2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

カナダ

2020/06/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第90回

今年で三年目を迎えるCBT試験方式による一次試験。二回まで受験可能で、さらに受験日程も自身で決めることが可能です。

この様なスタイルですから、いろいろと作戦を練ることが可能です。一度目はある程度様子見で受験し、二度目で本番という考え方が一般的だと思われますが、このタイミングでしっかりと考えることにします。→今年より、「合否とともに得点の範囲が4段階で表示・掲載されます」とのことです。ちなみに合否は試験終了後、望む望まないにかかわらず即表示されます。

ソムリエ協会のHPによりますと、5月31日までに申し込んだ方と6月1日以降の方では選択できる日程が若干違いますが、ご自身の試験対策の進捗状況等々を鑑みて、日程を検討することになります。

そして、私が思うベストな一次試験の受験日程が下記です。

1回目:8月1日〜5日頃に設定。
早めに、ここで本気で突破するつもりで受験します。もちろん二度目があると心のどこかで思っておりますが、この日で一発突破するために今から一次試験対策のペースを上げます。この頃、7月20日に一次試験が始まって十日から二週間、それなりに出題状況やいろんな情報が出回りますから、全くの手探りという感じではありません。
また、今からちょうど二ヶ月後ですから”本気のラストスパート”としてもちょうど良い期間です。そして、なんと言ってもこの日に一次試験を突破すれば二次試験対策に二ヶ月以上時間を費やすことができます。8月末の方より一ヶ月ほどテイスティング対策の時間が多く取れることになり、大きく前進することができます。→何度も言いますが、テイスティングは形になるまでに時間がかかります。これまでも一次試験対策と並行してテイスティング対策を行って下さいと言い続けてきましたが、一次試験を突破してからですと、気合の入り方も違います。さらに、もしこの日で一次試験を突破することができなくても、一度経験したことで、見えて来ることが必ずあります。

2回目:8月15日〜20日頃に設定
1回目から約2週間後ですね。一回目受験の時点で一度仕上げておりますから(まぁ、間に合わなかったよ…という方もたくさんいらっしゃるでしょうけど)この二週間で本気の総仕上げです。一度実際に経験していますから、イメージもつかめています。残りの全ての時間を一次試験対策に費やすという意味では二週間がベストです。ここを三週間にしてダラダラという方が一番ダメ。バシッと二週間、1分も無駄にしないと覚悟を決めて取り組みます。また、15日〜20日に一次試験を突破すれば、8月中からテイスティング対策を行うことができます。毎年、感じることですが、やっぱり9月からですとちょいと時間が短いんです。

今週中に、ご自身のこれから一次試験までの試験対策の予定を決め、受験日を決めてしまいましょう。ゴールや期限が決まった方がより力を出せるものです。

今後のちょっとまじめにこーざの更新は以下の予定で進めます。
~6月15日 チリ等の南米
~6月24日 オーストラリア、NZ、南アフリカ
~6月30日 日本
~7月10日 テイスティング、チーズ、ワインの購入…、ソムリエの職質
~7月14日 日本酒、酒類概論

多少遅れるかもしれませんが、このペースで更新いたします。

今、「よし!やるぞ!」と思えた方は間違いなく一次試験突破です。「え〜、あと二ヶ月って全然間に合いそうにないよ…」という方、二ヶ月で合格ラインを超えるために今しっかり考えましょう。とにかく、一回目は二ヶ月後です。

合格するために、この一週間、ご自身の生活習慣も含めてしっかりと考えてみて下さい。

※表紙は氷結ヴィダル

一生懸命にやればやるほど幸運に恵まれることを私は発見した。by T・ジェファーソン

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




カナダ

これまで試験的にはそれほど重要視されていなかった感じです。ただ、近年出題が増え、CBT試験以降も無視できる存在ではなくなりました。

カナダワインのkeyword!→久しぶりに!
Vidal=Ugni Blanc × Seibel 4986 アイスワイン
ジョン・シラー、オンタリオ州
Niagara Peninsula:カナダ最大、オンタリオ州

Okanagan Valley:ブリティッシュ・コロンビア州最大
〇〇Valley、〇〇 Islandは
ブリティッシュ・コロンビア州

A カナダのワインについて

アメリカのニューヨーク州・ペンシルバニア州の影響を大きく受けたオンタリオ州と、アメリカのワシントン州の影響を受けたブリティッシュ・コロンビア州の2つが主な産地です。この2つの産地は性格が異なります。→この一文で、東西どちらの産地でどのような性格のワインかがわかります。カナダ全体で670のワイナリーがあります。

◆気候
太平洋側の沿岸部は暖流の影響で温帯に属し、夏は好天で乾燥し過ごしやすく、冬は温暖で雨が多い。また、内陸に進むにつれて寒冷な気候に。一方で、オンタリオ州南端部では、湖や河川からの影響が大きく、厳しい寒さが和らげられることでブドウ栽培に適した気候となっています。

◆歴史

1811年にジョン・シラーオンタリオ州でワイン造りを始めたのが最初と言われています。

◆ワイン法

・1988年 オンタリオ州でブドウ醸造業者資格同盟VQAが導入され、特定栽培地域DVAが規定されます。→VQA=Vintners Quality Alliance / DVA=Designated Viticultural Areas なんとなく。
・1990年 ブリティッシュ・コロンビア州にもVQAが導入される。→BC VQA

エチケット表示
・原産州表示:100%
・DVA名表示:オンタリオ州は85%以上、ブリティッシュ・コロンビア州は95%以上
・畑名表示:100%
・ヴィンテージ:85%以上→以前はブリティッシュ・コロンビア州のみ95%以上でした。
・品種名:85%(主要品種が二種の場合、合計で90%以上)

・Estate Bottled:アメリカと同じです。ヴィティス・ヴィニフェラのみ。→忘れちゃった方、今戻って確認です。
・International Blends:カナダ産と輸入物をカナダでブレンドし、瓶詰めしたワイン。オンタリオ州では、オンタリオ州産を25%以上義務。

アイスワインに関する規定
・VQAワインの基準に則る。
・ヴィンテージを記載
・同一原産地のブドウを100%使用し、ラベルに記載された原産地名のブドウを85%以上使用。
・ブドウは認可されたヴィテス・ヴィニフェラまたはヴィダル・ブランのみ。→意外なことに、生産量はヴィダルの次にカベルネ・フランです。
・樹上で凍ったブドウを外気温-8℃以下で収穫、畑と同じ原産地内のワイナリーで凍ったまま圧搾・醸造。
・シャプタリザシオン禁止

B オンタリオ州(カナダ南東部)

カナダでは1984年からアイスワインが造られています。アイスワイン用のブドウの収穫は外気温が-8℃以下になった12月中旬から1月初旬です。

◆主要ブドウ品種(生産量順)
①シャルドネリースリングカベルネ・フランメルロ⑤ピノ・グリ⑥カベルネ・ソーヴィニヨンヴィダル・ブラン→⑧ピノ・ノワール
・赤ワインの方が生産量がやや多い。

ヴィダル・ブラン:Vidal 256=Ugni Blanc × Seibel 4986

◆主な産地
Niagara Peninsulaカナダ最大の生産地→オンタリオ州のワイン生産量の50%以上がこの地区で生産されています。
・Lake Erie North Shore

・Prince Edward County

C ブリティッシュ・コロンビア州(西側海岸沿い)

気温が高く乾燥した夏と温暖で雨の多い冬に恵まれています。

◆主要ブドウ品種(生産量順)
・①メルロ→ピノ・グリ→③シャルドネ→④ピノ・ノワール→⑤カベルネ・ソーヴィニヨン←オンタリオ州とはちと違う。

・黒ブドウの方がやや多い。

◆主な産地
・Okanagan Valleyブリティッシュ・コロンビア州最大→ブリティッシュ・コロンビア州の生産量の85%
・Similkameen Valley

※〇〇Valley、〇〇 Islandとあればおおよそブリティッシュ・コロンビア州です。

過去問で確認です。




ソムリエ試験 過去問

【過去問】
1811 年、オンタリオ州でカナダ最初のワイン造りを始めた人物を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ジェイミー・マクファーレン
2. ジョン・シラー
3. シャルル・フルニエ
4. ジェームズ・バズビー

【過去問】
ヴィダルの交配品種を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ユニ・ブランとセイベル 4986
2. バコ・ノワールとセイベル 4986
3. リースリングとセイベル 4986
4. シャルドネとセイベル 4986

【過去問】
カナダのワイン法で単一品種ワインをラベルに表記する場合、何%以上表記された品種が含まれていなければならないか、次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 75%
2. 85%
3. 95%
4. 100%

【過去問】
オンタリオ州のワイン生産地域を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてくだ さい。

1. Vancouver Island
2. Lake Erie North Shore
3. Fraser Valley
4. Similkameen Valley

【解説】
そっかぁ、二年連続こっちが出るか〜。キーワード作戦、破れたり〜。でも、なんとなかIslandや○○Valleyじゃないでしょ。

【過去問】
次のカナダワインについての文章で正しいものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ワイン造りは 1711 年に始まった
2. ワイン造りはジョン・シラーがブリティッシュ・コロンビア州で始めた
3. 30 年から 40 年前まではヴィティス・ラブルスカ種とフランス系との交配種を主に使っていた
4. 冷涼な気候を活かして造られるフォーティファイドワインは世界中から注目されている

【解説】
ちょっと難しいですね。ただ少なくとも、1.と2.を外して、3.と4.で悩まなくてはいけません。そして、選択肢を読んで、アメリカの流れからラブルスカ種とフランス系の交配に反応し、一方でカナダでフォーティファイドワインが世界中から注目されているなんて聞いてないなぁと思えば正解です。

【過去問】
カナダのブリティッシュ・コロンビア州のワイン産地を 1 つ選び、解答欄にマー クしてください。

1. Prince Edward County
2. Lake Erie North Shore
3. Niagara Peninsula
4. Similkameen Valley

【過去問】
ブリティッシュ・コロンビア州で最大のワイン生産量の産地を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Okanagan Valley
2. Niagara Peninsula
3. Prince Edward County
4. Similkameen Valley

【過去問】
次の地図中 1 ~ 6 の中から(A)、(B)に該当するカナダワインの産地をそれぞれ1 つ選んでください。

canadawo
(A)Niagara Peninsula
(B)Okanagan Valley

【過去問】
1811 年にジョン・シラーがカナダで最初のワイン造りを始めた州名を 1 つ選んでください。

1. Prince Edward Island
2. British Columbia
3. Ontario
4. Quebec

【過去問】
カナダのブリティッシュ・コロンビア州の栽培地域を 1 つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County
4. Niagara Peninsula

【過去問】
カナダのオンタリオ州でアイスワイン生産量が最も多い、アイスワイン用のブドウ品種を 1 つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Riesling
3. Cabernet Franc
4. Vidal

【解説】
正解ではありませんが、Cabernet Francは二番目の生産量です。

【過去問】

カナダのブリティッシュ・コロンビア州の栽培地域を 1 つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County

4. Niagara Peninsula

【過去問】

カナダのオンタリオ州のアイスワインに使用されるワイン用ぶどう品種で最も生産量が多いものを1つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Vidal
3. Riesling

4. Cabernet Sauvignon

【過去問】

カナダ全体のワイン用ぶどう品種の約85%を栽培している州を1つ選んでください。

1. Nova Scotia
2. Quebec
3. Ontario

4. British Columbia

【過去問】
カナダで最も生産量の多いアイスワイン用ぶどう品種を1つ 選んでください。

1. ヴィダル
2. シャルドネ
3. バコ・ノワール

4. リースリング

【過去問】

次の1~4 の中からカナダのアイスワインで知られるVidal はSeibel 4986と何の交配種なのかを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Ugni Blanc
2. Riesling
3. Chasselas

4. Chenin Blanc

【過去問】

次のカナダのワイン産地の中から、Ontario州に属しているものを1つ選んでください。

1. Okanagan Valley
2. Fraser Valley
3. Prince Edward County

4. Gulf Island

【過去問】

カナダのオンタリオ州で、最も生産量の多いアイスワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。

1. Pinot Gris
2. Riesling
3. Cabernet Franc

4. Vidal

【過去問】

次の中からカナダのワイン用ぶどう品種Vidal 256の交配として正しいものを1つ選んでください。

1. Chardonnay × Seibel 4986
2. Pinot Blanc × Seibel 4986
3. Riesling × Seibel 4986

4. Ugni Blanc × Seibel 4986

【シニア過去問】

カナダのブリティッシュ・コロンビア州のワイン産地を一つ選んでください。

1. Similkameen Valley
2. Lake Erie North Shore
3. Prince Edward County

4. Niagara Escarpment

今日はもう終わりです。ここはサラッとです。細かいことは気にぜずどんどん進みましょう。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.