2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

三次試験対策!ソムリエ実技について

エクセレンス呼称の二次試験について

今年の二次のテイスティングを振り返る

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度

テイスティング用語選択用紙
テイスティング関する質問に

必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナーのご案内
テイスティングセミナー模範解答

論述試験対策

エクセレンス呼称対策

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017
二次ソムリエ2018
二次エキスパート2018
二次ソムリエ2019
二次エキスパート2019
二次ソムリエ2020

はじめに、読み方、使い方

フランス
スペイン、ポルトガル
イタリア
スイス、オーストリア
ハンガリー、スロヴェニア
ギリシャ、クロアチア
ブルガリア、ルーマニア
ジョージア、モルドバ
英国、ルクセンブルク
ドイツ

アメリカ、カナダ
チリ、アルゼンチン、ウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

フランスワイン講座

プロヴァンス <D-1>

2021/06/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第33回

三月になりました。皆さん、ソムリエ試験対策は順調に進んでいるでしょうか?私の方は少し遅れながらもそれなりに順調にこの講座を更新しております。

さて、こちらをお読みの多くの皆さんが忙しいことは理解しているつもりです。毎日、家に帰ると「ふ〜」ってなるくらい疲れますよね。私も似たようなものです。仕事の日はおおよそ24時前に家に着き(通勤45分)、自分でご飯を作って食べます。→昨日まで時短営業でしたから22時前には帰ってました。

そして、その後が自分の時間。この講座の更新もあるし、ほんの少しですが本職以外の仕事もいただいているので、それらをこなしたり。ちょいとビールを一杯ということもなく、すぐにパソコンの前に座るように頑張っています。そして、まぁ、2時半を回りますよね、寝るのは。もう少し早く寝たいと思っていますが、なかなか。で、8時過ぎには起きて朝ごはんを食べて、日によっては朝ジムに行ってから職場に向かいます。→最近、このジムの時間を取れるように思いっきり意識しています。というか、意識して頑張らないと続きません。

休みの日の夜は食事に出ることが楽しみなので、それまでが自分の時間。できるだけ朝早く起き、すべきことをこなしたあとはすぐにパソコンに向かうようにしています。休みだからってボーッとしているとあっという間に一日が終わってしまいますからね。 本業は日本料理店として忙しい春の到来ですが、昨年から続くコロナ禍で…。→お客様の数は圧倒的に少ないのですが、営業前後の持ち帰りの弁当やその他増えた雑用を考えるともしかするとよけいに大変なのかも。はやく平穏な日々に戻ってほしいものです。

私の場合こんな感じで、自分の時間とやらなくてはいけないことを見比べて、今日このくらいこなさなければいついつまでに終わらないなぁなんて考えながらの生活です。けっこう忙しそうでしょ。 でも、私なんてまだまだで、世の中にはもっともーっと忙しい人がたーくさんいるんです。その超多忙な中、全てをテキパキこなして素晴らしい成果を出し続けている人は、凡人の私とは見える世界が違うんだろうなとさえ思っております。

だから、皆さんの“疲れて今から勉強する気にならない気持ち”もとってもよくわかります。私もたまに、眠くて眠くて思考がぜんぜんついていかない時がありますから。 でもね、たった半年、あと数か月だけ思いっきり頑張れば合格できるんです。だから、そろそろ本気になりましょうよ。私だって本当は眠いんです。ビールを飲みたいんです。でも、頑張ってます。 まだあわてる必要はありません。多少遅れてもイイので、あきらめずにしっかりとついてきてください。

さて、今回はプロヴァンス。

日本ではいまいちパッとしないロゼワインですが、フランスではけっこうな人気を誇ります。というのも、ある意味フランス人はヴァカンスの為に生きています。ヴァカンスと言えば南仏、そして南仏イコールロゼワイン。だからロゼワインには良い印象があるようです。
→フランスは年間5、6週間の有給休暇が定められており、完全に消化します。個人差はありますが、夏一ヶ月間の休暇というのが一般的です。当然、私もフランス時代はしっかりと一ヶ月休んで、ヴァカンスを謳歌しておりました。

特にパリの人にとって、夏はプロヴァンス方面に出かけて浜辺とロゼワインなんてイメージなのだと思います。例えば、ニースの海岸沿いには別荘タイプの高級アパートが立ち並びます。

夕暮れ時のニースの海岸と街並み(冬の景色ですが)
provence 1n

※表紙の写真はニースのお隣のエズという村の高台から見た地中海です。

このような雰囲気の中で飲むロゼワインはさぞかし美味しいことでしょう。→残念ながら、私は冬にしかこの地域に行ったことがありません。

少し前の新聞にこのような記事が記載されました。

フランスでロゼワインの消費の拡大が続いている。

フランス食品振興会の伝えるプロヴァンスワイン委員会の発表によると、ロゼワインの消費量は1990年にはスティルワイン消費量の10%程度だったが、現在では30%を超えている。消費の拡大は全世代にわたるが、特に18~24歳の層が、平均を上回る消費量だった。女性のロゼワインの消費量も増えている。国際市場では、ロゼワインの取引が拡大しており、ロゼの4本に1本は、フランス国外で消費されているという。

プロヴァンスは、フランスのAOCロゼワインの生産量の42%、世界のロゼワイン消費量の5%も占めています。

ロゼと言えばピンクの華やかな色合いが気分を盛り上げてくれます。ドンペリもピンクの方が偉いのですから。→ドンペリにはさらにゴールドもあります。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。今日疲れている人は明日も疲れているんですから。

三月になりました。まだまだ厳しい世の中ですが、季節は移ろいます。
にほんブログ村 酒ブログへ




プロヴァンス <D-1>

 

【ポイント】
・ロゼワインが生産量の89%を占めます。ほぼ全てのAOCで白・赤・ロゼが認められています。
・Bandol、Cassisは位置関係も含めて押さえておきましょう。

A 気候風土

典型的な地中海性気候。夏暑く乾燥し、晩秋から冬に雨が降る。ローヌからのミストラルと呼ばれる冷たく強い風が夏の暑さが和らげられます。→乾燥した気候のためカビ病も少なく、認証済みの有機農法の畑は24%にも!

B 主要ブドウ品種

おおよそ白ワインはロール、クレレット、赤ワインはムールヴェードル、グルナッシュ、サンソー、シラー、カリニャンです。
→ローヌに比べ、ムールヴェードルの重要性が増しますが、なんとなく、こんなブドウ品種ってくらいで十分です。一部、カベルネ・ソーヴィニヨンが認められているAOCがあります。

C 主要AOC

ほぼ全てのAOCで白・赤・ロゼ全てが認められています。

・Cote de Provence→なんと20,000ha!プロヴァンス最大のAOC。
下記四つはサブリージョン的な地域で、白が認められなくなります。

・Cote de Provence Sainte Victoire
・Cote de Provence Frejus
・Cote de Provence La Londe←これだけ2016年より白もOKになりました。
・Cote de Provence Pierrefeu
→単純に、Cote de Provenceになんかついたらロゼ。一つだけ白OK!これくらいで十分です。これ以外は全て赤・白・ロゼOK。

Bandol<18><20>
黒ブドウはムールヴェードル主体<18>。ロゼ73%、赤22%。
赤ワインは18ヶ月以上の木樽熟成<18>が義務付けられています。
→他の地域にもこのような義務がたくさんありますが、Bandolが問われるような気がします。一方で、白ブドウについては問われないかと。

Cassis<18><20>
ブドウ品種はクレレット、マルサンヌ<19>、サンソー、ムールヴェードル、グルナッシュが主体ですが、それほど問われないでしょう。→赤、ロゼも認められていますが、白ワイン(67%)が有名です。ソーテルヌ、シャトーヌフとともに1936年に最初に認定されたAOCです。マルセイユの隣。

※BandolとCassisの位置関係を地図で確認しておきましょう。ちなみにCassisはフランス第二の都市マルセイユ近郊の産地です。

Palette
小さなAOC→生産者は4軒。シャトー・シモーヌが圧倒的に有名。

Bellet<20>
ニースの裏の急斜面に畑が点在します<18>。イタリアに近い産地<19>で、ブドウ品種が他とはちょいと違います。

・Pierrevert:最北のAOC<20> 


どの項目でもそうですが、細かいことを気にするとキリがありません。あくまでソムリエ試験に合格する為の講座なので、限られた時間内にどこまで覚えて、何を切り捨てるかというラインが大切だと思っています。

Belletに関してですが、白も黒も見慣れないブドウ品種が並んでいます。フェラ・ネラやブラケ…。覚えられるといいのですが、ここは思い切って、『Belletはプロヴァンスだから白・赤・ロゼが認められていて、何となく外れで(ニース、イタリアに近い)もしかするとコルシカ島やイタリアに近いからちょっと変わったブドウが使われている』くらいのイメージで先に進むことも一つだと思います。

また、主要ブドウ品種のところで、カベルネ・ソーヴィニヨンが認められているAOCがあるとお伝えしましたが、教本や参考書を眺めて、認められているAOCがいくつかあるなと思うだけで十分です。

このように”きっちり覚える必要があるところ”と、”そうでないところ”がなんとなくわかってくると、イイ感じで試験対策がすすんでいると判断してよいと思います。出題傾向を肌で感じ始めているということです。
ーーー

ここプロヴァンスやラングドックは近年、新しいAOCやサブリージョンの新設・昇格が見られます。余裕のある方は確認しておきましょう。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
プロヴァンス地方で最も東に位置するA.O.C.を次の中から1つ選び、解答欄に マークしてください。

1. Bandol
2. Bellet
3. Cassis
4. Palette

【解説】
試験中に「そういえば、Belletだったかな。イタリアだかニースだかに近くて、ブドウ品種もちょっと特殊だって書いてあったなぁ」とぼんやり思い出して2.をマークすれば正解。

【過去問】
プロヴァンス地方最大の A.O.C. を 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Bandol
2. Cassis
3. Coteaux d’Aix-en-Provence
4. Cotes de Provence

【解説】
難しく考えずに、一般的に広域のAOCの方が広いんだろうなという感じで。

【過去問】
次の中からA.O.C. Bandol Rouge の最低熟成期間に該当するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. 6 ヶ月
2. 12 ヶ月
3. 18 ヶ月
4. 24 ヶ月

【過去問】
次のぶどう品種の中からA.O.C. Coteaux d’Aix-en-Provenceの赤ワインに使用が認められていないものを1つ選んでください。

1. Mourvedre
2. Syrah
3. Cabernet Sauvignon
3. Tannat

【解説】
難しい問題ですね。Coteaux d’Aix-en-Provenceに使用されるブドウをきっちりと覚える必要はありません。全てのAOCに関して一つ一つ使用許可品種を覚えることはほぼ不可能ですから。なんとなく4. Tannatが異質だなと感じられればよいのです。このTannatは南西地方のAOC Madiran の主要ブドウ品種で、その他の地方ではほとんどお見かけしません。

【過去問】
次の中から A.O.C. Bandol Rouge の主要ぶどう品種に該当するものを 1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Mourvedre
2. Syrah
3. Rolle
4. Clairette

【過去問】
プロヴァンス地方のA.O.C. Belletの白の主要なワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。

1. Ugni Blanc
2. Vermentino
3. Grenache
4. Marsanne

【解説】
こちらも難しい問題ですね。さきほどAOC Belletはなんとなくコルシカ島やイタリアに近いなんて事をお伝えしましたが、コルシカ島やイタリアを勉強された方はなんとか2.にたどりつくことができたのではと思っています。Belletの白の主要ぶどう品種はRolle=Vermentino。まさに、コルシカ島、イタリアで出てきます。

引き続きCBT試験過去問、想定問題です。

【CBT過去問・想定問題 2018】
・AOC Bandolにおいて認められている黒ブドウ品種を選べ。
・ニース付近の急斜面に畑があるAOCは?
・地図問題 Cassisの位置
・プロヴァンス地方において最も東にあるAOCは?
・AOC Bandolの法定樽熟成期間は?

【CBT過去問・想定問題 2019】
・フォカイア人がフランスに最初にブドウを持ち込んだといわれている都市は?【答】
・プロヴァンス地方において最もイタリアに近いAOCは?
・地図問題 Bandolの位置
・AOC Cassisにおいて認められている白ブドウ品種2種の組み合わせとして正しいものを選べ。
・プロヴァンス地方において主にロゼワインに使用される土着品種を選べ。【答】

【CBT過去問・想定問題 2020】
・地図問題 Cassisの位置
・プロヴァンス地方において最も北にあるAOCは?
・AOC Belletのワインのタイプ(生産可能色・甘辛・泡)を選べ。
・AOC Bandolの主要ブドウ品種は?

ーーーーーーー

【解答 2019】
・フォカイア人がフランスに最初にブドウを持ち込んだといわれている都市は?
→ソムリエ試験初登場ですね。ここまで問われるようになったのかといった感じですが、この手の難問の解答は結構な確率で「有名である」ことが多いと私は思います。紀元前600年に「マルセイユ」を植民地としブドウを持ち込んだようです。

・プロヴァンス地方において主にロゼワインに使用される土着品種を選べ。
Tibouren(黒ブドウ品種)、こちらもおそらくソムリエ試験初登場です。

細かいところは必要ありません。どんどん進みましょう。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩 



この記事を書いている人 - WRITER -







Comment

  1. グラーヴ より:

    いつもありがとうございます。
    …WE受験予定(受験する意味がわからない)なので、本当に頼りにしています。
    手元の参考書
    (2019杉山明日香氏/2019塚本悦子氏)に
    Cote de Provence La Londe は2016より白が認められた
    …即ち3色との記述があります。
    でも、元々4つと考える方が分かりやすいです。

    普段「赤のみ。酸が苦手。なるべく、タンニン強くて濃いの。」
    と言ってきたので、白もピノ・ノワールも知りません。
    家飲み・独り飲みもしなくて、お酒が大好きな夫が糖尿病なので、お酒を家に置けません。
    …月2回150~200mlしか飲まないので、前途多難
    (500ml飲むと、3時間後から6時間激しい肩廻りの筋肉痛)
    一次だけは、勉強すれば受かると信じています。

    本当に酸が苦手で「酸に振り回されて、香りが取れない」
    …クローブ等の香辛料の香りもキノコの香りも土の匂いもよく知っているのに。
    お酒に強くないのに、ワインには興味だけはあります。
    東京のテイスティングには、お伺いしたいと思います。
    よろしくお願いいたします。

    • 松岡 正浩 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      見落としておりましたので、修正いたしました。

      その他のテイスティングに関する件に関してはまた改めて返信いたします。

      松岡

  2. グラーヴ より:

    メールでお送りすればよかったです。
    …メールアドレスを探したのですが、見つかりませんでした。
    先程見つけました。
    申し訳ありませんが、コメントできたら消しておいて下さい。
    お忙しいのに申し訳ありませんm(__)m

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2021 All Rights Reserved.