2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

ウルグアイ

2020/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第94回

前々回の続き的な感じです。

私は一応理系だったからか、学生時代から20代半ば頃まで精神論やオカルト的な考え方、霊的な存在に対して思いっきり否定的でした。ですから、学生時代に前回紹介した”「心のブレーキ」の外し方”のような本を読んでも全く理解できなかったと思います。
→昔から読書は好きでしたが、学生時代は村上春樹や吉本ばななが全く理解できず、なぜ売れているのかちっともわかりませんでした。時は過ぎ、今はときおり村上春樹の世界に浸っております。吉本ばななも読めるようになりました。

その後、年を重ねると共に”気”や”流れ”のようなものが存在し、心・気持ちのありようが人生に大きく影響すると考えるようになりました。インドを一ヶ月ほどブラブラしたことや、パリでイスラム教徒の方と一緒に働いたことも多少影響しているのかもしれません。そして、10年ほど前、フランスからの完全帰国を余儀なくされるきっかけとなった例の病気で、この手のことを信じることに意味があると確信しました。

この闘病が始まった最初の数か月間は、肉体的にも精神的にも限界を超え、一時は生死の間を彷徨い、完全に死を覚悟した瞬間がありました。迫りくる死に対する圧倒的な恐怖や絶望感、悲哀、喪失感に押し潰されそうになりましたが、ある時その精神状態さえ通り越し「死んでしまうのはとても残念だけど、まぁ、大学入学以降の20年間はとても恵まれた楽しい人生だったなぁ」と思い至ったことを今でもはっきりと覚えております。なんというか死に対して納得したというか、周りの方々に生まれて初めてくらい心から本当に感謝できたというか、うまく言えませんが全てを素直に受け入れることができたように感じた瞬間があったんです。今思い返しても不思議な感覚ですが。

しばらくして、”死”からはなんとか逃れましたが、以降三年は完全な療養生活(一年半入院、一年半自宅療養)でほとんど社会との接点はありませんでした。この先の見えない、さらに体が元に戻るかどうかもわからない、仕事もなく今後働けるようになるかどうかもわからない日々は、強烈なアイデンティティクライシスをもたらし、自分の存在さえ見失うことが度々ありました。

ただ、この時に見出せたことがいくつかあります。その一つが、「心の持ちよう」や「運」、「イメージすること」や「言葉の持つ力」など、これらが人生に大きく影響するであろうことを理解し始めたことです。というか、そのように信じないと(辛すぎて)生きていけないと、ある日悟ったんです。世界中の多くの方が信仰を持っている感覚に近いのかもしれません。

その後、なんとか気持ちを切り替えるとともに、療養後の生活を前向きにイメージする努力を続けました。単純に元気になってあそこに住んで、あれをして、仕事は…子供が無邪気に野球選手やアイドル歌手になる夢を見るように。←今はYOU TUBERなんでしょうか?幾度となく辛い瞬間が襲ってきましたが、自分は大丈夫だと言い聞かせ、自作の前向きになるための感謝と未来に向けた言葉を繰り返し繰り返し口にしました。まさに、お経・呪文を唱えるように。そして、今こうして社会に復帰し、それなりに生きていけるようになりました。私自身、よくここまで復活したなと思っていますが、これは当初はかなり無理をしてでも復活以上のことをイメージし、呪文(笑)を唱え続けたからだと信じております。→そして、この呪文、今でも時折口にしております。誰にも教えたことはありませんが。

すいません。リアルな話になってしまいました。で、なんの話だったのか忘れてしまいましたが、続けます。笑

未だ、いまいち乗り切れない方は騙されたと思って”「心のブレーキ」の外し方”読んでみて下さい。そして、試験勉強の合間に金色の葡萄バッジを付けている自分の姿をイメージしてみてください。必ず効果が表れると私は信じています。

以前いただいたコメントをそのまま紹介させていただきます。

ロンドン五輪ボクシングで金メダルを取った村田選手の奥様は、自宅の冷蔵庫に「金メダルを獲って、家を買いました。ありがとうございました」と未来日記を貼っていたそうです。

私の親友(かなりオカルトな人)に、ソムリエ試験対策中にそれを真似るように言われました。

え~?と思いながら、『ワインエキスパート合格おめでとう!!』と大きなハナマルまで書いて冷蔵庫に張りました…。今も合格通知と一緒に大事に取ってあります。

私もうまく説明できないのですが、常に意識に働きかけ続けるって、効果があるのかもしれませんね。

私も、毎日毎日、自分が金のブドウバッジを付けている姿を脳裏に焼き付けていました。 携帯の待ち受けも、もちろんJSAのソムリエバッジです。試験当日も変わりなく、頭に思い浮かべていたのは言うまでもありません。

脳に強烈にイメージすることで、行動も変わると思いますのでオススメです!

イメージすること、常に意識すること、大切だと思います。

※表紙は全幅約270kmもあるラ・プラタ川の河口部三角州。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。by ニーチェ



ウルグアイ

南米大陸に位置するウルグアイは東側をブラジル、西側をラ・プラタ川を挟んでアルゼンチンと国境を接し、南側に大西洋があります。

A ウルグアイワインについて

・南米大陸で二番目に小さな国ですが、ワイン生産量的に見ると、アルゼンチン→チリ→ブラジルに次いで第四位の位置にいます。
・78%が赤ワインです。→ウルグアイは国民一人当たりの牛肉消費量が世界一であることからも赤ワインが多いことが理解できると思います。アサードが有名。

※アルゼンチンやチリ、ウルグアイなどで食される焼肉料理です。アサードはスペイン語で「焼かれたもの」という意味。また、Chivito(チヴィート)という牛肉といろいろ挟んだサンドウィッチも有名で、ウルグアイの国民食です。
どちらも美味しそう!

・輸出量は生産量の約10%程度ですが、INAVI(国立ブドウ栽培ワイン醸造協会)の活動により年々増加傾向。→ブラジル、アメリカ、ベルギーなどへ。

・温暖湿潤気候で夏暑く、冬寒い。雨も多く、特に夏の湿度が高いため、垣根仕立てが主流(67%)、Y字に仕立てるリラ仕立ても見られます(26%)。→どちらも風邪通しがよく、湿気や病害に強い。

・ワイン法
・VCP(Vinos de Calidad Preferente):優良品質ワイン
・VC(Vinos Comun):テーブルワイン
→VCPは原産地呼称ではなく、品質基準。1993年制定。ヴェティス・ヴィニフェラ、エチケット85%ルール

B 主なブドウ品種

黒ブドウ
①タナ(=アリアゲ)
→1874年にフレンチ・バスク移民のパスカル・アリアゲによって持ち込まれました。全体の26%。タナおぼえてますか?
②モスカテル・アンブルゴ→バルクワイン
③メルロ
→その後、カベルネ・ソービニヨンが続きます。
マルスラン(=CS×グルナッシュ・ノワール)が増加傾向→高い生産力、病害虫に強い。

白ブドウ
①ユニ・ブラン
②ソーヴィニヨン・ブラン
③シャルドネ

C 主なワイン産地

大きく北部と南部にわけることができます。北部はブラジルからの影響を受け、より温暖、南部の海岸地域はやや冷涼になります。

南部の産地

カネロネス
ウルグアイ最大の産地(65%)。上記の主要ブドウ品種が栽培されています。赤ワインが78%。

・モンテビデオ
首都モンテビデオを擁する第二の産地(11.6%)。赤ワインが80%。

・マルドナド
栽培面積が減少傾向のウルグアイにおいて唯一増加傾向にある産地。タナ、ソービニヨン。赤ワイン79%。

ひとまずこのくらいで。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.