2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

ソムリエ試験二次、テイスティングの受験報告2014~ソムリエ呼称 2

2020/06/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

※表紙は空を湖面に映し出す”天空の鏡”と呼ばれる南米のボリビアの塩の大地「ウユニ塩湖」




ソムリエ試験二次、テイスティングの受験報告2014~ソムリエ呼称編 2

協会発表の出題アイテムです。

・アメリカ / シャルドネ / 2012
・オーストラリア / カベルネ・ソーヴィニョン / 2011
・フランス / ピノ・ノワール / 2009
・ドライ・ヴェルモット
・カルヴァドス

1つ目の白ワイン
色調からシャルドネを探るつもりで香りを…洋なし、パイン、バターを感じ八割くらい新世界のシャルドネのイメージでした。口に含むと、しっかりとした果実味、リースリングも頭をよぎるがそれらしい酸を感じず、仏・シャルドネらしいミネラル感、上品さを感じられず、結果米・シャルドネ・2011と解答。マニュアルと自分の感じたものをすり合わせテイスティングコメントを選択。きっちり10分。

2つ目の赤ワイン
ここは恥ずかしながら大誤算。色合いからシラーかな?と思い香りを…あっ!違う!サンジョヴェーゼ!?と感じてしまったことが運の尽き。修正不可能な思い込みからサンジョヴェーゼの特徴ばかりを探し出し、そのまま伊・サンジョヴェーゼ・2009に…。ホントに思い込むとその特徴ばかり探してしまうものですね。豪・カベルネ・ソーヴィニヨンなのでテイスティングコメントは若干似た部分があったかな?

3つ目赤ワイン
ここは即決!色合い、香り、味わい。イメージ通りの仏・ピノ・ノワール。そして2009年まで正解!

ピノ・ノワールが即決だった為時間的に余裕を持ってその他の酒類に!その前にワインを一通りテイスティングして自分の選んだ品種を確認。

リキュール1つ目。
昨夜職場から帰る際、ふと思いたち店内に戻りお店のお酒の香りを一通り確認。ありました、その中に!チンザノドライ!ドライ・ヴェルモット!

リキュール2つ目。
これも香りを確認していたんです。が、正直これはないと思ってました…。昨年、一昨年とエキスパートで2年連続して出題されましたから……残念ながらシングルモルトを選択。

ここであと10分。

マークシートをチェック。選択ミスが2箇所。選択数が足りてませんでした。

シャルドネとピノを外しかなり悔しい思いをしました。マニュアル通りに解答していれば、樽を感じたらシャルドネ、軽い赤い果実が主体ならピノを実践していれば、両方正解することが出来たはずです。迷いに迷って違う品種にしてしまいました。

必勝マニュアルはティスティング経験の浅い人が短期間でなんとか7割取れるようになるとうたっているだけあり、信じてきちんと実践していれば合格に手が届くであろう完成度の高いものだと試験を終えて改めて感じました。あくまで合格するために必要最低限という考え方が非常にわかりやすかったと思います。

白ワイン1:わかりやすい樽香がありシャルドネ。収穫年、生産国、品種ともに正解。

赤ワイン1:カベルネとシラーで迷い、なんとかカベルネに持っていくものの産地はチリと解答。フランスでは無くニューワールド、特に南半球だとは思ったのですが、オーストラリアのカベルネを飲んでいなかったので判断できず。

赤ワイン2:色合いからピノとサンジョヴェーゼで迷う。収穫年は正解。ピノの特徴を捉えられず、結局サンジョヴェーゼと解答し、生産国、品種は不正解。

ドライ・ベルモット:これはすぐに解りました。

カルバドス:焼きりんごのニュアンスを感じ取れず、ウイスキーと解答。終了直前の時間がたった状態で微かにリンゴ香を感じ迷いましたが”迷ったら最初の印象を優先の法則”に従い、不正解(笑)




私は1番目の白ワインから樽香をしっかりと感じていたのにもかかわらず、色の薄さだけでリースリングにしてしまいました。

二次試験会場に入るとすでに赤二品種、その他のアルコール二種が並んでいて、最後の白一種がオリエンテーション前に配られました。ここでテイスティングマニュアル開いたらカンニングかなー?と思いつつも、マニュアルを見ながら待機してました。

オリエンテーションも終わり、試験が開始し白からテイスティングを始めました。

白ワイン1
どちらかといえば”薄くはない”と言い切れる色調。これは試験開始前から眺めて感じていました。粘性は普通くらい。輝きがあるといえばあるのでしょう。

香りを確認すると、”樽”っぽい。松岡さんが樽を感じたらシャルドネと言っていたので、シャルドネの印象を思い出しながらテイスティングを進めます。リンゴや洋ナシのような香りが爽やかというほどでもないのですが、綺麗な感じで新世界の印象は受けませんでした。

味わいも非常にバランス良く、果実味、酸味などがまとまっており、これはシャルドネですね、という味わいでした。ただ、香りからも味わいからも新世界の強さ、太さは感じられずフランスと解答。

赤ワイン2
濃く、黒く、そして若いニュアンスの外観から”薄い系”品種と”熟成系”ではないだろうと想定。香りを確認すると、黒い果実系で凝縮感もあり新世界の濃い系品種であることまではわかったのですが、ここから悩みまくりました。カベルネの青っぽいニュアンスを感じるような気もするし、シラーズの酸を感じるような気もします。さらに丸く感じなくもないのでもしかしてメルロもあり??って感じで。

味わいもアルコールのボリューム感や黒果実のニュアンスから新世界であることは確信しました。しかし、肝心のブドウ品種が特定できません。どれでもありで(CS、Sy、M)、どれでもないんです。時間だけが過ぎます。

このわけのわからなさはメルロ!ということでオーストラリアのメルロにしました。カベルネを外して、捨てていた生産国は当たり。そして、この二番目の赤ワインに時間をかけすぎました。
→この迷い方をした時はカベルネ・ソービニヨンを選択するのが確率です。メルロは出題される可能性が圧倒的に低く、この3品種でなやむということはシラーズではない可能性が高いと思うからです。

赤ワイン3
手を触れずに色調だけ見ていればピノ・ノワールだったんです。でも、どうも熟成系の赤味を感じてしまいました。また、時間が迫っていることもあり焦っていました。

香りを確認するのですが、いまいち特徴的な香りを感じないのです。確かに赤い果実系だったと思います。でもピノにはない凝縮したニュアンスも感じるのです。一方で新世界のような太さ、強さ、樽の感じはありません。ネッビオーロ?と思ったら最後、ネッビオーロの特徴を探してしまいました。

正解をフランスのピノ・ノワールと聞いて後悔しまくりです。第一印象はピノでしたから。熟成系の色調(と思った)、香りが閉じていた?ことを複雑さととらえたこと、凝縮感を感じてしまったこと、この三つのポイントで徐々にピノから外れていき、結果ネッビオーロとしてしまいました…。

白1:うんうん、樽の香りですね。だったらシャルドネです。味わいも良く飲むシャルドネに間違いない。ただ、フランスか新世界かいまいち感じ取れませんでした。とりあえずフランスにして、ヴィンテージは白ワインは二年落ちにしようと決めていたので2012年で正解でした。

赤2:おー、黒い、黒い、黒い。外観も香りも黒い系でした。そして特徴的な酸。黒くて酸といえばシラー。おっ、メントールもしっかり感じます。この強さ、甘さでフランスはありえませんからオーストラリア。ヴィンテージは若いと感じた方を三年落ちと決めていたので2011年。

えっ、カベルネですか?かなり自信をもってシラーズだったのに…。ショックです。

赤3:これこれ、私ピノピノ星人なんです。ピノ・ノワールからワインに入りまして、ですから赤2のタイプはあまり飲まないのですが、ピノはけっこう飲んでいるんです。色調も香りもピノですね。良く熟した年かな。やや香りが閉じ気味でしたが、これはフランス・ピノです。ヴィンテージは四年落ちの予定でしたが、ふと良く熟した何かを感じ、近年で良い年といえば2009年だったなと。

はい、さすがにピノは外しません。

ドライ・ヴェルモットは飲んだことがなかったのでわかりませんでした。でも、ここはいいんです。知らなければあきらめるつもりでしたから。そして、カルヴァドスは取りました。これはたまにお店のものをくすねて飲んでいたのです。しっかりとリンゴの香りを感じ取りました。

全てのコメントはマニュアルを基準に選択しました。もしマニュアルが無かったらと思うとぞっとします。あの膨大なコメント群から自力で試験時間内に適切なコメントを選ぶことは私には不可能でした。マニュアル通りにコメントしても時間ギリギリでしたから。香りを一つ一つ確認する時間なんて全くありませんでした。

こうして受験された方の生の声を聞くと見えてくることがありませんか?

アドバイザー・エキスパート呼称編 1に続きます。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2015 All Rights Reserved.