2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度

フランス
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
ドイツ

アメリカ・カナダ

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017

エクセレンス呼称対策
フランスワイン講座

ルクセンブルク

2021/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -




ルクセンブルク

フランスとドイツ、ベルギーに接するルクセンブルクは「フランスの質とドイツの量を兼ね備えた美食の国」と言われ、ワイン造りにおいても2000年の伝統を誇ります。政府自ら5haのブドウ畑を所有、”政府ドメーヌ”としてオリジナルワインを生産しており、外交シーンで活躍しているとのことです。

※国名の記載はありませんが、フランスとドイツ、ベルギーに挟まれた上記赤丸のところがルクセンブルクです。→国土は神奈川県と同じくらいのようです。

地図は旅のとも ZenTechさんよりずっとお借りしてました。ありがとうございました。

A ルクセンブルクのワイン

ワイン産地はドイツとの国境に流れるモーゼル川左岸、シェンゲン条約で知られるシェンゲン村から北に42キロ続きます。緯度はシャンパーニュと同じくらい、標高はそれほど高くない(150m〜250m)ものの、最大傾斜60度と急斜面にブドウ畑が連なります。→必然的にブドウ栽培は手作業になります。機械を入れられませんから。

気候は大陸性気候の影響のある海洋性気候。夏暑すぎず、冬寒すぎず非常に穏やかな気候。

生産されるワインの9割が白ワインで、スティルワインは伝統的に単一品種で造られます。また、スパークリングワインの歴史も長い。←クレマン・ド・ルクセンブルク

近年、品質向上の為に収穫量を抑えるようになり、2009年をピークに生産量は減少を続けてきましたが、2018年は天候に恵まれたこともあり再び10万hlを超えました。

「一人当たりのワイン消費量」が2018年で45.2L、毎年世界トップ5に入る数字を残します。ただ、これはルクセンブルクの付加価値税(日本でいう消費税)が近隣諸国より低く設定されており、国境を越えてワインを買いに来るルクセンブルク人以外のワイン消費、さらに国外よりルクセンブルクに通勤する人々が人口58万人に対して17万5千人もいてワイン消費量を押し上げており、これらの数字が反映されているためと言われています。

B 主要ブドウ品種とワイン法

・主なブドウ品種
リヴァネール←過去4割のシェアから年々減少傾向。それでもまだNO1、現在23%。
ピノ・グリ
オーセロワ←他国では補助品種ですが、珍しく単一で仕込まれます。
その後、リースリング、ピノ・ブランと続きます。また、地球温暖化の影響もありピノ・ノワール(現在9.9%
)が増えています。

ワイン法
・2014年まで、1932年に施行されたワイン法に基づき、ワインごとに科学検査と専門家による官能試験で4等級に格付けし毎年更新してきました。

・2015年より新AOPを導入し、これまでの官能試験によるポイント評価制から、生産地と収穫高による格付けに移行しました。
「Cotes de」→「Coteaux de」→「Lieu-dit」の順に上級になります。
→”Cotes”も”Coteaux”ほぼ同じ意味で、”丘”を指しますが、ニュアンスとして”Coteaux”の方が小さなイメージで、小さな丘、小さな区画的なイメージなのだと思います。”Lieu-dit”はここ最近シャンパーニュ地方でよく聞く言葉で、土地の最小区画を表します。一般的にワインは小さな区画を指すほど上級です。

・クレマン・ド・ルクセンブルク
瓶内二次発酵・9ヶ月の瓶内熟成、ミレジメは24ヶ月以上→クレマンの為にシャルドネも栽培されるようになりました。

・2021年からAOPワインとクレマン・ド・ルクセンブルクに新しいロゴとボトルキャップを義務付けるようになります。

C ワイン産地

モーゼル川流域に南北にワイン産地が連なります。以下は北から順に。

北部→土壌はムッシェルカルク(貝殻石灰岩土壌)ワインは酸とミネラル

・Wasserbilling(ヴァッセルビリグ)
・Grevenmacher(グレーヴェンマッハ)
・Ahn(アーン)
・Wormeldange(ヴォーメルダンジュ)
Stadtbredimus(スタッドブレディムス)

南部→土壌はコイパー(泥土岩)ワインはフルボディ
・Remich(レーミッヒ)
・Wellenstein(ヴェレンシュタイン)
Schengen(シェンゲン)

ここもそんなに気合を入れる必要はないと思います。



ソムリエ試験 過去問

シニア呼称から。

【過去問】
ルクセンブルグのワイン産地を北から南へ並べた際、組み合わせとして正しいも のを1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Ahn – Grevenmacher – Remich – Schengen
2. Wasserbillig – Wormeldange – Wellenstein – Stadtbredimus
3. Grevenmacher – Wormeldange – Remich – Wellenstein
4. Ahn- Wasserbillig – Stadtbredimus – Schengen

【解説】
頭文字Wの産地が三つ、Wa、Wo、Weの順ですね。

ヨーロッパも後少しで終わりです。明日も頑張りますよ!

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩





この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.