2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

三次試験対策 ソムリエ実技
今年の二次のテイスティングを振り返る
はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

赤ワインの尺度~ソムリエ協会の求めるベリー系の香り

 
この記事を書いている人 - WRITER -

第85回

少し前になりますが、このようなメールをいただきました。

勉強を始めるのが遅く、GWを過ぎたところで”シャブリ”なのですが、今から必死にやると間に合いますでしょうか?

いただいたコメントに対する私の返答はこちらです。

ーーーー

正直申しまして、ちょっと厳しいかもしれません。ただ、この状況からでも合格する方はいらっしゃいます。実際に、昨年いただいた合格しましたメッセージに書かれていた一次試験対策の最短記録は二か月弱でした。

一次試験まであと最長三ヶ月ほど、もうこれ以上無駄な時間はない!というくらい真剣に本気で努力すれば間違いなく合格です。 そして、それくらいやりきることができれば、人生においても何かが見えるようになるかもしれません。ソムリエ試験合格以上に素晴らしい経験になることは間違いありません。万が一、来年の受験を目指すことになっても、今年思いっきり努力したことは200生きてきます。

私なら今日から思いっきり頑張る方を選択します。ただ、もし一瞬でも明日からでいいやと思われたならもう無理でしょう。

本気で頑張ると決めても時間がありませんから細かい知識は後回し、まずは基本ということでこの”こーざ”で太字にしている箇所や重要事項のみを頭に入れましょう。また、ソムリエ試験的新興国(ジョージアやルクセンブルグなど)は教本のプロフィールのところだけをしっかり読み込みましょう。 あとは受験直前のCBT試験出題情報に賭けます。

テイスティングはできれば週に一回は行ってください。ワインを比べて違いを感じてください。

テレビは一切見てはいけません。今日くらいと思った瞬間に負けです。さようなら。だらだらとネットサーフィン、SNSへのいいね!も同様です。

二、三月くらい本気になってみてはいかがですか?大変だと思いますよ、きっと。でも、秋から冬なった頃には今とは違ったあなたがいるかもしれません。

ーーーー

このあとに前向きなメールをいただきましたので、今はかなりハイペースで頑張られていることと思います。

このメールをいただいた方に限らず、これから一次試験受験日まで三か月間前後、本気で100%やりきることができれば、その達成感を持って試験当日を迎えられたなら、それはソムリエ試験合格以上に価値のあることだと私は思います。

ぬるま湯から出る決意をした瞬間、人間の成長は始まる。自分よりちょっと上にある不快ゾーンに手を伸ばそう。by 紫舟(書家)

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ

※表紙はブルーベリーです。




赤ワインの尺度~ソムリエ協会の求めるベリー系の香り

石田さんの「10種のぶどうでわかるワイン」にベリー系の香りのついての記述があります。
※ソムリエ協会の重鎮である石田ソムリエがブドウ品種について感覚的なことも含めて書かれています。必ず読んでください。

非常に大切なことなのでここで読み返してみたいと思います。
P103より原文より抜粋
・スグリ
味わいは軽く、酸味が主体のフルーツです。ワインはフレッシュで、若々しく軽いタイプを示します。
・ラズベリー
味わいはより強くなり、酸味も強いです。若々しいワインですが、より濃縮感があります。
・ブルーベリー
実もしっかりとし”カリッ”とした噛みごたえがあります。酸味と甘みのバランスがとれた味ワインとなります。
・カシス
甘さを連想させる香りがはっきりと感じられます。酸味もありますが、甘みや豊かさのあるワインです。
・ブラックベリー
凝縮感がとても強そうです。成熟度の高さが際立ちます。
・ブラックチェリー

酸味よりも、甘み渋みが前面に出ています。 

何の香りがするかととらえること以上に大切なのは、香りの変換をスケール(ものさし)と考え、成熟度合いを推測するためにベリーフルーツにたとえることです。

この部分です。ソムリエ協会を司る方がこれが基準だ!とおっしゃっているのです。実際にカシスの香りがするから、これはブルーベリーっぽいな、なんて私たちがどう感じるかというレベルのお話ではありません。

スグリ→ラズベリー→ブルーベリー→カシス→ブラックベリー→ブラックチェリー

こんな目盛りのついた”ものさし”があるというイメージです。目の前にある赤ワインの成熟度がどのベリー系果実に当たるのか、ブドウ品種別にどのベリー系果実のニュアンスが顕著なのかを意識する必要があるということ。香りの強弱、凝縮感から上記のベリー系フルーツに当てはめ、これくらい成熟しているから例えばカシスだなとソムリエ協会の基準で判断できることが二次試験的に大変重要なポイントです。
→石田さんも書かれていますが、”ブドウの成熟度を「中間より上」と感じたならカシスといえばよい”ということです。まぁ、正直難しいです。最終的に、テイスティングコメントを覚えていただきますので、その時にカシスであればこの位置なんだなと思えれば十分です。

ブドウ品種別石田さんの目安
・カベルネ・ソーヴィニヨンはカシス
・メルロはブルーベリー
・ピノはラズベリーからブラックチェリーまで様々

・シラーはブラックベリーブラックチェリー

このように石田さんが書かれていますから、間違いなく一つの基準になります。

上記のベリー系果物の実際の香りを知ることが本当は大切なのですが(そんなことやってる時間もありませんし)、ソムリエ協会的にはこのベリー系果実を用いて特に黒ブドウの成熟度を表現しているんだということを理解してください。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.