2022年度講座開講!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次試験必勝マニュアルのご案内
テイスティングのセミナーご案内
テイスティングセミナー模範解答
二次のテイスティングはなんとかなる!
テイスティングに関する質疑応答
テイスティング用語選択用紙
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
論述試験対策
二次のテイスティングを振り返る〜2014年
二次のテイスティングを振り返る〜2015年
二次のテイスティングを振り返る〜2016年
二次のテイスティングを振り返る〜2017年
二次のテイスティングを振り返る〜2018年
二次のテイスティングを振り返る〜2019年
二次のテイスティングを振り返る~2020年
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォワ
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
シュッド・ウエスト
コニャック、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
ドイツ
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南アフリカ
日本
酒類飲料概論
テイスティング、ワインの購入・管理
サービス実技、チーズ

フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア、エミリア・ロマーニャ <E>

2022/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第63回

前回、そろそろ本気で合格を意識して試験対策を始めてほしいというお話をしました。ゴールデンウイークまでになんとか試験対策を行う為の生活スタイルを確立してほしいと。

そこで、です。

なかなか勉強が始められない方、また、始めてみたものの集中して勉強できないという方に一冊の本を紹介いたします。

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

→なかなか怪しげなタイトルがつけられています(笑)。実際にやや軽い内容で、完全に好みがわかれる本でもあると思いますが、この本がきっかけでソムリエ試験対策が少しでも順調に進むのであればお金を払う価値があると私は思います。また、大きな図書館にならあると思います。

例えば、なぜダイエットが続けられないのか、ということが一つの考え方として理解できます。実は新しいことを始めると何かが邪魔をするんです。

私がこの本に大いに共感できる理由は、この本に書かれている事を読むまでもなく成功するための生き方を実践している(おそらく本人に自覚はないでしょうが)友人を目の当たりにしてきたからです。彼女は日本で最高と言われる大学院を主席で卒業し、フランスで起業している建築家です。現在、パリの数々の星付きレストランの設計・施工を担当し結果を出し続けています。←私より若いのですが、ぜんぜん勝てません。

その彼女は自分の努力についてこう話します。

『まず、努力とか頑張るって感じじゃないの。私には成すべきことが明確にわかっているから、それを成し遂げる為に例え寝ないででも今やるべきことをちゃんとやる。周りの人からは頑張っているように見えるかもしれないけど、努力だとか頑張っているなんて微塵も思っていない。目の前にハッキリと道があるから前に進む。それが私にとって当たり前のことなの』

なかなかここまで言い切れるものではないと思います。彼女は“夢”や”目的”を明確にはっきりとイメージできる為、確実に達成できると迷いなく信じられるようです。ですから、その夢・目的を達成するための一つ一つの”目標”に対して行動(努力)することは、彼女にとっては歯を磨くことのように日常的なことなのでしょう。

彼女の能力も特筆すべきなのでしょうが、それ以上に彼女の考え方、言動が全ての成功を引き寄せているようにも思えます。

その彼女の作品集
ATELIER-ÈS

彼女のことはこれくらいにして。

そろそろ本気で始めましょう。あと数ヶ月思いっきり頑張れば合格なんですから。

※表紙は甘口ワインが造られるピコリット種です。

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。by アンドリュー・カーネギー
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア、エミリア・ロマーニャ <E>

目次

 

G Friuli Venezia Giulia

イタリア北東部、北はオーストリア、東はスロベニア、南はアドリア海に隣接しています。オーストリアとの国境に沿ってアルプス山脈が東西に延び、その南に丘陵地から平野がアドリア海まで広がっています。海岸地帯は亜地中海性気候、平野部から丘陵地も基本的に温和で湿度が高い。栽培技術も非常に発達しており、ワインは高級志向で特に白ワイン(76%)に力を入れてきましたが、近年固有品種による赤ワインにも注目が集まり始めています。<18>→注意!!州都はヴェネツィアではありません。

主要ブドウ品種
→ここはなんとなく。DOC、DOCGと合わせて確認するくらいで。

白ブドウ
フリウラーノ:州を代表する白ブドウ品種。フレッシュで優美、余韻に程よい苦み。
・リボッラ・ジャッラ:軽やかでフレッシュ
・ヴェルドゥッツォ・フリウラーノ:主に陰干し甘口ワインに<20>
・ピコリット:甘口ワインに。受粉が困難でブドウが小さく、生産量が少ない。<21>→表紙の写真
・その他、シャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・グリージョ、ソーヴィニョンなどの国際品種も。

黒ブドウ
・レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ:州を代表する黒ブドウ品種。果実味・酸ともに豊か。
・スキオッペッティーノ(=リボッラ・ネーラ):色が濃く、堅固で胡椒の香り。
・その他、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロなどの国際品種も。

覚えておきたいDOC
・Collio Goriziano / Collio→上記のほとんどの白ブドウから卓越した白ワインが造られます。
・Friuli Colli Orientali→白ワイン以上に赤ワイン(上記の品種)と甘口ワインが秀逸。

DOCG

Ramandolo<19><21>(白甘口)
→ブドウ品種はVerduzzo Friulanoです。完熟したこのブドウを陰干し、糖度を高めてからゆっくり発酵させます。アルコール度数は14度と高くなり、甘口に仕上げられます。
Colli Orientali del Friuli Picolit<19><21>(白甘口)
ピコリット種は現在僅かに栽培されている古い品種で、野生のブドウに近いと言われます。ブドウの粒が一房に十数粒程度(今回の表紙の写真:通常の数分の一)しか出来ません。こちらも甘口に仕上げられます。
Rosazzo<20><21>
→ブドウはFriulano。白ワインのみ。もともとはColli Orientali del Friuliの一部でした。
Lison
→ヴェネト、フリウリにまたがっている。<20>

※この州のDOCGは白ワインのみが認められています。

 

H Emilia Romagna エミリア・ロマーニャ州

イタリアの中で、最も肥沃な平野が広がります。気候は冬と夏の温度差が大きい大陸性気候ですが、海岸に近いところでは海の影響でその厳しさが和らげられ、地中海性気候となります。また、経済的にも文化的にも豊かな州で、モデナはフェラーリやマセラッティ、歌手のルチアーノ・パヴァロッティが有名です。さらに”パルマの生ハム<18>””パルミジャーノ・レッジャーノ<18><19>””バルサミコ酢”など高級食材も重要な産業です。州都はスパゲッティ・ボロネーゼのボローニャ。

主要ブドウ品種
→ここもなんとなくですね。同様にDOC、DOCGと合わせて確認するくらいで。

白ブドウ
・アルバーナ:州固有の白ブドウ品種<18><20><21>
・ピニョレット:ボローニャ県固有の白ブドウ品種

黒ブドウ
・サンジョヴェーゼ
・ランブルスコ<18><20>

覚えておきたいDOC
Lambrusco なんとか(赤発・ロゼ発)
Lambruscoはブドウの名前。フルーティーなロゼの弱発泡性ワインです。数種類ありますが、Lambrusco di Sorbaraが一番人気のようです。

主要DOCG

Romagna Albana
→ブドウ品種はAlbana、主に辛口。甘口のパッシートもあります。
Colli Bolognesi Classico Pignoletto
→長い名前ですが、州都ボローニャのBolognesiが入っています。Pignolettoがブドウ品種です。

※この州もDOCGは白のみです。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
次の中から Emilia Romagna 州に隣接していない州を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Toscana
2. Marche
3. Liguria
4. Umbria

【解説】
ちょっと変化球的な問題ですね。隣接まで確認するのは難しいかもしれませんが、20州の位置関係はしっかり頭に入れておけばなんとかなるはずです。

【過去問】
次の記述について正しい場合は1.を、誤っている場合は2.を選んでください。

「D.O.P(. D.O.C.G.)Albana di RomagnaはEmilia Romagna州で造られ、AlbanaはTrebbianoの別名であり、Trebbiano di Romagnaとも呼ばれる。」

1. 正    2. 誤

【解説】
AlbanaとTrebbianoは関連がなく、別品種です。

【過去問】
D.O.P. (D.O.C.G.)Ramandoloを産出する州を1つ選んでください。

【過去問】
次の中からフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州において、白の甘口タイプの生産に使用されるワイン用ぶどう品種に該当するものを1つ選んでください。

1. Albana
2. Catarratto
3. Picolit
4. Garganega

 

やっとイタリア20州の1/3が終わりました。イタリアもなんとかなりそうです。

何かございましたらこちらまで
info★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2022 All Rights Reserved.