2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

ソムリエ試験二次対策用のワインを選ぶ

2020/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -




ソムリエ試験二次対策用のワインを選ぶ

最初に二次試験テイスティングの出題形式についておおまかにお伝えします。

ここ数年の出題パターンはソムリエ呼称:ワイン三アイテムエキスパート呼称:四アイテム、そして、蒸留酒・リキュール類から一、二アイテムです。

ワインに関しては、外観・香り・味わいの各テイスティングコメント、ワインの生産国・ブドウ品種・ヴィンテージなどを別紙の選択肢一覧から選ぶスタイルです

生産地域や生産者名は必要ありません。一般呼称では生産国までです。もちろん簡単ではありませんが、漫画の世界のように誰が造ったどこの畑の何年ものなんて神懸り的な解答は求められません。

そして、蒸留酒・リキュール類はその名称のみを選択肢から選ぶというものです。テイスティングコメントは必要ありません。

少しはホッとされたでしょうか?

さて、先日、主要ブドウ品種の特徴についてお伝えしましたが、今後はこの主要ブドウ品種のみに絞ってテイスティングしましょう。

白ブドウ
シャルドネ
リースリング
ソーヴィニヨン・ブラン
ゲヴュルツトラミネール
甲州
ミュスカデ

黒ブドウ
カベルネ・ソーヴィニヨン
シラー/シラーズ
メルロ
ピノ・ノワール
マスカットベーリーA(ガメイ)
サンジョヴェーゼ
ネッビオーロ

ここ数年の出題をよく見てください。並んでいるアイテムは”ほぼ”この講座で主要ブドウ品種として取り上げているものです。
時折、2017年度のマルベック、2013年度のカベルネ・フラン、2012年度のジンファンデルというような想定外のブドウ品種が出題されることもありますが、これらを落としてもその他の主要ブドウ品種をしっかり押さえれば全く問題ありません。さらに、カベルネ・フランもジンファンデルもブドウ品種の特定まで至らなくとも大まかなタイプ分けさえ間違えなければそれなりに得点になります。
→ジンファンデルに関しては、新世界(アメリカ)のピノ・ノワールをイメージしてテイスティングコメントを取れば、それほど大外しはしないはずです。マルベックは完全に諦めますが、テンプラニーリョは直前に触れることにします。

このように考えると、出るかどうかわからないブドウ品種にかまけている場合じゃないと思いませんか?

さらに、もっと時間のない方、余裕のない方はイタリア、スペイン品種(ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、テンプラニーリョ)、そしてなかなか特徴が捉えづらいメルロ、ついでにミュスカデをあきらめましょう。これらを捨ててもソムリエ呼称においては3アイテム出題されるうちの2アイテム、エキスパート呼称では4アイテム出題されるうちの2〜3アイテムは主要ブドウ品種でカバーされているはずです。

この講座はワインがわかるようになること以上にソムリエ試験合格を目指しております。それほど経験のない方が合格するためにブドウ品種を絞り込むことは私としては必須だと思うのです。

ですから、これからは対象を広げず、上記主要13品種のテイスティングに集中しましょう。→イタリア・メルロ・ミュスカデを捨てる!となれば9品種。

特に初心者の方は様々なブドウを経験するよりも特定のブドウ品種の特徴を理解し、目の前のワインが自分の中の基準(ものさし)においてどのような位置づけなのかを測れるようにならなくてはなりません。
→濃いのか、薄いのか、華やかなのか、おだやかなのか、酸が主体なのか、アルコール感が強いのかなどの尺度です。冒頭でお伝えしたように、世界中のさまざまなワインの中から目の前にあるワインの位置関係を計れることが理想ですが、もうそんなことをしている時間はありません。

この主要13品種にしぼっても試験中には思いっきり悩むものなんです。そして、毎年ブドウ品種正解”0”で合格される方がいらっしゃいます。外すつもりで試験に挑むわけではありませんが、”ブドウ品種を当てる”ことだけが重要ではないという証明です。合格するためには、よく知らない、ほとんど出題されないブドウ品種を答えている場合ではありません。

三アイテム(エキスパート呼称は四アイテム)出題されるワインのうち、ニアイテムはいや、何があっても最低一アイテム(二アイテム)は上記の主要品種のはずです。

とにかく一アイテムを確実にものにして(エキスパート呼称はできれば二アイテム)、その他に関してはブドウ品種のタイプ分けさえ大きく間違えなければテイスティングコメントはそこそこ似通っていますから問題なく合格です。100点満点である必要はありません。
→新世界メルロと新世界カベルネ・ソーヴィニヨンを取り違えてもそんなに問題はないということ。

言い換えれば、上記の主要ブドウ品種に関しては確実に一つか二つ、得点に結び付けたいのです。

私の講座では、二次のテイスティングにおいてブドウ品種を探る際に、上記の主要ブドウ品種から選んでしまう方法で進めます。出題される確率が高い品種を事前にイメージして試験に望むのです。

過去に出題されていないブドウ品種または、出題が一回程度の品種を解答することはリスクが大きいと言えます。もちろん出題される可能性はあります。それでも確率が低い。

反対に頻出主要ブドウ品種が出題されたにもかかわらず、マイナー品種と間違えて答えてしまうことになれば目も当てられません。このような言い方をするのもなんですが、一年の経験で、たとえば2012年に初めて出題されたジンファンデルを自信を持って答えられるようになるとは思えないからです。

受験者のテイスティング能力と出題される確率を合わせて考えると、合格するためには上記の主要ブドウ品種以外の解答は避けるべきだと私は考えています。
二次試験まであと何回、何種類テイスティングできるかイメージしてみてください。カベルネ・ソーヴィニヨンですら10回テイスティングできるかどうかといった感じでしょう。このような状況で試験に出る可能性の低いブドウ品種を知る時間は絶対にありません。

繰り返しになりますが、他の品種は無視して、主要ブドウ品種それぞれの特徴が自分の中でイメージできるようになるまでテイスティングを繰り返してください。

そして、主要ブドウ品種の特徴はもう十分に理解できたと思った方のみ、幅を広げればいいんです。→おそらくこんな人はほとんどいません。直前まで、メルロの特徴は掴めないでしょうし、新世界のシラーとカベルネで大いに悩むはずです。








この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2018 All Rights Reserved.