2022年度講座開講!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次試験必勝マニュアルのご案内
テイスティングのセミナーご案内
テイスティングセミナー模範解答
二次のテイスティングはなんとかなる!
テイスティングに関する質疑応答
テイスティング用語選択用紙
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
論述試験対策
二次のテイスティングを振り返る〜2014年
二次のテイスティングを振り返る〜2015年
二次のテイスティングを振り返る〜2016年
二次のテイスティングを振り返る〜2017年
二次のテイスティングを振り返る〜2018年
二次のテイスティングを振り返る〜2019年
二次のテイスティングを振り返る~2020年
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォワ
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
シュッド・ウエスト
コニャック、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
ドイツ
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南アフリカ
日本
酒類飲料概論
テイスティング、ワインの購入・管理
サービス実技、チーズ

トスカーナ、ウンブリア <C>

2022/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第64回

明日で熊本を襲った地震から六年が過ぎます。阪神大震災を経験した私はあの時の記憶も共に蘇ってまいります。

私は熊本に縁がありまして、昨年はさすがに行けませんでしたが、おおよそ年に一度は訪れております。素晴らしいシャルドネを造る熊本ワインにも足繁く通っております。→いつしかのソムリエコンクールにも出された菊鹿・小伏野がトップキュベです。

地震の直後の6月に熊本ワインの社長にお会いしたのですが、「箱やラックに入っていたワインはそれほど被害がなかったけど、棚に置いていた貴重なヴィンテージものがほぼ全滅でした」と残念な表情で語られました。

六年前、大阪でビストロを営んでいた友人夫妻がこの熊本地震が起こる少し前に熊本に移住しました。ご主人は長らく大阪で自然派ワインの人気店を経営しておりましたが、奥様が熊本出身ということもあり、いつか熊本でお店を開きたいと常々口にしておりました。

地震の前の冬、まだ大阪で営業中の彼のお店が不審火に見舞われました。火の出るはずのないフロアからの出火で、屋根にまで被害が及んだため営業できなくなりました。→調理場は一階で、二階の客席から出火しました。原因は結局不明です。そして、さまざまな葛藤の末、大阪の店を閉めて熊本に移り住んだのが地震直前の初春です。

大阪で大変な目にあいましたが、もともと熊本に移住したいという思いがあったため、心機一転気持ちを新たに熊本で新しいお店をスタートしようと心に決めての移住でした。その決心を嘲笑うかのように襲いかかった熊本地震。お店を再開するために集めた食器やワインもかなり被害にあったようです。

不審火も地震も彼の落ち度ではありません。店を失い、ようやく気持ちを切り替え新たに生活を始めた地で、二回も大きく揺れた大地震。この状況にありながら彼は熊本のワイン仲間と炊き出しを始めました。この話を聞い時に私なら同じことができるだろうかと自問していました。

その彼が、時間はかかりましたが、地震から9か月後にお店をオープンさせました。短い期間にこれだけの苦難に見舞われながらも立派にお店を立ち上げたんです。当時、常に気丈に振る舞っていた彼ですが、心が折れそうになったことは一度ではないはずです。そして、初めて彼の店に伺った時に見せた嬉しそうにはにかんだ表情が今でも忘れられません。

彼の前向きな姿勢が地元のワイン仲間に受け入れられ、お客様に愛されているようで今や熊本の人気店になっていると聞いています。

※表紙はイタリアの「緑の心臓」と呼ばれるウンブリア州の景色

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。by ジョン・ラボック(英国の銀行家、政治家、生物学者)

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ



トスカーナ、ウンブリア <C>

目次

 

I Toscana トスカーナ州

概要
北はリグーリア州、南はラツィオ州と接し、西側にはティレニア海(地中海)の海岸線が約400㎞続きます。様々な農作物を一つの農園で栽培する伝統もあり、ブドウの畝やオリーブの果樹園が幾何学模様のように続き、その奥には森があるという私たちがイタリアを思うときのルネッサンス絵画のような風景が広がります。→州都はフィレンツェです。

ピエモンテに並ぶ高品質ワインの産地であり、1970年代に始まった「イタリアワイン・ルネッサンス」と呼ばれるイタリアワインの近代化を牽引したのはキャンティ・クラシコ地区の生産者でした。彼らの規則にとらわれない自由な発想から生み出されたワインは「スーパータスカン」<20>ともてはやされ、国際的な知名度を得ました。<20>

歴史
紀元前9世紀に中部イタリアを広範囲にわたって支配し、ブドウ栽培とワイン造りを伝えたエトルリア人の「エトルリア」がトスカーナの語源<18>とされます。14世紀から15世紀にかけて銀行業で富を成したメディチ家をリーダーとして、まれにみる文化的繁栄を生み出し、ルネッサンスの中心地となりました。その後、トスカーナ大公国となり、1716年にトスカーナ大公コジモ3世<21>により「カルミニャーノ」「キアンティ」「ポミーノ」「ヴァル・ダルノ・ディ・ソプラ」のワイン産地の境界を定め、世界最初の原産地保護となりました。19世紀になってイタリア統一の機運が高まり、1870年頃、そのトスカーナのリーダーであったベッティーノ・リカーゾリ男爵<20>が今日のキアンティのベースとなる有名なFormulae(サンジョヴェーゼ 70%、カナイオーロ 20%、マルヴァジア・デル・キアンティ 10%
)を定めました。

気候風土
北と東にアペニン山脈が、西側は地中海に面しており、ほとんどが丘陵地帯で、山岳地帯が1/4、平野部はわずかに8%程度です。内陸部は夏暑く、冬非常に寒い大陸性気候、海岸部は温暖で雨の少ない地中海性気候です。

主要ブドウ品種
白ブドウ
・ヴェルナッチャ
:しっかりとした酸を持ちます。
・トレッビアーノ
・マルヴァジア・ビアンカ

黒ブドウ
・サンジョヴェーゼ:中部イタリアを代表する黒ブドウ。酸とタンニンがしっかりしています。いろいろな呼び名、多くのクローンがあります。
・カナイオーロ・ネーロ

覚えておきたいDOC
・Elba
・Rosso di Montalcino<20>→DOCG Brunello di Montalcinoの弟分のような感じです。
・Pomino→白:ピノ・グリージョ、シャルドネなど、赤:サンジョヴェーゼ、ピノ・ネーロ、メルロなどのブレンド。
・Vin Santo del Chianti / Chianti Classico / Montepulciano→トスカーナはヴィン・サント(陰干しブドウから長期酸化熟成させて造られます)が有名です。
Bolgheri<18>→以前はシンプルなロゼワインの産地でした。カベルネ・ソーヴィニヨン主体で造られるサッシカイアの大成功によって一気にボルドー品種の産地として発展、現在は単一ワイナリー唯一のDOC、ボルゲリ・サッシカイアが認められています。<18>

DOCG

・Brunello di Montalcino
・Vino Nobile di Montepulciano→プルニョーロ・ジェンティーレ種(サンジョヴェーゼ)
・Chianti→ここのソットゾーナが問われます。ソットゾーナは7つ<21>で、Rufina<18><19><21>がまずまず有名です。その他は概ね”Colli なんとか”です。
・Chianti Classico→フィレンツェとシエナの間の美しい丘陵地帯にブドウ畑が広がります<18>。ここのガレストロ土壌(泥灰土が薄く何層にも重なった土壌)<18><21>は有名です。2010年からGran Selezione(グラン・セレツィオーネ)という上位規格ができました。熟成30カ月以上<21>・アルコール13%以上です。
・Carmignano
→サンジョヴェーゼ主体ですが、少量のカベルネは使用可<18>。コジモ三世。
・Vernaccia di San Gimignano(白)→ブドウはVernaccia。世界遺産「百の塔の町」サン・ジミニャーノ。<21>
・Morellino di Scansano
→こちらもサンジョヴェーゼ(この地域ではモレッリーノと呼ばれる)。トスカーナ最南端のDOCG。<20>.
・Elba Aleatico Passito / Aleatico Passito dell’Elba(赤甘口パッシート)<18>
→Aleaticoがブドウです。トスカーナで唯一完全にサンジョヴェーゼ系でない赤ワインのDOCG。
・Montecucco Sangiovese
・Val di Cornia Rosso / Rosso della Val di Cornia→サンジョヴェーゼ+ボルドー品種<18>
・Suvereto→ボルドー品種主体(100%でもOK)可<18>。サンジョヴェーゼ主体でもイイ。元々は↑Val di Corniaの一地区<18>

ブドウ品種の記載のないDOCGは全てサンジョヴェーゼ系主体です。太字のDOCGはそれとなく地図上で場所を確認しておきましょう。

J Umbria ウンブリア州

海のない州<19>で、イアリア半島のほぼ真ん中に位置します。平地はほとんど見られず、70%を占める緑の丘陵地は美しく、イタリアの「緑の心臓」と褒めたたえられています。<18>

主要ブドウ品種
白ブドウ
・グレケット→ギリシャ起源、フルーティーな白ワインに
・プロカニコ→トレッビアーノの一種

黒ブドウ
・サンジョヴェーゼ
・サグランティーノ

覚えておきたいDOC
Orvietoプロカニコ、グレケット種<19>から造られる主に辛口の白ワインです。昔は甘口貴腐ワインが名声を博し、教皇御用達<18>という時代がありました。
Torgiano(赤・白・ロゼ・発)Torgiano Rosso RiservaとなればDOCGです。

DOCG

Torgiano Rosso Riserva<18>
→サンジョヴェーゼです。

Montefalco Sagrantino<18>(赤・パッシート薄甘口)
→ブドウ品種はサグランティーノ<19>、タンニンの強い黒ブドウです。

さて、しっかり【過去問】で確認しましょう。


ソムリエ試験 過去問

【過去問】
トスカーナ州の白ワインの D.O.C.G.を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Vino Nobile di Montepulciano
2. Vernaccia di San Gimignano
3. Vernaccia di Serrapetrona
4. Rosazzo

【過去問】
D.O.C.G.Chianti の特定地域(ソットゾーナ)を 1 つ選んでください。

1. Rufina
2. Sassella
3. Valpantena
4. Cartizze

【過去問】
フィレンツェとシエナの間に広がる丘陵地帯(8コムーネ)の D.O.C.G.を1つ選んでください。

1. Vino Nobile di Montepulciano
2. Carmignano
3. Brunello di Montalcino
4. Chianti Classico

【解説】
コムーネ…、試験中にこんな知らない単語が出てくるとビビります。イタリアの自治体を表す語で、イメージ的には市・町・村です。
この出題のポイントはある程度DOCGの地理的情報が頭にあることに加えてフィレンツェとシエナの位置関係がわからなくては解答できません。私はこの地方 に行ったことがあるのでイメージがありますが、なかなかシエナまでは勉強できないものだと思います。←でも今、上記の地図でフィレンツェとシエナの場所を確認するんですよ。のちにCBT試験でも問われました。

【過去問】
トスカーナ州において、最も南に位置する D.O.C.G. を 1 つ選んでください。

1. Pomino
2. Morellino di Scansano
3. Chianti Classico
4. Carmignano

【過去問】
次の中から、主要品種がNebbiolo以外で造られる赤ワインD.O.P.( D.O.C.G.)を1つ選んでください。

1. Gattinara
2. Roero
3. Valtellina Superiore
4. Torgiano Rosso Riserva

【過去問】
次のD.O.C.G.ワインの中からToscana州以外のものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Morellino di Scansano
2. Vino Nobile di Montepulciano
3. Montefalco Sagrantino
4. Vernaccia di San Gimignano

【過去問】
次の 1-4 のイタリアワインの中から白、赤ともに生産が認められている D.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Vernaccia di San Gimignano
2. Bolgheri
3. Roero
4. Ramandolo

【過去問】
次の中から中部イタリア、トスカーナ地方の地方料理「Bistecca alla Fiorentina」に最も相性の良いワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Albana di Romagna
2. Orvieto Classico Secco
3. Chianti Classico
4.  Frascati Secco

【過去問】
次の中からウンブリア州で生産されているD.O.C.G.ワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Torgiano
2. Rosso Orvietano
3. Orvieto Classico
4. Montefalco Sagrantino

【過去問】
① 下記のトスカーナ州の地図A~Hの中からD.O.C.G.Brunello di Montalcinoに該当するものを1つ選んでください。
② 下記のトスカーナ州の地図A~Hの中からD.O.C.Bolgheriに該当するものを1つ選んでください。

【解説】
DOCまで地図上で問うのかと思ってしまいました。Bolgheriはちょっと特別ですけどね。はやり、ピエモンテとトスカーナの超有名どころは地理的位置関係も確認しておきましょう。

【過去問】
次のA~C のイタリアワインの品質特徴に、適合する州を下図の1~20中からそれぞれ1つ選び、その番号を解答用紙の解答欄にマークしてください。

A. イタリア北部にあって、山地、丘陵地(10%)、海岸まで平地(40%)で、イタリアで最も雨が多いところで、ぶどうは主に丘陵地で平地でも少量造られている。高品質志向の白ワインが多く造られ、特に白の甘口は有名である。
B. 山岳地帯のワインに属しているが平地が中心で、ワイン生産量が多く、1960 年以前にカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなどが栽培されていた。Reciot やAmarone などのタイプのほか、フルーティなスプマンテなどがある。
C. 丘陵地が多くD.O.C.G.、ワイン生産量共に多い州です。Vin Santoも有名であり、近年カベルネ種やメルロ種から造られたワインも世界的に注目されている。

【解説】
復習です。
A. フリウーリ=ヴェネツィア・ジューリア州
B. ヴェネト州
C. トスカーナ州

 

ここもしんどいですね。あと少し、ひとまずGWまではしっかり頑張りましょう。お疲れ様でした。

何かございましたらこちらまで
info★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2022 All Rights Reserved.