第77回 モルドバ

   

私はけっこう遅くまで起きている方で、その日のうちに寝る事はほとんどありません。ただ、たまに早く眠りにつくと早朝に目が覚めてしまい、そのまま起きてしまうことがあります。今の時期ですと午前5時前、空が少し明るくなり始めてきた頃が好きです。なんだか神聖な空間にいるように感じるから。

ホテル勤務時代に朝食担当マネージャー的なポジションを経験したことがあります。毎朝5時3分の始発に乗って職場に向っておりました。春から夏にかけては夜が明け始める時間で、気持ちの良い朝が多かったことを思い出します。ただ、秋が深くなるにつれて寒く真っ暗な中を駅まで急がなくてはならないのですが。

始発の電車は乗客もまばらで、好きなところに座って出勤できました。そして、私も含めてなのですが、ほぼ毎朝同じ人が同じ姿勢で同じ場所に座っていました。たまに長期間ある人がその”朝の絵”にいない時は”あれっ、二番目のドアの横の端の席で産経新聞を読んでいる人、しばらく見ないなぁ、何かあったのかなぁ”なんて余計なお世話を考えたものです。そして、しばらくしてその産経新聞さんを見かけると”お元気そうですね。出張でしたか?”なんて心の中で話しかけたりもしておりました。←現在も当時の同士の数人はあの電車に乗っているのかなぁなんて考えてしまいました。

私は電車の中ではたいてい本を読んでいたのですが、時折その毎日の絵の中にいる同士について勝手にどのような人物か想像をしながら電車に揺られておりました。→最近の電車の中はもっぱらパソコンですかね。この講座の更新などに追われていますから(笑)。”いつも茶色のジャケット・ノータイのおじさんは飲食系の人かな”、”電車の中でスッピンから見事な美人に変身する彼女は普通のOLというよりはちょっとしたキャリアウーマンだろう”あとは”あの医者っぽい人、今日はものすごく疲れているなぁ”など、”産経新聞さんはいつも疲れたサラリーマン(営業系)”というのが私の勝手な妄想でした。この妄想はもしかして私の職業的なものかなとも思っています。そして、人を見る習慣は接客業においてはとても大切です。

大昔、ファミレスで数年間アルバイトをしておりました。その時に、いつしか《お客様が何を注文するか》ということが注文前に何となくわかるようになってきたと思えたんです。もちろん、100%ではありません。”この人はパスタっぽいな”とか、”このおじさんはミックスグリルだぞ”、”この二人はマグロ丼とハンバーグセットを頼むんじゃないかなぁ”ってな具合です。ハンディと呼ばれる電子端末で注文を受けるのですが、もうなんというかお客様を見ると手がすいすい動くのです。当時、アルバイト先の人たちとこの話をしたことがあります。”事前に何となくわかる”ということが理解できるという人がいた一方で、それは電子端末を自由に操れるようになったので、さも注文が先にわかっているかのように感じる(錯覚)のだという人もいました。

錯覚が半分だとしてもやっぱりなんとなく感じるものがあったんですよ。不思議な感覚でした。あるお客様が”マグロ丼を頼む”だろうという理由は一切わかりませんでしたから。ただ、なんとなくこの人はこれを注文するだろうと思えるようになったのです。長年のアルバイト生活の中で、お客様の雰囲気と注文された商品の結びつきがデータ化されて、その蓄積が統計的に無意識のうちに私の中でイメージとなったのではと今考えてみました。ですから、無意識とはいえお客様の特徴をしっかりと見ていたのだろうと。

おっと、また全然関係ない話ですね。ちょっとした息抜きだと思ってください。そして、この話の続きはまたいつか。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第77回 モルドバ

そもそも「モルドバってどこですか?」ってところから始めなくてはいけない感じですね。地図を見ると、ルーマニアとウクライナに取り囲まれており、地図的に黒海の左上に位置しますが、面しているわけではありません。文化的にはルーマニアに近いそうです。

A モルドバのワインについて

気候
穏やかな大陸性気候。夏温暖で冬極寒。また、昼夜の温度差が大きい。
土壌は腐葉土を含んだ黒土(チェルノゼム)が主体。

歴史
ワイン造りは5000年前から行われていました。ソ連時代に衰退したワイン産業が1991年の独立後、ワイナリーの民間化が始まり、息を吹き返しました。→特にソ連との関係について少し意識しながら教本を読んでください。

ワイン法
原産地呼称はEU基準のDOPと指定された地域あるいは名称が対象のIGPの二種。
義務ではありませんが、コウノトリ伝説をモチーフにした「コウノトリとブドウ」のマークをほとんどのワイナリーがつけています。

B 主要ブドウ品種

白ブドウ
フェテアスカ・アルバ(白い乙女)モルドバ原産
フェテアスカ・レガーラ(高貴な乙女)

黒ブドウ
フェテアスカ・ネアグラ(黒い乙女)こちらもモルドバ原産
ララ・ネアグラ(=バベアスカ・ネアグラ)

聞き覚えがありますよね。そうです。ルーマニアです。

実はヴェティス・ヴェニフェラでは国際品種が73%を占めており、次にジョージアの主要品種、ルカツテリサペラヴィなどが続きます。

C ワイン産地

・Codru(コドゥル、中央部):森林地帯、白ブドウ
・Stefan-Voda(シュテファン・ヴォダ、南東部):ララ・ネアグラ
・Valul lui Traian(ヴァルル・ルイ・トラヤン、南西部):赤ワイン、デザートワイン

・Divin(ディヴィン)モルドヴァ全域で造られているワインスピリッツ

ブドウ品種にちょっとなじみがあるくらいであとはよくわからないですね。私はモルドバのワインを飲んだことがありません。

何かございましたらこちらまで

koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク

 - ◆ジョージア・モルドバ