2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
 二次試験に出題されたワイン
 主要ブドウ品種の特徴
 お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
 ヴィンテージと温度
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
 プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…
テイスティングのセミナーご案内

ロンバルディア、トレンティーノ=アルト・アディジェ、ヴェネト

2020/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第58回

こちらはソムリエ試験対策の場ですから、お読みいただいている比較的多くの方が飲食業に就かれていると思います。そして、極々一部のお店を除いて非常に厳しい経営状況であるはずです。このままの状況があと一、二ヶ月続けばなくなってしまう飲食店が後を立たないでしょう。出ていくお金と入ってくるお金のバランスが全く取れないのですから、どうしようもありません。今、オーナーや経営者の方はこの講座を読む余裕すらないかもしれません。雇われている方も給料が満額出ない状況であったり、もしかすると職を失うことがあるかもしれません。

今は本当に耐える時なのだと思います。そして、お金よりもプライドよりも愛よりも健康が最優先です。元気であればいつか取り戻すことができます。失ったお金と時間ともしかするとお店は戻らないかもしれませんが、また新たに挑戦することは必ずできます。

そして、このような逆境の時に何を思い、いかに行動するか、ここで大きな差が生まれると私は信じております。日常ではないからこそ思いっきり前向きにその先を考える。もしかすると時間があるからいつも以上のことを多少無理してでもやってみる。辛い時だからこそ次につながる何かを真剣に求めることで見えてくることが必ずあります。→私はこれまでにこのような逆境だったからこそ前に進めた経験が数回あります。近いうちにお伝えしようと思いますが、この「ちょっとまじめにこーざ」も一年半入院、その後一年半自宅療養という暗黒の三年間に始めました。脊椎の病気でしたので、上半身にごついコルセットを付けなければ起きていられない生活…。当然、仕事なんてできず、ただ手は動くし時間だけがありましたから…。

今年は受験をあきらめなくてはならない方もいらっしゃるかもしれません。それでも、耐えつつも前進して欲しいんです。頑張りましょう!皆さんそれぞれの明るい未来のために。

このような状況ですが、ソムリエ試験対策を続けます。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

※表紙は水の都、ヴェネツィアの一コマです。




ロンバルディア、トレンティーノ=アルト・アディジェ、ヴェネト

D Lombardia ロンバルディア州

北にアルプス山脈、南部にはイタリア最長のポー河が流れ、その流域に広大な平野が広がります。また、ガルダ湖など数多く存在する大きな湖がアルプス性の気候が穏やかにします。州都ミラノはファッションでも世界的に有名で、工業、金融、商業の中心地であり、イタリアの国民総生産の1/4を生み出します。

主要ブドウ品種
白ブドウ
・シャルドネ
・ピノ・ビアンコ=ピノ・ブラン
・ピノ・グリージョ=ピノ・グリ

黒ブドウ
・キアヴェンナスカ=ネッビオーロ:ヴァルテッリーナでの地元名
・ピノ・ネーロ=ピノ・ノワール
・クロアティーナ:Oltrepo Paveseの典型的黒ブドウ。バルベーラとブレンド。
・モスカート・ディ・スカンツォ:DOCGのスカンツォ―ロなんとか村だけで栽培。モスカートだけど黒ブドウ。

繰り返しますが、ブドウ品種の特徴をまとめましたが、イメージを持ってもらうためでその特徴を必死で覚える必要はありません。

主要DOC
→イタリアのDOCGがDOCの一部から昇格したものであることが多いので、先にDOCから見るようにします。

Oltrepo Pavese(白・赤・ロゼ・発泡)
→ブドウもリースリング 、バルベラなどさまざまです。こちらのMetodo Classico(泡)
がDOCG
Valtellina
→ブドウはキアヴェンナスカ(=ネッビオーロ)。
こちらのSuperioreがDOCG

DOCG

・Franciacorta(白発・ロゼ発)
→瓶内二次発酵で、生産タイプもシャンパーニュと同じ白とロゼになります。主要ブドウ品種はピノ・ネーロ、シャルドネ、ピノ・ビアンコなど。
Valtellina Superioreキアヴェンナスカ
Sforzato della Valtellina / Sfursat di Valtellina
→Sforzato(陰干し)のキアヴェンナスカ、辛口。
Oltrepo Pavese Metodo Classico(白発・ロゼ発)
→Franciacortaと同じ瓶内二次発酵。ピノ・ネーロ主体。こちらはピノ・グリージョも可。
Moscato di Scanzo / Scanzo(赤甘)
→こちらも陰干しブドウから。モスカート・ディ・スカンツォがブドウ品種。

E Trentino-Alto Adige トレンティーノ=アルト・アディジェ州

イタリアで最も北に位置するトレンティーノ=アルト・アディジェ州はロンバルディーア州の隣、スイス・オーストリアの南に隣接しています。歴史的な背景もあり、ドイツ語表記が見られる地域。

土着品種が押せ押せのイタリアですが、ここではピノ・ネロやシャルドネなどから良質なワインが造られています。イタリアを代表する白ワインの産地(72%)でもあります。→この州にDOCGはありません。

主要ブドウ品種
白ブドウ
・シャルドネ
・ピノ・ビアンコ=ピノ・ブラン
・ピノ・グリージョ=ピノ・グリ
・ミュラー・トゥルガウ:ドイツのブドウ
・トラミネール・アロマティコ:名前の通り、トロピカルなアロマ。

黒ブドウ
・スキアーヴァ:アルト・アディジェの固有のブドウ。軽め。
・ラグレイン:アルト・アディジェの固有のブドウ。濃厚、スパイシーで力強い。
・テロルデゴ:トレンティーノの固有のブドウ。
・ピ
ノ・ネーロ=ピノ・ノワール

固有のブドウ品種がこの地方・州で栽培されていることをおさえましょう。

主要DOC

Teroldego Rotagliano
→ブドウ品種はテロルデゴ、荒々しい野生的な果実味。
・Trento
→イタリアを代表する瓶内二時発酵のスパークリングワインの産地。

F Veneto ヴェネト州

平野が中心で州としては横に長く、気候は変化に富んでいます。比較的軽めの白ワインが主体で、州別ワイン生産量トップの座を占めることが多いです。州都が水の都ヴェネツィアです。

主要ブドウ品種
白ブドウ
・ガルガネガ:ヴェネト州を代表するギリシャ系白ブドウ。上品な果実味。
・トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ:酸がしっかり。
・グレーラ:以前はプロセッコと呼ばれていたアロマテック品種。

黒ブドウ
・コルヴィーナ:ヴェネト州を代表する黒ブドウ。チェリーの香り、適度の酸とタンニン。
・ロンディネッラ:コルヴィーナとブレンド。

主要DOC

Valpolicella
→ブドウ品種はコルヴィーナ・ヴェロネーゼなど
Bardolino
→こちらもブドウ品種はなどです。
※ValpolicellaとBardolinoは使用品種こそ同じですが、前者の方がふくよかで深みがあり圧倒的に長命、後者は軽めでチャーミングな赤です。
Soave
→ブドウ品種はガルガネガです。←昔はガルガーネガと伸ばしており、受験当時この名前の響きが好きでした。なんだか合体しそうで。

あとはValpolicella Ripassoを確認しておきましょう。

DOCG

Recioto di Soave(白甘パッシート・発)→ガルガネガのアパッシメント
Bardolino Superioreコルヴィーナ・ヴェロネーゼ主体
Soave Superiore
Recioto di Gambellara →こちらもガルガネガ(白甘パッシート・発)
Colli Asolani Prosecco / Asolo Prosecco(白・発)→ブドウはグレーラ
Conegliano Valdobbiadene-Prosecco(白・発)→同じく、ブドウはグレーラ
・Colli Euganei Fior D’Arancio
Amarone della Valpolicella(赤パッシート)→アマローネ、偉大なワイン
Recioto della Valpolicella(赤甘パッシート)
・Bagnoli Friulano / Friulano di Bagnoli
Colli di Conegliano(白・赤・パッシート)→珍しい白・赤共に。
・Lison→ヴェネト、フリウリにまたがっている。
・Montello Rosso / Montello
・Piave Malanotte / Malanotte del Piave

まず、Amarone、Reciotoなどの言葉の意味をちゃんと確認してくださいね。時間の無い人はとにかく上記に出てきたDOC、ValpolicellaやBardolino、Soaveに何かが(superioreとか)付けばおおよそDOCGです。

この州のDOCGは増えましたねぇ。もう数えるのも嫌になります。個人的には色付き以外のDOCGに関してはヴェネト州のワインであることがわかれば良いのではと思っています。

一息入れて、過去の出題を見ておきましょう。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
Franciacorta に関する記述として正しいものを次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. タイプは白・ロゼ・赤
2. 発泡とスティルの両方のタイプがある
3. Veneto 州産
4. Chardonnay、Pinot Nero、Pinot Bianco が品種として認められている

【過去問】
Valpolicella Ripasso に関する記述として正しいものを次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ヴィナッチャを入れて再発酵
2. 赤・ロゼの 2 タイプ
3. Emilia Romagna 州
4. シャルマー方式が主流

【解説】
最後にまとめるつもりですが、”Ripasso”ちゃんと調べましたか?

【過去問】
次の中から Valtellina Superiore の主要ブドウ品種を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Corvina Veronese
2. Barbera
3. Raboso Piave
4. Chiavennasca

【過去問】
Lombardia 州で生産されているD.O.C.G. を1 つ選んでください。

1. Valtellina Superiore
2. Barbaresco
3. Bardolino Superiore
4. Suvereto

【過去問】
D.O.C.G. 銘柄のRecioto di Gambellara に使用される主要ブドウ品種を1 つ選んでください。

1. Corvina Veronese
2. Raboso Piave
3. Cortese
4. Garganega

【過去問】
Garganega 種を主体に造られる銘柄を1 つ選んでください。

1. Colli Asolani Prosecco
2. Soave Superiore
3. Gavi
4. Ramandolo

【過去問】
ロンバルディア州北部ヴァルテッリーナ渓谷での Nebbiolo 種の別名を 1 つ選んでください。

1. Calabrese
2. Spanna
3. Chiavennasca
4. Prugnolo Gentile

【過去問】
Sforzato(Sfursato)と呼ばれるワインを産出している州を1つ選んでください。

※地図から上記に当てはまる州を選ぶ問題です。

【過去問】
次の中から 2007 年に D.O.C.G. に昇格したロンバルディア州で造られる発泡性ワイン Oltrepo Pavese Metodo Classicoの主要品種に該当するものを 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Chardonnay
2. Albana
3. Pinot Nero
4. Malvasia Bianca

【解説】
DOCGに関して、認められている全てのブドウ品種を覚える必要はありません。有名DOCGの主要品種(ほぼ一つ)だけでいいです。

【過去問】
次の 1-4 のイタリアワインの中から甘口のSpumanteの生産が認められている D.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Vino Nobile di Montepulciano
2. Collio
3. Montefalco Sagrantino
4. Asti

【過去問】
次のD.O.C.G.ワインの中からLombardia 州以外のものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Ramandolo
2. Franciacorta
3. Sforzato di Valtellina
4. Oltrepo Pavese Metodo Classico

【過去問】
次の中からLombardia州において、陰干しして糖度を高めて造る辛口ワインに用いる用語を1つ選んでください。

1. Vino Santo
2. Vino Passito
3. Sforzato
4. Recioto

【過去問】
下記の地図 A ~ D の中から D.O.C.G.Franciacorta が生産される州を 1 つ選んでください。
Franciacorta2016

1. A
2. B
3. C
4. D

【過去問】
ワイン用ぶどう品種Corvina Veroneseの使用が認められているD.O.C.G.を1つ選んでください。

1. Lison
2. Bardolino Superiore
3. Recioto di Gambellara
4. Conegliano Valdobbiadene-Prosecco

【過去問】
ヴェネト州D.O.C.G.の名前にも用いられ、後味に残る「苦味」を意味するものを1つ選んでください。

1. レチョート
2. パッシート
3. リパッソ
4. アマローネ

【過去問】
次の中からD.O.P. (D.O.C.G.)ワインConegliano Valdobbiadene-Proseccoに使用される主要ぶどう品種を1つ選んでください。

1. Pinot Bianco
2. Garganega
3. Glera
4. Bosco

【解説】
このグレーラという品種はもともとプロセッコと呼ばれていたもので、品種の解析が進んで近年特定されました。

【過去問】
次のイタリアVeneto州に関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。

1. BardolinoはCorvina Veronese種やRondinella種を主体に造られる赤ワインで、「Superiore」、「Classico Superiore」は、D.O.P. (D.O.C.G.)に認定されている。
2. Soaveは、Garganega種を主体に造られる白ワインで、「Superiore」、「Classico Superiore」は、D.O.P.(D.O.C.G.)に認定されている。
3. Recioto della Valpolicellaは、陰干しして糖度を高めたぶどうから造られる甘口の赤ワインである。
4. Veneto州のワイン生産量は、Toscana州に次いで第四位である。

【解説】
イタリアの州別生産高ベスト5は今年の教本で確認する必要があります。毎年とは言いませんがかなり変動があります。また、Superioreなどが付くかつかないかを覚える必要はないと思いますが、DOCGに関してはしっかり見ておきましょう。

【過去問】
次のD.O.C.G.ワインの中から主要ぶどう品種が他と異なるものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Gattinara
2. Ghemme
3. Bardolino Superiore
4. Valtellina Superiore

【過去問】
次の1~4の中からSoave Superioreに使用される主要ぶどう品種を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Garganega
2. Cortese
3. Arneis
4. Sangiovese

【過去問】
次の中からVeneto州で造られるD.O.C.ワインConegliano-Valdobbiadeneの原料ぶどうに該当するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Brachetto
2. Moscato
3. Sauvignon Blanc
4. Prosecco

【過去問】
次のD.O.C.G.ワインの中から主要ぶどう品種が他と異なるものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Gattinara
2. Ghemme
3. Bardolino Superiore
4. Valtellina Superiore

【過去問】
グラッパで有名な「バッサーノ・デル・グラッパ」が属している州を1つ選んでください。

1. Piemonte
2. Friuli-Venezia Giulia
3. Toscana
4. Veneto

【解説】
これは難しい。この年に受験された方からも直接わかりませんでしたと言う声を聞きました。グラッパはイタリア全土で造られていますが、有名どころとしてはヴェネト州の「バッサーノ・デル・グラッパ」が挙がります。名前の通り、グラッパが特産で グラッパ博物館があります。

今日も本当によく頑張りました。お疲れ様です。明日もこの調子で!

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.