2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度

フランス
スペインポルトガル
イタリア
スイスオーストリア
ハンガリースロヴェニア
ギリシャクロアチア
ブルガリアルーマニア
ジョージアモルドバ
英国ルクセンブルク
ドイツ

アメリカカナダ
チリアルゼンチンウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017

エクセレンス呼称対策
フランスワイン講座

ラングドック

2020/02/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -




ラングドック

Languedoc-Roussillon

一般的にラングドック・ルーシヨンとまとめて呼ばれますが、ラングドックとルーシヨンはそれぞれ別の地方です。

非常に広大な生産地で、見慣れないAOCがたくさんあります。地理的な理解は必要なさそうですが、私は地図を見て位置関係を確認しながら暗記しました。

【ポイント】
1、選択肢のAOCがどの地方に属しているか?
2、AOCについて、どんなタイプ(赤白など)のワインが認められているか?
3、VDN、VdLについて
という感じでしょうか。
→思ったより出題が少ないのです。



Languedoc
A ラングドックの概要

・地中海独特の灌木林地帯”ガリック”が広がり、ブドウ栽培に適した地中海性気候です。→このガリックが2013年に出題されました。
・テロワールや品種の多様性を反映し、明確な個性を持つA.O.C.の階層がGrands Vins du Languedoc(グラン・ヴァン・デュ・ラングドック)と呼ばれています。
・クリュとしての個性と味わいの複雑さ、深みを持ち、収量を抑え、生産条件も厳しい最高位のA.O.C.の階層はCrus du Languedoc(クリュ・デュ・ラングドック)です。
・AOC、IGP、その他のワインを含めフランス最大のワイン産地です。
・生産量のほとんどが赤ワインです。また、協同組合が早くから発展していることも特徴です。
・フランス最大の生産地で、4つの県にまたがります。
➀エロー、②オード、③ガール〜ランドック
④ピレネー=オリエンタル〜ルーシヨン
↑何となく。

B 主要ブドウ品種

・白ブドウはグルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、クレレット…みたいなブドウが使用されています。
・黒ブドウもグルナッシュ、ムールヴェードル、サンソー、カリニャン、シラーあたりです。
→ここは全体的になんとなくでいいんです。

C ラングドックのAOCについて

→すべて覚えるのは大変なので、主要AOCとVDN、VdLから確認しましょう。

●赤・白・ロゼの全てが認められるAOC
※ブドウ品種をAOC別に覚える必要はありません。

・Corbieres
・Minervois
・Faugeres
・Saint Chinian
・Languedoc
→最後のAOC Languedocのみが少々特殊で、ラングドック・ルーシヨン全体をカバーする広域のAOCです。後ろにコミューン名を記載でき、Pic-St-Loupなど有名産地もありますが覚える必要はありません。

●さらに上記のAOCの後ろに何かがつくとのみになります。
→こちらも細かく覚えなくてもいいと思います。なんかつけば赤で。

・Minervois La Liviniere
・Corbieres Boutenac
・Saint Cinian Berlou
・Saint Cinian Roquebrun

ワインのみのAOC

Fitou

●VDN、VdLはこのラングドックではすべて白ワインになります。
→VDN、VdLについては次回。

とりあえずここまではしっかり押さえておきましょう。余裕のある人は地図で位置関係を確認した方がよいかもしれません。そろそろ出るかもってことで。

ここから先は、もう少し勉強が進んだ頃に戻ってきて確認する程度でよいと思います。でも、頑張れる人は進んでもイイですよ!

~~~~
●赤・白のAOC
・Limoux
→シャルドネやメルロも使用されます。

●赤・ロゼのAOC
・Cabardes
→カベルネ系、メルロも使用されます。
・Malepere
→こちらもブドウ品種が特殊。赤はメルロ、ロゼはカベルネ・フラン主体ってなんとなくね。

●泡のAOCがいくつかありますが、Cremant de Limoux以外は白のみが認められています。
→AOC Cremantはどこで造られても瓶内二次発酵で、赤はありません。

・Blanquette de Limouxの主要ブドウ品種が2013年に問われました。まぁ、他のAOCとは一線を画しているのでボチボチ有名なのですが。Cremant de Limouxがシャルドネ主体、Blanquette de Limouxはモーザックという聞きなれないブドウで、共に瓶内二次発酵です。←近年の流れからするとLimoux系にはちょいと注意が必要かもしれません。

●白のみのAOC
・Clairette du Languedoc
→クレレットとブドウの名前がついてますから白ワインですね。だから試験にはでません。
ただ、Clairette de LanguedocにはVdL(白)もあります。

●ごく最近認定された新しいAOC
・Picpoul de Pinet(白ワインのみ)
→ピクプールって覚えてますか?これがわかると覚える必要はありません。
・Terrasses du Larzac(赤ワインのみ)
→ラングドック最新のAOCです。とにかく最新であることと、赤ワインであることだけ覚えれば十分でしょう。

なかなかハードですね。私も覚えられずに苦労した記憶があります。

この地域は気候的に恵まれているので、何もしなくてもブドウが育ちます。昔から苦労せずにブドウが育ったわけですから、あまり手間隙かけずどんどんたくさんワインを造ってきました。
ですから今でも手ごろな価格帯のワインが多く、フランスではスーパーなどで普通に売られており、AOCワインも一本2ユーロ程度からあります。

完全にテーブルワインの産地でしたが、ここ二十数年の間に、他の産地の高級ワインにも引けをとらない素晴らしいワインが生産されるようになりました。

【過去問】はルーシヨンを終えてから一気にやってしまいます。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2018 All Rights Reserved.