2020年度講座開講中!もう9年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次のテイスティングはなんとかなる!
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
お勧め本と書き留めてなんとかする!
ワインの酸とアルコール
ヴィンテージと温度
赤ワインの尺度~ベリー系の香り
二次対策用のワインを選ぶ
テイスティング、本当になんとかします!
テイスティングに関する質問に答えました

テイスティングのセミナーご案内
必勝マニュアルのご案内
テイスティングセミナー模範解答
2019年のテイスティング用語選択用紙
ファインズセット模範コメント

論述試験対策
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)

テイスティング報告2014年
テイスティング報告2015年
テイスティング報告2016年
テイスティング報告2017年
テイスティング報告2018年
テイスティング報告2019年

フランス
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォア
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
南西地方
コニャック、ラム、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ドイツ
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南ア
日本
テイスティング、ワインの購入・管理
チーズ、サービス実技
日本酒、酒類飲料概論

初心者のためのフランスワイン講座
試験対策ではないかもしれないけど…

ボルドーの基本

2020/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第9回

今日、日本各地で成人式が行われました。

毎年、ここぞとばかりに暴れる新成人がニュースになりますが、いつしかの成人式でのある市長のスピーチが素晴らしかったので紹介いたします。

新成人の皆さんは、年上の人たちからのアドバイスを散々聞かされることになるでしょうが、ハタチのころの私にとって、そのテの話に意味があったのかは疑問です。
みなさんより年上の人たちからの、所謂アドバイス的なモノは、もちろんみなさんのへの愛からくるモノではありますが、ハタチのみなさんが大事にすべきことは、年上の人たちのアドバイスではありません。

たとえば、年上の人たちが「そんなの無理だ。やめておけ」と言ったりします。その人は、あなたがその挑戦に破れて失敗すること、そして、その失敗があなたを大きく傷つけることを心配してそう言ってくれているのです。彼は彼の経験上、あなたの挑戦が失敗に終わると思っているのです。

でも、その人が「無理だ」と言うのは、「その人にとって無理」だっただけで、あなたには可能かもしれません。その人にとっての限界より、あなたの限界がもっと遠いところにある可能性はじゅうぶんにあります。ときには、彼らの「無理だ」という言葉が、可能性に溢れた若さへの嫉妬からくるものでありさえします。

たとえその人の言うように、あなたが失敗したとしても、その失敗したところから、次の挑戦をすればよいだけの話です。失敗して、傷ついて、大事なものを失って、そして、そこからどうするのかこそが、あたらしい価値を生み出せるかどうかなのです。

経験に基づく先人の言葉が価値を持つことも時にはありますが、彼らの言葉に束縛されることなく、自らで判断し、新しい価値を創造することのほうが重要です。
自分で決断し、自分で挑戦し、自分で失敗し、自分で這い上がり、自分で限界を超え、自分で常識を疑い、自分で新しい価値を創造し、自分で恋をし、自分で血と汗を流し、自分で幸せをつかむ、自由と責任があるんだという希望を、今日成人式で新たにしてもらいたいと思います。

みなさんが、これまでの人たちには無理だったことに挑戦し、新しい価値を創造できなければ、社会は発展しません。

みなさんは、私たちの世代に発明できなかったものを発明し、私たちの世代に救えなかった人を救い、私たちの世代が実現できなかった夢を実現する人たちです。
みなさまの若さに対して、最上級の敬意を表したいと思います。

あらためまして、本日は誠におめでとうございます。

こちらを読まれている方に二十歳の方はほぼいらっしゃらないと思いますが、倍以上の年齢になった私にも感じるものがあるスピーチでした。

ーーー

さて、今日から試験対策講座らしいことを始めます。表題通りボルドーからです。

というのも、酒類飲料概論は教本やどの参考書にも最初に書かれており、誰もがそこから目を通します。うまく読み進められればよいですが、なかなかそうはいかないものです。ちょっと進むとつまずいて、またしばらくして読み始めようと思うけど、どこまで読んだっけ?いいや、また最初から読もう…という繰り返し。そしてまたつまずいて…。←それ私でした…。

だからとりあえず後回しにします!

また、2014年の教本より”日本”の項目が一番最初に記載されるようになりました。それでも私はフランスから始めます。
この時期はまだ今年度のソムリエ教本が発行されておりません。ただ、フランスの項目はAOCやワイン法の変更が圧倒的に少ないことからも、比較的ソムリエ教本に頼らずに勉強できるんです。

時代は移ろい、一次試験がCBT方式になり、いまだボルドーの格付けから勉強するのかという思いがないわけではありません。それでも、やっぱりこの格付けを覚えることがソムリエ試験対策らしいと思うわけで、ここを最初に超えることでソムリエ試験対策に対する一つの覚悟ができるのではと思うのです。

このような理由もあり、この講座ではフランスの項目から一次試験対策を始めます。

※冒頭の写真は、仮装して所々でワインを飲みながら走るメドックマラソンの光景です。

ーーー

ここで少々告知を。定期的に開催しているボルドー古酒の会のご案内です。

伝説を再び〜Château Petrus 1945年の世界

~Q.E.D.CLUBオープン以前(1990年)からこの地のセラーに眠っていたボルドーの古酒達。数十年の時を経て、今、皆様のグラスにお注ぎいたします~

これまで何度となく感動を与えてくれたQEDクラブの古酒たち。今やグランヴァンの古酒は本物か偽物かということが取り糺されますが、おそらくこれほど出どころがしっかりしたこのクラスの古酒は日本にはそれほど多くはないと思います。

今回はメインにChâteau Petrus 1945年をお持ちします。1945年はヴィンテージとして、おそらく私たちが知りうる史上過去最高の年であることに異論はないと思われます。そして、もうこの年を超える程のヴィンテージは二度と訪れることがであろうとも。
文末にこのQEDクラブで開けた、同じ1945年のChâteau Mouton Rothschildの感想を添付いたしますが、本当に別格のヴィンテージだと思います。

おそらく、もう出会うことがないであろうChâteau Petrus 1945年の晩餐”を下記の日時で開催いたします。

このChâteau Petrus 1945の他のアイテムは、同Château Petrus1960年、1972年、1984年を。加えて“黄金の滴”Château d’Yquem 1941年、1965年を準備いたします。

イケムは50年以上熟成させてはじめて本領発揮すると言われます。1941年は今から約80年前、ヴィンテージ的にはまずまず評価の高い年です。この完璧な黄金の液体が熟成によって「口の中でホロホロと崩れ、旨みに変わる瞬間の感動」を皆様と共有できるのではと考えております。

日時:2月27日(木)19:00スタート
場所:東京・恵比寿 レストラン「Q.E.D.CLUB」
定員:10名様(最小催行人数に満たない場合は開催を見送ることがございます)
会費:22万(サービス料・税込)
予約:QEDクラブまでお問合せくださいませ。
Tel 03-3711-0006

ワインリスト
・シャンパーニュ
・白ワイン
・Château Petrus 1945、1960、1972、1984
・Château d’Yquem 1941、1965
・食後酒
・ミネラルウォーター

ソムリエ 松岡 正浩

このQ.E.D.CLUBに眠っているワインですが、1990年に(株)ワールド・インポート・マート((株)ウイム・マーケティングを経て現株式会社スマイル)がボルドーから輸入した1945年から1987年まで(イケムは1921年から1973年)の全ヴィンテージのコレクションです。投機目的で転売されたことも、オークションに出品されたこともありません。また、過去数回開催されたこの会の経験からも今回のアイテムが正真正銘の本物であることを保証します。

特に第一回のムートン・ロートシルト1945年の素晴らしさは今でも夢に見るくらいです。1945年のワインから熟成感でなく清涼感を感じたのですから。私にとって間違いなく人生で一番の赤ワインだと断言できます。

ご確認事項

今回提供予定のワインはQ.E.D.CLUBのセラーにおいて、長年静かに丁寧に寝かせておいた非常に希少なワインです。しかし、在庫が限られているため、ブショネ等の劣化時の交換対応が難しいことを事前にお伝えしなくてはなりません。

これまで万全の状態で管理してきたとはいえ、古酒ですから状態に関しては開けてみないとわからないことも多く、全てのワインが完全な状態ではないかもしれません。また、ブショネに関しては対応させていただきますが、在庫事情により同じヴィンテージで対応することができません。代替ワインとして近いヴィンテージ(クラス)のペトリュス/ムートン/イケムを準備いたします。この点についてご承知いただくための上記の会費設定で、本来であればこの価格ではお出しできないワインのラインナップであることをご理解いただければ幸いです。

なお、ワインの劣化等の判断に関してはソムリエの松岡に一任させていただきます。

参考までに第一回の Château Mouton Rothschild 1945のテイスティングコメントを添付しておきます。

——

伝説のムートン1945は「化け物」でした。

70年という時間を微塵も感じさせないほど若々しく、突き抜けているミネラル感と品のある果実味、そして複雑さは完全に想像を超えておりました。言うなれば、70歳現役のイチローを見るかのように。化け物…でした。

驚いたのはこのワインの清涼感です。本当に突き抜けていました。これ以上ないほど洗練されたエキゾチックなチェリーコーラの清涼感。その清涼感を何層にも重なる綺麗で艶やかな果実味が取り巻いております。
何よりも、古酒的なくすんだ感じ、カビっぽさ、焼けたニュアンスなどが全く一ミリも感じられませんでした。驚愕のワイン、まさに化け物です。

女性に例えると、少女のような初心な一面を見せたかと思えば、妖艶な美熟女に早変わりするような”しおらしさ”と”したたかさ”を持ち合わせているイメージ。

純真さとエロス、軽やかさと重厚感の驚くべき共演。

その後を私は経験していませんが、お集まりいただいた皆さんのお話を伺うと、一番最後まで完全な状態で、いや、さらにふくよかさとミネラル感を増していたのはこのワインだというのです。グラスに注がれて一時間半後に“乾燥したミント”を感じると。
信じられないであろう余韻をサービス中の私が感じる余裕はありませんでしたが、皆さま口々に余韻が全く消えないとおっしゃっておりました。

もう一度この講座のテーマです。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。疲れているのは皆同じです!

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




ボルドーの基本

ボルドーの語源は「水のほとり(au bord de l’eau)」、港町として栄えたこともあり、大きく蛇行したその形状から「月の港」と呼ばれていました。

ボルドーに流れる三つの川と大まかなイメージ

これからあげる三つの川の流れを理解するところから始めましょう。

地図を見ながら大まかにイメージしてくださいね。

・上流の森林地帯から長年やわらかい土を運んできたドルドーニュ川
→やわらかい土が堆積し、石灰粘土質土壌を形成しました。

・スペインとの国境に連なるピレネー山脈から固い岩盤のかけらを運び続けたガロンヌ川
→固い岩盤が石となり流されて削られて、どんどん小さくなって砂利になりました。

・二つの川がボルドー市の北部で合流しジロンド川となり大西洋に注いでいます。
→土と石のどちらもさらに下流まで運ばれましたが、粒子の小さな土はより下に沈みます。ですから、ジロンド川左岸地域も表土は砂利が基本です。

以上より、ドルドーニュ川流域には粘土(やわらかい土)の土壌が広がり、表土の温度が低く保水性が高い粘土質土壌に適したメルロ種が多く栽培されています。
一方で、ガロンヌ川流域の砂利の土壌は水捌けがよく、砂利が熱を蓄えます。ここではこの土壌に適した晩熟型のカベルネ・ソーヴィニヨン種が主に栽培されています。
こうして二つの川によって運ばれたやわらかい土と砂利が合わさりジロンド川流域に堆積しています。この地域は2つの土壌が合わさりますが、表土の砂利の特徴がより強く見られるためこちらでもカベルネ・ソーヴィニヨン種が主に栽培されています。

【ボルドー攻略のためのポイント】
・ボルドーの地図とAOC
まず、大まかに地図を思い浮かべられるようになりましょう。ボルドーに限らず近年は地図を使った問題が増えています。AOCはボチボチ暗記です。

・メドックをはじめとする格付け
ここが最初の難関です。言い換えればここを乗り切れば少し先が見えるということです。大丈夫、あなただけでなく誰もがまずここで苦労します

ですから、今はぼんやり、なんとなく覚えればよいでしょう。で、どうしても駄目な方は今はあきらめることも一つの選択です。ここでつまづいて先に進めなければなんにもなりません。時間を作ってまた戻って来ればよいだけです。

・栽培面積や生産量などの数字は一通り試験対策を終えた後に、他の産地と比較しながら暗記しましょう。ある程度産地のイメージが頭に入った方がわかりやすいと思います。→こちらはいつか、国別・フランスは産地別にまとめます。



さて、改めてまして、

A ボルドーの地図

冒頭でもふれましたが三つの川がとても重要です。ですから、ボルドーの地図をもう一度。

地図上のAOC名の前の”●”は生産が認められているワインの色を表しております。
は赤ワイン、は辛口白ワイン、は甘口白ワインです。
例えば、Pessac-LeognanはAOC Pessac-Leognanとして赤ワインと白ワインの両方の生産が認められていると言う意味です。

また、右岸か左岸かという言い回しで問われます。
※右岸、左岸とは川の上流から見てどちら側かということです。

・最初は下線を引いたAOCが地図上でどこにあるのかを答えられるように、そして生産可能色(白ワインか赤ワインかなど)までしっかりと覚えてください。これが基本です。

特に覚えづらいところですが、Sauternes近辺のAOCが川のどちらにあるのか、どの順番で並んでいるのかをよく確認してください。
→2014年度はバルザック、2015年度はマルゴー、グラーヴ、2017年はソーテルヌの位置を地図上で問われました。

B ボルドーのAOC

メドック地区
ボルドー左岸ともいわれ、すべて赤ワインカベルネ・ソーヴィニョンが主体です。たとばCh.Margauxは有名な白ワインを造っていますがAOCはBordeauxです。
Medoc
Haut-Medoc
Saint-Estephe
Pauillac
Saint-Julien
Margaux
Moulis
Listrac Medoc

・グラーヴ地区
こちらは格付けも含めいろいろと注意が必要です。
まずAOCとしては
Pessac-LeognanGraves ともにですが、
Graves Superieures が白半甘口のみとなります。→Bordeaux Superieurは赤も可です。

こちらも黒ブドウはカベルネ・ソーヴィニョン、白ブドウはソーヴィニョン・ブランが主体です。

※メドックやグラーヴの格付けは次回以降で勉強します。

・サン・テミリオン、ポムロール地区
Saint-Emilion、Pomerol、Fronsacと付けばすべて赤ワインです。→なんとかサンテミリオン、なんとかポムロールってたくさんありますが、ぜんぶ赤ワイン。まずはこれだけでいいでしょう。

ブドウはメルロ主体、カベルネ・フランなどです。

ソーテルヌ地区
甘口白ワインのAOCで、そのほとんどで貴腐ワインを産します。ブドウはセミヨン主体です。

ガロンヌ川左岸
Sauternes
Barsac
Cerons

ガロンヌ川右岸
Sainte-Croix du Mont
Loupiac
Cadillac

※このようにフランスのワイン法ではAOCによってブドウ品種はもちろん、栽培法から醸造法、そして造られるワインのタイプまで明確な取り決めがなされています。

その後、余裕が出てきたころに甘口、半甘口を造っている上記以外のAOCは確認しておきましょう。
※困った時の消去法に役立つんです。時間がない人は無視して問題ありません!

その他のボルドーのAOCに関しては今後、過去問等で出てきたものを一つ一つチェックする程度で十分です。なんといっても格付けの問題が伝統的に幅を利かせており、細かい各AOCの生産可能色等に関する問題はあんまり見られません。→2018年度以降のCBT方式の一次試験でも、変わらず格付け系の出題が見られました。

ここボルドーに関してはブドウ品種をAOCごとに細かく覚える必要はありません。

ひとまず今回はこれくらいで。

今後、毎回【過去問】で確認を行います。一番大切なことは勉強した内容がどのような形で出題されたかを知ることです。全て勉強してから過去問・試験問題で力試しをするという考え方は基礎トレーニングばかりで実践形式での練習をしていないのと同様、あるいは、相手を研究せずにいきなり試合に出るようなもので全くお勧めできません。

さて、もう一踏ん張りです。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
地図中のA〜Eの中からSauternesを示す所を次の中から1つ選び、解答欄に マークしてください。

【過去問】
次のA.O.C.の中でボルドー市街に最も近いものを1つ選び、解答欄にマークし てください。

1. Margaux
2. Moulis
3. Pomerol
4. Pessac-Leognan

【過去問】
次の A.O.C. ワインの中でボルドー地方のドルドーニュ川右岸に位置するものを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1.  Fronsac
2.  Cadillac
3.  Barsac
4.  Entre-Deux-Mers

【過去問】
次の地図中 1 ~ 6 の中から(A)、(B)に該当する A.O.C. を 1 つ選んでください。

(A)Margaux
(B)Graves

bordeauxmap2

【過去問】
ボルドー地方において、ジロンド河の最も上流に位置するA.O.C.を1つ選んでください。

1. Margaux
2. Saint-Estephe
3. Medoc
4. Pauillac

【解説】
地図のイメージが頭にあれば簡単な問題です。

【過去問】
次の1~5 の中からボルドー地方のドルドーニュ川とガロンヌ川の間の地域で生産される、辛口白ワインだけが認められているA.O.C.ワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Cadillac
2. Entre-deux-Mers
3. Sainte-Foy Bordeaux
4. Castillon-Cotes de Bordeaux
5. Sainte-Croix-du-Mont

【解説】
辛口白ワインのみのですよ。

【過去問】
次の 1-4 のボルドー地方のワイン産地の中からドルドーニュ川の右岸に位置するものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Sainte-Foy Bordeaux
2. Castillon-Cotes de Bordeaux
3. Cadillac
4. Sainte-Croix-du-Mont

【過去問】
下記の地図A~Dの中からA.O.C. Barsacの場所を1つ選んでください。

【過去問】
次のボルドー地方の A.O.C.ワインの中から赤ワインだけが認められているA.O.C.ワインを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Graves
2. Ceron
3. Blaye
4. Pomerol

【解説】
あれっ、おかしいなと思った方、その通りです。でも、こうして悩んだりすることが記憶に残るのです。

【過去問】
次のボルドー地方の A.O.C.ワインの中から甘口白ワインだけが認められているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Loupiac
2. Premieres Cotes de Bordeaux
3. Sainte-Foy Bordeaux
4. Graves

【解説】
ここも一つ前と同じです。ソムリエ試験ってたまにこんなことがあるんです。

【過去問】
次のBordeaux 地方のA.O.C. の中から赤ワインだけの生産が認められているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Entre-Deux-Mers-Haut-Benauge
2. Cotes de Bordeaux Saint-Macaire
3. Cotes de Bourg
4. Castillon-Cotes de Bordeaux

【過去問】
次のボルドー地方の地図のA~Dの中でPessac -Leognan地区を示している場所を1つ選んでください。

【過去問】
次のボルドー地方のA.O.C.の中から赤だけの生産が認められているものを1つ選んでください。

1. Graves Superieures
2. Loupiac
3. Blaye
4. Bordeaux-Haut-Benauge

【過去問】
次のボルドー地方のA.O.C.の中から赤・白ともに生産が認められているものを1つ選んでください。

1. Entre-Deux-Mers
2. Fronsac
3. Graves Superieures
4. Cotes de Bourg

ワイン法やワイン市場も年々変化するため、過去の問題の模範解答が現在も正解であるとは言い切れない場合があります。反対に言えばこのようなポイントが出題されやすいとも言えます。気をつけましょう。

次回は誰もが苦労するメドックの格付けに進みます。

お疲れ様でした。本当に疲れたと思います。ボチボチやりましょう。
誰も一度では覚えられません。コツコツ頑張った人が最後に笑います。

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2020 All Rights Reserved.