2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

三次試験対策 ソムリエ実技
今年の二次のテイスティングを振り返る
はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

二次のテイスティングに出題されたワイン

2020/03/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -




二次のテイスティングに出題されたワイン

今回はこれまでに二次のテイスティングに出題されたワインを眺めてみようと思います。
※ワイン以外の蒸留酒・リキュール類はまたの機会にします。



最初に、これまでにどのようなワインが出題されているかを書き出してみます。

2015年

ソムリエ
・ソーヴィニヨン・ブラン 2012:フランス
・リースリング 2014:フランス
・ピノ・ノワール 2012:ニュージーランド
・ジン
・スィート・ヴェルモット

ワインアドバイザー/ワインエキスパート
・リースリング 2013:オーストラリア
・シャルドネ 2012:フランス
・シラー 2014:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2012:アメリカ(エキスパート呼称のみ)
・コニャック
・アマレット

2014年

ソムリエ
・シャルドネ 2012:アメリカ
・カベルネ・ソーヴィニョン 2011:オーストラリア
・ピノ・ノワール 2009:フランス
・ドライ・ヴェルモット
・カルヴァドス

ワインアドバイザー/ワインエキスパート
・リースリング 2011:ドイツ
・ソーヴィニョン・ブラン 2013:ニュージーランド
・ピノ・ノワール 2012 :アメリカ
・シラー 2009:フランス (エキスパート呼称のみ)
・シングルモルト・ウイスキー
・ガリアーノ

2013年

ソムリエ
・シャルドネ 2010:オーストラリア

・リースリング 2011 :ドイツ
・メルロ 2009:フランス 
・マディラ
・グラッパ

ワインアドバイザー/ワインエキスパート
・甲州  2009:日本
・ソーヴィニヨン・ブラン  2009:フランス
・カベルネ・フラン  2009:フランス
・ピノ・ノワール  2009:アメリカ (エキスパート呼称のみ)
・カルヴァドス
・トウニー・ポート

2012年

ソムリエ
・リースリング 2009:ドイツ
・ピノ・ノワール 2009:アメリカ
・シラー 2008:フランス
・ホワイトポート
・ダーク・ラム

ワインアドバイザー
・ソーヴィニヨン・ブラン 2008:ニュージーランド
・ガメイ 2009:フランス
・ジンファンデル 2007:アメリカ
・ジン
・コアントロー

ワインエキスパート
・リースリング 2010:オーストラリア
・シャルドネ 2011:フランス
・ガメイ 2009:フランス
・ネッビオーロ 2007:イタリア
・コアントロー
・カルヴァドス

2011年

ソムリエ
・シャルドネ 2009:アメリカ
・サンジョヴェーゼ 2007:イタリア
・シラーズ 2007:オーストラリア
・スーズ
・テキーラ

ワインアドバイザー
・シャルドネ 2009:アメリカ
・ゲヴュルツトラミネール 2008:フランス
・シラーズ 2007:オーストラリア
・マデイラ(甘口)
・グラッパ

ワインエキスパート
・シャルドネ 2009:アメリカ
・リースリング 2008:フランス
・シラーズ 2007:オーストラリア
・テンプラニーリョ 2004:スペイン
・ドライヴェルモット
・ウオッカ

2010年

ソムリエ
・ミュスカデ 2009:フランス
・ネッビオーロ 2005:イタリア
・メルロ 2008:オーストラリア
・ポート

ワインアドバイザー
・リースリング 2006:ドイツ
・シャルドネ 2008:日本
・シラー 2007:フランス
・アマレット

ワインエキスパート
・リースリング 2006:ドイツ
・シャルドネ 2008:日本
・メルロ 2002:フランス
・アマレット

2009年

ソムリエ
・シャルドネ 2008:日本
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2005:アメリカ
・シラーズ 2005:オーストラリア
・カルヴァドス

ワインアドバイザー
・ソーヴィニヨン・ブラン 2007:フランス
・リースリング 2007:ドイツ
・サンジョヴェーゼ 2005:イタリア
・コニャック

ワインエキスパート
・ソーヴィニヨン・ブラン 2007:フランス
・状態不良
・サンジョヴェーゼ 2005:イタリア
・アルマニャック

2008年

ソムリエ
・ソーヴィニヨン・ブラン 2006:フランス
・ピノ・ノワール 2005:フランス
・セミヨン(甘口) 2006:オーストラリア
・シェリー

ワインアドバイザー
・シャルドネ2003:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2005:チリ
・モスカート 2007:イタリア
・バーボンウイスキー

ワインエキスパート
・シャルドネ 2003:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2005:チリ
・リースリング(甘口)2005:ドイツ
・泡盛

2007年

ソムリエ
・リースリング 2005:ドイツ
・状態不良(シャルドネ:フランス)
・バルベーラ 2004:イタリア
・ジャマイカ ラム

ワインアドバイザー
・ミュスカデ 2005:フランス
・リースリング 2005:NZ
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2004:アメリカ
・チェリー・ヒーリング

ワインエキスパート
・ミュスカデ 2005:フランス
・シャルドネ 2005:日本
・シラーズ 2002:オーストラリア
・チェリー・ヒーリング

2006年

ソムリエ
・シャルドネ 2003:アメリカ
・メルロ 2003:日本
・シラー 2003:フランス
・焼酎(麦)

ワインアドバイザー
・ソーヴィニヨン・ブラン 2005:アメリカ
・サンジョヴェーゼ 2003:イタリア
・ピノ・ノワール 2003:フランス
・ポワール・ウイリアム

ワインエキスパート
・シャルドネ 2003:フランス
・ピノ・ノワール 2004:アメリカ
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2003:オーストラリア
・アルマニャック

2005年

ソムリエ
・リースリング 2003:フランス
・ピノ・ノワール 2002:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 1999:フランス
・カルヴァドス

ワインアドバイザー
・リースリング 2003:ドイツ
・シャルドネ 2001:フランス
・シラーズ 2002:オーストラリア
・グラッパ

ワインエキスパート
・シャルドネ 2001:フランス
・リースリング 2002:ドイツ
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2001:アメリカ
・コニャック

2004年

ソムリエ
・ソーヴィニヨン・ブラン 2002:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2000:チリ
・ピノ・ノワール 2000:オーストラリア
・オー・ド・ヴィー・ド・キルシュ

ワインアドバイザー
・シャルドネ 2000:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2000:アメリカ
・シラーズ 1998:オーストラリア
・ルビー・ポート

ワインエキスパート
・シャルドネ 2000:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2000:アメリカ
・シラーズ 1998:オーストラリア
・ルビー・ポート

2003年

ソムリエ
・シャルドネ 2000:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 1997:フランス
・シラー 1997:フランス
・シェリー・オロロソ

ワインアドバイザー
・ゲヴュルツトラミネール 2000:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 1997:フランス
・ピノ・ノワール 2000:フランス
・シェリー・アモンティリヤード

ワインエキスパート
・ゲヴュルツトラミネール 2000:フランス
・カベルネ・ソーヴィニヨン 1997:フランス
・ピノ・ノワール 2000:フランス
・シェリー・アモンティリヤード

2003年までの記録が出揃ったところで、数字的に見てみます。
→全項目、アドバイザーとエキスパート呼称で同じアイテムが出題された場合は二回カウントしています.




●まず、品種別に何度出題されているかを数えます。

白ブドウ
・シャルドネ 22回
・リースリング 18回
・ソーヴィニヨン・ブラン 11回
・ゲヴュルツトラミネール 3回
・ミュスカデ 3回
・甲州 2回
・セミヨン(甘口) 1回
・モスカート 1回

黒ブドウ
・カベルネ・ソーヴィニヨン 15回
・シラー/シラーズ 15回
・ピノ・ノワール 13回
・サンジョヴェーゼ 4回
・メルロ 4回
・ガメイ 2回
・ネッビオーロ 2回
・カベルネ・フラン 2回
・バルベーラ 1回
・テンプラニーリョ 1回
・ジンファンデル 1回
以上17品種です。

●続いて、生産国を見てみようと思います。

・フランス 51回
・アメリカ 18回
・オーストラリア 17回
・ドイツ 11回
・イタリア 8回
・日本 7回
・NZ 5回
・チリ 3回
・スペイン 1回
計9ヶ国です。

●今度は品種別にどの国のワインが出題されたかを見てみます。

シャルドネ
・フランス 12回
・アメリカ 5回
・日本 4回
・オーストラリア 1回

リースリング
・ドイツ 11回
・フランス 3回
・オーストラリア 3回
・NZ 1回

ソーヴィニヨン・ブラン
・フランス 7回
・NZ 3回
・アメリカ 1回

ゲヴュルツトラミネール
ミュスカデ
・ともにフランスのみ 3回ずつ

甲州
・日本 2回

カベルネ・ソーヴィニヨン
・アメリカ 6回
・フランス 4回
・チリ 3回
・オーストラリア 2回

シラー/シラーズ
・オーストラリア 8回
・フランス 7回

ピノ・ノワール
・フランス 6回
・アメリカ 5回
・オーストラリア 1回
・NZ 1回

サンジョヴェーゼ
・イタリア 4回

メルロ
・フランス 2回
・日本 1回
・オーストラリア 1回

ネッビオーロ
・イタリア 2回

ガメイ
・フランス 2回

テンプラニーリョ
・スペイン 1回

カベルネ・フラン
・フランス 2回

ジンファンデル
・アメリカ 1回

●反対に、生産国別にブドウ品種を見てみようと思います。

フランス
この10年間に出題された17品種中、10品種でフランス産が出題されています。

オーストラリア
・シラーズ 8回
・リースリング 3回
・カベルネ・ソーヴィニヨン 2回
・メルロ 1回
・ピノ・ノワール 1回
・シャルドネ 1回
・セミヨン 1回

アメリカ
・カベルネ・ソーヴィニヨン 6回
・シャルドネ 5回
・ピノ・ノワール 5回
・ソーヴィニヨン・ブラン 1回
・ジンファンデル 1回

イタリア
サンジョヴェーゼを始めとするイタリア品種のみ。

ドイツ
出題は11度ありますが、すべてリースリングです。

日本
・シャルドネ 4回
・メルロ 1回
・甲州 2回

チリ
カベルネ・ソーヴィニヨン 3回

スペイン
・テンプラニーリョが1度だけ出ています。

NZ
・定番のソーヴィニヨン・ブランとリースリング、そして2015年ピノ・ノワールががそれぞれ一度ずつ出題されています。

あともう少しお付き合いください。




●ヴィンテージが試験のあった年からどの程度離れているか?(何年たったワインが出題されているか)を調べました。

2015年のソムリエ呼称では2012年のソーヴィニヨン・ブランと2014年のリースリングが出題されています。これらは前者を3年前、後者を1年前と数えます。→今年の場合、2年前は2014年ヴィンテージになります。

1年前 10回
2年前 25回
3年前 36回
4年前 29回
5年前 8回
6年前 7回
7年前 1回
8年前 1回

以上、集計して数字にしていろいろと分類してみました。

これまでにどのようなワインが出題されたかを見て、どう思われましたでしょうか?何とかなりそうな気がしている方はおそらく大丈夫です。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2016 All Rights Reserved.