2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度
テイスティング用語選択用紙
テイスティング関する質問に

必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー

論述試験対策

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017
二次ソムリエ2018
二次エキスパート2018
二次ソムリエ2019
二次エキスパート2019

はじめに、読み方、使い方

フランス
スペイン、ポルトガル
イタリア
スイス、オーストリア
ハンガリー、スロヴェニア
ギリシャ、クロアチア
ブルガリア、ルーマニア
ジョージア、モルドバ
英国、ルクセンブルク
ドイツ

アメリカ、カナダ
チリ、アルゼンチン、ウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

エクセレンス呼称対策
フランスワイン講座

シチリア、サルデーニャ <D>

2021/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第61回

東京オリンピックについて思うこと。
前回は飲食業界にいるものとして思うがまま感情的に書き殴りました。今日はこの講座とは本当に全く関係のない話ですが、東京オリンピック開催の是非に関して私が一番思っていることを綴ります。

世論の反対をよそにあくまでオリンピック開催を主張する政府ですが、私が思うところは政治家や電通の利権だとか、税金の無駄使いだとか、コロナ禍において…というようなことではありません。

不憫に思うのは出場を目指しているアスリート達のことです。まず、この行われるかどうか微妙な状況でモチベーションを維持しながら練習を繰り返すことは並大抵のことではないと思います。ただ、それは条件は皆同じと考えることもできます。だから、難しい状況だけどオリンピックを目指すことができるくらいのポジションにいることは本当に素晴らしいと思います。

ただ、もし開催されないとしたら。

このオリンピック”だけ”に向けて、もしかすると全てを犠牲にして練習・トレーニングを続けてきたアスリートがいるわけです。例えば今26歳、肉体的にも精神的にもピークを迎えようとしています。今年、五輪が開催されなければ次は29歳、このピークを維持することは不可能に近いでしょう。これまで四年に一回開催されてきました。そのどこかにピークを合わせてメダルや出場を目指して、日々おそらく私たちの想像を絶するトレーニングを繰り返してきたはずです。

今回のオリンピックが最大のチャンスだと考えているアスリート。開催され出場すればメダル確実といわれているアスリート。この人たちは次のパリでなんてことは絶対に考えられないはずで、本当に次は”ない”かもしれないんです。

過去にもオリンピックが開催されなかった年や外交的に国が出場を認めなかったことがありました。その時のアスリート達も本当に悔しい思いをしたはずです。

もちろん、これらを含めて人生です。運が悪かった、そしてその運も本人の実力と言ってしまえばそれまでですが。オリンピックに出場するかしないかは、その後の人生にも大きく影響するはずで、人によっては180度変わることもあるであろうと思うのでなおさらです。

いろいろ厳しい状況ではありますが、私個人としてはこの出場を望んでいるアスリート達のためにオリンピックが開催されるならそれはそれでいいのかなとこっそり思っています。

本当に大変な状況ですが、この講座のテーマです。
明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!

※表紙はエトナ火山

にほんブログ村 酒ブログへ



シチリア、サルデーニャ <D>

S Sicilia シチリア州

シチリア州はイタリア最南端<19>に位置し、イタリア20州の中で最大の州です。地中海最大のシチリア島の他に、パンテッレリア島などが属します。地中海のど真ん中、地理的戦略的に重要な場所にあり、古代からいくつもの民族、文明が通り過ぎていったため、閉鎖的なサルデーニャ島とは対照的に数々の文化・習慣・風習を受け入れつつシチリア独自の文化を形成していきました。

ブドウも同様に、西アジア原産のヴィーティス・ヴィニフェラがギリシャを経てシチリアを経由して古代ローマ帝国の拡大とともに北上していったといわれており、ほとんどのブドウ品種が一度はシチリアを通過したと考えられます。そして、現在もシチリアは土着品種の宝庫であり、数え切れないほどのブドウ品種が現存しています。

戦後の高度経済成長期には大量のバルクワインを生産していましたが、1990年後半から高品質化が進み、シチリアワインブームが起こりました。現在は、国際スタイル脱却の流れのもと、テロワール重視にシフトしています。

シチリア島は非常に大きな島で、全く異なる気候、テロワールが混在していますが、基本的には地中海性気候で温暖です。シンボルは島の北東側で火を吐くエトナ火山<18><19>
州別ワイン生産量は毎年上位に入ります。白ワインがやや多く、62%を占めます。<18>

 

主要ブドウ品種
白ブドウ
・カタラット<18><20>シチリアで最も多く栽培されている白ブドウ。アルコール度数が高いフレッシュな白ワインに。
・アンソニカ(=インツォリア):フラワリ―な香り。
・ジビッポ(=モスカート・ダレッサンドリア):パンテッレリア島でパッシートの甘口に
・カッリカンテ:エトナ固有。酸が強い。

黒ブドウ
・ネーロ・ダヴォラ(=カラブレーゼ)<18><20>:シチリアを代表する黒ブドウ。赤い果実、プラムの香り、力強い赤ワインに。
・ネレッロ・マスカレーゼ:エトナを代表するブドウ品種。淡く、酸・タンニンが強い。
・フラッパート:フラワリ―なアロマ。ブレンド用。

覚えておきたいDOC
Etna→白はカッリカンテ、赤はネレッロ・マスカレーゼ。土壌は火山性土壌。<18><19>
・Alcamo<18>→カタラットの白が有名。
↑上記二つはほぼなんでも(白赤ロゼ…)生産か可能です。
Pantelleria<20>
→シチリア島よりはるか南に浮かぶパンテッレッリア島においてモスカート・ダレッサンドリア種(地元でジビッポと呼ばれます)から造られる甘口ワインです。
・Malvasia delle Lipari<20>
→シチリアの北東にあるリパリ島、サリーナ島においてマルヴァジアから造られる甘口ワイン。

Marsala
1773年にイギリス人ジョン・ウッドハウス<18>がマデイラを真似て造り始めた酒精強化ワインです。カタラット、グリッロなどから造られます。この他に少量ながら、ペッリコーネ、カラブレーゼなどで造られるルビーノタイプも生産されています。

DOCG

Cerasuolo di Vittoria<18>
→この州唯一のDOCGで、Cerasuoloですがです。ブドウ品種はネーロ・ダヴォラフラッパートをブレンド

T Sardegna サルデーニャ

サルデーニャ州はシチリア州、ピエモンテ州に次ぐ三番目の大きさ、サルデーニャ島はシチリア島に次いで地中海で二番目に大きな島です。サルデーニャ人は山の民で閉鎖的、海を超えての通称や貿易に消極的であったため、島独自の文化・習慣が色濃く残っており、シチリアとは対照的です。

変化に富んだ美しい風景が広がる丘陵の多い島です。←平野部が少ない。また、上質のコルクの産地としても知られています。<18>

主要ブドウ品種
白ブドウ
・ヴェルメンティーノ<18><19><20>:黄桃のアロマ、かすかなほろ苦さ。
・ヴェルナッチャ・ディ・オリスターノ<19>:ヴェルナッチャの一種

黒ブドウ
・カンノウナウ<18><19><20>:サルデーニャ島で最も栽培されている黒ブドウ。=グルナッシュ(仏)

覚えておきたいDOC
Vernaccia di Oristano
→ブドウはヴェルナッチャ・ディ・オリスターノです。オリスターノ村の守護神である聖女ジュスティーナの涙から生まれたと伝えられることで有名です。発酵の段階で、シェリーと同じようにフロールと呼ばれる産膜酵母を発生させ、特有の香りをもたらします。

DOCG

Vermentino di Gallura<18><20>
→ブドウはヴェルメンティーノで、ふくよかでやさしい酸味の白ワインです。DOCGはこれ一つです。

さて【過去問】です。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
Vermentino di Gallura を産する州を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Sardegna
2.  Sicilia
3.  Calabria
4.  Molise

【過去問】
シチリア島で 1773 年に酒精強化ワイン Marsala マルサラを生み出したイギリス人の名前を選び、解答欄にマークしてください。

1. ジョン・シラー
2. アンドレア・バッチ
3. ヘンリー 2 世
4. ジョン・ウッドハウス

【過去問】
イタリアのワイン用ブドウ品種 Ansonica の別名を 1 つ選んでください。

1. Grecanico
2. Inzolia
3. Grillo
4. Vermentino

【解説】
日本ではInzoliaの名前で流通している方が多いように思います。

【過去問】
次の(A)、(B)、(C)のワインを産出する州を下記地図中 1 ~ 12 の中から 1 つ選んでください。

(A)Morellino di Scansano
(B)Taurasi
(C)Vermentino di Gallura

Sardegna

【過去問】
Marsala に使用されるブドウ品種を 1 つ選んでください。

1. Catarratto
2. Negroamaro
3. Coda di Volpe
4. Barbera

【過去問】
シチリア島のシンボルともいえる火山を1つ選んでください。

1. エトナ火山
2. ヴェズヴィオ火山
3. ポンペイ火山
4. カプリ火山

【解説】

上記選択肢の山々はそれなりに有名です。余裕のある方、興味のある方はどこの州にあるかくらいは見ておいてもよいかも知れません。

【過去問】
次の記述について正しい場合は1.を、誤っている場合は2.を選んでください。

「Sicilia州はイタリア最大の州であり、地中海最大の島である。ここで造られる唯一のD.O.P.( D.O.C.G.)は、Vermentino di Galluraである。」

1. 正    2. 誤

【過去問】
次の中から南イタリアのワインでアルコール度が15%と高く、熟成中のワインに産膜酵母を付けて独特の香りを出すようにしていて、地元で聖女ジュスティーナの涙から生まれたと伝えられている辛口白ワインを1 つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Alcamo Bianco
2. Vernaccia di Oristano
3. Ciro Bianco
4. Sambuca di Sicilia

【過去問】
次の中からシチリア州のD.O.C.G.ワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Vittoria
2. Sambuca di Sicilia
3. Cerasuolo di Vittoria
4. Faro

【過去問】
次の 1-4 のイタリアワインの中から赤の Spumante の生産が認められているD.O.C.G.銘柄を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Gavi
2. Fiano di Avellino
3. Vernaccia di Oristano
4. Vernaccia di Serrapetrona

【過去問】
次の中から18 世紀の南イタリアでイギリス人のジョーン・ウッドハウスが輸出用に開発したアルコール添加のリキュールタイプのワイン(アルコール度17 %以上のものと18 %以上のもの)で辛口と甘口があり、アメリカへ大量に輸出されているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Greco di Tufo
2. Moscato di Pantelleria
3. Fiano di Avellino
4. Marsala

引き続きCBT試験過去問、想定問題です。

【CBT過去問・想定問題 2018】
・シチリア州の説明として正しい文章を選べ。
・Etnaの土壌は?
・次の中からサルデーニャ州唯一のDOCGを選べ。
・酒精強化ワイン Marsala マルサラを生み出したイギリス人の名前は?
・次の中からシチリア州唯一のDOCGを選べ。
・エトナ火山はどの州のどのあたりにあるのか?
・サルディーニャ州の主要白ブドウ品種と黒ブドウ品種の組み合わせとして正しいものを選べ。
・サルデーニャ州の説明として正しい文章を選べ。
・シチリア州の主要白ブドウ品種と黒ブドウ品種の組み合わせとして正しいものを選べ。
・DOC Etnaの主要白ブドウ品種と黒ブドウ品種の組み合わせとして正しいものを選べ。

【CBT過去問・想定問題 2019】
・エトナ火山の麓の産地の土壌は?
・エトナ火山が有名なイタリアの州は?
・ヴェルメンティーノ、ヴェルナッチャ、カンノナウなどが主要ブドウ品種に並ぶイタリアの州は?
・イタリアにおいて最も南に位置する州は?

【CBT過去問・想定問題 2020】
・次の中からサルデーニャ州唯一のDOCGを選べ。
・「ローマの穀物庫」と呼ばれていた州は?【答】
・シチリア州の主要白ブドウ品種と黒ブドウ品種の組み合わせとして正しいものを選べ。
・サルディーニャ州の主要白ブドウ品種と黒ブドウ品種の組み合わせとして正しいものを選べ。
・Malvasia delle Lipariはどの州のDOP?
・シチリアの甘口ワインのDOPを選べ。

ーーーーーーー

【解答 2020】
・「ローマの穀物庫」と呼ばれていた州は?
→ローマ帝国の時代に穀物栽培が盛んになり、上記のように呼ばれるようになったのはシチリア州です。

次回、サラッと全体をおさらいしてイタリアも終了です!お疲れ様でした。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2021 All Rights Reserved.