2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

プロヴァンス

2020/02/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -




プロヴァンス

Provence

【ポイント】
・数年に一度出題される程度です。
・ロゼワインが有名な地域で生産量の約八割を占めます。ほぼ全てのAOCで赤・白・ロゼが認められています。
・Bandol、Cassisは位置関係も含めて押さえておきましょう。

A 主要ブドウ品種

おおよそ白はクレレット赤はグルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソーです。
→ローヌに比べ、ムールヴェードルの重要性が増しますが、なんとなく、こんなブドウ品種ってくらいで十分です。一部、カベルネ・ソーヴィニヨンが認められているAOCがあります。

B 主要AOC

ほぼ全てのAOCで赤・白・ロゼ全てが認められています。

下記四つはAOC Cote de Provenceのサブリージョン的な地域で、白が認められなくなります。
・Cote de Provence Sainte Victoire
・Cote de Provence Frejus
・Cote de Provence La Londe
・Cote de Provence Pierrefeu
→単純に、Cote de Provenceになんかついたらロゼ。これくらいで十分です。これ以外は全て赤・白・ロゼOK。

ただ、ここプロヴァンスやラングドックは近年、新しいAOCやサブリージョンの新設・昇格が見られます。余裕のある方は確認しておきましょう。

Bandol 黒ブドウはムールヴェードル主体
赤ワインは18ヶ月以上の木樽熟成が義務付けられています。
→他の地域にもこのような義務がたくさんありますが、なぜかBandolが問われるような気がします。また、赤ワインが有名で、白ブドウについては問われないと思います。

Cassis ブドウ品種はクレレット、ムールヴェードル、グルナッシュが主体ですが、それほど問われないでしょう。→こちらは白ワインが有名です。

※BandolとCassisの位置関係を地図で確認しておきましょう。ちなみにCassisはフランス第二の都市マルセイユ近郊の産地です。

・Palette 小さなAOC
・Bellet ブドウ品種が他とはちょいと違います。

~~~
どの項目でもそうですが、細かいことを気にするとキリがありません。あくまでソムリエ試験に合格する為の講座なので、限られた時間内にどこまで覚えて、何を切り捨てるかというラインが大切だと思っています。

Belletに関してですが、白も黒も見慣れないブドウ品種が並んでいます。フェラ・ネラやブラケ…。覚えられるといいのですが、ここは思い切って、『Belletはプロヴァンスだから赤・白・ロゼが認められていて、何となく外れで(ニースに近い)もしかするとコルシカ島やイタリアに近いからちょっと変わったブドウが使われている』 くらいのイメージで先に進むことも一つだと思います。

また、主要ブドウ品種のところで、カベルネ・ソーヴィニヨンが認められているAOCがあるとお伝えしましたが、教本や参考書を眺めて、認められているAOCがいくつかあるなと思うだけで十分です。

このように”きっちり覚える必要があるところ”と、”そうでないところ”がなんとなくわかってくると、いい感じで試験対策がすすんでいると判断してよいと思います。出題傾向を肌で感じ始めているということです。
~~~



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
次の中からA.O.C. Bandol Rouge の最低熟成期間に該当するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.6 ヶ月
2.12 ヶ月
3.18 ヶ月
4.24 ヶ月

【過去問】
次のぶどう品種の中からA.O.C. Coteaux d’Aix-en-Provenceの赤ワインに使用が認められていないものを1つ選んでください。

  1. Mourvedre
  2. Syrah
  3. Cabernet Sauvignon
  4. Tannat

【解説】
ちょっと難しい問題ですね。Coteaux d’Aix-en-Provenceに使用されるブドウをきっちりと覚える必要はありません。全てのAOCに関して一つ一つ使用許可品種を覚えることはほぼ不可能ですから。なんとなく4. Tannatが異質だなと感じられればよいのです。

このTannatは南西地方のAOC Madiran のブドウ品種で、その他の地方ではほとんどお見かけしません。

【過去問】
次の中から A.O.C. Bandol Rouge の主要ぶどう品種に該当するものを 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

  1. Mourvedre
  2. Syrah
  3. Rolle
  4. Clairette

【過去問】
プロヴァンス地方のA.O.C. Belletの白の主要なワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。

  1. Ugni Blanc
  2. Vermentino
  3. Grenache
  4. Marsanne

【解説】
こちらは2012年の試験問題です。ちょっと難しい問題ですね。さきほどAOC Belletはなんとなくコルシカ島やイタリアに近いなんて事をお伝えしましたが、コルシカ島やイタリアを勉強された方はなんとか2.にたどりつくことができたのではと思っています。

Belletの白の主要ぶどう品種はRolle=Vermentino。まさに、コルシカ島、イタリアで出てきます。

最後の問題がちょっとアレって感じですが。それでも、細かいところは必要ありません。どんどん進みましょう。
●3

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2016 All Rights Reserved.