2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
ワインの酸とアルコール
主要ブドウ品種の特徴

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、フランス概論

スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア

二次テイスティング受験報告2014
二次テイスティング受験報告2015

エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

スロヴェニア

2021/05/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -




スロヴェニア

今回はスロベニア、その後、クロアチア、ルーマニア、ブルガリアに進みます。
→スロヴェニア、どこにあるのって思いませんか。1991年にクロアチアと共にユーゴスラビアから独立した比較的新しい国でイタリアの北東にあります。緯度的には、ほぼボルドーと同じです。

これらの国はこれまでソムリエ試験的にはほとんど重要視されず、2016年になってようやく出題されるようになりました 。ただ、近年のソムリエ協会の傾向としてはより幅広い知識を求めているように思えることもあり、おそらくこの流れは続くものと思われます。だからこそ、この時期にサラッとでも見ておきたい一方で、100点取る必要はないので、効率良く乗り切りたいとも思うわけです。

そこで、出題されても一問、まずは基本を知っておこうということで、ちょっと楽して割り切って乗り切るために今後もたまにやります、その国特有のkeywordだけを覚えて乗り切ろうという作戦です。→今はこれだけでやり過ごして、直前のCBT試験情報で詰め込めばOKじゃないかなと。

スロヴェニアのkeyword!
・PDO:原産地呼称保護
・ラシュキ?レンスキ?リーズリング
・プリモルスカ / 赤ワイン(レフォシュク) / アドリア海
・ポドラウイエ / 白ワイン / 最大
これだけ覚えて乗り切る。

しっかり勉強する方はこの先にお進みください。

地図は旅のとも ZenTechさんにお借りしました。ありがとうございます。

A スロヴェニアのワインについて

・西にアドリア海、北にアルプス山脈、東にはハンガリー平原。
・ワイン造りの歴史は古く、最古の記録は紀元前6世紀。
・14世紀から第一次世界大戦まではオーストリア・ハンガリー帝国の支配のもとワイン造りが発展しました。
・1991年に旧ユーゴスラビアから独立。
・2004年 EU加盟

・単一のブドウ品種から造ることが主流で、白ワインの方が生産量が多い(68%)。
ラシュキ・リーズリングが栽培面積最大

◆スロヴェニアのブドウ品種栽培面積順に
①ラシュキ・リーズリング
②レフォシュク
③シャルドネ
④ソービニヨン・ブラン

◆スロヴェニアのワイン法

・P.G.I.:地理的表示保護

プリモルスカ、ポドラウイエ、ポサウイエのいずれかの1地域のブドウを85%以上使用。原産地表記可。

・P.D.O.:原産地呼称保護
Kakovostno vino ZGP 統制保証原産地産上級ワイン:3地域の中の9地区が指定。100%、補酸・減酸禁止。→カコヴォストノ=品質、クオリティ 

Vrhunsko vino ZGP 統制保証原産地産”最”上級ワイン:同様に9地区。100%、補糖・補酸・減酸禁止。→ヴルフンスコ/vrh = トップ、頂点
Vが付いてる方が最上級ってくらいで十分じゃないですか。Vの方が偉い感じだし。
遅積み・貴腐
Ponza なんとか… シュペトレーゼ
Izbor アウスレーゼ
Jagodni…ベーレンアウスレーゼ
Suhi Jagodni…トロッケンベーレンアウスレーゼ
Ledeno Vino アイスワイン
→頭文字を意識するくらいで…。

・PTP:統制保証原産地産伝統的なワイン→こちらも”伝統的な”と問われた時にPDOじゃなくて、えっと、PT…なんだっけというくらいで十分でしょう。



B スロヴェニアのワイン生産地

・Primorska プリモルスカ地域(統制保障原産地地区 4)
イタリアとの国境付近、アドリア海沿岸地域。温暖で生産量の46%が赤ワイン。レフォシュク種(クラキシュ・テランとして有名)。

・Podravje ポドラウイエ地域(統制保障原産地地区 2)
北東部のハンガリー平原の地域、スロヴェニア最大の生産地。隣接するオーストリア、ドイツの影響でアロマテックな白ワインが主流。レンスキ・リーズリング(=リースリング)、シポン(=フルミント:ハンガリー)モドラ・フランキニャ(ブラウ フレンキッシュ)

・Posavje ポサウイエ地域(統制保障原産地地区 3)

南東部、クロアチアと隣接する地域。単一品種主体のこの国には珍しくブレンドが多い。白・ロゼ主体。ツヴィチェックというロゼワインが有名。

2016年初登場!ですから、シニア呼称からも過去問をちょいと拝借。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
スロヴェニアで栽培面積が最も広いブドウ品種を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Refosku
2. Laski rizling
3. Chardonnay
4. Malvazija

【過去問】
スロヴェニアで最も赤ワイン生産量が多い地域を 1 つ選び、解答欄にマークして
ください。

1. プリモルスカ地域
2. ポサウイエ地域
3. ポドラウイエ地域

【過去問】
スロヴェニアワイン法の品質分類で最も上級とされるものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. I.G.P.
2. P.G.O.
3. P.D.C.
4. P.D.O.

【シニア過去問】

次のスロヴェニアに関する記述中(A)および(B)に該当する語句の組み合わせとして正しいものを1つ選んでください。

「スロヴェニアは西には(A)、北には(B)、東にはハンガリー平原とその地形はダイナミックに変化する。」

1. A 地中海    B ピレネー山脈
2. A アドリア海  B アルプス山脈
3. A リグリア海  B アルプス山脈

4. A 黒海     B アルプス山脈

【解説】

アルプス山脈はフランス南西部からスイス、ドイツ南部、イタリア北部スロヴェニアを経てオーストリアまで連なっています。ピレネー山脈はフランスとスペインの国境にあります。

【シニア過去問】

次の中からスロヴェニア全域に栽培されているワイン用白ぶどう品種に該当するものを1つ選んでください。

1. Sauvignon Blanc
2. Riesling
3. Pinot Blanc

4. Gewurztraminer

【解説】

以前はスロヴェニア=Sauvignon Blancと(ソムリエ教本では)言われておりました。ただ、現在はLaski Rizlingの栽培面積がSauvignon Blanc や Chardonnay のほぼ2倍あるようです。この当時の協会発表の模範解答は1.でした。

今はサラッと流して、また夏頃にCBT試験情報と共に振り返りましょう。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.