第2回 この講座の読み方、使い方

   

あきらめなければ夢は必ず叶うものです。

陳腐な言葉かもしれませんが、この講座のテーマでもあり、私自身がそう信じております。反対にあきらめた瞬間に夢への道が完全に閉ざされます。歩くことを辞めれば目的地にたどり着くことは絶対にありません。

以前いただいたメッセージをこちらで紹介したいと思います。

受験は今年で五回目になります。二年目に一次試験に合格しましたが、二次試験で不合格。次の年は一次試験免除でしたが、また二次試験で不合格。
四年目、一次試験からの再スタート。気持ちを切り替えるのにすごく時間がかかりました。そして、何度も何度もあきらめようと思いましたが、ここで辞めるとこれまでがんばってきた事全てを否定してしまうんではないかと…。センスが無いのはわかっているのですが…。その年、一次試験を突破しましたが、また二次試験で撃沈しました。

それでも、あきらめません!五回目の今年こそ必ず合格してみせます!

松岡様の講座はすごくわかりやすく、どの参考書よりも為になります。私のような人がたくさんいるはずですので、大変お忙しいことと存じますが、こちらの講座を末長く継続して頂ければと願います。

四度の不合格通知を受け取ってもなおあきらめないこの姿勢、本当に素晴らしいと思います。私もこのメッセージから力をいただきました。

多くの苦労を知っていること、何よりもここまであきらめなかったことが今後の人生においても大いに生かされると私は信じております。

数年前、私の友人のお母様(おそらく60代後半)が四回目の挑戦でソムリエ資格を取得されました。そのお母様は娘(私の友人)がワインバーを始めたことをきっかけにワインに携わるようになった方です。

友人のお母様がソムリエ資格取得を目指すという話を聞いた時は正直ビックリしました。だって、私の母がソムリエ資格を取るなんて考えられませんから。
このお母様は二度一次試験を通過されています。そして、四度二次試験に挑まれ、合格されました。何度もあきらめようと思われたことでしょう。大変失礼な言い方ですが、年齢的なハンデやさまざまな不安もお持ちになられていたはずです。
テイスティング対策に際して、私もほんの少しだけお手伝いをさせていただきましたが、合格されたと聞いた時、自分の母のことのようにうれしかったです。

そして、次の秋、前出の方から再びメッセージをいただきました。

松岡様、ご無沙汰しております。今年のはじめごろにメッセージを送らせていただいた●●です。
五回目で無事に合格する事ができました!本当に嬉しいです!応援してくれた家族、会社の上司、同僚、そして何よりもこの講座のおかげです!

あきらめなければ必ず夢は叶う!本当です!あきらめずにここまできて本当に本当に良かったです。
ありがとうございました!

辛い時期もあったことでしょう。それでもあきらめずに努力を続けたことで最後に合格を勝ち取られました。本当に素晴らしいと思います。

もう一方より

私は四年前にソムリエ試験の存在すら知らない時に偶然この講座に出会いました。

以降、まつさんの言葉に様々な場面で励まされ、ついには一年前にエキスパート呼称に合格しました。
今でも一人で思い悩み辛くなった時はこの講座を開き、まつさんの励ましの言葉を何度も自分に言い聞かせています。

そして、今年もまつさんの素晴らしい励ましの言葉が、ソムリエ試験受験者以外の人に伝わり実を結びました。

私の従兄弟は法学部、ロースクールの出身ですが、司法試験に何度も失敗していました。その後就職し、司法試験はあきらめたようなことを口にしていましたが…。

再び受験を決意し、仕事を続けながらも辛い試験勉強を続け、今年やっと合格したんです!

その彼が合格後開口一番、
”あきらめなければ夢は叶うんだから、あきらめなければいつか必ず合格するんだから、決してあきらめてはダメ。あきらめないというだけで確実に目標に近づいているんだから”と君が会うたびに励ましてくれたから、なんとんかあきらめずに勉強を続けることができた。そして合格したんだよ。

心が折れかけていたけど、あきらめないで本当によかった。君の”あきらめなければ”という言葉がなければ今の僕は存在していない。心から感謝している。ありがとう!」

私も彼のこのメッセージを心に留めて、あらためて夢をあきらめないことを常に意識して生きていこうと思っています。

今年も期待しております。本当に出会えて良かったです。

あきらめかけていた夢を自分のものにする。素晴らしいですね。

さて、ソムリエ試験にセンスは必要ありません。特別な能力もいらなければ、味覚が敏感であることが求められているわけでもありません。もちろん、生きていくうえでも、試験対策においても”センスがある”に越したことはありませんが。

あきらめないで合格を信じ、毎日少しでも前進すること、これが一番大切です。

ブログランキングに参加することにしました。
参加する以上、一位を目指します。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第2回 この講座の読み方、使い方

さて、ソムリエ試験対策といっても何から始めるとよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

まずは、市販のソムリエ試験対策の参考書を準備してください。私の講座はその参考書と合わせて読んでいただく形で進めます。→2017年度版を購入してください。試験範囲のすべてを網羅するというよりはポイントとなる事柄を中心にちょこちょこ解説しながら進めるスタイルです。皆さんはそのちょこちょこを書き込んだりアンダーラインを引いたりして、どんどん参考書に手を加えていってください。そのちょこちょこが記憶に残るといいなという作戦です。

暗記がメインとなる一次試験対策に対していろいろな勉強法があると思われます。時間があれば一からノートにまとめることも非常に良い勉強になります。書くことによって、頭の中で整理され記憶の定着につながるからです。

その中でも私は参考書にいろいろ書き込んで世界に一冊しかない自分だけの虎の巻を作り、繰り返し確認することをお勧めしております。←時間的なことも考えると、私はベストだと思っております。加えて、その参考書(虎の巻)への愛着が深まることによって勉強に対するモチベーションが維持できればなお素晴らしいと考えています。

参考書はどんどん汚しましょう。

何よりも合格することが一番の目的ですから。その前に参考書選びということになります。書店にはよくまとまったソムリエ試験対策の参考書がたくさん並んでいます。正直どれでも結構です。内容・情報的にそれほど違いはなく、どの参考書を選んだから合格しやすいということはありません。←そんな特別な情報からの出題はありません。また、いろいろ書き込みますから足りない情報は足せばいいんです。
ただ、近年地図を見て答える出題が増えており、地図の見易さは参考書選びのポイントの一つになるかもしれません。

なんといってもこれから秋まで毎日手に取る参考書です。必ず書店に足を運んで、それぞれの雰囲気を感じて、皆さんにとって使い勝手の良さそうなものを選んでください。

今後も何度も繰り返しますが、もっとも大切なことは毎日少しずつ努力することです。

この毎日少しずつの為の参考書を選ばなくてはならないのです。何かを感じたもの、気に入ったものを選びましょう。第一印象で決めてかまいません。内容なんてどれも似たり寄ったりですから。ブラインドテイスティングにおいても言われることですが、最初の印象がとても大切なのです。
そして、自分が選んだ参考書と心中するつもりで頑張りましょう。参考書に限らずいろんな情報を耳にするでしょうが、あちらこちらに振り回されることが一番愚かなことです。

本当にどの参考書でも良いのですが、十数年前の受験時に私がお世話になったのがこちら、

また、今年合格された方数人からこの参考書が良かったと聞こえてきたものがあります。
(こちらはまだ2016年度版です。春までに2017年度版が出版されると思います)


こちらは地図が使いやすいということで絶賛されている方もいらっしゃいました。

ともあれ、一度本屋さんに足を運んで、必ず手に取って雰囲気を感じてから購入してください。

参考書を手に入れたら、とにかくどんどん書き込んでアンダーラインを引いて必要のないところは消して、自分だけの虎の巻を完成させましょう。真っ黒になるまで使いこんで下さい。
そして、合格してしばらくしたある日、その真っ黒になった虎の巻を見て、頑張った一年をノスタルジックに思い出すことになるんです。

ソムリエ協会の教本ももちろん大切なのですが、あまりにも情報量が多すぎます。かといって全く無視して進めることもできないのですが、しばらくはこちらの講座と参考書中心の勉強で基本事項を整理しながら覚えていく方が効率的だと思います。

ですから、なんといっても参考書です。もう一度繰り返しますが、参考書は書店で手に取って自分の好みに合うものを選んでくださいね。

また、一次試験は100%マークシートです。フランスに限らずワイン名・産地名を横文字で、たとえばBordeauxやらChambertinと書くことは求められず、基本的に正しく読むことができれば問題ありません。

~~~
フランスの原産地呼称AOPとAOC、どっちなの?

AOCがAOPに変更になるという話はずいぶん前から聞いておりました。現在のフランスのワイン市場においてはまだまだAOC表記が多く見られますが、AOP表記のワインも流通しています。

数年前、あるブルゴーニュの生産者にこのAOP問題について聞いてみました。しかし、彼らもまだはっきりと理解しておらず、特にAOCに関してはおそらくそのままAOPに移行するだろうという認識のようであまり気にしていない様子でした。

また、パリのチーズ屋さんに勤める友人にチーズに関して同様に聞いてみましたが、『正しくはAOPなんだけど、まだまだAOCで流通しています』とのことでした。

さらにイタリア・フィレンツェに住むソムリエールの友人に聞くと、『DOPについてですが、イタリアではオリーブオイルやチーズ、プロシュートなどの食べ物に一般的に使われています。でも、ワインには使われていないですねぇ 』との解答をもらいました。

表記の移行に関してはまだまだ時間がかかるような気もします。
~~~

さて、この「ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ」はソムリエ試験合格の為に特化しております。ワインがわかるようになるとか、実践で役立つ知識などはそれほど意識しておりません。さらに100点を取ることを目指してもいません。とにかく合格する為の講座です。合格してからワインがわかるようになる、そんな感 じでもよいと思っております。

次回は二次のテイスティング対策についてお話しいたします。

秋までの長丁場ですが、この一年の努力が人生を変えることになるかもしれません。しかし、ソムリエ試験といってもそんなに構える必要はありません。

ソムリエ試験対策は今から始めれば十分に間に合います。

ソムリエ、ワインエキスパートの資格を手にすることによって見えてくる世界が間違いなくあります。これからちょっとばかり辛い日々が続きますが、それだけ挑戦する価値があるということです。私の方は今年の秋に皆さんから「合格しました」といったメッセージをいただけるような講座を目指します。

それでは「明日ではなく、今日少しだけでも頑張ろう」を合言葉に二次試験終了時まで皆さんと共に学びたいと思います。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ●はじめに、読み方、使い方, ・読み方、使い方