2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

コート・デュ・ローヌ北部

2020/02/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -




コート・デュ・ローヌ北部

Cotes du Rhone コート・デュ・ローヌ

フランスワインを語る上で非常に重要な地方です。試験にも毎年数問出題されています。→2015年度は三問でした。

【ポイント】

・ブルゴーニュ・ボージョレ地区の南、ヴィエンヌからアヴィニヨンまでのローヌ川両岸、南北約200キロの産地になります。

・気候
北部(Septentrional)は大陸性気候であり、南部(Meridional)は地中海性気候です。ともにミストラルと呼ばれる冷たく乾燥した北風がブドウ栽培に大きく影響しています。
→雨でぬれた畑を乾燥させ、冷たい強風の為、暖かい地域にも関わらずブドウが小さく凝縮し素晴らしいワインが生まれます。

・9割近くが赤とロゼワインです。

・北と南の主要AOCと主要ブドウ品種は要暗記です。
→この地域は地図を見ながら理解したほうがよいでしょう。AOCがローヌ川の右岸か左岸かを問われます。

・Septentrionalの赤ワインの白ブドウの混醸について

・Chateauneuf du Pape について

・Vin Doux Naturelについて

A 北部 Septentrional セプタントリオナル

●主要ブドウ品種

・白ブドウ
ヴィオニエ
ルーサンヌ
マルサンヌ

・黒ブドウ
シラー(=セリーヌ/Serine)

※土壌は花崗岩で、この事実はまずまず有名です。

●セプタントリオナルのAOCについて
地図を見て北から主要AOCがどの順で、さらにローヌ川のどちらにあるかをしっかり確認してください。ローヌ北部最北の産地はCote Rotieで右岸です。ちなみに北部ではHermitageCrozes-Hermitageのみが左岸になります。
→Clairette de DieやChatillon-en-Diosは地図では問われないでしょう。ローヌ川沿いの産地でもありません。
※繰り返しますが、右岸/左岸は上流(この地方の場合は北、地図の上)から見てどちらにあるかを指します。

・赤のみのAOC

Cote Rotie シラーにヴィオニエを加えてもよい。
Cornas シラー100%

・白のみのAOC

Condrieu ヴィオニエ
Chateau Grillet ヴィオニエ
→Condrieuの中の一区画であり、単独所有されています。
Saint-Peray ルーサンヌ・マルサンヌ
→mousseux(発泡あり)mousseuxだけどシャンパン方式。なんとか de Dieは発泡も含めて全部白ワイン。さらに、この地方のAOCの発泡ワインは全部白ワインです。

・赤・白が認められるAOC

HermitageCrozes-Hermitage
どちらも赤はシラー主体として、ルーサンヌ・マルサンヌを加えてもよい。
Hermitageの方が上級ワインです。
→HermitageはVin de pailleが認められています。また、Crozes-Hermitage は北部で最も広いAOCになります。
Saint-Joseph
同じく赤はシラー主体として、ルーサンヌ・マルサンヌを加えてもよい。

ここは北からAOCをしっかり押さえれば十分です。



ソムリエ試験 過去問

【過去問 2015】
次の地図中 1 ~ 7 の中から(A)、(B)の A.O.C. を 1 つ選んでください。

(A)Côte-Rôtie
(B)Hermitage

rhone

【過去問 2015】
コート・デュ・ローヌ地方で赤ワインのみが認められている A.O.C. を 1 つ選ん
でください。

1.         Cornas
2.         Saint-Péray
3.         Hermitage
4.         Saint-Joseph

【過去問】
下記の地図A~Dの中から A.O.C. Hermitage の場所を1つ選んでください。

地図省略

【解説】
このように同じ問題が繰り返し出題されます。

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方のA.O.C.の中から混醸が認められているものを1つ選んでください。

1. Cote-Rotie
2. Condrieu
3. Chateau-Grillet
4. Cornas

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方のA.O.C.の中から北部地区に属しローヌ川左岸に位置しているものを1つ選んでください。

1. Cote-Rotie
2. Saint-Joseph
3. Hermitage
4. Cornas

【過去問】
次の1~4 の中からViognier種を使用できないワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.Chateau Grillet
2.Cote Rotie
3.Condrieu
4.Chateauneuf du Pape Blanc

【解説】
Chateauneuf du Pape Blancについてはまだ触れていませんが、1.~3.のAOCがヴィオニエ種を使用できることを自信をもって答えてください。

【過去問】
次の中からCotes du Rhone地方のA.O.C.の中からスパークリングワインが生産されているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Condrieu
2. Lirac
3. Saint-Joseph
4. Saint-Peray

【過去問】
コート・デュ・ローヌ地方で栽培面積が最少のA.O.C.を1つ選んでください。

1. Chateau Rayas
2. Chateau meillant
3. Chateau-Grillet
4. Chateau d’Ampuis

【解説】
何ともいえない中途半端な問題です。上記の中でコート・デュ・ローヌ地方のAOCは一つだけです。2.を覚えていますか?それほど重要ではありませんがこの機会に確認しておきましょう。1.と4.はAOCですらありません。

特に問題ありませんね。問われることもこの程度ですから。
次回は南部に進みます。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2016 All Rights Reserved.