第97回 チーズまとめ

   

皆さん、さまざまな葛藤があるようで、今回もこのようなコメント・メールをいただきました。

ソムリエ試験に向け、毎日ブログを読ませて頂いてます。本当にありがとうございます。

この時期に過去問を解いてみたところ曖昧な記憶で丸をつけたところも含め50%少しの正解率でした。教科書も2週したのですが、あまりの出来なささに愕然としました。この時期で50%というのは暗記できていなさすぎでしょうか…。
とりあえず、あと1ヶ月はやり抜いて頑張ります。

おそらく平均的です。この時期に50%まで持ってこれたなら上出来と考えてよいと思います。ただ、これからもっと本気にならなければいけません。

50%ということは合格確定ラインの70%にあと20%足りないわけです。そして、この20%を今からどうするのかというところで合否が決まります。

50%ラインをウロウロしているということは、”あれ?どっちだったかなぁ””えっと、あの…、あそこに書いてあった…”。と思うことがしばしばあると思われます。

でも、この”あれ?”や”あの…”はゼロではないんです。全く真っ白な何も暗記していない状態とでは雲泥の差があります。ちゃんと覚えきれてないけど、朧げだけど、知識として蓄積されています。これらをしっかりと引き出すことができるかどうかというあたりで彷徨っているということ。

ですから、これからは、その”あれ?”や”あの”のところを思いっきり意識して試験対策を進めましょう。その曖昧なところを一つ一つ詰めていくんです。ただ、時間がありませんから、さらにどうしても不安なところばかりを書き集めて、寝る前にでも改めて眺めましょう。走り書きでいいんです。そして、一次試験直前の2、3日前にそのかき集めたメモを一気に復習する。いかがでしょう?

”あと1ヶ月はやり抜いて頑張ります”

”とりあえず”という言葉は必要ありません。一ヶ月間本気でやり抜きましょう!

大丈夫です。

やり抜いた先に合格が待っていますから。

そして、もう一方

現在、各年の過去問で平均90~95点取れるようになりました。ただ、過去問で点が取れても今年同じ傾向の問題が出るとは限りません。過去問ばかりやっているわけではないのですが、なんとなく不安を拭いきれません。

この時期の勉強方法で良いアドバイスなどありましたら、よろしくお願いします。

はっきり言わせていただきます。各年の過去問で平均90~95点とれるようになれば一次試験突破は間違いありません。体調管理までしっかり意識して、この調子で試験当日を迎えてください。

昨年の受験者は一昨年までの過去問を見て、傾向が大きく変わったらどうしようと思っていました。一昨年の方もその前の方も同様に同じことを思っていたはずです。毎年毎年、皆同じような不安を抱えていたんです。でもね、これまでの過去問を見続けているとわかりますよね。毎年心配するほど出題傾向が変わっているわけではないということを。→確かに、一昨年と昨年のシニア呼称はびっくりしましたが。そして、いつどう変わるかなんて誰にもわからないんです。だから考えてもしかたがない。現状でできること精一杯やる、私は過去問から流れを感じて努力するしかないと思うんです。

確かに徐々にではありますが、レベルは上がってきています。また、出題傾向の修正も少しずつ行われています。長い目で見れば少しずつ流れが変わってきていると感じます。それでも、過去問から想像し得る程度、またその延長線上です。変化は緩やかで、対処できないレベルではありません。

ソムリエコンクールなどではもっと高等な(ソムリエ試験レベルとは比べ物にならないほど難解な)設問が並びます。全日本のコンクールはトップソムリエを育成することを目的としています。優劣を決めて、高いレベルで競い合っているのです。一方でソムリエ試験は基準を満たせば誰もが合格です。ワインの道の最初の関門を通過する為の試験、大学に入るみたいなものなんですから。

あくまで認定試験です。定員もありません。落とそうとする試験ではなく、合格者させてワインの普及に携わる人を増やしたいんです。→協会の会費も集めたいはずです。ですから、努力した方が報われる試験になっていますし、誰もがわからない出題や、奇天烈な問題を出す理由がありません。

それでも心配してしまうのがこの時期です。その不安はまっとうだとも言えます。その不安を良い意味での緊張感につなげることができればよいのです。慢心せず、一分一秒を大切にするという意味で。

とにかく全く問題ありません。この調子で頑張ってください。

過去問で平均9割以上取れる方がこのように悩むわけですから、そこにまでまだ至っていないほとんどの方はもっと不安ですよね。でもね、ここまで来たんです。不安に思う暇がないくらいあと少しぶっ飛ばしましょう。

さて、今回はソムリエ試験対策的にチーズをまとめます。ちなみに、私はソムリエ試験受験当時フランスチーズですら全く知らず、完全にあきらめました。

→現在はチーズ大好きです。パリ時代はお気に入りのチーズ屋さんが数軒ありました。当然なのですが、お店によって全然違うんです。そして、フランスに行ったら同じ名前でもスーパーで売っているチーズを買ってはいけません。全然おいしくないですから。あれは工業製品です。

時間の無い方はチーズは出題されても一、二問でしょうから合格する為にあきらめることも必要です。

本気でやり切れば必ず何かが起こります。

ブログランキングに参加しています。合格を祈願して押してください!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第97回 チーズまとめ

基本はフランスチーズの解説です。長年、フランスチーズが主体で、あとは一部のイタリアチーズしか出題されませんでした。→ここ数年で、ほんの少しスペインが見られるようになりました。ただ、今年はわかりません。教本の構成が変わりましたので。でも、先ほども申し上げましたが、どうなるかなんて誰にもわからないんです。考えるのはやめて、過去問重視でいきます。

まずフランスのAOPチーズを産地別にわけて、私なりに試験的に重要度の高いと思われるものを並べてみました。最後にイタリアとスペインはこれだけでいいんじゃないってのを選んでます。

重要度を二段階にわけてみました。◎と〇。まずは◎のチーズに関して名前を見て生産される地方がわかるようになればOKです。あとは時間との兼ね合いで検討しましょう。写真を掲載したチーズもありますので、そのイメージと共に暗記することをお勧めします。

フランスのAOPチーズ一覧
下記のほとんどのチーズが牛乳から造られますので、記載のないものは牛乳のチーズです。

※シェーヴルタイプは山羊乳です。

【シャンパーニュ地方】

白かび
〇シャウルス Chaource

Chaource.jpg
大きなおにぎりといったところ。

ウォッシュ

ラングル Langres
langres.jpg

さらに小さくなります。

【アルザス地方】
ウォッシュ
◎マンステール Munster

アルザスの時に紹介してます。

【ブルゴーニュ地方】
ウォッシュ
◎エポワス Epoisses
epo.jpg

手のひらサイズです。

【ジュラ地方】

ジュラ地方に限らず山間地域(サヴォア、オーヴェルニュ、バスク)ではハードタイプのチーズが多く見られます。厳しい冬を過ごす為の保存食という意味合いもあるのでしょう。

ウォッシュ
〇モン・ドール Mont-d’Or
Mont dOr_1

いろいろな大きさがありますが、一般的なものは手のひらサイズからちょっと大きいくらいのものです。

ハード

◎コンテ Comte →こちらはジュラの時に

【サヴォア地方】
セミハード

〇ルブロション Reblochon

ハード

〇ボーフォール Beaufort →こちらもジュラの時に

【ロワール地方】

圧倒的に山羊乳のチーズが多い。

シェーヴル
◎サントモール・ド・トゥーレーヌ Sainte-Maure-de-Touraine 
◎ヴァランセ Valencay
◎クロタン・ド・シャヴィニョル Crottin de Chavignol

→これら三つはロワールの時に

【プロヴァンス地方】
シェーヴル

〇バノン Banon

【南西地方】

青かび
◎ロックフォール Roquefort 羊乳

シェーヴル

〇ロカマドゥール Rocamadour
Rocamadour.jpg

小判みたいでかわいいのです。

セミハード
〇オッソー・イラティ・ブルビ・ピレネー Ossau-Iraty Brebis Pyrenees 羊乳(バスク地方)
Ossau-Iraty Brebis Pyrenees

形は違いますが、メロンくらいの大きさです。

【イル・ド・フランス地方】

チーズは超有名ですが、ワイン産地ではない為に、試験対策としてはそれほど重要でないかもしれません。

白カビ
〇ブリ・ド・モー Brie de Meaux
buri.jpg

カマンベールとほぼ同じ味わいですが、大きいんです。車のハンドルくらいあります。

【ノルマンディー地方】

ワインは造られていませんから、カルヴァドスなどと合わせる問題が見られます。

白カビ

〇カマンベール・ド・ノルマンディ Camembert de Normandie

ウォッシュ
リヴァロ Livarot

ribaro.jpg

ポン・レヴェック Pont-l’Eveque

pont_leveque.jpg

どちらも手のひらサイズより大きい感じです。

【オーヴェルニュ地方】

こちらもチーズは有名ですが…

セミハード
〇サン=ネクテール Saint-Nectaire
Saint-Nectaire.jpg

ちょっと大きなアンパンといったところです。

青かび 
〇ブルー・ドーヴェルニュ Bleu d’Auvergne

〇フルム・ダンベール Fourme d’Ambert

セミハード
〇カンタル Cantal
cantal.jpg

サッカーボールくらいあります。

【コート・デュ・ローヌ地方】
シェーヴル

〇ピコドン Picodon

【ティエラッシェ地方】(フランス北部ベルギー国境付近)
ウォッシュ

○マロワル Maroilles

さて、近年スペインのチーズまで出題されるようになりました。ただ、イタリア、スペインのチーズに関しては、おそらくこれだけ覚えれば大丈夫じゃないってところを挙げておきます。

イタリアのチーズ

ゴルゴンゾーラ Gorgonzola ブルー/牛乳/ピエモンテ州、ロンバルディア州←世界三大ブルーチーズの一つです。相性の問題では地域性を考慮した赤ワインか、甘口ワインを選択します。

〇タレッジョ Taleggio ウォッシュ/牛乳/ロンバルディア州←イタリアのウオッシュタイプの中では最も有名です。
taleggio-wo

〇パルミジャーノ・レッジャーノ Parmigiano Reggiano ハード/牛乳/エミリア・ロマーニャ州←超有名ですね。

〇モンタージオ Montasio ハード/牛乳/フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州、ヴェネト州
MONTASIOwo

〇アジアーゴ Asiago ハード/牛乳/ヴェネト州

〇モッツァレラ・ディ・ブッファラ・カンパーナ Mozzarella di Bufala Campana フレッシュ/水牛/カンパーニア州←水牛が本物です。

〇ペコリーノ・ロマーノ Pecorino Romano ハード/羊乳/ラツィオ州とサルデーニャ州←ペコリーノとはイタリアで、羊乳からつくったチーズの総称。ロマーノは”ローマ”を指します。でも、現在は多くがサルデーニャで作られているそうです。
pecorino-romanowo

スペインのチーズ 

この三つでOKでしょう!

ケソ・マンチェゴ Queso Manchego セミ・ハード/羊乳/ラ・マンチャ←スペインで一番有名なチーズだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カブラレス Cabrales ブルー/基本的に牛乳/アストゥリアス地方←羊乳や山羊乳でも作ることがあるそうです。だから何乳かは問われないでしょう。

イディアサバル Idiazabal セミ・ハード/羊乳/バスク、ナバラ地方

さて、【過去問】を見てみましょう。

ソムリエ試験 過去問

【過去問 2016】
フランスの A.O.P. チーズ Comte に合わせるワインとして適しているものをその地方性も考慮し 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Pommeau de Normandie
2. Marc de Bourgogne
3. Coteaux Champenois
4. Vin Jaune

【過去問】
イタリア D.O.P. チーズ「Murazzano」と最も相性が良いとされるワインを地方性も考慮し、適切なものを 1 つ選んでください。

1. Oltrepo Pavese
2. Ciro Bianco
3. Gavi
4. Recioto di Soave

【解説】

羊、ピエモンテです。ただ、今年の教本には記載がないですよね。わりと有名ですし、今年のチーズプロフェッショナルの教本には例年通り記載があるんです。なので、一応…。

◎ムラッツァーノ Murazzano ブルビ/羊乳/ピエモンテ州←ブルビタイプとは羊のミルクの独特な甘みと濃厚なうま味を感じるチーズ
murazzanowo

【過去問】
フランス A.O.P. チーズの中からコート・デュ・ローヌ地方で山羊の乳から造られるチーズを 1 つ選んでください。

1. Morbier
2. Livarot
3. Picodon
4. Maroilles

【解説】
Picodonはそんなにメジャーなチーズではありません。でも、私はけっこう好きです。(小さくて他のチーズのついでに買う感じ)

Picodon.jpg

【過去問】

フランス A.O.P. チーズの中からノルマンディー地方で牛の乳から造られるウォッシュタイプのチーズを 1 つ選んでください。

1. Pont-l’Eveque
2. Valencay
3. Banon

4. Morbier

【解説】
1.と2.のチーズは知っておくべきです。

【過去問】

スペインD.O.P.チーズ「Queso Manchego」と最も相性が良いとされるワインを地方性も考慮し、適切なものを1つ選んでください。

1. Rioja
2. Rias Baixas
3. La Mancha

4. Ribera del Guadiana

【解説】

とにかくラ・マンチャで作られるスペインで一番有名かもしれないチーズです。

【過去問】

フランスA.O.P.チーズ「Epoisses」と最も相性が良いとされるワインを地方性も考慮し、適切なものを1つ選んでください。

1. Gewürztraminer
2. Meursault
3. Sauternes

4. Sancerre

【解説】

チーズの問題も基本は同じ地方で造られるワインとチーズをあわせることです。

【過去問】

イタリアD.O.P.チーズ「Murazzano」と最も相性が良いとされるワインを地方性も考慮し、適切なものを1つ選んでください。

1. Oltrepo Pavese
2. Ciro Bianco
3. Gavi
4. Recioto di Soave
 
【過去問】

スペインD.O.P.チーズ「Queso Manchego」が生産されている地方(州)を1つ選んでください。

1. ナバラ
2. ガリシア
3. カスティーリャ・ラ・マンチャ

4. カスティーリャ・イ・レオン

【過去問】

スペインD.O.P.チーズ「Cabrales」のタイプを1つ選んでください。

1. フレッシュ
2. 圧搾
3. ソフト

4. 青カビ

【過去問】

次のフランス産チーズの中からVin Jauneと最も相性のよいものを1つ選んでください。

1. Bleu d’Auvergne
2. Langres
3. Comte

4. Banon

【解説】
1. Bleu d’Auvergneは読んで字のごとく、オーヴェルニュ地方の青かびチーズで、牛乳です。

3. これは覚えて欲しい。ComteとVin Jauneは香りに共通点があり、とても興味深いです。以前ジュラのところで軽くふれました。

【過去問】

次の中からフランス産チーズLangresに最も相性の良いワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Muscadet
2. Sancerre Blanc
3. Champagne Rose

4. Anjou Rose

【過去問】

次のフランスA.O.C.チーズの中から羊乳から造られているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Cantal
2. Ossau-Iraty Brebis Pyrenees
3. Saint-Nectaire

4. Valencay

【解説】
どんどんチーズが出てきますが、それぞれAOP/AOCに認定されている有名どころです。簡単に振り返ります。
1. Cantal
オーヴェルニュ地方(フランスの中央よりやや南)のセミハードタイプ。牛乳です。 
2. Ossau-Iraty Brebis Pyrenees
ピレネーの付近ではいろんな羊のチーズが造られており、AOC認定に当たって、その総称としてこの名前が付きました。試験的に覚えるべき”羊”のフランスチーズはこれとロックフォールくらいです。 
3. Saint-Nectaire
カンタルと同じくオーヴェルニュ地方のセミハードタイプ。牛乳です。
4. Valencay

手のひらサイズです。ロワール地方の山羊のチーズです。形は違いますがサントモール・ド・トゥーレーヌと味も食感もほとんど同じです。クロタンはちょっと違います。全部とは言えませんが、山羊のチーズはロワールが多いです。

【過去問】

次のフランス A.O.C. チーズの中からGewurztraminer Vendanges TardivesやBiere ambreeなどに相性が良いとされるウォッシュタイプ・チーズを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Chaource
2. Mont d’Or
3. Munster

4. Rocamadour

【解説】
2.Mont d’Or
冬のチーズとしてとても人気があります。ヴァシュラン・モン・ドールとも呼ばれるジュラのウォッシュタイプです。モミの木の樹皮で巻かれており、独特の香りが楽しめます。
4. Rocamadour

ちなみに南西地方の山羊のチーズです。

【過去問】

次のフランス A.O.C.チーズの中からCalvadosに相性が良いとされるウォッシュタイプ・チーズを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Banon
2. Maroilles
3. Picodon

4. Livarot

【解説】
1. Banon プロヴァンス地方の山羊のチーズ

2. Maroilles フランス北部ベルギー国境付近のウォッシュタイプ

【過去問】
次のフランスのAOPチーズの中から、コート・デュ・ローヌ地方で造られているシェーヴルチーズを1つ選んでください。

1. Charolais(シャロレ)
2. Chabichou du Poitou(シャビシュー・デュ・ポワトー)
3. Picodon(ピコドン)

4. Banon(バノン)

【解説】
2. Chabichou du Poitou
ロワール地方の山羊のチーズで、AOPチーズですがかなりマイナーだと思います。

【過去問】

フランスのA.O.P.チーズでサヴォワ地方で生産されているチーズを1つ選んでください。

1. Chaource
2. Beaufort
3. Livarot

4. Banon

【過去問】

次の中からイタリア産チーズ「Gorgonzola」に最も相性の良いワインを 1 つ選び、解答用紙の解答欄 にマークしてください。

1. Albana di Romagna
2. Recioto di Soave
3. Sforzato di Valtellina

4. Recioto di Valpolicella

【解説】
模範解答は2.になっています。でも、ロンバルディア州の3. Sforzato di Valtellinaも選択肢にあります。

【過去問】

イタリアD.O.P.チーズ「Taleggio」が生産されている地方(州)を1つ選でください。

1. Lombardia
2. Toscana
3. Sicilia

4. Sardegna

【解説】

イタリアで一番有名なウオッシュタイプ、ロンバルディア州でした。

【過去問】

次の1~4の中からフランス産チーズMunsterに合わせるワインとして、最もふさわしいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Gewurztraminer Vendanges Tardives 1997
2. Muscat de Cap Corse 1996
3. Muscadet 2001

4. Chateau Latour 1999

【過去問】

次のイタリアのDOPチーズの中から、羊乳を原料として造られているものを1つ選んでください。

1. Taleggio(タレッジョ)
2. Asiago(アジアーゴ)
3. Pecorino Romano(ペコリーノ・ロマーノ)

4. Mozzarella di Bufala Campana(モッツアレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ)

【解説】

羊といえば、ムラッツァーノと…。

【過去問】

次の1-4の中からフランス、ブルゴーニュ地方の代表的なチーズを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. エポワス
2. ポン・レヴェック
3. スティルトン

4. ブリー

【解説】

3.スティルトン イギリスの青かびチーズ 
suteru.jpg

【過去問】

次の 1-4 の中から「Chaource」と呼ばれる牛乳から造られたチーズが生産されているフランスの地方名を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ブルゴーニュ地方
2. ボルドー地方
3. ロワール地方

4. シャンパーニュ地方

【過去問】

次の中から北イタリアのピエモンテ、ロンバルディーア両州で造られるチーズ 「Gorgonzola」に最も相性の良いワインを1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてく ださい。

1. Verdicchio dei Castelli di Jesi
2. Martina Franca
3. Ghemm

4. Bianco di Custoza

【解説】

ここの模範解答は見るまでもなく3.でしょう。これはいいんです。であれば、先ほどのGorgonzolaにSforzato di Valtellinaも当然アリです。ブドウ品種も同じですから。

【過去問】

次の中からフランス産チーズ「Crottin de Chavignol」に最も相性の良いワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Sancerre Blanc
2. Beaujolais Villages
3. Chateauneuf-du-Pape Rouge

4. Chateau Climens

【解説】
Crottin de Chavignol

大きさはゴルフボールくらいでかわいいです。ロワール地方の山羊のチーズです。基本はロワール地方の白ワインを合わせます。

【過去問】
次の中からカンパーニア州の水牛のチーズ、「Mozzarella di Bufala Campana」に相性が良いとされるこの州のワインを 1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてくだ さい。

1. Lacryma Christi del Vesuvio Rosato
2. Cerveteri Rosato
3. Castel del Monte Rosato

4. Cerasuolo d‘Abruzzo

【解説】

カンパーニア州と問題文に書いてありますし、ここは何とかなるでしょう。

ふ~。お疲れ様でした。なじみのない人にはチーズはけっこう大変です。

何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com 松岡 正浩

 スポンサードリンク

 - ●ワインと料理、サービス実技