第77回 マルケ、ラツィオ、アブルッツォ

   

今日のテーマの一つラツィオ州にはイタリアの首都ローマがあります。

イタリアを旅行するとして、ワインを中心に考えるならトスカーナ州のフィレンツェとその近郊のほうが断然楽しめるのですが、私はローマの街が好きです。初めてローマを訪れた時、その素晴らしさに歴史や美術に詳しくない私が、その後三泊で予定していたナポリ旅行をキャンセルしてローマ滞在を延長したくらいです。

→ゴメンナサイ。読み返すとただの自己満話でした。ワインには全く関係ありません。飛ばして本題に進んでください。

街のいたるところにある教会にはそれはそれは傑作と呼ばれる絵画や彫刻が惜し気もなく並べられています。ただの街外れにも遺跡らしきものがちらほら。有名なコロッセオやフォロロマーノ以外にもあらゆる所で歴史を感じさせる空気が漂っているんです。

街が悠然と歴史を語ります。古きものと新しいものが渾然一体となり、圧倒的なパワーを発しています。

圧巻はヴァチカン美術館です。私はルーヴル美術館が大好きで、散歩がてら月一ペースでブラブラしていたのである程度”慣れている”と思っていたんです。→月に一回入場無料の日があります。

でも、想像以上でした。本当にスゴかった。

まず、ラファエロに圧倒され、かなりテンションが上がりました。そして、順路的に最後にあるシスティーナ礼拝堂の中に入ってしばらく天井や四方のフレスコ画を鑑賞しました。→表紙の写真

そして突然、腰が抜けたのか、ホロホロと全身から力が抜けたように感じたのです。

その瞬間ふと、我に返り正面を見上げるとミケランジェロの「最後の審判」が再び目に飛び込んできました。
最後の審判

何かを感じざるを得ない空間でしたが、感動?で体に力が入らないという経験はあとにも先にもこの時だけです。

いや、本当に素晴らしい。うん、うん、むにゃむにゃ。

もし機会があればぜひ訪れてみてください。

あっ、全くワインに関係のない内容となってしまいました。

それではワインのお話です。

スポンサードリンク


第77回 マルケ、ラツィオ、アブルッツォ

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

K Marche マルケ州

イタリアを足に例えると、ふくらはぎの上部にあたるところで、ブドウ栽培は主に山地・丘陵地帯で行われています。

◆主要DOCG

Conero
ブドウ品種はモンテプルチャーノ です。

Vernaccia di Serrapetrona

ブドウ品種はVernaccia Neraです。発泡性赤ワインで辛口から甘口まであります。
Verdicchio di Matelica Riserva
ブドウ品種は
Verdicchioです。

最近勢いよくDOCGが認められてますので、あといくつかあります。

同じくVerdicchio種から造られる
Castelli di Jesi Verdicchio Riserva
はDOCの頃から有名です。

Offida
数少ない赤・白が認められてるDOCGです。

ここのDOCについては特にありません。また、料理名にMarchigiana、Marchigianaがつけばこの地方の料理を選択します。→マルケっぽい名前でしょ。

L Lazio ラツィオ州

イタリアの首都ローマがあるラツィオ州は丘陵と平野が多く、白ワインが8割弱を占めています。

◆主要DOCG

長らくDOCGのない州でしたが、2008年に赤ワインのCesanese del Piglioが認定されました。→Cesaneseが黒ブドウです。

さらに、Frascatiが条件を満たすとDOCGに認められるようになりました。

Frascati Superiore
Cannellino di Frascati 甘口
Cannellinoとはこの地域で甘口を指す言葉です。昔栽培されていた甘口用のブドウ品種の名前で、その名残のようです。

◆覚えておきたいDOC(と相性が良いとされる料理)

Frascati
ブドウ品種はマルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディアなど。辛口から甘口まで造られます。

Frascati Secco

料理:Pollo alla Romana(鶏肉とピーマンとトマトの煮込み)
piatto-pronto-forchetta_dettaglio_ricette_slider_grande3.jpg


Polloは鶏です。ちなみにRomanaとあればローマのことですからラツィオ州のワインを選んでください。 
→エミリア・ロマーニャ州のRomagnaと混同しないように!

Est!Est!!Est!!! di Montefiascone 白のみ辛~中甘。歴史的逸話も含めて有名ですね。

M Abruzzo アブルッツォ州

州全体が山地または丘陵地であるアブルッツォ州は、ブドウ栽培に非常に適しており、努力しなくても良いブドウが取れたため、質より量を重視したブドウ栽培が行われてきました。現在は志の高い生産者が増えてきています。現在は赤ワインが6割強。
イタリアを足に例えると、やや凹んでいいますが、ふくらはぎと見ることができます。

DOCGは赤が一つ、モンテプルチアーノ種の
Montepulciano d’Abruzzo Colline Teramane
のみです。

◆覚えておきたいDOC(と相性が良いとされる料理)

Montepulciano d’Abruzzo Cerasuolo
料理:Maccheroni alla Chitarra(鉄線を張ったギターのような機械でカットする角の立ったパスタを牛、豚、羊のミックス したミートソースで和えた料理)

Montepulciano d’Abruzzo
料理:Mortadella di Campotosto(カンポトストのモルタデッラ)
10161_141_PNGSL.jpeg
モルタデッラはソーセージ、サラミのことですね。Campotostoは地名で、サラミの中の白い部分は脂です。イタリアは各地でこんなのを作ってますね。

あとはTrebbiano d’Abruzzoなども非常に有名ですが、名前を見ればブドウも産地もわかるのでいいですね。

さて、どんな問題が出題されているか見てみましょう。

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2016】
イタリアの地方料理「
Trippa alla Marchigiana」に合うワインをその地方性も考 慮し 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Montepulciano d’Abruzzo
2. Sangiovese di Romagna
3. Conero
4. Primitivo di Manduria

【過去問】
次の中よりマルケ州で生産される銘柄を 1 つ選んでください。

1. Vermentino di Gallura
2. Cerasuolo di Vittoria
3. Valtellina Superiore
4. Offida

【過去問】
次のD.O.P.( D.O.C.G.)ワインの中から、主要ぶどう品種が他とは異なるものを1つ選んでください。

1. Morellino di Scansano
2. Carmignano
3. Montepulciano d’Abruzzo Colline Teramane
4. Vino Nobile di Montepulciano

【解説】
認定試験らしい問題ですね。

【過去問】
次の記述について正しい場合は1.を、誤っている場合は2.を選んでください。

「Abruzzo州は、65%が山岳地帯で、グランサッソとマイエッラの2つの高峰が聳えている。赤ワインはMontepulciano d’Abruzzo、白ワインはTrebbiano d’Abruzzoが有名である」

1. 正    2. 誤

【解説】
グランサッソとマイエッラって、ここまで覚えなくてもいいと思うのですが。私もよく知りませんが、それ以外は正しいので1.を選ぶと思います。
正解: 1.

【過去問】
次の中から中部イタリアのローマ郊外の丘陵で造られているD.O.C.白ワインで、辛口(secco)、中甘口(amabile)および甘口(cannellino) の3タイプが造られているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Orvieto
2. Vernaccia di San Gimignano
3. Est! Est!! Est!!! di Montefiascone
4. Frascati

【過去問】
次の1~4の文章の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ローマ近郊で造られるFrascatiはマルヴァジーア種などから造られ、辛口から甘口まである。
2. Asti Spumanteのアルコール度は6.5度~9.0度の既得アルコールで、潜在アルコールは12%である。
3. Montepulciano d’Abruzzoの赤は、Cerasuoloと呼ばれている。
4. Est!Est!!Est!!!di Montefiascone は、トレッビアーノ・トスカーノ種が主体で、辛口だけが造られている。

【過去問】
次の中から、「Saltimbocca alla Romana(サルティンボッカ・アッラ・ロマーナ)」に最も相性が良いと思われるワインを、地方性を考慮し1つ選んでください。

1. Brunello di Montalcino
2. Conero
3. Barolo
4. Frascati Secco

【過去問】
次のA、B のイタリア料理に合うその地方のワインを1~4の中からそれぞれ1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

A. Bresaola

1. Barolo

2. Barbera d’Alba
3. Valtellina
4. Soave

B. Pollo alla Romana

1. Valpolicella
2. Sangiovese di Romagna
3. Frascati Secco
4. Vernaccia di Oristano

【過去問】
次の中から、主要品種がMontepulcianoで造られる赤ワインのD.O.P(D.O.C.G.)を1つ選んでください。

1. Conero
2. Taurasi
3. Vino Nobile di Montepulciano
4. Montefalco Sagrantino

【過去問】
次の 1-4 のイタリアワインの中からマルケ州の D.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Rosso Canosa
2. Rosso Conero
3. Rosso Piceno
4. Conero

【過去問】
次の1-4のイタリアワインの中から赤のSpumanteの生産が認められているD.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Gavi
2. Fiano di Avellino
3. Vernaccia di Oristano
4. Vernaccia di Serrapetrona

【過去問】
次の中からラツィオ州で生産されているワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Collio
2. Frascati
3. Verdicchio dei Castelli di Jesi
4. Castel del Monte

【過去問】
次の記述に該当するイタリアの州を1つ選んでください。

「アペニン山脈の東側にあり、西北がエミリア・ロマーニャ、トスカーナ、西がウンブリア、西南がラツィオ、南がアブルッツォの各州に接し、東はアドリア海に面した細長い州」

1. Friuli-Venezia Giulia
2. Campania
3. Marche
4. Trentino-Alto Adige

【過去問】
ウンブリア州のD.O.C.G.を1つ選んでください。

1. Montefalco Sagrantino
2. Colli Orientali del Friuli Picolit
3. Vernaccia di Serrapetrona
4. Montepulciano d’Abruzzo Colline Teramane

【過去問】
イタリアD.O.C.G. Coneroに最も相性が良いとされる同じ地方の料理を1つ選んでください。

1. Pollo alla Romana(ローマ風鶏肉と野菜の煮込み)

2. Trippa alla Marchigiana(牛の胃袋のトマト煮マルケ風)
3. Baccala alla Vicentina(干しダラのヴィチェンツァ風)
4. Zuppa Molisana(モリーゼ風スープ)

イタリアも終わりが見えてきました!
今日はここまでにします。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩
スポンサードリンク

 - ●イタリア