第70回 2018年度のシニア呼称一次試験対策について考えてみる

   

シニア呼称、本当に難しくなりました。一次試験はおそらく普通に勉強するだけでは突破できないと思われます。後ほど昨年の一次試験問題に挑戦していただきますが、もう、完全にコンクールを意識しているとしか思えない出題になっておりました。ただ、それでも道は続いているわけで、今年挑む方のために、私なりにお伝えできることがあればと、今回は今年のシニア呼称一次試験対策について考えます。

一部、号外としてお伝えしましたが、本気でシニア呼称合格を狙っている方、諸事情あるかと思いますが、なんとかしてソムリエ教会主催の第5回 基本技術フォローアップセミナーを受講してください。

残念ながら北海道会場の申し込みは終了しましたが、その他の会場はまだ(定員に達していなければ)WEBにて申し込み可能です。ちなみに福岡会場は5月20日締め切りです。→北海道の方は先日の緊急号外でなんとか…間に合いましたでしょうか。

第5回 基本技術フォローアップセミナー開催のお知らせ

ここ数年、シニア対策の一つの手段として、このフォロアップセミナーを受講することと言われておりました。ただ、2015年度、2016年度はまだこのフォロアップセミナーを受講されずとも、なんとかなったかもしれません。いや、十分に難しかったのですが、2017年の出題は一般呼称との差別化などというレベルではありませんでした。

この講座のOBにして、2016年度のシニアワインエキスパートにこのフォローアップセミナーに参加されずに見事合格された方のブログにその件に関する言及がございます。

タイムマシーン・プロジェクト・プルミエ・クリュVV

こちらの方が書かれている通りだと思います。
「受験とはメッセージです。どんな人に受かってほしいのか?(中略)その協会側の発信をちゃんと受信してくれる方、そういう層を求めているのです」
近年のシニア呼称試験はソムリエコンクールに向けてのメッセージが込められているのであろうと。世界コンクールで勝負になりそうな人を選抜しているのであろうと。

さて、上記の方からシニア呼称受験者に向けてのメッセージをいただきました。この方、ご本人もおっしゃっておりましたが受験のプロです。これまでに数々の難関試験を突破されてきました。その受験のプロがシニア試験対策について深く考察されております。

Documentary of SWE2018 ~シニア呼称受験する皆さんへ~

特に、2016年のシニアワインエキスパート受験記は、一次試験対策に関する考察も素晴らしいのですが、ご本人の受験当時の苦悩や達成感、勉強に対する姿勢まで見事に記録として残されていらっしゃいます。ぜひ、ご一読ください。シニア呼称対策として大いに得るものがあるはずです。

〈5/26追記〉
こちらをアップ後、昨年2017年度のシニアソムリエ呼称の合格者からメッセージをいただきました。

私は、フォローアップセミナーを受講し、短期ですがシニア対策のためにスクールにも通いました。それでもなお、一次試験62~63%といった正答率でした。

私の場合、複数回答の設問を1問と考えた場合(一つでも間違えば不正解にカウント)と、解答欄の数を設問数としてカウントした場合のどちらでも大差ありませんでした。また、私は記述の問題の正答率がかなり悪かったので、その配点が選択肢問題よりも高かった場合はさらに得点が下がると思われます。

今回の英文問題や記述式問題は、難度的には易しい問題が多かったのですが、情けないことに微妙なスペルミスなどを連発し、ほとんど落としてしまいました。一文字違い等も多かったので、多少拾っていただければまた違うのかもしれませんが、採点を外部に依頼しているとのことでしたので、望みは薄いと嘆いていたことを思い出します。

個人的な感想としましては、2017年度は2016年度に比べると教本に記載されている内容からの出題が多かったように思います。ただ、私は2016年の傾向から教本の情報以外からの出題が増えるのではと予想し、ソムリエ協会の会報誌やネット上のワインに関連する最新情報、一年以内に放送されたワイン関連のテレビ等、かなり手を広げて準備しました。

しかし、結果的にはフォローアップセミナーの情報と、教本の細部の問題が多かったかなと。フォローアップセミナーの情報は絶対に出題されるわけですので、もちろんしっかりと対策を行いました。

教本対策としては、2015年・2016年の問題を洗い直しつつ過去問分析表を作成し、各項目別にどのような事柄がどのような形で出題されるのかまで研究しました。そして、それらをふまえた上で教本を熟読しながら出題されそうな箇所をピックアップして、頭に入れていきました。

去年に関して言えば、この教本対策は大いに有効だったと思うので、他の情報にまで手を広げる前にもっと教本対策に力を入れておけば一次試験終了後、あんなに胃の痛い思いをしなくてすんだなぁと(笑)。まぁ、それがわからないから大変なのかもしれませんね…(汗。

今回、久々に問題を拝見しましたが、今受けたら合格する気がしません(笑)。試験前日はまったく眠れませんでしたので、ある種のゾーンに入っていたようにも思います。それでギリギリですから、自分の能力の低さに悲しくなりますが…。

貴重な情報をありがとうございます。今年の受験者に勇気を与えた…かな…。でも、もうこれで手探り状態ではなくなったはずです。道は見えました!そして、(思いっきり遠いかもしれませんが、)道は続いています。頑張りましょう。

何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。 by 坂本龍馬
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第70回 2018年度のシニア呼称一次試験対策について考えてみる

さて、タイムマシーン・プロジェクト・プルミエ・クリュVVさんによってほとんど語り尽くされた感もありますが、私なりにシニア試験対策に関して考えてみたいと思います。

その前に、もうお一方より、シニア対策向けの情報をいただきました。

こちらの方はいきなり強烈に難しくなった2015年度のシニア呼称合格者で、たしかこの方もフォロアップセミナーを受講されずに実力で合格されたはずです。

今年初めの開催されたソムリエ教会主催の2018年度 第5回ブラッシュアップセミナーを受講され、その情報および感想を送っていただきました。

ブラッシュアップセミナーを受講して感じた事をまとめます。

ソムリエ協会は2020年に向けて国際的なサービス能力を引き上げたいと考えているようです。なんとかして世界ソムリエコンクールで優勝する選手を輩出したいという意気込みを強く感じました。ですから、国内のソムリエコンクールも世界大会を目指す内容になってきましたし、A.S.I.ディプロマも、シニア呼称もそこに準じたもの、世界に通用する流れを作りたいのだと思われます。

セミナーにてA.S.I.ディプロマに向けて勉強すべきポイントの解説がありましたが、シニア呼称対策としても大いに関係があるであろうと思われるため下記にまとめてみました。

★A.S.I.のHPは要チェック
★ヒュー・ジョンソンの三ツ星以上のワイナリーからの出題多し。
★A.S.I.の役員の国に関する問題が出る。(アルゼンチン、ベルギー、チリの技術的な問題、日本、イギリス)
★キーマンは、Markus Del Manego(オランダ)、Michele Astom Chantome(モロッコ)、Gerard Basset(イギリス)。つまり、その国は出やすい。(北アフリカのお茶など)
★4割正解で合格
★ティム・アトキンの土壌
★食品関係で最初に何かを発明をした人(インスタントコーヒーを作った人など)
★ワイン、食にまつわる格言
★『シャトー』問題(シャトーとつくけど、ボルドーじゃないワイナリーがどこの国か、という問題)
★略語問題(A.S.I.、WOSA)
★単位の問題
★モロッコはおさえる。
★お茶、コーヒー、ココア、中国茶、日本茶、モロッコ、シガー、ベルギー
★ペルーのピスコ
★ポルトガルのブドウ品種
★オルトレポパヴェーゼ
→要は、このレベルのマイナーな産地まで勉強しなさいという意味なのだと思うのですが、オルトレポパヴェーゼのブドウの栽培エリア等を調べたりするだけで随分時間がかかりました。
★映画関係見直す
★ミッシェル・シャントンヌなどのキーマンが最近訪問している産地
→Michèle Chantôme(モロッコ出身のA.S.I.の役員です)https://www.youtube.com/watch?v=TZ5c1XIJCLw
★USデイビスの有名な研究結果、発明事項
★ルドルフ・シュタイナーやビオディナミの調剤
★ワインセラーの条件
★歴代のA.S.I.の出場者
★ヴィーガン、ハラール等への配慮
★水の硬度、カルシウム、マグネシウムの量計算
★有名シェフや有名ワイナリーの顔と名前
★テイスティングは、フルコメント、フラッシュコメント、3単語でまとめる、という三パターンで対応できるように。(2種類のワインが出たら、違いを織り込んで説明する)

【森さんまとめの筆記試験の傾向と対策】
世界の産地:エリア、サブリージョン、サブゾーン
マイナー生産国:北欧、中央・東ヨーロッパ、旧ソ連、アジア、南米
生産者:著名な生産者や銘柄、自社所有畑、歴代の醸造責任者
ブドウ品種:土着品種、交配交雑品種、ワインのタイプ
栽培:基礎的な栽培法・仕立て、ビオディナミ農法
醸造:基礎的な醸造法、最新醸造技術や施設・機器
熟成:特殊なワイン、木樽およびオークの種類
ワイン以外の知識:ワイン以外の飲み物、料理、サービス
その他:ワインやブドウをテーマにした詩、絵画、A.S.I.歴代優勝者、ワイン関連本の著者、ワインを取り巻く時事問題
etc

試験なのですから、相手のクセを知らないと戦えないという事で、A.S.I.ディプロマもシニア呼称も講習会には出るべきだと思いました。

さて、ここまでお読みいただいた方には現在のシニア呼称の置かれている位置が理解できたことでしょう。

私が受験した当時(2011年)のシニアは楽チンで、私は”絶対に合格する”と信じて疑わない状態で試験会場に向かうくらい一般呼称の試験と何ら変わりはありませんでした。2013年度から多少厳しくなり、2015年満を持してか、もしかしてコンクールと思うほどの出題すら見られるようになってしまいました。

そして、2017年度のシニア呼称の一次試験、強烈に難しいです。もう、ソムリエ教会が本気だと思うしかないでしょう。
→ただ、シニア呼称がここまで難しくなっても、一般呼称はそれほど変わらない、難しくならない私は考えております。というのも、協会もお金を集めなくてはいけませんので、受験者数、合格者数、協会員数ともに伸ばしたいと考えているはずです。となると、(一般呼称が)今以上に難しくなってしまうと受験者数減から連鎖的に収入減につながるからです。

さて、今年のシニア試験一次対策をどうすべきかということに関して、フォローアップセミナーを受講できない方もいらっしゃるであろうと思われる中、どの程度、どのレベルまで掘り下げて勉強しなくてはいけないのか、私なりに考えてみたいと思います。

まず、2017年度のシニアソムリエ呼称の筆記問題を検証します。

◯:青文字の問題は一般呼称レベル、または、手前味噌で恐縮ですが”ちょっとまじめに”と教本を見合わせてしっかり勉強すれば取れるであろう問題。

△:紫文字は一般呼称対策レベルでは求められませんが、シニア呼称であればここまで勉強する必要があると思わせる問題。1/2と書かれているところは、ちゃんとわからなくても”ちょっとまじめに”でしっかり勉強すれば消去法で、二択にはなるだろうと思った問題。

×:赤文字はいくらシニアでもこれはあきらめざるを得ないだろうと思った問題。

〈シニアソムリエ〉

2017年度 J.S.A.シニアワインエキスパート呼称資格認定試験(筆記)問題

問題に関する資料および統計などの数字については、 2017年度 日本ソムリエ協会教本記載に準ずる。

解答用紙記入上の注意
1. 会場名、受験呼称、受験番号、氏名が正しく印字されているか確認してください。
2. 解答用紙は汚したり、折り曲げたりしないでください。
3. 解答用紙の記入は、必ずHBまたはBの鉛筆を使用してください。
4. 解答は所定の解答欄にマーク例を参照のうえマークしてください、訂正する場合は、消しゴムで跡が残らないようにきれいに消してからマークし直してください。
5. 問題数は74問です。万が一抜けている箇所がありましたら係員に申し出てください。
6. 記述問題については、所定の解答欄に収まるように記入してください。

1
ブドウの果粒においてもっとも酸が高い部分を1つ選び、解答欄にマークしてください

1.  果皮
2.  種子の間
3.  種子
4.  蝋質

〇 まぁ、シニアクラスなら知っておくべきですかね。

2 
次に挙げるa〜dのワインに含まれる亜硫酸の形態で、遊離亜硫酸として正しいものを1〜4の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

a.  ガスの状態
b.  ワイン中に溶けたイオンの状態
c.  ワイン中で糖などと結合した状態
d.  ワイン中でアセトアルデヒドと結合した状態

1.  aとb
2.  cとd
3.  aとc
4.  bとd

〇 遊離亜硫酸と言ってますし、亜硫酸の添加に関してしっかり理解していれば取れるはず。

3 
次に挙げるビールの中で下面発酵タイプを1つ選び、解答欄にマークしてくださ い。

1.  ボック
2.  アルト
3.  スタウト
4.  エール

〇 一般呼称レベル

4
「地理的表示に関する表示基準」により日本国内で保護される地理的表示として、 焼酎「壱岐」「琉球」「薩摩」以外の地域名を漢字で解答欄に記入してください。

 出題としては一般呼称レベルですが、こちらを漢字で書かせるところがシニア。ただ、このくらいはちゃんと書けないと今のシニアレベルには届きません。

5
Absintheを常飲した場合に健康を損なう恐れがある成分とされ、許容量がWHO に規定されている成分を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  アニス
2.  ルプリン
3.  ツヨン
4.  モラレス

 一般呼称としてはちょっと難しいかもしれませんが。シニアなら取って当然の問題。

6
中国酒において作り方が異なるものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  米酒
2.  黄酒
3.  紹興酒
4.  老酒

 選択肢の並びがちょっといやらしいですが、結局、醸造酒か蒸留酒かということ。一般呼称プラスアルファくらいの出題。

7
What is the French word for the change of color of the grape berries ?

× 選択肢があれば答えなくてはいけませんが、これを記述で答えるのはかなり難しい。

8
次に挙げる3大台木原種の交雑種で、組み合わせとして正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。

1.  3309: ベルランディエリ ×リパリア
2.  101-14: ベルランディエリ×ルペストリス
3.  SO4: ベルランディエリ ×リパリア
4.  5BB: リパリア×ルペストリス

×  難しすぎ。ただ、このクラスの話も今は生産者や、さまざまな書物やレポートに書かれています。

9
東北地方におけるワイン発祥の地とされるものを1つ選び、解答欄にマークして ください。

1.  上山市
2.  赤湯町
3.  高畠町
4.  朝日町

 一般呼称レベルよりはちょっと難しいかもですが、今や日本のワイン対策は必須です。

10
日本の野生ブドウが属している種を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Vitis vinifera
2.  Vitis lubrusca
3.  Vitis coignetiae
4.  Vitis berlandieri

△ 一般呼称でこの出題を見たことがありませんが、こちらもカテゴリーとして日本と考えるならシニアであれば取らなくてはいけないでしょう。

11
次の文章で(    )内に相応しい語句を解答欄に記入してください。
「1186年に雨宮勘解由が付近の山である(   )において山ブドウの変生種を見つけた」

△ 難しい問題ですが、日本ワインのカテゴリー、教本にも記載がありますし、このレベルを取れるようにならないといけません。

12
甲州市塩山地区の標高として正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  200〜400m
2.  300〜500m
3.  400〜600m
4.  500〜700m

△ こちらも日本のカテゴリーということで。

13
Constantia、Hout Bay、Durbanville、Philadelphiaの4地区が統合され誕生した、 新しいWOを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Cape Town
2.  Cape Peninsula
3.  Cape Bay
4.  Cape Mountain

× 2017年度の教本に載っていないような。ただ、最近何かと話題の南アフリカですから。

14
南アフリカの伝説的ワインで、1986年に復活を遂げた甘口ワインの名称を原語で解答欄に記入してください。

 選択肢なら誰でもわかる。私も原語で覚えているわけではないけど、普通に書いてみると”Constantia”。書けるんじゃないですか。

15
次の中で、BadenのBereicheを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Ortenau
2.  Steigerwald
3.  Oberer Neckar
4.  Loreley

× うーん、地味なのを問うなぁ。そりゃ、ここまで覚えればいい話だけど。

16
V.D.P.の品質基準において、プルミエ・クリュに相当するブドウ畑に与えられる 名称を原語で解答欄に記入してください。

 エアステ・ラーゲ、これを書けるかどうか。Easte Lage、ブー。間違い。正しくはErste Lage。難しいですね。

17
(ドイツ)Federweißerに合わせる料理として最もふさわしいものを1つ選び、解答欄に マークしてください。

1.  Bofflamot
2.  Schweinehaxe
3.  Zwiebelkuchen
4.  Sauerbraten

× Federweißerって。このマイナーなものに合わせる料理って…。

18
Malbecに最も相性の良いと思われるアルゼンチンの郷土料理を1つ選び、解答 欄にマークしてください。

1.  Humita
2.  Empanada
3.  Provoleta
4.  Asado

1/2 アルゼンチン料理といえば、Asadoでしょ。ってことで素直に選べた人は正解。

19
写真の人物と最も関係の深いワイナリーを1つ選び、解答欄にマークしてくださ い。

1.  Achaval Ferrer
2.  Vina Cobos
3.  Catena Zapata
4.  Norton

× 誰やねん?ぜんぜんわかりません。フォローアップセミナーにでないとわかりませんね。正解は3.です。

20
(オーストラリアの)2015年ワイン用ブドウ生産量(t)上位4品種の順番として正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。

1.  1位Shiraz 2位Chardonnay 3位Merlot 4位Cabernet Sauvignon
2.  1位Shiraz 2位Chardonnay 3位Cabernet Sauvignon 4位Merlot
3.  1位Shiraz 2位Cabernet Sauvignon 3位Merlot 4位Chardonnay
4.  1位Shiraz 2位Cabernet Sauvignon 3位Chardonnay 4位Merlot

 久しぶりにホッとする問題。

21
Henschke Hill of Graceのファースト・ヴィンテージを1つ選び、解答欄にマー クしてください。

1.  1945年
2.  1951年
3.  1958年
4.  1965年

× コンクールレベルの超難問。特定のワインのファースト・ヴィンテージまで問うのか、すごいな、今年のシニア呼称。昔のコンクールのワインリストの間違い探しで、オーパス・ワンのファーストヴィンテージを知らないと答えられないものがあって、当時はすごいなと思ったけど。

22
ルストで造られる「ルスター・アウスブルッフ」の果汁のKMW糖度として正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  25度以上
2.  27度以上
3.  30度以上
4.  35度以上

 この講座でも”トロッケンベーレンアウスレーゼに対する呼称”とありますから。

23
ノイジードラーゼー(湖)の南に位置するブラウフレンキッシュの代表的産地を 1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Carnuntum
2.  Traisental
3.  Wien
4.  Mittelburgenland

 またまたホッとしてます。反対にいえば、この一般呼称レベルの問題はミスも許されないということです。

24
オーストリアの代表料理「Gulasch」の説明として正しい文章を1つ選び、解答 欄にマークしてください。

1.  ガチョウの丸焼き
2.  牛肉のパプリカ煮込み
3.  牛肉のボイル
4.  仔牛の脳みそのフライ

× うーん、各国の料理をしっかり見ていればいいのですが、それはなかなかむつかしい。なんというか、パプリカってここより東の国でよく使うイメージで、私はなんとなく覚えていたというか、当たりました。

25
(ブルガリア)地図のA,B,C,のワイン産地名を原語で解答欄に記入してください。

× せめて選択肢から選びたかった。

26
(カナダ)What is the name of hybrid grape variety by Folle Blanche×Vitis Riparia?

 一般呼称レベルでは太刀打ちできませんが、こちらはシニア呼称。カナダで”ハイブリッド”といわれれば、まずはヴィダル。ではないので、もう一つと思えた人は正解。

27
2015〜2016年、オンタリオ州のアイスワイン生産量でトップ3のブドウ品種の 組み合わせを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  1位Vidal 2位Riesling 3位Cabernet Franc
2.  1位Cabernet Franc 2位Vidal 3位Riesling
3.  1位Vidal 2位Cabernet Franc 3位Riesling
4.  1位Riesling 2位Cabernet Franc 3位Vidal

× 私は騙されました。2位はCabernet Francなんですね。知らなきゃ、リースリングだと思ってしまう。

28
(チリ)1980年代、Casablanca Valleyにシャルドネを中心としたブドウ品種を植樹した 人物を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Francisco de Aguirre
2.  Silvestre Ochagavia
3.  Pablo Morande
4.  Miguel Torres

1/2 私は知りませんでしたが、調べてみるとチリワインの中では有名な方ですね。でも、選択肢があるので、消去法で1/2くらいまでは絞れるのでは。

29
(チリ)Which of the following areas is in Costa region.

1.  Cauquenes
2.  Santo Domingo
3.  Santiago
4.  Marchigue

× ぜんぜんわからないです。すいません。

30
2016年より認められたカテゴリーで、単一畑のカバに与えられる呼称を原語で 解答欄に記入してください。

× 選択肢があればいいけど、書けないですよね。ただ、今後はこのレベルを言語出かけることを求めるのでしょう。シニア呼称がコンクールを意識しているのなら。

31
D.O. Monterrei、D.O. Valdeorrasが位置する州として正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。

1.  カタルーニャ州
2.  ムルシア州
3.  ガリシア州
4.  バスク州

1/2 もしかすると一般呼称でも消去法等を1/2までは絞れるでしょう。なんとかなるのでは。

32
(スペイン)1730年から6年間続いた火山の噴火によって出来たワイン産地で、縁に火山礫 を並べたクレーター上の穴に樹を1本ずつ植える独特な方法で栽培するD.O.を1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Pla i Llevant
2.  Lanzarote
3.  La Palma
4.  La Gomera

 教本を読んでいれば、このインパクトのある植樹法は覚えているでしょう。あとは選択肢から選べるかどうか。

33
Who organized “The Judgment of Paris” tasting of 1976 in Paris ?

1.  Robert Parker Jr.
2.  Steven Spurrier
3.  Michael Broadbent
4.  Michel Bettane

 消去法とこれまでの記憶を総動員して、絞り出せるのでは。正解以外の人はよく耳にする人ですから。

34
Monticello A.V.A.の主要ブドウ品種を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Riesling
2.  Cabernet Franc
3.  Sauvignon Blanc
4.  Pinot Noir

× もしくは△。難しいですよ。でも、ここまでやらなくてはいけないのかもと思い始めてきました。

35
2016年に、ワシントン州で承認された新しいAVAで、スネーク・リヴァーと クリアウォーター・リヴァーによって形成され、総面積の72%がアイダホ州側に あるAVAを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Walla Walla Valley
2.  Ancient Lakes
3.  Lake Chelan
4.  Lewis-Clark Valley

 ワシントン州の新しいAVAということもあり、シニアなら必須でしょう。

36
次の(A)〜(E)に該当するニューヨーク州のワイン産地を地図中1〜5の中か ら1つ選び、解答欄にマークしてください。
(A) Finger Lakes (B) Lake Erie (C) Hudson River Region (D) Long Island (E) Niagara Escarpment

 いくつかは一般呼称でも答えなくてはいけない問題です。もはや、シニアならこのレベルは必須です。

37
In which French A.O.C. do you find the following crus ?
FRANGY MARESTEL MONTERMINOD MONTHOUX

× 教本には記載がありましたが、こんなに超マイナーなことまで問われるとは。これを正解できた人がいるのだろうか。完全にコンクールレベルの問題です。

38
Chateau-Chalonの土壌に相応しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  青色の粘土質
2.  白色の石灰質
3.  赤い花崗岩
4.  灰色の泥灰質土壌

 教本に書いてあるんですよねぇ。シャトー・シャロンはかなり特別なので、シニアクラスであればその土壌まで知る必要があったのかもしれません。

39
ロワール、ペイ・ナンテ地区Coteaux d’Ancenis BlancはMalvoisieと付記する ことが出来るが、その品種名として正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてく ださい。

1.  Pinot Gris
2.  Muscadet
3.  Chenin
4.  Gros Plant

 これも教本に書いてあるんですよねぇ。でも、マイナーAOCですからねぇ。大阪では有名なワインの先生がブログにこのようなことを書いていらっしゃいます。
ワインの裏側表側「Malvoisie」

40
2016年に発表されたクリュ・ブルジョワ 2014年ヴィンテージの審査において、認定されたワイン数として正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  178
2.  278
3.  378
4.  478

× まったくわからないですねぇ。コンクールのように優劣をつける必要があるのであればこの出題も理解できますが、あくまで資格試験で、ここまでというか、ほとんど意味のないと思われる”マイナーなカテゴリーのいくつあるか”という問題が本当に必要なのかどうか…。

41
2016年 コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュから単独のA.O.C.に昇格したワインの名前(A.O.C.)とタイプを原語で解答欄に記入してください。

 もともと有名な産地でしたし、選択肢があれば一般呼称レベルですが、原語でと言われると…。また、ここちょっとフランス語的な綴りなんです。ケランヌ、”ai”は”エ”と読みますし、末尾の”e”を発音しません。

42
2016年4月下旬にオーセロワからコート・シャロネーズのブドウ畑に大きな被害をもたらした害を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  雹
2.  雷雨
3.  霜
4.  洪水

 この手の話は実際にフランスワインを扱っているとよく耳にします。

43
次に挙げるブドウ品種で白ブドウを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Liatiko
2.  Malagousia
3.  Mandelaria
4.  Negoska

1/2 一般呼称の方でも、少なくと1.と3.は違うとわかります。

44
(ギリシャ)イピロス唯一のP.D.O.を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Rapsani
2.  Peza
3.  Anchialos
4.  Zitsa

 一般呼称的にはとても難しいですが、シニアはこのくらいは勉強しないといけないということですね。とほほ。

45
(ジョージア)次に挙げるワイン産地の中で、最も東に位置するものを1つ選び、解答欄にマー クしてください。

1.  Imereti
2.  Kartli
3.  Abkhazia
4.  Kakheti

 ここ数年話題のジョージアですから、全ての産地は知らなくとも、シニアクラスなら最低1と4は知っているだろうし。

46
(ハンガリー)次に挙げるワイン産地の中で、ドナウ川の東側に位置するものを1つ選び、解答 欄にマークしてください。

1.  Pannonhalma-Sokoroalja
2.  Balatonmellek
3.  Villány-Siklos
4.  Bukkalja

1/3 2.が違うであろうことは、地図を見ている人にはわかるはず…ですが…。

47
次に挙げるワインの中で、生産地区が最も北に位置するものを1つ選び、解答欄 にマークしてください。

1.  Gattinara
2.  Roero
3.  Dogliani
4.  Barbaresco

 本当に久しぶりに一般呼称レベル。ホッとする問題。

48
キアンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネの法定熟成期間として正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  24ヶ月
2.  30ヶ月
3.  36ヶ月
4.  48ヶ月

 私は知りませんでしたが、このようにワイン王国に書かれている以上、ワイン的な時事問題なのでしょう。→ワイン王国

49
次に挙げる銘柄のうち白ワイン、赤ワイン共に生産が認められているものを1つ 選び、解答欄にマークしてください。

1.  Rosazzo
2.  Suvereto
3.  Bagnoli Friulano
4.  Offida

 一般呼称レベル。

50
Franciacorta D.O.C.G.の生産地域に微気象的影響を与えていると考えられる湖を 1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  イゼオ湖
2.  カルダーロ湖
3.  ネミ湖
4.  トラジメーノ湖

 フランチャコルタの微気象的影響はわりと有名なので、その意味でもシニアならこの湖の名前を知っておきなさいということでしょう。

51
ルクセンブルグのワイン産地を北から南へ並べた際、組み合わせとして正しいも のを1つ選び、解答欄にマークしてください。
1.  Ahn – Grevenmacher – Remich – Schengen
2.  Wasserbillig – Wormeldange – Wellenstein – Stadtbredimus
3.  Grevenmacher – Wormeldange – Remich – Wellenstein
4.  Ahn- Wasserbillig – Stadtbredimus – Schengen

 近年、教本に登場しましたし、一般呼称としてはちょっと難しいかもしれませんが。シニアなら取って当然の問題。選択肢もありますし。

52
ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインの名前を原語で解答欄に記入して ください。

× 知りません。ネットで調べましたが、時折日本にも来ているみたいですね。でも、そんなに有名なのかなぁ。

53
Masterton、Gradstoneのサブリージョンが位置するGI名を1つ選び、解答欄に マークしてください。

1.  Marlborough
2.  Central Otago
3.  Wairarapa
4.  Hawke’s Bay

 難しいですねぇ。でも、ここまでやらなければならないということです。大変ですが。ただ、この地域はちょっと秀でてますからね。

54
Beira AtlanticoのD.O.C.ワインを1つ、原語で解答欄に記入してください。

 一般呼称でMinhoが出るくらいだから、ここも知っておくべきなんでしょうね。でも、原語でかけるかなぁ。

55
How is it called the process of aging Madeira wine which consists of aging wines in barrels for a minimum of two years and this often on the upper floors of the warehouses?

 英語だけど、内容は一般呼称レベル。原語で求められていないし。

56
ルーマニアの気候区分に大きな影響を与える山脈の名前を原語で解答欄に記入し てください。

× 知らないし、書けない!

57
「English Wine」と表示されるワインの最大収量として正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。

1.  70 hl/ha
2.  80 hl/ha
3.  90 hl/ha
4.  100 hl/ha

× むつかしいなぁ。

58
イングランドにおけるブドウ栽培面積(2015年)で最も広い面積のブドウ品種 を1つ選び、解答欄にマークしてくださi.

1.  Pinot Noir
2.  Bacchus
3.  Chardonnay
4.  Seyval Blanc

 スパークリングワインが有名なので、素直にイメージすれば良いかと。

59
スイス・ヴァレー州のグラン・クリュで、指定ブドウ品種としてAmigne、 Chasselas、Pinot Noir、Gamayが指定されている生産地を1つ選び、解答欄にマー クしてください。

1.  Chamoson
2.  Leytron
3.  St.Leonard
4.  Vetroz

× 確かに教本には記載がありますけどね。ここまで覚えるのは…。

60
「Ao Yun」が生産される中国の省を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  雲南省
2.  山西省
3.  山東省
4.  甘粛省

× なんとなくワインの名前は聞いたことがありますが…。私は飲んだこともなく、何省って全然イメージできません。

61
TDNによる個性がもっともよく見られるブドウ品種を1つ選び、解答欄にマー クしてください。

1.  Chardonnay
2.  Riesling
3.  Cabernet Sauvignon
4.  Merlot

△ ワインや日本酒の香り等に関する書籍やレポートを読むことがなければ知らないのかもしれません。ただ、シニアクラスであれば必須ということですね。
ワインの醸造や熟成に関して、面白いレポートがこちらです。目次等があるとわかりやすいのですが…。
ワイナリー便り
読みやすくとても勉強になります。この講座でも毎年、一次試験が終わったあとに紹介しておりました。

62
酸敗の可能性があるワインにみられる成分を1つ選び、解答欄にマークしてくだ さい。

1.  酢酸エチル
2.  酢酸イソアミル
3.  硫化水素
4.  ポリサッカライド

〇 一般呼称レベル。ちなみに酢酸イソアミルは日本酒で重要な役割を果たします。

63
ピエモンテ州のチーズを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Fiore Sardo
2.  Asiago
3.  Taleggio
4.  Bra

1/2 うーむ。2.と3.ではないことはわかるのですが。

64
ワインの輸入に関する貿易条件の中で、「輸入港までの運賃込の条件」に該当す るものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  CFR
2.  FCA
3.  FOB
4.  CIF

〇 一般呼称レベル

65
次の酒類の定義に関する記述中、(A)と(B)の語句として正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。
「清酒とは米、(A)及び水を原料として発酵させて、 こしたもので、アルコール分が(B)度未満のものをいう。」

1. ( A)清酒かす  (B)20
2. ( A)清酒かす  (B)22
3. ( A)米こうじ  (B)20
4. ( A)米こうじ  (B)22

〇 一般呼称レベル

66
Quinquina系アペリティフを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Amer Picon
2.  Campari
3.  Cinchon
4.  Byrrh

 シニアならこのくらいは答える必要があるんでしょうね。でも、知らなくても選択肢があるし、消去法でなんとかなるでしょう。

67
山田錦を産み出した品種の正しい組み合わせを1つ選び、解答欄にマークしてく ださい。

1.  短稈渡船 × 山田穂
2.  愛山 × 山田穂
3.  備前朝日 × 山田穂
4.  亀の尾 × 山田穂

 天下の山田錦、こちらもシニアなら必須かと。

68
セルレニン耐性酵母を1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  NEW5
2.  協会14号
3.  宮城A
4.  M310

× 私は今、日本酒を扱っていますので、品評会などの記事やパンフを読むことがあります。だから、”セルレニン耐性酵母”はなんとなく見たことがありますが、どれか選べません。

69
クロアチアの品質分類でアウスレーゼにあたるプレディカートを1つ選び、解答 欄にマークしてください。

1.  Izborna berba bobica
2.  Izborna berba
3.  Izbor
4.  Jagodni Izbor

△ この講座でふれていますし、ソムリエ試験的な内容なので、これは取らなくてはなりません。

70
カーネロスAVAにDomaine Carnerosを設立しているシャンパーニュハウスを 1つを選び、解答欄にマークしてください。

1.  Lanson
2.  Taittinger
3.  Louis Roederer
4.  Moët & Chandon

1/2 私は3.と4.がほかの場所にあると知っていたので、であれば2.じゃないかなと思いました。

71
ワインをソーダで割るハンガリーの飲み物の名称として正しいものを1つ選び、 解答欄にマークしてください。

1.  Asztali bor
2.  Juhark
3.  Bikaver
4.  Fröccs

 難しいですけど、この講座でもふれています。

72
輸出者が作成する納品書兼請求書で、商品の品名、数量、単価、建値、合計金額、 支払条件等が記載されている船積み書類は何か、解答欄に記入してください。

 これは大丈夫でしょう。

73
シェフソムリエに求められる能力として、次の記述のA、Bに適する語句を解答欄に記入してください。
「(  A  )は、(  B  )の分析から5W2Hを導き出す、マーケティング そのものである。」

× これも選択肢がないと難しい。正解を見れば、そりゃそうだと思うけど。A:テイスティング、B:ワイン だそうです。

74
2012年より実施されている、国際ソムリエ協会が主催する国際水準のソムリエ ディプロマの名称を原語で解答欄に記入してください。

× 書けないなぁ。

ーーーーーーーー

ふう。強烈ですね。

もうおわかりの通り、普通に勉強するだけでは到底間に合わないと思われます。そして、どうしてもフォロアップセミナーに参加できない方もいらっしゃることでしょう。それでも、とにかく合格するためにはどうするのかということです。

まずは、上記の問題の○△×に集計すると、
○:青の問題 18問(2016年度は27問、2015年度は46問)
△:紫の問題 37問(2016年度は24問、2015年度は17問)
×:赤の問題 25問(2016年度は23問、2015年度は14問)
→△の設問36は解答数が5あるので、5問とカウントしました。×の設問25も同様に3問。

となり、一目瞭然、圧倒的に難しくなりました。

これらの数字を見て何ができるのか、真剣に考えてみます。

まず、×:赤の記述問題を10問を捨てます。もちろん、答えられるに越したことはありませんが、教本に記載のない事柄もありますし、特に原語で書きなさいを今から覚える時間はありません。

×:赤の問題でも選択肢から選ぶ問題が15問あります。ここも捨てるのですが、すべて選択肢が四つなので、サイコロを転がしても確率1/4です。15×1/4=おおよそ4となり、まぁ、少なく見積もっても3問取れるとします。

つづいて△:紫の問題。このカテゴリーをどの程度クリアできるかがシニア合格のカギです。本当に苦しい戦いですが、ここで7割、いや65%を目指します。37問×0.65=24問。選択肢がありますから、四択から二択にまで絞れたり、まぐれで当たることもあるので、まずはそこまでなんとかもって行きたい。というか、ここを取らなければ合格はありません。

○:青の問題は一般呼称レベルプラスアルファとはいえ、現実的に全て正解するのは難しいかもしれません。でもここで、95%は絶対に取らないと合格はありません。ですから、18×0.95=17問1問のミスしか許されないくらいにこの一般呼称レベルに関してはしっかりとした知識を身につけなければなりません。

ここで、全出題のうち、”日本”のカテゴリー(日本酒・焼酎など日本に準じるカテゴリーを含む)が何問出題されているかを数えてみました。2017年8問、2016年17問。この傾向がそれなりに続くと考えるなら少なくともソムリエ教本の日本の項目は穴があくほど読み込む必要があると思えます。→日本のソムリエとして日本の酒類のことをしっかり理解しておくことが必要だとソムリエ協会は考えていると思う。

の問題で”日本”のカテゴリーは、酒類概論だけど焼酎のこと、日本酒の項目もふくめると5問が当てはまります。このうち4問は取れるように頑張りましょう。37問ー5問×0.65=21問、これに日本の4問を加えて、ちょっと修正の問題で25問取りたい
→ちなみに、同様に2016年度の△に分類した”日本”のカテゴリーは8問もありました。(オーストラリアとNZの出題で、日本人醸造家に関する問いがあったのでカウントしました)

+25+17=45問正解、45÷80=56.2%となり、おそらくここまで取れればまず間違いなく一次試験突破です。
→昨年度このシニア試験に合格した友人は自己採点5割ちょいで、完全に落ちたと思ったといっておりました。また、最初に紹介したタイムマシーン・プロジェクトの著者(2016年)は自己採点57%で一次試験を突破されています。彼も言及しているように記述式の配点が高いのか、全て同じなのかはわかりません。

なんとか56.2%のレベルを目指しましょう。もちろん、来年度さらに難しくなるかもしれません。それでも、具体的に目指すべきところがある方が、到達(合格)しやすいものです。

なんとかこのラインを超える為のポイントを私になり。

・何はともあれ教本を読み込むことです。全てとは言いませんが、基本、教本に記載のある事柄が出題されています。2015年〜2017年度の試験問題を何度も読み返し、自分なりにポイントをイメージして、さらに教本を読む。完全に暗記できなくても、なんとか引っかかれば四択が二択になるかもしれません。フォローアップセミナーに参加できない方のシニア対策は2015年〜2017年度の試験問題を意識して教本を読み込むことです。

・一般呼称以上に理解度が求められます。理解して覚えるという意識を常に持ちながら試験対策を進める。

・シニア呼称に限りませんが、日本のワイン、日本酒の項目は特に要注意。教本の記載を熟読してください。

・ブドウの生育過程やワイン醸造に関して、これまで以上に興味を持って、この手の問題にしっかりと答えられるようにしましょう。三次試験対策のことまで合わせて考えると大きなポイントになると思います。

・生産者名が問われること。ここは普段から意識しておくことが必要ですが、特に海外で活躍されている日本人に関しては市場でもよく耳にするので、要注意でしょう。

引き続き、2016年度、2015年度の一次試験も読み込んで、シニア呼称的な感覚をつかんでください。

2016年度 シニアワインエキスパート呼称一次試験
2015年度 シニアワインエキスパート呼称一次試験

そびえ立つ高い壁ではありますが、乗り越えることで見える世界が間違いなくあります。

シニア呼称を受験されるすべての皆さんの健闘を心よりお祈り申し上げます。

何かございましたらこちらまで

 

スポンサードリンク

 

 - ●シニア呼称対策について