第63回 モリーゼ、カンパーニア

   

熊本を襲った地震から三年が過ぎました。報道によりますと、いまなお約15,000人以上の方が仮住まいでの生活を強いられているそうです。阪神大震災を経験した私はあの寒くて辛い記憶が蘇り心が痛みます。

私は熊本に縁がありまして、年に一、二回は必ず訪れております。素晴らしいシャルドネを造る熊本ワインにも足繁く通っております。→いつしかのソムリエコンクールにも出された菊鹿・小伏野がトップキュベです。

地震の直後の6月に熊本ワインの社長にお会いしたのですが、「箱やラックに入っていたワインはそれほど被害がなかったけど、棚に置いていた貴重なヴィンテージものがほぼ全滅でした」と残念な表情で語られました。

三年前、この熊本地震が起こる少し前に大阪でビストロを営んでいた友人夫妻が熊本に移住しました。ご主人は長らく大阪で自然派ワインの人気店を経営しておりましたが、奥様が熊本出身ということもあり、いつか熊本でお店を開きたいと常々口にしておりました。

地震の前の冬、まだ大阪で営業中の彼のお店が不審火に見舞われました。火の出るはずのないフロアからの出火で、屋根にまで被害が及んだため営業できなくなりました。→調理場は一階で、二階の客席から出火しました。原因は結局不明です。そして、さまざまな葛藤の末、大阪の店を閉めて熊本に移り住んだのが地震の前の初春です。

大阪で大変な目にあいましたが、もともと熊本に移住したいという思いがあったため、心機一転気持ちを新たに熊本で新しいお店をスタートしようと心に決めての移住でした。その決心を嘲笑うかのように襲いかかった熊本地震。お店を再開するために集めた食器やワインもかなり被害にあったようです。

不審火も地震も彼の落ち度ではありません。店を失い、ようやく気持ちを切り替えて新たに生活を始めた地で、二回も大きく揺れた大地震。この状況にありながら彼は熊本のワイン仲間と炊き出しを始めました。この話を聞い時に私なら同じことができるだろうかと自問していました。

その彼が、時間はかかりましたが、地震から9か月後にお店をオープンさせました。短い期間にこれだけの苦難に見舞われながらも立派にお店を立ち上げたんです。当時、常に気丈に振る舞っていた彼ですが、心が折れそうになったことは一度ではないはずです。そして、初めて彼の店に伺った時に見せた嬉しそうにはにかんだ表情が忘れられません。

彼の前向きな姿勢が地元のワイン仲間に受け入れられ、お客様に愛されているようで今や熊本の人気店になっていると聞きます。

今年もタイミングを見て熊本に行くつもりです。そして、彼に会って自分自身を見つめ直してきます。

成功するために大切なのは、どこから始めるのかではなく、どれだけ高く目標を定めるかである。by ネルソン・マンデラ

※表紙はカンパーニャ州にある町(サンターガタ・デ・ゴーティ)、断崖に建つ家

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

スポンサードリンク


第63回 モリーゼ、カンパーニア

N Molise モリーゼ州

55%が山地で45%が丘陵地、ブドウ栽培の歴史は古いようです。亜大陸性気候で夏暑く、冬寒い。経済は発展しておらず、イタリア国内でもかなり知名度が低い州です。ただ、自然が汚染されていないため美しく、近年観光業が伸びています。DOCGはありません。

◆覚えておきたいDOC

Biferno(白・赤・ロゼ)
→出題は
この地方の料理と合わせるくらいでしょうか。
Tintilia del Molise
→ポイントはTintiliaが黒ブドウであることでしょう。うしろにモリーゼって書いてあるし。土着品種回帰の中、復活しつつあるモリーゼを代表する黒ブドウです。

O Campania カンパーニア州

カンパーニア州の州都はナポリです。風光明媚な観光地、文化遺産が州内に集積しています。人の足に例えると、向こう脛(すね)に位置します。海岸沿いの地域は温暖な地中海性気候で土地がやせておりブドウ栽培に向いています。ワイン造りの歴史は古く、紀元前からFalernumはグラン・クリュとして讃えられていました。
→ポンペイ遺跡の酒場の壁に書かれた言葉が残っています。「一アスでワインが飲める。二アスなら最高のワインが。四アス出せばファレルヌムのワインが飲める」

◆DOCG

Taurasi
→ブドウ品種はアリアーニコ(黒)。スパイシーで、酸味もしっかりした骨太のワインです。
Greco di Tufo(白・泡)→ブドウ品種はGreco
Fiano di Avellino(白・泡)→ブドウ品種はFiano
Aglianico del Taburno
→もう一つAglianicoから造られるDOCG。ロゼもあります。

◆覚えておきたいDOC

・Ischia
・Vesuvio
→この二つはいろいろ認められているので、ソムリエ試験的にはこの地方の料理・チーズと合わせるという感じ。Lacryma Christi del Vesuvioがいろんな意味で有名です。

 スポンサードリンク
ソムリエ試験 過去問

【過去問】
Taurasiの主要ブドウ品種を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください

1. Aglianico
2. Sangiovese
3. Calabrese
4. Corvina

【過去問】
次の銘柄のうち赤ワインのみを生産するものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Alta Langa
2. Greco di Tufo
3. Frascati Superiore
4. Carmignano

【過去問】
次の(A)~(E)の銘柄を産出する州を地図中 1 ~ 10 の中からそれぞれ選び、 解答欄にマークしてください。

(A)  Bardolino Superiore
(B)  Vino Nobile di Montepulciano
(C)  Franciacorta
(D)  Taurasi
(E)  Asti

【過去問】
次のイタリアワイン銘柄の中から白・赤ワイン共に生産するものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Roero
2. Taurasi
3. Dogliani
4. Conero

【過去問】
凝灰岩土壌で栽培されているブドウで造られるカンパーニア州の銘柄を 1 つ選んでください。

1. Orvieto
2. Colli Albani
3. Greco di Tufo
4. Zagarolo

【解説】
凝灰岩土壌等までは覚える必要はありません。土壌を問われるくらいの有名産地ととらえ、素直にカンパーニア州を代表するGreco di Tufoを選択します。

【過去問】
次の銘柄の中で Classico の表示が認められているものを 1 つ選んでください。

1. Gavi
2. Conero
3. Fiano di Avellino
4. Castelli di Jesi Verdicchio Riserva

【解説】
この Classico 等の表示まで確認する時間がないと思うんですよ。ですから、過去問で出てきたもの、どこかで見かけて気になったもの以外は無理に覚えなくてもよいと思います。

【過去問】
次の(A)、(B)、(C)のワインを産出する州を下記地図中 1 ~ 12 の中から 1 つ選んでください。

(A)Frascati Superiore
(B)Ghemme
(C)Fiano di Avellino

FianoAvellino

【過去問】

ワイン用ぶどう品種 Aglianico 主体で造られるカンパーニア州の D.O.C.G. を 1 つ選んでください。

1. Conero
2. Rosazzo
3. Taurasi

4. Carmignano

【過去問】

下記のイタリアの地図A~Dの中からD.O.C.G. Taurasiを生産する産地(州)を1つ選んでください。

1. A
2. B
3. C
4. D
 2013イタリア試験 .jpg
【解説】

今日は簡単ですけどね。イタリア20州の位置関係は必須です。

【過去問】

次の記述について正しい場合は1.を、誤っている場合は2.を選んでください。

「火山灰のグレーコ土壌でギリシャ人がもたらしたぶどう品種「トゥーフォ」から造られる、Greco di Tufoは、Campania州唯一の白のD.O.P(. D.O.C.G.)である。」

1. 正    2. 誤

【解説】
なんだかもっともらしいことを書いてますが、落ち着いてよく読めばわかる問題です。

【過去問】
次のイタリアの州の中からアドリア海に面していない州を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Umbria
2. Abruzzo
3. Molise
4. Marche

【解説】
アドリア海がどちらかわかりますか?また、反対側の海はなんといいますか?→◯ィレニア海

【過去問】
次のD.O.C.G.ワインの中から赤だけの生産が認められているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Recioto di Gambellara
2. Cesanese del Piglio
3. Fiano di Avellino
4. Albana di Romagna

【過去問】
次の中から南イタリアの D.O.C.G.ワインで、アリアーニコ種のぶどうを主体に造られているものを 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Taurasi
2. Greco di Tufo
3. Fiano di Avellino
4. Vermentino di Gallura

【過去問】
次のイタリア地図中(A)~(D)の中からCampania州に該当するものを1つ選んでください。

※地図省略 
【解説】
ここに地図はありませんが、頭の中でイメージできますか?

なんだかいつもより楽チンです。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩
 スポンサードリンク

 - ◆イタリア