことがあります。

日本人サッカー選手の欠点を「想像力が乏しい」と指摘した。

さんま氏は、ブラジルやスペインのサッカーを「ひらめきがすごい」と賞賛。さらに、メンバー同士で「ここにパスをする」「ここにパスがくる」というイメージの連携がとれていると語った。そして、「日本人はイマジネーションが足りないんですよ。元々国民性がね」と主張。日本人は頭が良い代わりに想像力が乏しいと持論を展開させた。

私はさんま氏のコメントの意味がよくわかります。日本人の国民性として、

”イメージ”
”ひらめき”

ここが本当に日本の弱いところの一つです。

日本人も幼少期にはさまざまな発想・ひらめきをイメージとして思い浮かべていたに違いありません。しかし、間違えることが恥ずかしいという大人の感覚の元、自由な発想・イメージを持つことはダメだと教わってしまいます。
なんと言っても日本は”出る杭は打たれる”文化で、協調性、横並び、平等、正解を好みます。
→出る杭になっても打たれないためには、出過ぎないといけないのです。出過ぎるとは打たれないくらい圧倒的に高くそびえる杭になることで、ただ、誰もが簡単になれるものではありません。

例えば、幼稚園でリンゴの絵を描かせるとします。日本ではリンゴは赤色か薄い緑色に塗られた絵が評価されることが多く、黒や青、オレンジ色等、大人がリンゴから想像しえない色を使うと”間違っている”と指導されることが多いと聞きます。

一方で例えば、個人主義の国フランスでは実際のリンゴが何色であろうと、幼児の絵の色彩感覚や自由な発想を褒め称えます。

諸外国には自由な発想を正しい、もしくは受け入れる文化が存在するのです。この幼少期からの枠にハマらない発想、イメージが人の感性を豊かにします。自由に発想できることは勉強ができること、頭が良いこととはまた別の能力です。

日本人が勤勉である理由の一つは、枠からはみ出すことがいけないとされる土壌に由来するような気がします。はみ出さずに協調性、恥を重んじるため皆一様に行動します。もともと農耕民族であったことも関係しているのでしょう。

まじめで与えられた物事はしっかりこなします。存在するものを改良して素晴らしい品質に作り替えます。海外にいるとメイド・イン・ジャパンがいかに素晴らしいかが本当によくわかります。

一方で日本人は皆おおよそ平均的で、飛び抜けた天才が生まれにくい環境です。また、芸術的発想・センスに乏しい国民性と言われます。音楽、絵画などを志す方が海外に飛び出す理由もこのあたりにあるのでしょう。

勤勉で平均的、大人しい国民性に、成熟した経済、(国家として)管理する側にとって日本ほど統治しやすい国はないでしょう。

さんま氏が言う「想像力が乏しい」

間違ってはいけないと思う思考、人と違うことが恥ずかしいと思う感覚、正解を探し求める習慣。自由な発想を良しとしない大人の間で育ち、それゆえに良くも悪くも遊びから学べない。マニュアル通りの解答しか持てない。極論すれば自分自身で考えることができない…。

平均的であることが良しとされているため、自由の部分が少なく、想像する習慣があまりない為、型にハマった時はいいのですが、崩されると弱い。勝負どころ、強弱を読みきれないという意味まで含んでいるようにも思います。

技術面、精神面、体力面、全てにおいて日本男子サッカーはまだ世界のトップレベルではないのかもしれませんが、それ以上にこの想像力、イメージする力の欠如が足枷になっていると私も思います。

試験対策に話を戻せば、特にテイスティングは”イメージ”だと言えます。映像として数値として言葉として頭の中にパッと広がる、浮かび上がるものを持てるようになれば強いのです。イメージすることに慣れていない方はおそらく苦労します。さらに、テイスティングには絶対に正解と言うものがありませんから余計にです。反対にスムーズにイメージできる人はそのイメージ通りにさまざまな事柄が展開される経験をお持ちでしょうから、テイスティング対策も順調に進むものと思われます。

全ての事柄はある程度イメージ通りに進むものです。強いイメージによって導かれるといっても良いかもしれません。

メッシやイチローはおそらく(会ったことも話したこともありませんが)試合中の全ての事象が完璧にイメージ出来ているんだと思います。そして、そのイメージをどこまで具現化できるか、彼らの戦いはそこにあるのでしょう。まさに天才です。

イメージする、イメージトレーニング。そして、あなたが合格するという強いイメージ。

私は合格するためにテイスティングについても”イメージ”することが良い結果をもたらしてくれると信じております。

※表紙はPuttonyosを背負う農夫

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!

スポンサードリンク


第63回 ハンガリーのワイン

長年、たまに出題される程度でした。ただ、近年は一問程度は出題される国に変わってきております。→2016年度も各呼称で一問出題。
それでも、そんなに突っ込んだことは問われませんので、大まかに把握しておく程度でよいでしょう。

A ハンガリーワインについて

・ハンガリーはオーストリアの東、スロバキアの南に位置します。
・紀元前からワイン造りが行われてきました。
・仏王ルイ14世はことさらトカイの貴腐ワインを愛し、「王のワインであり、ワインの王である」と称賛。
・ほぼ大陸性気候。
・2004年にEUに加盟
・Froccs(フルッチ)=スプリッツァー:白(ロゼ)ワインの炭酸割り
・Vedett eredetu bor:統制保障原産地表記付き最上級ワイン

B 主要ブドウ品種
●白ぶどう
・Furmint フルミント
・Harslevelu ハールシュレヴェリュ
・Szurkebarat スルケバラート
・Jufark ユファルク
・Keknyelu ケークニェルー

・Muskotaly ムシュコターイ

●黒ぶどう
・Kadarka カダルカ
・Kekfrankos ケークフランコシュ

・Pinot Noir ピノ・ノワール
・Merlot メルロ
・Cabernet Franc/Cabernet Savignon カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン

※主要産地と合わせて覚えましょう。

C 主な産地

1997年の法改正により22生産地区に分類されます。
※ハンガリーのワインは基本的に産地名+ブドウ品種名表示されます。

●北トランスダヌビア地方
・バダチョ二:スルケバラード、ケークニェルー→神々のネクターと称されるフレッシュ・フルーティーワインが有名。
バラトンフレド・チョバク:フルミント→バラトン湖のほとりの産地。なので、バラトンなんとかはすべて北トランスダヌビア地方。
・ショムロー:ユファルク→代々、ハプスブルグ家のハネムーンワインだったそうな。

●北ハンガリー地方
・エゲル:ケークフランコシュから造られるエグリ・ビカヴェール(牡牛の血)が有名です。→エゲルはハンガリーを代表する古都。白ワインも秀逸。

●トカイ・ヘジアリァ地方
・トカイ:主要品種はフルミント、補助品種にハールシュレヴェリュなど。これらのブドウから造られる貴腐ワインが世界的に有名です。また、火山性土壌であります。←これは業界的に知られています。

・Aszu “糖蜜のような'”シロップのような”という意味
・Puttonyos ”プットニュ”は27.1kg入りの背負い桶
・Aszuesszencia 貴腐ブドウ100%で造り、残糖分は450g/L以上

・Szamorodni(サモロドニ)自然のままにという意味→辛口:Szaraz(サーラズ)、甘口:Edes(エーデシュ)

●大平原地方
クンシャーグ:ハンガリー最大のブドウ栽培地。国内消費ワインが量産されています。

ここもサラっと確認して次に進みましょう。

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2016】
ハンガリーのワイン生産地に該当する主な気候を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 高山性気候
2. 大陸性気候
3. 海洋性気候
4. 地中海性気候

【過去問 2016】
ハンガリーで雄牛の血(ビカヴェール)という名の赤ワインが国際的に有名な生産地を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Badacsony
2. Villany-Siklos
3. Eger
4. Somlo

【過去問】
ハンガリーを代表するトカイ・ワインにおいて「プットニュ」が意味するものを1 つ選んでください。

1. 貴腐ブドウ
2. 樽
3. 背負い桶
4. 糖蜜

【過去問】
ハンガリーのトカイ・ワインにおいて、スラブ語のサモロドニ(Szamorodni)の意味を 1 つ選んでください。

1. シロップのような
2. 自然のままに
3. 甘口
4. 貴腐ワイン

【過去問】

トカイ・アスーエッセンシアの最低残糖分を 1 つ選んでください。

1. 120 g /L 以上
2. 160 g /L 以上
3. 180 g /L 以上

4. 240 g /L 以上

【解説】
今年の教本の数値を確認しましょう。

【過去問】
ハンガリーのEgri Bikaverの主要ぶどう品種を1つ選んでください。

1. カダルカ
2. ブラウアー・ポルトギーザー
3. ケークフランコシュ

4. ツヴァイゲルト

【過去問】

ハンガリー・トカイにおいて「プットニュ」が意味するものを1つ選んでください。

1. 貴腐ぶどう
2. 樽
3. 背負い桶

4. 糖蜜

【過去問】
次の中からハンガリーのトカイにおいて、「糖蜜のような」の意味をもつものを1つ選んでください。

1. Szamorodni
2. Aszu
3. Szaraz
4. Puttonyos

【過去問】
ハンガリーのワイン産地は5つの地方に分類されていますが、次の中からハンガリーに存在しない地方を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ノーザン・トランスダニュービア地方
2. サザン・トランスダニュービア地方
3. グレート・プレイン地方
4. テッサリア地方

【解説】
この講座ではふれていませんが、テッサリア地方はギリシャです。

【過去問】
次のハンガリーワインに関する記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. トカイ・アスー 6Puttonyosの最低熟成年数は三年である。

2. トカイ・ワインは辛口のものもある。
3. ハンガリーのぶどう栽培は14世紀頃から本格的に行われた。
4. ハンガリーは現在 EU 加盟国である。

【解説】
ハンガリーはワイン造りにおいて東欧で最も古い歴史を持つ国の一つです。また、今年の教本からPuttonyosに関する記載が変わりました。細かい出題は今後出ない感じです。

【過去問】

次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「ハンガリーのトカイワインのAszuとは、“糖蜜のような”“シロップのような”を意味し、多かれ少なかれ貴腐菌の付着したぶどうの粒を選別し、それで造るワインを指す。選別されたぶどうは、プットニュと呼ばれる26kg入りの背負い桶で醸造所に運ばれる。」

1. 正

2. 誤

【解説】
以前は教本には26kgと記載されていたんです。

【過去問】
次の中からハンガリーワインのラベルに記載される呼称の特徴に該当するものを1つ選んでください。

1. 地方名+畑名

2. 産地名+ぶどう品種名
3. アペラシオンのみ
4. 歴史的逸話由来

【シニア過去問】
次の中からハンガリーのトカイ・ヘジアリャ地方の主要な土壌に該当するものを1つ選んでください。

1. 粘土石灰質
2. 砂利質
3. 火山性土壌
4. 泥灰土

【シニア過去問】
次のノーザン・ハンガリーに関する記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ケークフランコシュ種のぶどうに貴腐菌が付き、偉大なワインへと変貌する
2. ボルドー系品種が栽培されている。
3. 「牡牛の血」と呼ばれるワインはこの地を代表する。
4. 以前はカダルカ種の栽培が盛んであった。

こんなものです。

何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com 松岡 正浩

 スポンサードリンク

 - ●ハンガリー・スイス