2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

ギリシャ

2020/05/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

※表紙は世界遺産「メテオラ修道院




ギリシャのワイン

それなりにソムリエ試験として魅力的な項目が並ぶ為、出題しやすい国の一つだと思います。数年前までは出題範囲の指定などがあった為か、出題される年は二問ほど出され、その後数年間出題がないという繰り返しが続いていました。

→2014年、2013年度は出題がありませんでしたが、2015年はソムリエ呼称にのみ出題が見られ、2016年度、2017年度は共に一問。

ここは軽く地図を頭に入れて、大まかに理解する程度でよいでしょう。

A ギリシャのワインについて

・気候は典型的な地中海性気候
・紀元前3000年にはクレタ島やサントリーニ島などでワインを取引していた記録
・松脂ワインのレツィーナが有名です。→現在は松ヤニをティーパックのようなものに入れて。

B ギリシャのワイン法

●PDO→原産地呼称ワイン
●Traditional Designation
・Retsina(レツィーナ) 松脂ワイン・サヴァティアノ
・Verdea(ヴェディア) ザキントス島・シェリーのような酸化
・Vin Liastos(ヴァン・リアストス) 遅摘みブドウ天日干し甘口ワイン

C 主なブドウ品種
表記を見て白ブドウか黒ブドウかを判断できるようにしましょう。主要産地のところに出てくるものはある程度一緒に覚えましょう。

白ブドウ
・Savatiano サヴァティアノ→栽培面積一位!
・Assyrtiko アシルティコ
・Rhoditis ロディティス→同二位

・Monemvasia モネンヴァシア(=マルヴァジア)
・Muscat マスカット
・Robola ロボラ(イタリアのリボッラ)

黒ブドウ
・Agiorgitiko アギオルギテイコ(=ネメア)→同三位
・Xinomavro クシノマヴロ→同四位、ギリシャの黒ブドウといえばこれ。

・Liatiko リアティコ
・Limnio リムニオ
・Mavrodaphne マヴロダフネ
・Mandelaria マンデラリア
・Kotsifali コツィファリ
 

D 主なワイン産地
地図を見ながら記載があれば主要ブドウ品種と共にぼちぼち確認してください。

●マケドニア
ナウサ 赤:クシノマヴロ、1971年最初に原産地呼称認定

●中央ギリシャ地方
アッティカ:最大の産地。サヴァティアノ種からレツィーナ。ここの土壌がサヴァティアノに最適と言われています。

●ペロポネソス半島
ネメア:アギオルギティコ種から「ヘラクレスの血」と呼ばれる赤ワイン。←ギリシャ神話ではヘラクレスの生誕地として有名。

●イオニア諸島
・ケファロニア:ロボラの白、マスカットの甘口、マヴロダフネの赤

●エーゲ海の島々

・サントリーニ島:独特の火山土壌からアシルティコ、さらにVinsanto

●クレタ島
ギリシャでもっとも大きな島

さて、試験ではどのように問われてきたのでしょうか?




ソムリエ試験 過去問

【過去問 2017】
ギリシャで最も大きな島を次の中から 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. ロードス島
2. クレタ島
3. サントリーニ島
4. ケファロニア島

【過去問】
かつてギリシャ特有の Retsina の運搬・貯蔵に用いられた器物を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. アンフォラ
2. イノス
3. ピエス
4. コッキネリ

【解説】
もし知らなくても、ソムリエ試験を受けるのであればこのくらいはワイン界の常識として答えたいところです。それほど重要とは思えませんが、正解以外の選択肢も確認しておきましょう。

【過去問】
ギリシャのネメアで「ヘラクレスの血」と呼ばれる赤ワインの生産に使用されるブドウ品種を 1 つ選んでください。

1. クシノマヴロ
2. マヴロダフネ
3. アギオルギティコ
4. リムニオ

【過去問】
次のギリシャワイン生産地の中から、主要生産地方のペロポネソス半島に位置するものを1つ選んでください。

1. Cotes de Meliton
2. Nemea
3. Santorini
4. Rhodos

【過去問】
次のギリシャのワイン用ぶどう品種の中から、白ぶどう品種を1つ選んでください。

1. リムニオ
2. アシルティコ
3. クシノマヴロ
4. マンデラリア

【過去問】
ギリシャ特有の松脂による独特の風味をもったワインを1つ選んでください。

1. Assyrtiko
2. Retsina
3. Mavrodaphne
4. Agiorgitiko

【過去問】
次の1~4のギリシャのぶどう品種の説明の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. モネムヴァシアはエーゲ海のパロスとシロスで栽培されている黒ぶどうである。
2. サヴァティアノはレッチーナの主要白品種で主にアッティカ等で栽培されている。
3. マヴロダフネは主にパトラスで栽培され辛口の赤ワインとなる。
4. アシルティコは主にサントリーニ島で栽培され骨格のある赤ワインとなる。

【解説】
1.と4.は産地名がわからなくてもブドウの色が違うので、除外できます。模範解答は2.です。

【過去問】
次の 1-4 のサヴァティアノに関する文章の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. ギリシャのぶどう栽培面積の約 15% を占め、レッチーナの主要品種となる。
2. サントリーニ島やハルキディキ地域で栽培され、ヴィンサントにも使われる。
3. サモス島の代表的な品種で辛口から甘口まで幅広く利用される。
4. エーゲ海の島々やハルキディキ、サントリーニ島などで栽培され柑橘系の香り豊かなワインとなる。

【解説】
余裕のある方はそれぞれの選択肢がどのブドウ品種を指しているか確認してみましょう。

【過去問】
次の 1-4 の中からクシノマブロを主原料とし、優れた赤ワインを生産しているナウサに属する地方を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 西部ギリシャ
2. 北部ギリシャ
3. ペロポネソス半島
4. 中央ギリシャ

【シニア過去問】
次の中からギリシャでレッツィーナに使用される主なワイン用ぶどう品種に該当するものを1つ選んでください。

1. Aidani
2. Robola
3. Sideritis
4. Savatiano

【シニア過去問】
次の中からギリシャのペロポネソス半島のコリント近くに位置し、ギリシャ神話ではヘラクレスの生誕地とされるワイン生産地区を1つ選んでください。

1. Mantinia
2. Patras
3. Nemea
4. Attica

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2018 All Rights Reserved.