2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

三次試験対策!ソムリエ実技について

エクセレンス呼称の二次試験について

今年の二次のテイスティングを振り返る

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度

テイスティング用語選択用紙
テイスティング関する質問に

必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナーのご案内
テイスティングセミナー模範解答

論述試験対策

エクセレンス呼称対策

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017
二次ソムリエ2018
二次エキスパート2018
二次ソムリエ2019
二次エキスパート2019
二次ソムリエ2020

はじめに、読み方、使い方

フランス
スペイン、ポルトガル
イタリア
スイス、オーストリア
ハンガリー、スロヴェニア
ギリシャ、クロアチア
ブルガリア、ルーマニア
ジョージア、モルドバ
英国、ルクセンブルク
ドイツ

アメリカ、カナダ
チリ、アルゼンチン、ウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

フランスワイン講座

三次試験対策! 2017年の論述試験を振り返る。

2021/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第123回

9月になりました。ちゃんと二次試験対策を続けていますか?

一次試験を終えてちょっと気が抜けてしまった方、今日は9月1日です。キリのいいところで気持ちを切り替え、テイスティング対策、(ソムリエ呼称の方は)論述対策に取り組みましょう。今から始めればなんとか、おそらくなんとかなるはずです。

一次試験期間が終了しました。今年の一次試験問題を見て思ったことは、確かに幅広く出題されているものの、CBT方式になって今年で4年目ということもあり、”こーざ”で取り上げた過去問・想定問題をしっかりと繰り返していれば8割近く取れる内容であったように感じました。←まぁ、それをどこまでできるか…ですね。

ひとまず、お疲れ様でした。

ーーー

さて、続き物の最終回です。

打ち上げの焼肉店を後にしての帰り道、その元上司から
「お前が和歌山に入っていなければ○○を送り込むつもりだったけど、この二日間一緒にやってみてお前がここ和歌山にいてよかったと今は思っているよ」
と言っていただきました。

もう数年前の話ですが、本当にうれしかったですね。東京時代、全てにおいてダメ出しをされていた私が彼と再び共に仕事をし、ある程度認めていただけたことでこの十数年間が間違っていなかったと再認識することができました。

私は血液型もB型で大学も中退、けっこういい加減な人間でしたが、あの時だけは逃げませんでした。死のうとまで思った瞬間はありませんでしたが、本当に辛い思い出しかありません。それでも、絶対に逃げないと決めたことを貫くことが出来ました。

話は東京時代に戻りまして、「絶対に逃げない」と心に決めてこの元上司の下、辛い日々を数年間過ごしたわけですが、ある日突然終わりを迎えます。シェフ吉野建氏にパリに来ないかと誘われたのです。

やったー、この最悪の日々から開放される!!と心の中で絶叫しガッツポーズを決めつつ、ポーカーフェイスで「ありがとうございます。是非お世話になります」と即答したことが思い出されます。

この瞬間の喜びはおそらく一生忘れないでしょう。

上記では偉そうに”逃げなかった”ように話してますが、実はちょっと逃げたんです。パリで働けることはうれしかったし、吉野建氏に声を掛けてもらったこともとっても光栄でした。でも、何よりもこの辛い時代が終わることが、今まで誰にも言いませんでしたが、本当は一番うれしかったのです。

この時代には絶対に戻りたくありませんが、ここを乗り越えたことは私の人生にとって大きな意味を持っていると今は自信を持って言えます。本当に、本当にめちゃくちゃ辛かったのですが、この時代に何とかしがみつきながらも逃げ出さず努力したことが私のサービスマンとしての礎です。

ソムリエ試験二次のテイスティング対策関連のご案内

◆ソムリエ試験二次対策最終章!「直前セミナー」と「模擬二次試験セミナー」10月開催!→詳しくはこちらに。

◆「二次のテイスティングをなんとか乗り切るための必勝マニュアル」のご案内→詳しくはこちらをご覧くださいませ。

◆二次のテイスティング対策向け商品のご案内
「Le Nez du Vin 54 aroma kit」(ル・ネ・デュ・ヴァン 54種アロマキット 日本語版)→詳しくはこちらに。

私は運がイイので合格します。
にほんブログ村 酒ブログへ

※表紙はジョージアのクヴェヴリ




三次試験対策! 2017年の論述試験を振り返る。

 

なかなか取っ付きづらいと思いますが、論述対策も始めましょう。

さて、2017年度の論述試験を振り返ります。いただいた受験報告です。

テイスティング終了後、すぐ論述試験に突入。

①(二次テイスティングの)白ワイン1に合う料理の提案
自信をもって”甲州は”と書きましたが、いざブドウ品種の特徴を書こうとすると何と書いてよいのやら思い浮かばず、困りました(;´∀`)。それが特徴なのでしょうけど。

「穏やかな味わいが和食全般に相性が良いです。若鮎の塩焼き、サザエのつぼ焼きなどの焼き物や白身のお刺身・お寿司などに、もちろんご家庭のいつものおかずで晩酌するのも良いかと思います」
みたいなことを走り書きして次へ。→いい感じです。ただ、個人的にはサザエのつぼ焼きは断然赤ですね。

② オレンジワインを説明しなさい。
出題されました!オレンジワイン。ソムリエ協会主催の「ソムリエの資質と役割」のセミナーに出席した時に、なんだか妙に熱く語っているなと感じた”ジョージアのオレンジワイン”のことはよく覚えていました。

「赤ワインと同じ造り方で醸した白ワイン」という内容と、「最近のオレンジワインブームについて」を書きましたが、味わいに関して何も書きませんでした。一般的な白ワインより複雑味が増すというようなことを少しでも書けばよかったと反省しております。

③ 2018年10月30日からの日本ワインのラベル表示について
ここで何を問われているのかわからなくなりました。一次で勉強したけど忘れつつある記憶の中から85%という数字をなぜか思い出し、ブドウ品種、収穫年85%以上使用で表示…など、苦しい解答となりました。GIのこと?模範解答が知りたいです(^ ^)。

テイスティング終了後、休む間もなく論述へ。問題を見た瞬間愕然。

【論述①】
テイスティング試験の白ワイン①に合わせてお勧めする料理を提案してください。

甲州は欧州品種に比べて酸が低く、特に魚介類など素材を活かした日本料理に合う…ということを具体例を挙げながら書きました。
→私はワインの酸は日本料理によく合うと思っております。言い換えれば、日本酒は酸が少ないので料理全般に合わせにくい。それが日本料理であっても…。邪魔はしないのですが。

【論述②】
「オレンジワイン」について説明しなさい。

えええぇぇぇ~!!!!そんなの教本に記載されていました…?と思いましたが、京都のちょっと変わったバーで飲んだんじゃなかったっけ…。一年以上前の記憶を辿りながら、確か「果皮ごと漬けて発酵させた白ワイン…」と言っていたようなことを思い出し、何とか内容を膨らませて文章にしました。→よく思い出しました。この底力、素晴らしいです。

【論述③】
2018年10月30日に施行される新しい「日本ワインのラベル表示ルール」について説明しなさい。

えええぇぇぇ~!!!!(二回目)

すみません、これは勉強不足です。(泣)「日本ワインは要注意」と張ってはいたのですが、これは未フォロー。適当に現状の表示ルールの説明を書いているところでタイムアップ。

論述試験を受けてみての感想は「教本の内容だけに留まらず、ワイン及び酒類全般に対して見聞を広め、それらを伝えていくことが”ソムリエ”に求められている」のだろうと感じました。

その意味で、「資格を取ってからが本番だぜ!」と言われているようで、あくまで合格は通過点、と身を引き締める思いです。



さて、息をつくまもなく論述試験へ

1問目は「白ワイン①に合う料理とその理由」
2問目は「オレンジワインについて述べよ」
3問目は「2018年10月からの日本ワインのラベル表記について」

まわりの受験者が一斉に書き始める。おぉ、みんな練習してるんだ…なんて感心してる暇もなく、とりあえずなんでも書かないと。

3問目から手をつける。日本ワインと国内製造ワインの違いが明確になり表記が義務付けられたことを書く。

次は2問目。スペインのアンダルシアなんたら書いたけど、解答になっていたのか。

最後に回した1問目は、和食との相性良しをテーマにしたが、言葉が見つからず、うまくまとめならない。

三問とも100文字に足らずで終了。あー、終わった。

今年は二次のテイスティングも論述も日本でくるだろうと予測していたので、終わってみれば対策のしようがあったと思えます。特に論述の1問目と3問目は悔しい。何としても二次を通過したいとティスティングに集中した結果であるけれど。
文章を書くことについて。近頃は、メールにせよワープロソフトにせよ、箇条書きを組み立てて文章作ることをばかりで、筋道を立てて文章を書く練習をすべきだったと反省。→いきなり文章はなかなか書けないですよね。

論述は3問。
1、テイスティング白①のワインに合う料理とその相性についての説明。
2、オレンジワインとはなんですか。
3、2018年に日本で適用されるワインのラベル表記について説明してください。

全然わかりませんでした。笑

問1
白①のワインは甲州で自信があったけど、合う料理なんてとっさに出てこない!甲州に合わせるなら和食でしょ?でも、私はフランス料理のサービスだから普段和食にふれてない!苦し紛れに『甲州は日本固有の品種でクセがなく日本料理に合う。大根やつみれのおでんや、かつおや昆布で出汁をとったお鍋などがオススメです。淡白な味わいの魚、例えばタラやスズキなども相性が良いと思います』って最後は料理じゃないじゃん。食材!笑
本当はタラの幽庵焼きって書こうと思ったのに『幽庵』の漢字がわからなかったの。涙
考えてる間にタイムアップ。ひらがなで良かったのかも。→そうですね。とにかく書くことです。

問2
オレンジワイン?知りません。苦し紛れに『白ワインが熟成すると白から黄色、やがてオレンジから茶色へと変化していきます。オレンジ色は5年から10年くらいの熟成期間です』と答えるも、あとでグーグル先生に聞いたら『オレンジワインとは白ワインを赤ワインの醸造方法で造ったワイン』と出てきました。
全然違うやん!笑→ある意味素晴らしいです。わからないなりにはっきりときっちりと書かれていることが。この内容では得点は難しいかもしれませんが、とにかく書くことで何か評価されるかもしれません。書かないことが一番ダメです。

そして、白ワインがオレンジ(褐色)になるにはまぁ状況にもよりますが、30年〜50年はかかります。例えば、その褐色に熟成したソーテルヌなどは本当に素晴らしい世界を見せてくれます。5年から10年でオレンジ色になれば、それは劣化です。

問3
知りません。あーやっぱり日本ワインの時事問題が出るんだなという感じ。日本のワイン法はヨーロッパに比べてアバウトでざっくりっていうイメージだけはあったから、『海外原料を使って作っても国産ワインと表示できる』って書いたところでタイムアップ。

問1
白ワイン①と合う料理を説明しなさい。

予想通りでニヤり。逆にミュスカデと合う料理を聞くわけがないやろ~!と先ほどのワインが甲州であることを確信して強気で解答。
ワインは甲州であると明言し、さっぱり夏に飲みたいワインであること、魚介を連想するヨード香、肝に通ずるほろ苦いニュアンス、そしてシンプルなワインであることから鮎を塩焼きで提案。
お客さまへの説明口調で書きましたが良かったのか…。→論述試験の解答としてはパーフェクトだと思います。

日本料理店に勤める者として、「鮎」はいろんなワインと合わせやすいのですが、どちらかといえば「複雑なワイン」向きです。苦味や香ばしさ、キュウリ魚といわれるように青い香りもあります。私はボルドーの赤も白も合わせますし、シェリーも、クラフトビールも面白いです。甲州もやや苦味があり、醤油に合わせやすいニュアンスが鮎とイイ感じですが、”シンプルさを合わせる”と言われると違うかなと思ってしまいます。

問2
オレンジワインについて説明しなさい。

ソムリエ協会がオレンジワインについて聞くとはまったく予想外でした…。
スキンコンタクトを行うことで色が移ること、タンニンや皮の渋味・苦味を感じること、自然派の生産者によってよく造られており、今後も注目されるであろうことをそれっぽくまとめました…。

問3
日本ワインの新ラベル法について簡潔に説明しなさい。

国産ワインと国内製造ワインの違いと、品種等の表記ができる…といったことを書きましたが、ちょっと簡潔にしすぎたかもしれません。

時間的には余裕がありました。教本を見るだけでなく、普段からどのようにワインに接しているのか、時事・流行りの事柄を意識しているのか、そこまで問われている気がしました。そして、今後もこの流れは続きそうな感じがします。→余裕ですね。普段からワインに接する機会が多いのでしょう。




ティスティング試験終了後、協会の方が解答用紙を回収されます。その後、すぐに論述試験のごく簡単な説明と開始の合図がありました。

論述試験の問題文と解答欄は一枚の用紙に印刷されています。設問が3つ、それぞれの下に解答欄として100~200字(すみません、はっきり覚えていないのです。各項目で文字数が違った訳ではありません)のマス目がありました。

設問① ティスティング試験の白ワイン①に合う料理は何か。理由も併せて述べよ。
設問② オレンジワインとは何か、説明せよ。
設問③ 日本で2018年から施行されるワインのラベル表示ルールについて述べよ。

①、②は私にとってラッキー過ぎる問題でした!!

まず、白ワイン①が甲州であると確信していたこと。(自信があったのはこれだけで、実際に生産国もブドウ品種も当たったのは甲州のみでした!)更に、松岡さんおススメの本、「10種のふどうでわかるワイン」を熟読していたこと。この本には甲州の味わいの特長と、それに合わせる食材や料理、さらにその理由も書かれていました。

それから、協会の会報誌を読むことを勉強の息抜きにしていたこと。(私は試験申し込みと同時にソムリエ協会に入会したので、隔月で送られてきていました)会報誌には毎回コンクールの記事が何かしら載っており、私はトップソムリエの方々が切磋琢磨する様子を読み、自身を鼓舞していたのです。そのコンクールにちょいちょい登場していたオレンジワイン。巻頭の比較検証特集の題材に選ばれたり、黒白ページではあるけれども、最旬コラムに取り上げられたり。ちゃんと調べはしなかったものの、記事の端々をまだ覚えていました。

まぁ、実際には大事なポイント(イタリアとかスキンコンタクトとか…)が抜けてまして、白紙で提出しなくて良かった…という程度のものですが。

③については記憶があやふやで焦りましたが、そうズレた事は書いていないと思います。ポイントが足りないかもしれませんが…。

昨年のように、ティスティング試験のワインについて聞かれる可能性があると知りながら、でも何をどうしたら良いか分からず…。

ひとまず、主要ブドウ品種の個性や産地の説明、それぞれに合う料理とその理由について一通り書き出しました。また、前述の本をはじめ、松岡様のおススメ本を、二次試験対策とは別の視点から読み直しました。

論述試験の対策はどこに向かったら良いかわからず、一次試験より苦しかったです。唯一の指針、こーざの更新を待って、貪るように読んでいました。おかげさまで、試験の情報を得ることにに加え、モチベーションと精神的安定(笑)を維持することが出来ました。お忙しいなか、こまめにアップしていただき、本当にありがとうございます!!

昨年度は、論述試験対策として何から手をつけるとよいのかわらず、また一次試験を突破した達成感から何もせずに挑み、見事に玉砕しました。その悔しさをバネに今年は下記の対策を行いました。


今年も日本のブドウ品種の特徴とマリアージュについて出題されるのではないかと想定し、甲州、ベーリーA、そして念のためメルロの特徴をまとめて、それぞれに合う料理をフランス料理等にこだわらずピックアップし、書く練習をしました。


日本酒が出るかも…と思ったので日本酒の製法や山廃などの言葉の意味を簡単にまとめました。


今年の教本よりチーズの項目が別になったので、全ては覚えられないと思い、フランスのチーズだけ、どこのエリアで何が何から造られているかをまとめました。


”こーざ”でご紹介されていた「タイムマシーン・プロジェクト」のブログも拝見しておりました。→シニア対策について書かれていますが、論述試験対策に大いに役立つと思います。
そちらに、シニア試験対策として、”ソムリエ協会の例会に出るべきです”と書かれていて、もしかしたら、これは私たちにも当てはまるのではと思い、ソムリエ協会に入会し例会にはなるべく出席するようにしました。例会の中でも、特に「ソムリエの資質と役割」がテーマの会で言われたことは簡単にまとめておきました。

結果、①と④がビンゴでした!!
特に”オレンジワイン”は例会に出席していなければ、製法や特徴をまとめることはなかったと思います。

ブログをご紹介してくださったこと、そして「タイムマシーン」のシニアさんには本当に感謝です!!もし、お会いになられることがございましたら「ありがとうございます!!」とお伝えくださいませ!

これだけがんばって対策したものの、試験本番では時間内に書かなければと焦り、上手くまとめて書けたかはかなり微妙です。

論述問題の3番については、今年と去年の教本を見比べて、異なるところはしっかり見ていたつもりでした。でも、問題を見たときに、そのページの映像は思い浮かんだのですが言葉までは見えず…。松岡さんのブログでふれられていた日本ワインの規定?についてなんとなか思いだし、間違っていても何かを書こうと思い、数行だけサラっと書いたように思います。(記入した内容があまりにも低レベルなので、お伝えするのは控えさせてください)

なんとなくイメージできるようになりましたでしょうか。次は2018年の論述試験を振り返ります。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩





この記事を書いている人 - WRITER -







Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2021 All Rights Reserved.