第75回 トスカーナ、ウンブリア

   

もう10年近く前になりますが、フィレンツェに住むソムリエの友人と現地のイタリアワインの試飲会に参加した時のことです。

いろいろとテイスティングしたあとに印象を聞かれた私は『イタリアワインは総じて甘く感じる』と答えました。するとその友人は『私は反対にフランスワインは酸っぱいと感じるのよ』と。

基準が違うので同じワインをテイスティングしてもこのように感じ方の違いに表れるんだなととても興味深く感じたことを覚えています。

同じように、フランスワインに慣れてしまった今、私はどんな日本酒であろうと甘く感じます。でも、”甘く感じるようになった日本酒”も変らず大好きです。→そして、今や日本酒をガンガン売っております。笑

ビールに慣れない子供がホップの苦味をより強く感じ、日本酒に慣れない外国人が米の旨味を甘く感じる気持ちがよくわかります。

※表紙はBrunello di Montalcinoの長閑な風景

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。by ジョン・ラボック(英国の銀行家、政治家、生物学者)

ランキング上昇中!テンション上がります!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第75回 トスカーナ、ウンブリア

I Toscana トスカーナ州

北のピエモンテと並ぶ高品質ワインの産地です。背後にアペニン山脈がそびえるため、山岳・丘陵地帯らしい野獣肉料理向けの力強い赤ワイン(89%)が中心です。

世界中に名を馳せた下克上ワイン”スーパートスカン”に象徴されるようにイタリアワイン界をリードする立場でもあります。また、この地方のVin Santoも有名。→州都はフィレンツェです。

◆DOCG

Brunello di Montalcino
Vino Nobile di Montepulciano
→プルニョーロ・ジェンティーレ種(サンジョヴェーゼ)
Chianti
→あまりにも範囲が広すぎて地図上では問われないと思います。
Chianti Classico
Carmignano
→サンジョヴェーゼ主体ですが、カベルネを混ぜることが特徴。のちほどコジモ三世でも出てきます。
Vernaccia di San GimignanoブドウはVernaccia。
Morellino di Scansano

→こちらもサンジョヴェーゼ(この地域ではモレッリーノと呼ばれる)トスカーナ最南端。
Elba Aleatico Passito / Aleatico Passito dell’Elba
パッシート・赤甘口、Aleaticoがブドウです。トスカーナで唯一サンジョヴェーゼ系でない赤ワインのDOCG。
Montecucco Sangiovese
Val di Cornia Rosso / Rosso della Val di Cornia→サンジョヴェーゼ+ボルドー品種
Suvereto→サンジョヴェーゼ+ボルドー品種

ブドウ品種の記載のないDOCGは全てサンジョヴェーゼ系主体です。太字のDOCGはそれとなく地図上で場所を確認しておきましょう。

◆覚えておきたいDOC

・Elba
・Parrina
・Pomino

Bolgheri
→サッシカイアの大成功によって。現在は単一ワイナリー唯一のDOC、ボルゲリ・サッシカイアが認められています。

J Umbria ウンブリア州

海のない州で、イアリア半島のほぼ真ん中に位置します。平地はほとんど見られず、山と湖の美しい風景が広がります。トリュフやジビエ料理が有名です。

◆主要DOCG

Torgiano Rosso Riserva→サンジョヴェーゼです。

Montefalco Sagrantinoサグランティーノ、タンニンの強い黒ブドウです。

◆覚えておきたいDOC

Orvietoグレケット種から造られる主に辛口の白ワインです。

Torgiano(赤・白・ロゼ・発)→Torgiano Rosso RiservaとなればDOCGです。

さて、しっかり【過去問】で確認しましょう。
 スポンサードリンク
ソムリエ試験 過去問

【過去問 2017】
トスカーナ州の白の D.O.C.G. ワインを次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Vino Nobile di Montepulciano
2. Vernaccia di San Gimignano
3. Vernaccia di Serrapetrona
4. Rosazzo

【過去問】
D.O.C.G.Chianti の特定地域(ソットゾーナ)を 1 つ選んでください。

1. Rufina
2. Sassella
3. Valpantena
4. Cartizze

【解説】
この問題は無視しましょう。このレベルまで求められるならブルゴーニュのプルミエ・クリュも覚える必要があるでしょうし、

これまでのソムリエ試験の流れから考えると100点を取らせないための超難問といえます。今後もこのレベルの出題が無いとは言いませんが、100点取る必要はないのです。コンクールでもありませんから、人より上に行く必要もありません。筆記試験で7割、できれば8割とれれば一次試験は楽々突破です。イタリアワイン業界の方へ、ここまで覚える必要があると思いますか?メッセージをいただければ幸いです。

【過去問】

フィレンツェとシエナの間に広がる丘陵地帯(8コムーネ)の D.O.C.G.を1つ選んでください。

1. Vino Nobile di Montepulciano
2. Carmignano
3. Brunello di Montalcino
4. Chianti Classico

【解説】

コムーネ…、試験中にこんな知らない単語が出てくるとビビります。イタリアの自治体を表す語で、フランスでいうコミューンのようなものです。
この出題のポイントはある程度DOCGの地理的情報が頭にあることに加えてフィレンツェとシエナの位置関係がわからなくては解答できません。私はこの地方 に行ったことがあるので、イメージがありますが、なかなかシエナまでは勉強できないものだと思います。今後、このレベルまでソムリエ協会が求めるのであれ ば、暗記するしかないのですが。まだ、ここまで勉強しなくてもよいのではと思っています。←でも今、上記の地図でフィレンツェとシエナの場所を確認するんですよ。

【過去問】

トスカーナ州において、最も南に位置する D.O.C.G. を 1 つ選んでください。

1. Pomino
2. Morellino di Scansano
3. Chianti Classico

4. Carmignano

【過去問】
次の中から、主要品種がNebbiolo以外で造られる赤ワインD.O.P.( D.O.C.G.)を1つ選んでください。

1. Gattinara
2. Roero
3. Valtellina Superiore
4. Torgiano Rosso Riserva

【過去問】

次のD.O.C.G.ワインの中からToscana州以外のものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Morellino di Scansano
2. Vino Nobile di Montepulciano
3. Montefalco Sagrantino

4. Vernaccia di San Gimignano

【過去問】

次の 1-4 のイタリアワインの中から白、赤ともに生産が認められている D.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Vernaccia di San Gimignano
2. Bolgheri
3. Roero

4. Ramandolo

【過去問】

次の中から中部イタリア、トスカーナ地方の地方料理「Bistecca alla Fiorentina」に最も相性の良いワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Albana di Romagna
2. Orvieto Classico Secco
3. Chianti Classico

4.  Frascati Secco

【過去問】
次の中からウンブリア州で生産されているD.O.C.G.ワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Torgiano
2. Rosso Orvietano
3. Orvieto Classico

4. Montefalco Sagrantino

【過去問】
下記のトスカーナ州の地図A~Dの中からD.O.C.G.Brunello di Montalcinoに該当するものを1つ選んでください。

※地図上から上記の産地を答える問題

【過去問】
下記のトスカーナ州の地図E ~ Hの中からD.O.C.Bolgheriに該当するものを1つ選んでください。

【解説】

DOCまで地図上で問うのかと思ってしまいました。Bolgheriはちょっと特別ですけどね。今後、ピエモンテとトスカーナの超有名どころは地理的位置関係も確認しておきましょう。 

【過去問】
次のA~C のイタリアワインの品質特徴に、適合する州を下図の1~20中からそれぞれ1つ選び、その番号を解答用紙の解答欄にマークしてください。

A. イタリア北部にあって、山地、丘陵地(10%)、海岸まで平地(40%)で、イタリアで最も雨が多いところで、ぶどうは主に丘陵地で平地でも少量造られている。高品質志向の白ワインが多く造られ、特に白の甘口は有名である。
B. 山岳地帯のワインに属しているが平地が中心で、生産量は国内2位であり、1960 年以前にカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなどが栽培されていた。Reciot やAmarone などのタイプのほか、フルーティなスプマンテなどがある。

C. 丘陵地が多くD.O.C.G.は、国内2位の州で、Vin Santoも有名であり、近年カベルネ種やメルロ種から造られたワインも世界的に注目されている。

※地図省略

【解説】
復習です。生産量やDOCGの数などは現在と違っていることがあります。
A. フリウーリ=ヴェネツィア・ジューリア州
B. ヴェネト州
C. トスカーナ州

お疲れ様でした。この調子で、また明日。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩
スポンサードリンク

 - ●イタリア