2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度
テイスティング用語選択用紙
テイスティング関する質問に

必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー

論述試験対策

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017
二次ソムリエ2018
二次エキスパート2018
二次ソムリエ2019
二次エキスパート2019

はじめに、読み方、使い方

フランス
スペイン、ポルトガル
イタリア
スイス、オーストリア
ハンガリー、スロヴェニア
ギリシャ、クロアチア
ブルガリア、ルーマニア
ジョージア、モルドバ
英国、ルクセンブルク
ドイツ

アメリカ、カナダ
チリ、アルゼンチン、ウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

エクセレンス呼称対策
フランスワイン講座

【受付を終了しました】テイスティング対策「実践」セミナー大阪のご案内

2021/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第121回

もうすぐ9月です。一次試験もあと数日というところまできました。これから受験される方、「私は大丈夫、絶対に合格する」と二、三度口ずさんでから試験に挑んでください。ここまで頑張ったあなたなら絶対に大丈夫ですから。

一次試験を突破された方で、燃え尽き症候群の方も少なからずいらっしゃると思います。一次試験をクリアした達成感に浸り、ここ数ヶ月から半年のご自身の努力を思い返しつつ遠くを眺めながら物思いにふける、素晴らしいと思います。ただ、すぐに切り替えましょう。まだ通過点です。

何度もお伝えしておりますが、テイスティングは時間がかかります。「(試験対策レベルにおいて)自分のものになる」にもそれなりに時間を要するんです。すぐにテイスティング対策に取りかかってください。ちょっと遅れておりますが、この”こーざ”方式であればまだまだ挽回可能です。あわせて、ソムリエ呼称の方は論述試験対策も始めましょう。こちらはテイスティング対策以上にとっつきにくいかもしれませんが、今から始めれば合格点は間違いないはずです。

ここからが本当の試練かもしれません。最後まで気を抜かず、走りきってください。

さて、ご存知の通りの状況ですが、テイスティングセミナーを開催いたします。今回は実践セミナーのご案内ですが、「直前セミナー」は同東京、大阪に加え、北海道、仙台、名古屋でも開催を検討しております。

セミナー開催に関しては、感染症対策をしっかりと行い、人数を制限し、間隔を十分に空けてお席を準備いたします。→私自身はワクチン接種2回を終えております。

私は必ず合格します!
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




テイスティング対策「実践」セミナー大阪のご案内

 

セミナーの内容は以前告知した「実践」セミナー東京と同じです。

◆二次のテイスティング対策実践セミナー 〜ワインのタイプ分けと主要ブドウ品種の特徴〜

東京6
・日時 9月6日(月)14:30~17:00
・場所 東京(新橋)
・会費 10,800円(税込11,880円)

東京7
・日時 9月7日(火)14:30~17:00
・場所 東京(新橋)
・会費 10,800円(税込11,880円)

東京8申し訳ございません。開催しません。
・日時 9月8日(水)14:30~17:00
・場所 東京(新橋)
・会費 10,800円(税込11,880円)

大阪16
・日時 9月16日(木)14:30~17:00
・場所 大阪(上本町・鶴橋)
・会費 10,800円(税込11,880円)

大阪17
・日時 9月17日(金)14:30~17:00
・場所 大阪(上本町・鶴橋)
・会費 10,800円(税込11,880円)

※間隔を広く取るために定員は通常の2/3以下にて開催いたします。

※上記セミナーは同じ内容です。

二次のテイスティングを突破するために、ワインのタイプ分けに注力しつつ、今回は最大の難関ともいえる主要ブドウ品種の特徴をとらえていただく為のテイスティングセミナーです。

二次のテイスティングにおいて、最も大切なことは大きくわけて二つです。
① ワインの強弱をしっかりと感じつつ、タイプ分けする。
② そのタイプ分けした先にあるブドウ品種をイメージして(わからなくてもいい)、ソムリエ協会の求めるテイスティングコメントを選択肢の中から的確に選ぶ。

今回のセミナーは特に上記①について、外観・香り・味わいそれぞれの強弱をしっかりととらえ、その感じ取った強弱を意識しつつワインのタイプ分け行い、その先にあるブドウ品種まで見ていこうという内容です。(②のテイスティングコメントに関する詳細についてはセミナーではそれほどふれません。「必勝マニュアル」の範疇になります)

外観で感じ取ったイメージ(淡い色調なのか、濃い色調なのか、また、冷涼産地なのか、温暖産地なのか)をもって香りに進み、そのイメージがつながるのかどうかを感じます。そこから、特徴的な香りをとらえここでタイプ分けです。全体像がある程度見えたところで口に含み、酸とアルコールのボリュームを感じ最終確認。外観からスムーズにテイスティングが進められた場合は、味わいは確認作業と言ってもいいかもしれません。

さらに、ブドウ品種を当てる必要はないと言いつつも、各主要ブドウ品種の特徴はある程度理解する必要があります。理解することで、よりタイプ分け時に全体像が見えるようになり、意識すべき点が明確になります。また、タイプ分けからブドウ品種につなげられるようにパターン化できれば最高です。

そして、そのようなパターン(道筋)を事前に幾つか想定し、イメージできるとテイスティングがスムーズに進みますし、何よりも落ち着いてワインに向き合える可能性が圧倒的に高くなります。過去の受験報告をお読みいただいてもおわかりいただけるように試験中は平常心で、とにかくパニックにならないことが最も大切と言っても過言ではないくらいなのですから。

テイスティングアイテムは12種を予定しております。→スピリッツ、リキュール系は含みません。

興味をお持ちいただいた方はメールの件名欄東京6または大阪16+お名前フルネームご記入のうえ、在住県名・受験呼称をメール本文中にお書き添えいただきメールにてお知らせください。→個人的にかなりの数のメールを受け取っており、件名を見て優先順位を判断しております。件名欄に必要事項をお書き添えください。よろしくお願いいたします。

なお、催行予定人数に達しない場合はセミナー開催を見送ることがございますので、大阪16と大阪17のどちらでも受講可能な方はその旨をお書き添えくださいませ。

koza@majime2.com

お願いと注意点
ご案内等、皆さんとのやり取りは基本メールとさせていただきます。そして、私は受け取ったメールに対して必ず48時間以内に何らかの返信をいたします。→とりあえず、『メールを受け取りました』だけかもしれませんが。

ですから、メールをお送りいただいてから48時間経っても私から返信のない場合は、大変恐縮ですがもう一度送り直してください。どこかで手違いがあったと考えらえます。さらに、私の活動時間は主に深夜ですので、深夜にメールを送られては困るという方はその旨を明記してください。

よろしくお願いいたします。

お忙しいところ、また貴重なお時間に最後までお読みいただきありがとうございました。

そろそろ9月です。ペースをあげてテイスティング対策をしっかりと行ってください。今、この時期に何をするかが一番大切です。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩





この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2021 All Rights Reserved.