2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

日本のワインについて

2020/06/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

※表紙のブドウはなんでしょう?この果皮の色は…。



日本のワインについて

日本のワインはここ二十年で格段にレベルが上がってきています。そして、ソムリエ試験においてもここ数年必ず出題されており、以前のフランスのように一次試験のメインになりつつあります。

2015年度はソムリエ呼称で8問、アドバイザー・エキスパート呼称で10問、2014年は10問、2013年は8問出題され、少し突っ込んだ問題も見られるようになりました。←10問って以前のフランスやイタリア並みです。ソムリエ試験対策の最後の山場といえそうです。最後の最後ですがしっかり勉強しましょう。

A 日本のワインについて

・ブドウ栽培の北限は北海道の北緯44度、南は宮崎県鹿児島県←修正いたします。の31度です。←その差は約13度になりますという出題がありました…。

・現在、日本で栽培されたブドウからワインを造っているワイナリーは日本全国に210軒以上あります。←そして、8割以上が小規模生産者

・気候はほぼ内陸性気候です。←迷ったらこれ!

・ワイン生産量はおおよそ1880万本(国産生ブドウ原料)

・全ワイナリーの36%が山梨県に集中しています。

●歴史

・718年 修行僧 行基、大善寺説 / 1186年 雨宮勘解由、勝沼説←甲州種の由来の二説 

・1874年 山田さんと詫間さんが甲府にて甲州種などから日本で最初のワインを醸造。

・1877年 勝沼に民間初のワイナリー(現在のシャトー・メルシャン)が立ち上げられる。

・1920年代 新潟の川上善兵衛マスカットベーリーA、ブラッククイーン、ローズシオタなどを造り出す。

※マスカットベーリーA=ベーリー×マスカット・ハンブルグ←この交配は覚えましょう。あと狙われるならブラッククイーンかな…。

・1960年〜1970年代 高度経済成長と呼ばれる時代に東京オリンピックや大阪万国博覧会が華々しく開催され、ワイン消費が拡大し始める。

・1975年 ワイン消費量が甘味果実酒の生産量を上回る。

・1980年代 ヴィティス・ヴィニフェラ種の本格的な栽培始まる。

・2000年以降 自分で育てたブドウからワインを造る生産者が長野県、北海道を中心に活発化。

●日本のワイン法

日本にはワイン法と呼ばれるものがなく、財務省酒税法によって管理しています。→2015年になってようやく「日本のワイン」の定義及び表示のルールを定めるべく準備に入りました。

酒類とは1%以上のアルコールを含む飲料。また、ワインは主に果実酒に分類されます。→醸造酒類のカテゴリーです。

果実酒とは
・果実酒とは果実(果汁)に水、糖分を加えて醗酵させたもの。←もちろん、加えなくてもいい。アルコール度数は20度未満。

→多くの国においてワインと言えないものまで日本ではワインと呼んでいます。このような法律は多々あり、ビール、ウィスキーなども同様に世界では認められない原料・製法・品質のものまで一般に流通しています。私はこのような曖昧さが大嫌いです。

・補糖は砂糖、ブドウ糖、果糖のみが認められており、補糖した場合のアルコール度数は15度未満であることが条件です。

・アルコールの添加は総アルコールの10%以下であること。

・国産ブドウ100%のワインにおいて、75%以上で産地・ブドウ品種・ヴィンテージ表示可

甘味果実酒とは
→上記の規定を越えるものはこちらに分類されます。

主に酒精強化ワイン、フレーバードワインなどが該当します。

●地理的表示
2002年 長野で原産地呼称管理制度創設。翌2003年導入。
・2010年 山梨県甲州市において甲州市原産地呼称ワイン認証制度

・2013年 国税庁が「山梨」をワイン産地名として初めて指定。基準を満たせばEUに輸出するワインに「山梨」と記載できるようになりました。

B 日本のブドウ品種

・O.I.V.(国際ぶどう・ぶどう酒機構)によって「甲州(2010年)」と「マスカット・ベーリーA(2013年)」が品種としてリストに掲載が認められました。

・ヨーロッパ系では、黒品種はメルロ、白品種はシャルドネの生産量がそれぞれ最も多い。

・ワインに使用されるブドウ品種ランキングは、甲州マスカット・ベーリーAナイアガラデラウェアコンコードキャンベル・アーリーメルロシャルドネの順になります。

〜〜〜
甲州について
・甲州発祥の地といわれる甲府盆地東部で集中的に栽培されています。
・果皮が薄紫色で、多くは棚仕立て、X字剪定で栽培されます。←甲州といえば山梨県!9割弱。
・DNA解析の結果、ヴィティス・ヴィニフェラに中国系品種ヴィティス・ダヴィーディのDNAが少し含まれていることが発表されました。
・最大の産地山梨県では甲州の醸造量が激減しているようです。
・勝沼甲州、千野甲州、東雲、菱山、鳥居平など
・1984年 初めて甲州をシュールリー製法で醸造。←上記の東雲。
・近年、ドイツで甲州が垣根で栽培されています。

〜〜

●県別国内産ブドウを使用したワイン生産量

➀山梨県 ②北海道 ③長野県 ④山形県

※日本国内産ブドウ使用のワインと定義すればこの通りなんですが、「酒税法でいう果実酒」の順位でいうと神奈川県が一躍上位に来ますよ。某大手ワインメーカーの「工場」があって、輸入濃縮ブドウ果汁から果実酒を大量に生産しているからです。

海外原料を含めた場合の「日本ワイン」生産量上位は➀神奈川県 ②栃木県 ③山梨県 ④岡山県となります。ただ、過去の出題より「山梨県」と答えることが求められている為、気にせず進みましょう。

●日本人成人1人あたり果実酒消費量(2011年)
2012年 3.35L
2013年 3.46L

←フランスは48L。これでも減っているらしい。ちなみに数年前まで日本は2.数リットルでした。まぁ、飲まない人は全く飲まないってことですね。  

●都道府県成人一人当たりのワインの消費量は山梨県(8.1L)→東京都(6.8L)の順です。

ひとまず過去問ですが、気合を入れて行きます。



【過去問 2015】

山田宥教、詫間憲久の両名が本格的に日本のワイン造りをはじめた地名を 1 つ選んでください。

1. 善光寺
2. 甲府
3. 池田
4. 上山

【解説】
そうですか。この地名を問うのですね。

【過去問 2015】
日本の国産ワインの表示に関する自主基準において国産ブドウ 100%のワインの品種表示をする場合、該当品種の使用率は最低何%以上とされているか正しいものを 1 つ選んでください。

1.  65%以上
2.  75%以上
3.  85%以上
4.  95%以上

【過去問 2015】
甲州ブドウの果皮の特徴として正しいものを 1 つ選んでください。

1.  淡い黄緑色
2.  レモンイエロー
3.  やや薄い藤紫色
4.  濃い紫色

【過去問 2015】
「雨宮勘解由説」と並んで伝わる甲州ブドウの来歴としてふさわしいものを 1 つ選んでください。

1. 大善寺説
2. 川上善兵衛説
3. 山田宥教説
4. 祝村説

【過去問 2015】
2013 年に国税庁が地理的表示として指定したワイン産地を 1 つ選んでください。

1.  長野
2.  山梨
3.  山形
4.  北海道

【過去問 2015】
日本で稼働しているワイナリーの数が最も多い道県名を 1 つ選んでください。

1.  北海道
2.  山形県
3.  長野県
4.  山梨県

【過去問 2015】
日本のワイン造りの始まりの時期として正しいものを 1 つ選んでください。

1.  奈良時代初期
2.  室町時代初期
3.  明治時代初期
4.  大正時代初期

【過去問 2015】
川上善兵衛が開発したブドウ品種を 1 つ選んでください。

1.  Muscat Bailey A
2.  Delaware
3.  Yama Sauvignon
4.  Shinano Riesling

【過去問】

日本のぶどう栽培地において北限の北海道士別から、南限の九州宮崎県都城までの緯度の差を1 つ選んでください。

1.  約 6 度
2.  約 13 度
3.  約 16 度

4.  約 23 度

【過去問】

日本のワイン、ぶどう栽培に関する記述で正しいものを 1 つ選んでください。

1.  長野県の全てのぶどう栽培地は内陸性気候
2.  日本でワイン造りが始まったのは大正の初め
3.  現在稼働しているワイナリーのうち約 2 割が年間生産量が 10 万本以下

4.  ぶどうからワインを造っているワイナリーは 300 軒を超える

【解説】
2.は「1874年 山田さんと詫間さんが」または、「1877年 勝沼に民間初のワイナリー」と言っているのですから明治です。
3.は教本に記載がありますが、8割が小規模生産者。

4.ここは210。←この数字は覚えなくてはなりません。

【過去問】

日本における国産ワインの表示に関する記述について正しい場合は 1 を、誤っている場合は 2 を選んでください。

「国産ぶどうを 100%使用した場合は産地・年号・品種の表示が可能」

1. 正

2. 誤

【過去問】

2011 年度成人 1 人あたりの都道府県別果実酒消費量において最も果実酒の消費量の多い都道府県を 1 つ選んでください。

1. 北海道
2. 東京都
3. 山梨県
4. 愛知県

【解説】

さすがです。

【過去問】

2013 年に国税庁がワインの産地名として初めて指定した都道府県を 1 つ選んでください。

1. 山形県
2. 長野県
3. 山梨県

4. 北海道

【過去問】

2010 年に O.I.V.(国際ぶどう・ぶどう酒機構)のリストに品種として掲載が認められたぶどう品種を 1 つ選んでください。

 1.  甲州
2.  マスカット・ベーリー A
3.  ナイアガラ

4.  デラウェア

【過去問】

日本において最も仕込み量が多い赤ワイン用ぶどう品種を 1 つ選んでください。

1. カベルネ・ソーヴィニヨン
2. メルロ
3. マスカット・ベーリー A

4. ヤマ・ソーヴィニヨン

【解説】

ここは引っかかってはダメですよ。

【過去問】

日本でマスカット・ベーリーAを創出した人物を1人選んでく ださい。

1.土屋竜憲
2.川上善兵衛
3.雨宮勘解由

4.高野正誠

【過去問】

次の日本における国産ワインの表示に関する記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「国産ぶどうを100%使用した場合は産地とぶどう品種のみ表示ができる。」

1.正

2.誤

【解説】

しっかり読んでくださいね。何か足りないですよね。またこの”のみ”のような言葉が入ると怪しいです。このように聞かれた時に答えられるかどうか、大切です。

【過去問】

日本でワイン生産量が最も多い都道府県を1つ選んでください。

1.長野県
2.山形県
3.山梨県

4.北海道

【過去問】

日本の醸造用ぶどう栽培地域は北海道から九州にまで広がっているが、そのうち主な栽培地域の山梨および山形の有効積算温度の地帯として正しいものを1~4の中から1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. I 地帯からII 地帯
2. II 地帯からIII 地帯
3. III 地帯からIV 地帯

4. IV 地帯からV 地帯

【解説】

日本は意外と暖かい地域に分類されています。例えば、ボルドーでREGION 2なのに、山形は北ローヌと同じREGION 3、山梨はスペイン、イタリア南部と同じREGION 4になります。

【過去問】

次の 1-4 の日本の現在の酒税法に関する文章の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.  日本の酒税法では酒類とはアルコール分1% 以上の飲料を言う。
2.  フォーティファイド・ワインは主に果実酒として分類される。
3.  果実酒の補糖に許される糖類は、砂糖、ぶどう糖に限られる。

4.  果実酒ではブランデー等のアルコールを添加した場合は、総アルコールの 15 %以下である。

【解説】
2.フォーティファイド・ワインは主に甘味果実酒です。
3.果糖も認められます。

4.は10%です。

【過去問】

次の中から国産ワインの最近の動向で誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.  日本ではワインのエキス分に関する表示義務が定められている。
2.  日本でも原産地管理制度を設けた地域がある。
3.  国際コンクール等での受賞など、世界的に評価されるワインがある。

4.  甲州種から香りに特徴のあるワインが造られ始めた。

【解説】
2.2003年の長野県が最初です。
3.よく耳にします。

4.お亡くなりになりました富永博士の「甲州きいろ香」など。

【過去問】

次の日本の果実酒の規定に関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。

1.  果実(果汁を含む)または果実および水あるいはこれらに糖分を加え醗酵させたもの。
2.  補糖した場合はアルコール度数18度未満。補糖量は果実が含有する糖分を超えない。
3.  補糖に許される糖類は、砂糖、ブドウ糖、果糖に限る。

4.  ブランデー等のアルコールを添加した場合は、総アルコールの10%以下であること。

【解説】
面倒な問題ですが、しっかりと読めば大丈夫です。
2.15度です。

3.三つ目の”果糖”がよく問われます。

【過去問】

日本の酒税法(平成19 年4 月現在)では、果実等を原料として醗酵させた酒類は果実酒としているが、次の中から果実酒にならないものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.  果実(果汁を含む)または果実及び水を原料とし醗酵させ色素を加えた酒類。
2.  ぶどう果汁に、果汁が含有する糖分を超えない範囲で、砂糖を補糖し醗酵させたアルコール分12度の酒類。
3.  ぶどう果汁に、果汁が含有する糖分を超えない範囲で、果糖を補糖し醗酵させたアルコール分12度の酒類。

4.  ぶどう果汁に、果汁が含有する糖分を超えない範囲で、ブドウ糖を補糖し醗酵させたアルコール分13度の酒類。

【解説】

この問題、わかりましたか?”色素”を加えるとダメなんです。色素や香味料、総アルコール分の10%以上のアルコールを添加したものは甘味果実酒に分類されます。

【過去問】

次の中から自宅の庭で育種研究を始め、生涯をかけて1万数千株の交配種を創出した川上善兵衛の代表的品種ではないものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.  ローズ・シオタ
2.  ブラック・クイーン
3.  マスカット・ベリーA

4.  キャンベル・アーリー

【解説】

4. キャンベル・アーリーはアメリカのラブルスカ系です。

【過去問】

次の国産ワインの最近の動向についての記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 国産果実酒の表示に関する自主基準では、品種表示は75 %以上となっている。
2. 日本でも全国一律のワインに関する原産地管理制度がある。
3. 国際コンクール等で受賞するなど、世界的に評価されるワインが多くある。

4. 甲州種から香りに特徴のあるワインが造られ始めた。

【解説】

2.日本にはワイン法がありません。地域ごとの原産地管理制度が整備されつつあります。

【過去問】

次の日本のワインに関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.2007 年の県別のぶどう栽培は山梨県が全体の約25%を占め、長野県約15%、北海道約10%がこれに続く。
2.川上善兵衛の代表的な交配種はマスカット・ベリーA と甲州があげられる。
3.マスカット・ベリーA は病害に強く、醸造方法を工夫する事で早飲みタイプから長熟型のワインまで造られている。

4.長野県では原産地呼称管理制度を制定し、第1回目の認定審査は2000年4月に行われた。

【解説】
1. 現在、長野県と北海道の国産ブドウを使用したワイン生産量はほぼ同じです。
3. 近年評価を上げています。

4. ワインであれば2003年です。

【過去問】

次の中から日本の県別ぶどう生産量が多い順に並んでいるものを1つ選んでください。

1. 山梨県 → 長野県 → 北海道 → 山形県
2. 山梨県 → 長野県 → 山形県 → 北海道
3. 北海道 → 山梨県 → 長野県 → 山形県

4. 北海道 → 山梨県 → 山形県 → 長野県

【過去問】

次の日本ワインの概略に関する記述中、下線部(a)~(d)の中で誤っている箇所を1つ選んでください。

「日本の気候に適応したワイン専用品種の育種は、(a)岩の原葡萄園の創始者、川上善兵衛の研究に始まり、その後、各ワインメーカーを中心に進んできた。近年では、(b)公的研究機関や山梨大学でも品種改良に取組み、優良品種を創出している。また、ブドウ栽培法や醸造方法の研究も急速に発展し、(c)日本在来品種の甲州や、欧州系品などから優良な品質のワインが生産されるに至っている。(d)山梨県で制定運用され始めた、原産地呼称制度などは日本ワインの品質向上と発展に大きく影響し始めている。」

1.( a)
2.( b)
3.( c)

4.( d)

【解説】

現在は山梨県甲府市においても原産地呼称制度が制定されましたが、時代的にここは長野県のことを指しています。

【過去問】

次の日本の「国産ワインの表示に関する基準」に関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。

1. 日本国内で製造されたり輸入ワインと混和したものを「国産ワイン」とし、製造業者名を表ラベルに明瞭に表示するよう定めている。
2. 「貴腐」「元詰め」「シュール・リー」などの特定用語の表示方法や基準については、特に規定を設けていない。
3. 「国産ぶどう」「輸入ぶどう」「国産ぶどう果汁」「輸入ぶどう果汁」「輸入ワイン」などと、原材料の表示を定めている。
4. 国産ぶどう100%ワインにのみ、国内産地表示を当該産地産ぶどう75%以上で表示できるとしている。品質表示、年号表示も75%以上と定めている。
  
【解説】
わかりにくいですね。
1.〇 輸入ワインと混和したものを「国産ワイン」と認めていることがそもそもおかしいと思うのですが…。
2.× これらの特定用語は、国産ブドウ100%の場合のみ表示が可能。
3.〇 このように5つに分類されているようです。
4.× 品質って?たぶん品種の間違いですね。

解答は2.でも4.でもよいということになります。

【過去問】

次の中から酒類の分類において、混成酒類に分類されているものを1つ選んでください。

1. 発泡酒
2. 果実酒
3. スピリッツ

4. みりん

【解説】
1.発泡性酒類
2.醸造酒類、日本酒もここ。
3.蒸留酒類、焼酎、ウィスキー、ブランデーなど。

4.混成酒類、甘味果実酒もここ。

【過去問】

O.I.V.の品種リストに登録された、日本独自のワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。

1. マスカット・ベーリーA
2. ケルナー
3. 甲州

4. 甲斐ノワール

【解説】

この当時はまだ甲州しか登録されていませんでした。

【過去問】

次の日本における国産ワインの表示に関する記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「輸入原料を使用した場合は産地やぶどう品種の表示ができない」

1.  正

2.  誤

【解説】

同一品種を75%以上使用していると品種名は表示できるようです。産地はさすがにできないでしょうね。

ここ数年のソムリエ協会の日本ワインへの入れ込みようと、これまでそれほど突っ込んだ出題が少なかった経緯も併せて、ここから近年のシニア試験の問題を眺めてみようと思います。ちょっとむつかしい問題もありますが、ソムリエ協会が日本のワインをどのように問いかけたいのか雰囲気をつかむだけでも役に立つと思います。

【シニア過去問 2015】
次の甲州に関する記述中( a )( b )に該当する語句の組み合わせとして正しいものを 1 つ選び、解答用紙にマークしてください。

「2013 年、甲州はヨーロッパ系品種である( a )の DNA に、中国の野生種である( b )の DNA が少し含まれていることが明らかになった。」

1. ( a ) Vitis Coignatiae ( b ) Vitis Vinifera
2. ( a ) Vitis Vinifera ( b ) Vitis Davidii
3. ( a ) Vitis Amurensis ( b ) Vitis Vinifera
4. ( a ) Vitis Vinifera ( b ) Vitis Riparia

【シニア過去問 2015】
日本においてヨーロッパ系品種の中で最も栽培面積が多いブドウ品種を 1 つ選び、解答用紙にマークしてください。

1. Merlot
2. Cabernet Sauvignon
3. Zweigeltrebe
4. Chardonnay

【シニア過去問 2015】
日本の 2011 年度成人 1 人あたりの都道府県別果実酒消費量実績で最も消費量の多かった都道県を 1 つ選び、解答用紙にマークしてください。

1.  山梨県
2.  東京都
3.  神奈川県
4.  北海道

【シニア過去問】

日本における国産ワインについて正しい記述を一つ選んでください。

1. 国産ブドウのみを使用して国内で生産されたワインしか認められていない。
2. 干しブドウや濃縮果汁を使用して国内で生産されたワインも認められている。

3. 海外産バルクワインと国産ワインを混成して国内で生産されたワインは認められていない。

【解説】

ここはしっかり理解しておきましょう。日本の中途半端なワインの定義です。世界中で日本だけではないでしょうか?

【シニア過去問】

甲州種を若々しく、爽やかで軽快な味わいに仕上げるための醸造法を原語またはカタカナで記入しなさい。

【解説】

秋の一次試験においてはこの原語やカタカナで答えなさいという出題はないと考えてよいでしょう。私の時代はちょこっと筆記がありましたが。これは有名ですね。

【シニア過去問】

ヤマブドウの種分類について正しい学名を一つ選んでください。

1. ヴィティス・ヴィニフェラ
2. ヴィティス・ラブルスカ
3. ヴィティス・コワニティ

4. ヴィティス・アムレンシス

【解説】
”ヤマブドウ”は”ヴィティス・コワニティ”に分類されます。

ここ数年で出題も増え、問題のレベルも上がっています。最後にしっかりと勉強しなければならない私たちの国です。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2016 All Rights Reserved.