第0回 ブドウの一年~敬頌新禧

   

あけましておめでとうございます。

2017年の幕開けにふさわしいまばゆい朝です。皆さんも決意を新たに新年を迎えられたことと存知ます。

今年で6年目を迎える”ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ”の管理人・松岡 正浩と申します。

今こちらをお読みいただいているということはJSAのソムリエ認定試験に対してなんらかの興味を持たれている方だと思われます。
お待ちしておりました。こちらは特にワインスクールに通えない方向けのソムリエ試験対策講座です。

今回は新年の挨拶を兼ねまして、ソムリエ・ワインエキスパート認定試験受験計画をぶどう栽培の一年(北半球)に合わせて書き連ねてみようと思います。

ブログランキングに参加することにしました。
参加する以上、一位を目指します。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第0回 ブドウの一年~恭賀新年

一月・二月
ブドウの樹はまだ休眠中です。凍害を防ぐ為の【土寄せ】を終えています。年が明けて寒さがもっとも厳しくなる頃、栽培計画をもとに【剪定】作業に入ります。剪定とは不要と思われる枝や蔓を切り落とすことで養分バランスを整え、ブドウの質と量を確保するための大切な作業の一つです。あわせて農薬散布や除草など、三月に芽吹いた時のための準備作業が中心です。

ソムリエ試験受験者はこの時期になんとしても合格するという決意を固めなくてはなりません。この強い決意が合格を近づけるのです。
これまでの自分の生活スタイルを見直し、試験勉強に取り組む環境を整える必要があります。また、時間を見つけてワインに関するさまざまな書籍に目を通すことをお勧めします。こうして読み蓄えた知識や経験が試験対策としても大いに役立つはずです。

~~~~

三月・四月・五月
冬が終わり、春の気配を感じる頃、秋から冬に寄せた土を戻します【畝くずし】。その後、気温の上昇によって剪定部分から新たな芽が姿を見せます【発芽】。小さな葉が開き始め、緑色の若枝が出始めて【展葉】今年のブドウ栽培が本格的にスタートとなります。五月になるとつぼみが現れ始めます。

試験対策も本腰を入れて始めなくてはならない時期になります。なにかと慌しい春先ですが、この時期に試験対策を中心とする生活のリズムを形成できるかどうかが、今後の流れを大きく左右することになるでしょう。フランス、イタリア、ドイツは五月末までに一通り終えるように努力しましょう。

~~~~

六月・七月
つぼみが【開花】し、ちいさな白い花を咲かせます。その後しばらくすると、ブドウの房が現れ始めます。あわせて、不必要な花芽を切り落とす【夏季剪定】を行います。
この時期の気候がブドウの質と収穫量に大きく影響します。適度に雨が降り暖かい天候が続けば健全なブドウができますが、大雨や雹などの悪天候に見舞われると結実度が下がり病害に見舞われる確率が高くなります。

過去問や問題集を利用しフランス、イタリアなどこれまで学んだことを日々復習しながら、新世界などその他の地域に関しても対策を進めましょう。とにかく、この時期は自由になる時間はすべて試験対策に充てるつもりで取り組まなくてはなりません。なりふり構わず、自分を信じて努力し続けることです。この時期が試験対策最大の山場です。

~~~~

八月・九月・十月
ブドウが【色づき】始めます。ここまで来るとブドウ栽培者も一段落でバカンスに出かける方もいるくらいです。
夏の終わりから秋になるころ、ブドウが成熟するピークを見計らって【収穫】です。開花から100日が収穫の目安とされています。

受験を決意した日から数ヶ月が過ぎたことになります。ブドウが収穫され、2017年ヴィンテージのワインが出来上がるころには皆様は有資格者となっているはずです。

~~~

ソムリエ試験対策は何よりも毎日コツコツと続けることが最短の道です。さまざまな情報が飛び交っているでしょうが、実際にはどれもそれほど違いはありません。自分の信じたやり方で十分合格できるはずです。

今年一年の頑張りが今後の人生を大きく変えるかもしれません。

今年の秋には皆さんがそろって合格できるような講座にするために私も精一杯頑張ります。これから秋までお付き合いください。

今年、良い天候に恵まれて(順調に試験対策を進め)ブドウ(皆さん)が完熟で収穫され(試験対策を乗り切り)、素晴らしいワインになる(合格する)ことを心よりお祈り申し上げます。

2017年度講座、始めます。

松岡 正浩


何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com

スポンサードリンク

Copyright © 2011 ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ All Rights Reserved.

 - ●はじめに、読み方、使い方, ・はじめに