コート・デュ・ローヌ南部

   

コート・デュ・ローヌ南部

B 南部 Meridional メリディオナル
→広大な丘陵地帯に畑が広がります。

●主要ブドウ品種
※Chateauneuf du Pape以外はAOCに対するブドウ品種を個別に覚える必要はありません。何となく、グルナッシュっぽいくらいで十分です。

・白ブドウ
たくさんありますが、グルナッシュ・ブランルーサンヌ、マルサンヌ、クレレットが主体です。

・黒ブドウ
こちらもグルナッシュ主体です。
※赤も白もいろんなブドウ品種をブレンドすることが一般的です。

●メリディオナルのAOC
こちらも右岸、左岸のどちらにあるかを確認することから始めましょう。

とりあえず、TavelLiracの二つは右岸です。
※最近の傾向として地図を見て答えさせる問題が出題されます。時間のある方は主要AOCの位置関係まで確認しましょう。

・ロゼのみのAOC
Tavel→フランス三大ロゼワインの一つです。

・赤のみのAOC→この三つは比較的新しいAOC
Beaumes de Venise
Vinsobres
Rasteau
※RasteauのVins Doux Naturelsには赤・白・ロゼがあります。

・赤・白が認められるAOC
Chateauneuf du Pape→こちらについては次回。

・赤・ロゼが認められるAOC
Gigondas

・Vins Doux NaturelsのAOC→これも次回!
Muscat de Beaumes de Venise
Rasteau

・Clairette de Bellegardeはクレレットとありますから覚えることもなく白です。

・その他のAOCは赤・白・ロゼが認められます。なかでも、LiracVacqueyrasは暗記必須です。

・Grignan-Les Adhemar(昔はコトー・デュ・トリカスタンと言ってました)が南ローヌ最北のAOCです。

・2013年に新AOC Duche d’Uzesが認められたようです。←覚える必要はないと思いますが、赤・白・ロゼ可です。

ここはちょっと大変ですね。過去問です。




ソムリエ試験 過去問

【過去問 2015】
コート・デュ・ローヌ地方でロゼのみが認められている A.O.C. を 1 つ選んでください。

1.         Chateauneuf du pape
2.         Tavel
3.         Gigondas
4.         Rasteau

【過去問 2015】
コート・デュ・ローヌ地方で赤ワインと白ワインの両方が認められている A.O.C. を1 つ選んでください。

1.     Chateauneuf du pape
2.     Condrieu
3.     Saint-Peray
4.     Vinsobres

【過去問】
コート・デュ・ローヌ地方北部地区で最も面積が広い A.O.C. を 1 つ選んでください。

1. Saint-Joseph
2. Crozes-Hermitage
3. Cornas
4. Gigondas

【過去問】
次の A.O.C. Cotes du Rhone に関する記述について正しい場合は 1 を、誤っている場合は 2 を選んでください。

「コート・デュ・ローヌ地方全体の A.O.C. ワイン生産量の約半分を占めている」

1. 正
2. 誤

【解説】
こちらもちゃんと教本に記載があります。ここまで読み込むのはなかなか厳しいですね。最初はこの手の問題はスルーしてかまわないと思います。
正解は1.です。

【過去問】
コート・デュ・ローヌ地方でロゼワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。

1.Lirac
2.Tavel
3.Cotes du Vivarais
4.Clairette de Bellegarde

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方のA.O.C.の中から、赤ワインだけの生産が認められているものを1つ選んでください。

1. Coteaux du Tricastin
2. Rasteau
3. Cotes du Vivarais
4. Chateauneuf du pape

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方のA.O.C.の中から、2008年11月より名称が変更されたものを1つ選んでください。

1. Vinsobles
2. Vacqueyras
3. Ventoux
4. Beaumes de Venise

【解説】
この問題は過去の流れから見ると、難問のうちに入るでしょう。できなくてもそれほど気にする必要はないと思います。ただ、フランスのAOCは他の国に比べて、それほど変わりませんから、ここ数年の新しいAOCはちょっとばかり気に留めておいた方がよいかもしれませんね。 

【過去問】
次の記述について正しい場合は1を、誤っている場合は2を選んでください。

「A.O.C. Gigondasは、Cotes du Rhone地方の南部地区に位置しており、赤とロゼの生産が認められている。ぶどう品種はGrenache主体で造られる。」

1. 正   2. 誤

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方のA.O.C.に関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.A.O.C. Chateauneuf du Pape は、赤・ロゼ・白を造ることが認められている。
2.A.O.C. Gigondas は、赤・ロゼを造ることが認められている。
3.A.O.C. Beaumes de Venise は、赤・白を造ることが認められている。
4.A.O.C. Tavel は、ロゼ・白を造ることが認められている。

【過去問】
次のCotes du Rhone地方の A.O.C.の中からスパークリングワインが生産されているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Condrieu
2. Lirac
3. Saint-Joseph
4. Saint-Peray

【過去問】
コート・デュ・ローヌ地方は南北2つの地区に分けられているが、次の中からGigondas、Coteaux du Tricastin などが生産される地区に該当するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Mediterraneen
2. Meridional
3. Septentrional
4. Cote d’Azur

【過去問】
次のコート・デュ・ローヌ地方の A.O.C.ワインの中からローヌ川右岸に位置し、ロゼだけが認められているものを 1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Coteaux du Tricastin
2. Cotes du Luberon
3. Lirac
4. Tavel

【過去問】
次のCotes du Rhone 地方のA.O.C. の中から白、赤、ロゼが認められているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Beaumes de Venise
2. Gigondas
3. Chatillon-en-Diois
4. Saint-Peray

【解説】
わかりましたか?まず、1.と2.は今日しっかり勉強しましたので外します。さて、3.はわからなくても4.のSaint-Perayについてはしっかり覚えておかなくてはなりません。白でしたね。そして、残されるのは3.となればOKです。

【過去問】
次の中からコート・デュ・ローヌ地方のアペラシオンで最も南に位置するものを1つ選んでください。

1. Ventoux
2. Luberon
3. Tavel
4. Gigondas

【解説】
やっぱり地図をしっかり見ておかなければいけませんね。

北ローヌよりも覚えるべきことがちょっと多いですね。
次回はChateauneuf du papeとVins Doux Naturelsを押さえてローヌもおしまいです。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩




 - ・2016