2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

南西地方 2

2020/02/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -




第37回 南西地方 2

この地域の中心は航空機製造や宇宙産業で有名なトゥールーズです。豊かな自然を生かしてフォアグラやトリュフの産地としても有名です。→近年、黒トリュフの最高級品がヴォークリューズ産(南ローヌ近辺)に移りつつあります。また、四季が反対のオーストラリアからも素晴らしい黒トリュフ(夏トリュフではありません)が産出されます。

C トゥールーズ、アヴェイロネ、中央山塊地区のAOC

※同じく”★”のAOCは地図上でどこにあるか答えられるようにしましょう。

Cahors ロット川 黒いワイン
赤のみが認められており、ブドウはコット(=オーセロワ、マルベック)が主体です。
→マルベックのシノニムも含めて、ここは完全に暗記です。

★Marcillac(赤・ロゼ
ブドウ品種はフェル・セルヴァドゥ(マンソワ)種主体です。

Gaillac(赤・白・ロゼ、白は甘辛さらに発泡まで可) タルン川
黒ブドウ デュラス、フェル・セルヴァドゥ、シラーなど
白ブドウ レン・ド・レル、モーザック、ミュスカデルなど
→Gaillacの後ろに何かがつくと白の何か(発泡だったり、甘口だったり)になります。でも、Gaillacの細かいことについては出ないかなと…。



~~~~
こちらもまずはここまで。そして、まだ頑張れる人だけ確認してください。後回し、またはあきらめても全く問題ありません。

赤・ロゼ(カベルネ・フラン主体)
・Coteaux du Quercy

下記は全て赤・白・ロゼが認められています。
・Entraygues -Le fel
・Estaing
・Cotes de Millau→ガメイ、シラー、シュナン・ブラン

※上記の4つの新AOC、ブドウ品種まで覚えなくてもよいと思うのですが…。
〜〜〜

D ピレネー地区

・白ブドウはプティ・マンサン、グロ・マンサンが有名です。
・黒ブドウは全AOCでタナカベルネ・フランと考えていいと思います。



Madiranのみ)
ブドウ品種:タナ、カベルネ・フラン
Pacherenc du Vic Bilh(白甘口)
Pacherenc du Vic Bilh Sec(白辛口)
ブドウ品種:プティ・マンサン、グロ・マンサン
→上記のMadiranとPacherenc du Vic Bilhは同じ地区で、赤ワインを造れば前者、白ワインを造れば後者になります。

Jurancon(白甘口)
Jurancon Sec(白辛口)
ブドウ品種:プティ・マンサン、グロ・マンサン

上記以外のAOCは赤・白・ロゼが認められております。

Irouleguy→2014年度には地図上で場所を問う出題がありました。
赤:カベルネ・フラン、タナ
白:プティ・マンサン、グロ・マンサン

以下はなんとなく。←ここも後回しでもいいかな。
・Bearn
・Saint-Mont
・Tursan
→問われるとすれば”新しいAOC”ということについてでしょう。

お疲れ様でしたー。私もかなり疲れました。AOCも増えてるし…。私にとっても通常ほとんど扱うことも飲むことのないワインたちです。なんとなく目を通したら次に進みましょう。一気に全てを覚えるのは無理ですから。

次回、もう一度まとめてから【過去問】で確認したいと思います。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2016 All Rights Reserved.