2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

イギリス

2020/05/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -




イギリス

イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの四カ国で構成される連合王国です。 1980年代から気候の温暖化とともにブドウの熟度が上がるようになり、特にイングランド南部で栽培されたシャンパーニュ品種で造るスパークリングワインが高い評価を得るようになりました。

A 歴史

・紀元前1世紀頃にベルガエ人(現在のベルギー周辺の人々)が英国南東部に進出してワインを持ち込みました。

・キリスト教が6世紀末に広まると、英国南東部の修道院でブドウ栽培とワイン醸造が行われました。

1152年にアキテーヌ女公アリエノールの夫アンリがイングランド王ヘンリー2世となり、現在のフランス西部と英国全体にあたる地域を支配し、ボルドーなど大陸側のワインが英国に盛んに供給されるようになりました。 →こちらはボルドーの歴史としてお伝えしたところです。

・1703年 英国がポルトガルと結んだ通商条約により英国から輸出される羊毛、ポルトガルから輸入されるワインの関税がそれぞれ引き下げられました。これを期にポートやマデイラの輸入が増え、これらのワインの発展に大きく貢献しました。

・1980年代から気候の温暖化と共に、イングランド南部で栽培されたシャンパーニュ品種で造られるスパークリングワインが国際的に高い評価を得始めました。

B 気候・風土

北緯49~61度ワイン栽培地としてはかなり北。メキシコ湾流(暖流)のおかげで、比較的暖かい海洋性温帯気候
→最近1世紀以上にわたって気候の温暖化が顕著で、1900年にはイングランド南端にわずかしか存在しなかった年間平均気温10°Cを超える地域が、2000年にはイングラ ンド南部の大半、2080年にはイングランドのほぼ全体に拡大すると予測されているそうです。

C 主要ブドウ品種とワイン産地

・栽培面積順 シャルドネピノ・ノワール→バッカス→ピノ・ムニエ→さらに、EUでは高品質ワインに使用されないセイヴァル・ブランやロンド、かつては栽培面積最大を誇ったミュラー・トゥルガウなどが続きます。

・スパークリングワイン 66%、白 24%、赤・ロゼ 10% ・四カ国のうち、最大の生産国はイングランドで、8割以上を占めます。
→イングランド南部にはシャンパーニュ地方からイギリス海峡を超えて連なる白亜土壌が露出している箇所まで見られます。このシャンパーニュに近い土壌が硬質なミネラル感を持つスパークリングワインを生み出すことになります。

・イングランドにおける最大の産地はサウス・イースト・イングランド地方(州別ではケント州)です。

D ワイン法

・地理的表示保護P.G.I(Protected Geographical Indication)

原産地名称保護P.D.O.(Protected Designation of Origin)
English Wine
イングランドのみで収穫されたブドウのみ。アルコール8.5(捕糖後9.0)〜15%、最大収量80hl/ha。スパークリングワインは伝統的製法、最低9ヶ月の瓶内熟成、ガス圧3.5バール以上、最低アルコール10%、ブドウ品種はシャルドネ、ピノ系を主体におおよそ想像できるもの。

Welsh Wine
ウェールズ産のみで収穫されたブドウのみ。以下、English Wineと同じ。

Sussex Wine
イングランドのサセックス地方で収穫されたブドウのみ。以降、数字がちょっと違うと覚えておきましょう。

Darnibole Wine

British Wine(伝統的表現として認められている呼称)
輸入ブドウや濃縮ブドウを利用して英国で造られた酒類。一般的に価格・品質ともに水準は低い。→日本にもこの曖昧な表現のワインもどきがございます。




ソムリエ試験 過去問

【過去問】
イギリスで生産されるワインのうち、スパークリングワインが占める割合として適当なものを次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. 22%
2. 44%
3. 66%
4. 88%

【過去問】
2015 年統計で、イギリスのワイン生産州のうち、最もブドウ栽培面積が大きい州を次の中から 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Essex
2. Kent
3. West Sussex
4. East Sussex

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2019 All Rights Reserved.