2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

クロアチア

2020/05/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

※表紙は「魔女の宅急便」のモデルになった町と言われているドブロブニク



クロアチア

このクロアチアも2016年に初めて出題されました。

そして、ここでもやります!クロアチアのkeywordはこちらです。
・アドリア海をはさんでイタリアの対岸
・プレシヴィツァ ポルトギザッツの新酒、グラシェヴィナ
・イストラ
 マルヴァジアテラン
・ダルマチア プラヴァッツ・マリ

これだけ。

でも、一応ちょっとだけ見てみます。近年、できればしっかり勉強したい国の一つになってきました。

A クロアチアのワインについて
・2500年前のコインにブドウとアンフォラが描かれていた。
・1992年に国家として承認される。2013年EUに加盟。

アドリア海はさんだイタリアの対岸、スロヴェニア、ハンガリーの南にある国です。

・ワイン法をちょっとだけ(EUの原産地呼称保護”PDO”を踏襲)
なんとか上級ワイン
Kvalitetno vino s Kontrolirano Podrijetlo
クヴァリテートノ・ヴィノ・コントロリラーノ・ポデュリエトロ
—-
なんとか上級ワイン
Vrhunsko vino s Kontrolirano Podrijetlo
ヴルフンスコ・ヴィノ・コントロリラーノ・ポデュリエトロ

→よかった。スロヴェニアと同じで、Vが付いてる方が最上級!

B 主なぶどう品種
・白ぶどう
[大陸東部、西部] Graievina グラシェヴィナ(=ヴェルシユリースリング←栽培面積最大。25%
ラインスキ・リズリング (=リースリング)

トラミナッツ(=ゲヴュルツトラミネル)

[沿岸部]

Malvazija マルヴァジア←栽培面積二位
ピノ・ビエリ(=ピノ・プラン)
シャルドネ

・黒ぶどう
[大陸部] Portugizac ポルトギザッツ(=ポルトギーザー)
Frankovka フランコヴカ(=ブラウフレンキッシュ)

[沿岸部] Plavac Mali プラヴァッツ・マリ←栽培面積二位、ジンファンデルやプリミティーヴォのオリジンと言われる近年クロアチアで注目されている黒ブドウです。
バビッチ、テラン、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン

色つき以外のブドウ品種はなんとなく、なんとなくでいいんです。大陸部の方が涼しいからドイツっぽい品種だし、沿岸部は暖かいから、シャルドネ・メルロなんかが並んでるんだなくらいで。

C 覚えておきたいワイン産地
●大陸東部

・スラヴォニア ピノ・ノワール 最大規模の生産地

Plesivica プレシヴィツァ

ポルトギザッツの新酒。グラシェヴィナシャルドネ

・Zagorje-Medimurje ザゴリエーメジュムリエ→昨年度までの教本にはクロアチア最大の生産地域と記載がありました。

●沿岸部 
・Istra イストラ 

クロアチア最大の産地の一つ。近年、”イストラ品質”といわれるほど品質向上
マルヴァジアテラン

・中央および南部ダルマチア プラヴァッツ・マリ、その他土着品種
→クロアチアにおけるワイン生産のルーツ

ソムリエ試験 過去問





【過去問 2016】
クロアチア沿岸部のワイン産地に隣接する海を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ティレニア海
2. 黒海
3. アドリア海
4. イオニア海

【過去問 2016】
クロアチアのブドウ品種 「Frankovka」 の別名を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Blaufränkisch
2. Pinot Blanc
3. Portgieser
4. Chardonnay

【シニア過去問】

次の中からクロアチアのワイン総生産量における白ワインと赤ワインの比率に該当するものを1つ選んでください。

1. 約 75(白):約 25(赤)
2. 約 65(白):約 35(赤)
3. 約 25(白):約 75(赤)

4. 約 35(白):約 65(赤)

【解説】

模範解答は2.となっていました。

【シニア過去問】

次の中からクロアチアで最大のワイン生産地域に該当するものを1つ選んでください。

1. Slavonia
2. Istra
3. Zagorje-Medimurje

4. Prigorje-Bilogora

【解説】
昨年度までの教本にはZagorje-Medimurjeが最大の生産地域という記載がありました。今年はありませんね。たぶん、昨年度までの教本の情報が古かったか、間違っていたんです。

【シニア過去問】
スロヴェニアとクロアチアのワインの法律と品質分類において共通する事項を1つ選んでください。

1. クリュ・クラッセ
2. プレディカート
3. リゼルヴァ
4. ヴァラエタル

【解説】
シュペトレーゼクラスやアウスレーゼクラスがありますから。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2017 All Rights Reserved.