2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

三次試験対策 ソムリエ実技
今年の二次のテイスティングを振り返る
はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

アメリカのワイン史とワイン法

2020/06/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第87回

6月になりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

コロナ禍も少し落ち着き始めたようで、これまでと全く同じ日常というわけにはいきませんが、ゴールデンウィーク前後の閉塞感はかなり緩和されたように思います。飲食業界的にはまだまだお客様が戻ってきてはおりませんが、小さな光が見えたということで、少しずつ良い方向に進んでいくのではないかと思っております。

さて、ヨーロッパのワイン産地を終えましたので新世界へと進みます。最初はアメリカです。

カリフォルニア、ワシントン、オレゴン以外あまりイメージできないアメリカワインですが、現在アメリカ50州のほとんどでワインが造られており、ワイン市場の拡大と共に生産量も増加中です。→あっ、心配しなくても試験対策として50州も確認することはありません。

このアメリカを終えると、あとちょっと大変なのはオーストラリアくらいです。皆さんここまでたどり着いたのです。本当に本当によく頑張っていると思います。

また、今が一番辛い時期であることはよくわかります。不安、迷い、焦り、憤り…、真剣にやっているからこそ直面することです。でも、今、ここを乗り越えれば必ず先が見えてきます。自分を信じてとにかく前進しましょう。

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る by 井上靖

ほんのお遊びですが、ブログランキングなるものに参加しております。この下の”合格ダルマ”を押していただくと、ランキングが上がるシステムです。上がったからといって何がどうなるわけではなくただの自己満足なのですが、やっぱり読んでいただいているんだなと実感できるために私のモチベーションが上がります。ということで、気が向いた時にでも押していただくとてもとても嬉しいです。
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




アメリカのワイン史とワイン法

アメリカのワイン生産量の80%をカリフォルニア州が占めており、出題されるのもカリフォルニア州とあと少しくらいです。また、これまで、繰り返し出題されてきたのはワイン法の細かな数字です。さらに、CBT試験以降、ちょっと突っ込んだAVAの出題が見られます。ここは絞ってしっかり勉強しましょう。

A アメリカワインについて

◆生産量
約3360万hl(国内消費量は3600万hlで増加傾向)

→国内ワイン消費量世界一!しかも、ヨーロッパ諸国のワイン消費量が減少傾向の中、アメリカは伸びております。さらに、国内の消費量が生産量を超えています。

また、州別生産量も問われます。
第2位はワシントン州

第3位、ニューヨーク州くらいまでは覚えておきましょう。→後ほどまとめます。

◆歴史
・1492年 アメリカ大陸発見。その後、ヨーロッパからの移民により植民地化が進む。
・1776年 東部においてイギリスの13植民地が独立を宣言し、アメリカ合衆国誕生。
・18世紀 (西部および南部ではローマ・カトリック教会を後ろ盾としたスペインによって植民地化が進んでいたため)フランシスコ修道会が太平洋沿岸部にスペイン原産ブドウをもたらします。
・1849年 ゴールドラッシュによる人口増加でワインの需要が増える。→アメリカンフットボールのSan Francisco 49ersのチーム名はここから来ています。
・1873年 フィロキセラがソノマで発見される。
1920~1933年 禁酒法施行

・1978年 ワイン法制定

あと、教本の1976年のパリ・テイスティング、ワイン・アドヴォケイトに関するところは読んでおきましょう。→ワイン業界では半ば常識です。

◆気候
太平洋岸地域(カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州)では、北から南へ流れる寒流の影響で、 海に近いほど冷涼で、内陸に入るほど暑くなり乾燥するのが基本。雨は冬期に集中して降り、 夏から秋にかけてのブドウ生育期間の雨量は少ないかほとんど降らないため灌漑を行う必要があります。→灌漑という言葉が新世界ではちょこちょこ出てきます。

西洋岸(ニューヨーク州)は、夏は蒸し暑く冬の寒さが厳しい。ハドソン川からカナダ国境沿いの五大湖地方は、冬の寒さが厳しく積雪が最も多い。一方で、大きな湖の保温効果によって、夏はある程度温暖です。

B アメリカのワイン法

・AVA=American Viticultural Areas
・1978年 ワイン法制定

・2003年よりアルコール・タバコ課税及び商業取引管理局(TTB)の管理下に置かれるようになりました。

※AVAは、一定の地理的・気候的なブドウ栽培条件を持つとみなされるエリアの境界線を規定するもので、フランス やイタリアのワイン法のような、ブドウ品種、栽培・醸造方法等を規定するものではありません。また、アメリカのワイン法に格付けは存在しないので、AVA間の優劣もありません。

エチケット表示まとめ
→オレゴン州は独自に規制を行っているので、後日まとめます。

産地名表示
・国名・州名・カウンティ名表示:75%以上(カリフォルニア州は100%)
・AVA名表示:85%以上畑名表示:95%以上

→範囲が狭くなるにつれて、条件も厳しくなります。

ブドウ品種表示

・75%以上

収穫年表示

・AVA名表示:95%以上
・AVA名以外の原産地表示:85%以上
です。

規定アルコール含有量
規定アルコール度7以上14度以下(ただし、±1.5%は許容)14度を超える場合は明示しなければならない。

その他
「Estate Bottled」は生産者元詰めを意味し、瓶詰めをするところとブドウ栽培地が同じAVA内にあることが条件です。

ワインタイプ
・ヴァラエタル:ブドウ品種名をラベルに表示したワイン
・メリテージ:ボルドータイプの高品質ワイン
・セミ・ジェネリック:ヨーロッパの有名産地名が銘柄に含まれているワイン。(バーガンディ、シャブリなど)2006年以降、使用が禁止されています。

ちょっとしんどいですねぇ。でも、もう少し頑張りましょう!!

C 各州の生産量

◆州別ブドウ栽培面積とワイン生産量

・カリフォルニア州
ブドウ栽培面積:約20万ha ワイン生産量:2700万hl
・ワシントン州
ブドウ栽培面積23000ha ワイン生産量:170万hl
・ニューヨーク州
ブドウ栽培面積:約4700ha ワイン生産量:107万hl
・オレゴン州
ブドウ栽培面積:約1.4万ha ワイン生産量:51万hl
・ヴァージニア州
ブドウ栽培面積:約1000ha ワイン生産量:8.9hl

覚えなくてもいいのでなんとなく眺めておきましょう。

ひとまず、こんなもので。それでは【過去問】です!




ソムリエ試験 過去問

【過去問】
アメリカ合衆国のワイン法が制定された年を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 1973年
2. 1978年
3. 1983年
4. 1988年

【過去問】
アメリカの歴史の中で 「禁酒法」 が施行された年を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 1920 年
2. 1922 年
3. 1930 年
4. 1933 年

【過去問】
カリフォルニア州のワインで州名表記をする場合、何%州内のブドウを使用しなければならないか、次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 75%
2. 85%
3. 95%
4. 100%

【過去問】
次のアメリカ合衆国のワインに関連する(A)〜(D)の語句とつながりの深いものを 1 〜 4 の中から 1 つ選び、解答欄にマークしてください。ただし同じものを2度選ばない事。

(A) TTB
(B) パリ・テイスティング
(C) Pinot Noir
(D) White Riesling

1. Oregon
2. AVA
3. Washington
4. 1976 年

【過去問】
アメリカのワイン法が制定された年を 1 つ選んでください。

1. 1970 年
2. 1975 年
3. 1978 年
4. 1882 年

【過去問】

アメリカで生産されるワインでブドウ品種をラベル表示する場合、そのブドウ品種の最低使用比率を 1 つ選んでください。

1. 100%
2. 95%
3. 85%
4. 75%

【過去問】
A.V.A. 名を表示しているワインで収穫年を表示する場合、その収穫年のブドウの最低使用比率を 1 つ選んでください。

1. 75%
2. 85%
3. 95%
4. 100%

【過去問】
アメリカにおいて1849 年から起きたワイン需要拡大の要因ともなった出来事を 1つ選んでください。

1. 禁酒法施行
2. フィロキセラ
3. 大航海時代
4. ゴールド・ラッシュ

【過去問】

アメリカのワイン法を所管する機関の略称を 1 つ選んでください。

1. TTB
2. BATF
3. VQA
4. GIC

【解説】
日本語の選択肢が並んでも大丈夫ですか?



【過去問】

アメリカワインに関する記述のうち、正しいものを 1 つ選んでください。

1. アメリカのワイン生産量は世界第 5 位である
2. 国内のワイン消費量が生産量よりも多い
3. ワイン生産量では、カリフォルニア州が全体の約 70% を占めている

4. ブティック・ワイナリーと呼ばれるワイナリーが生産量の 90%を占める

【解説】
ブティック・ワイナリーの意味がわかれば。他、現在の数字に置き換えて問題を見てください。

【過去問】

アメリカの政府認定の栽培地域、A.V.A. の正式名称を 1 つ選んでください。

1. American Vineyards Alliance
2. American Viticultural Areas
3. Apperation Viticultural Areas

4. Americas Vitcultural Area

【解説】
この手の問題に惑わされないように。選ぶことができればいいんです。

【過去問】

アメリカのワイン生産量は世界第何位か1つ選んでくださ い。

1. 3位
2. 4位
3. 5位

4. 6位

【過去問】

アメリカにおいて1849年から起きたワイン需要拡大の要因 ともなった出来事を1つ選んでください。

1. 禁酒法施行
2. フィロキセラ
3. 大航海時代

4. ゴールド・ラッシュ

【過去問】

アメリカでは通常のテーブルワインではアルコール度数が何度以上の場合、表示しなければならないのかを次の1~4 の中から1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 8.5%以上
2. 9.0%以上
3. 14.0%以上

4. 14.5%以上

【過去問】

カリフォルニア州では、AVA名をラベルに表示するためには、AVA 内で収穫されたぶどうの使用率が決められています。次の1~4の中から正しい使用率を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 65%以上
2. 75%以上
3. 85%以上

4. 95%以上

【過去問】

アメリカでのワイン生産量が最も多いのはカリフォルニア州ですが、2 番目に生産量が多い州を 次の 1-4 の中から1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. オレゴン州
2. ワシントン州
3. テキサス州

4. ニューヨーク州

【過去問】

次の中からアメリカでワインに収穫年を表示する場合の、その年のぶどう使用率として正しいものを 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 75 %以上
2. 85 %以上
3. 95 %以上

4. 98 %以上

【解説】

収穫年の表示に関して、2006年より郡名、州名表示の場合は85%以上に変更になりました。AVA名表示の場合のみ95%以上です。よって、今後は上記と同じ文面の問題は出題されないはずです。

【過去問】

アメリカでは禁酒法によりワイン造りも沈黙せざるを得ない不幸な時代があったが、次の中からその施行期間として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 1861 年 ~ 1865 年
2. 1914 年 ~ 1918 年
3. 1917 年 ~ 1940 年

4. 1920 年 ~ 1933 年

【過去問】

次のアメリカのワイン法についての記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ワインの産地名を表示する場合は、その産地が郡名(カウンティー)の場合はその郡内で収穫されたぶどうが75 %以上、AVAの場合は95 %以上でなければならない。
2. ぶどうの品種名を表示する場合は、表示されたぶどう品種を75 %以上使用しなければならない。
3. 収穫年を表示する場合は、2006 年6 月1 日よりAVA 名以外の原産地を表示しているワイン(郡名、州名)については、85 %以上がその年に収穫されたぶどうでなければならないこととなった。

4. ワインのアルコール含有量でアルコール度数が14%を超える場合はその旨を明示しなければならない。

【過去問】

次のカリフォルニアワインの歴史に関する記述中の( )に該当する語句を下記の中から 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

「カリフォルニアワインは、1769 年にローマカトリック教会の( )修道会の修道士たちがミサ用にワイン造りを始めた事が歴史の始まりとなった。」

1. サンパウロ
2. サンベネディクト
3. フランシスコ

4. ドミニコ

【解説】
カリフォルニアにはサンフランシスコがありますから。えっ?

【過去問】

次のアメリカのワイン法に関する記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. AVA 名を表示し、収穫年を表示する場合は、95%以上その年のぶどうを使用していなければならない。
2. ぶどう品種を表示する場合は、表示されているぶどう品種を75%以上使用していなければならない。
3. テーブルワインは発酵の過程での糖分添加が許されており、添加した場合はアルコール含有量を14%以上にしなければならない。

4. 元詰めにあたるエステイト・ボトルド(Estate Bottled)は、ボトリングするワイナリーとすべてのぶどうを栽培するぶどう園が同一のブドウ栽培エリアに位置していなければならない。

【解説】

3.テーブルワインは発酵の過程での糖分添加が許されていません。

【過去問】

次の中からカリフォルニアワインを国際的に認知させた、パリで開催されたフランスワインとの比較テイスティングが行われた年号に該当するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 1973 年
2. 1976 年
3. 1978 年

4. 1979 年

【解説】

ソムリエ業をしていますと、ワイン好きなお客様とお話することも大切な仕事ですから、アメリカのワイン法を覚えるよりもこのような知識の方がより重要かなとも思えます。

【過去問】

次の中からAVA 名を表示しているワインの場合、収穫年表示に必要なその年に収穫されたぶどうの最低使用規定として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 75%
2. 85%
3. 95%

4. 100%

【過去問】

次の中からアメリカのAVAの略語として正しいものを1つ選び解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. American Viticultural Areas
2. American Vitis Aestivalis
3. American Vigne Areas

4. American Vine Acre

【過去問】

次のアメリカのワインに関する記述中、下線部A およびB に該当する語句として正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

「アメリカのワイン生産量の約(A)___がカリフォルニア州で生産され、そのうち約(B)___は大規模なワイン生産者数十社が生産している」

1. (A)80% (B)半分
2. (A)90% (B)90%
3. (A)半分 (B)75%

4. (A)半分(B)半分

【解説】

現在の数字に置き換えて答えてください。

【過去問】

次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「アメリカのワイン法による表示で、産地が州であれば州名が記載されるが、州内で収穫されたぶどうが85%以上使用されていることが義務付けられ、さらにカリフォルニア州では100%、オレゴン州では90%以上使用されていることが義務付けられている。」

1. 正    2. 誤

【過去問】

次のアメリカに関する記述中、下線部(a)~(d)の中で誤っている箇所を1つ選んでください。

「アメリカは(a)1848年にメキシコ戦争に勝利し、カリフォルニアはアメリカの一部となった。19世紀後半には(b)ジャン・ルイ・ヴィーニュによって、(c )ラブルスカ系のぶどうが持ち込まれ、東部よりもぶどう栽培に適した気候の恩恵を受けて、ワイン産業が大きな発展を遂げたが、(d)1920年から1933年までの禁酒法の施行により、アメリカのワイン産業は壊滅的な打撃を受けた。」

1.(a)
2.(b)
3.(c)

4.(d)

【解説】
今年の教本には記載が無いように思います。気になる方は調べてみてください。

【過去問】

次の記述中、( )に該当する出来事を1つ選んでください。

「カリフォルニアは、1849年からの( )で、ワインの需要も拡大する。」

1. ミサ用ワインの普及
2. 禁酒法の反動
3. デイヴィス校の功績

4. ゴールドラッシュによる人口の急増

【過去問】

次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「アメリカにおいてフィロキセラは、1873年に最初にソノマで発見され、またたくまに多くのぶどう畑に侵入して危機に陥ったが、ラブルスカ系を台木にした接木苗が東部経由で輸入されたことで、被害を克服することができた。」

1. 正

2. 誤

【過去問】

次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「2007年のO.I.V(. 国際ぶどう・ぶどう酒機構)の資料による国別ワイン生産量で、アメリカはイタリア、フランス、スペインについで第4位である。」

1. 正

2. 誤

ここはちょっと気合が必要です。
そして、次もアメリカです。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.