2022年度講座開講!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
二次試験必勝マニュアルのご案内
テイスティングのセミナーご案内
テイスティングセミナー模範解答
二次のテイスティングはなんとかなる!
テイスティングに関する質疑応答
テイスティング用語選択用紙
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
論述試験対策
二次のテイスティングを振り返る〜2014年
二次のテイスティングを振り返る〜2015年
二次のテイスティングを振り返る〜2016年
二次のテイスティングを振り返る〜2017年
二次のテイスティングを振り返る〜2018年
二次のテイスティングを振り返る〜2019年
二次のテイスティングを振り返る~2020年
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォワ
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
シュッド・ウエスト
コニャック、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
ドイツ
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南アフリカ
日本
酒類飲料概論
テイスティング、ワインの購入・管理
サービス実技、チーズ

CBT過去問・想定問題 ボルドー編

2022/03/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第17回

今回は2018年度から始まりましたCBT方式の過去問・受験情報をもとにした想定問題です。ボルドーの問題を出題年別に並べました。ボルドーの総仕上げです。

ただ、その前にボルドーの歴史をお伝えするのにとても良い本の話を。

数年間にわたってボルドーでワイン造りを経験し、現在もシャトー・メルシャンのチーフワインメーカーとしてワイン造りに携わっている安蔵 光弘氏が記されたボルドーでワインを造ってわかったこと (日本ワインの戦略のために)を読みました。とても面白い本で、特にボルドーの歴史の箇所が、長年この業界にいる私をして”なるほど!”と納得できる素晴らしい内容でしたので、要約して紹介いたします。→すこし長いので3回に分けてお伝えします。不定期になるのでその都度軽く読み返してみて下さい。復習になるはずです。

歴史に翻弄されながらも、チャンスを掴み成り上がったボルドーをこれまでとはちょっと違った視点から見たお話。「ボルドーは中世の一時期イギリスだった」というとっても有名なくだりから、湿地で未開の土地であったメドックのワインが世界的な赤ワインの産地になるまでの過程が、非常にわかりやすく書かれています。ソムリエ試験的にも知っておいて損はないはずです。

ボルドーワインの歴史1

9世紀頃、北ヨーロッパ、主にスカンジナビア半島に勢力を持っていたヴァイキングの首領ロロがパリを包囲しました。西フランク王国のシャルル3世はフランス、パリを守るために、フランス北部のノルマンディー地方(パリの北西、イギリスとの対岸付近)をロロに与え、ノルマンディー公として貴族に叙します。

それから150年後の1066年、彼の子孫7代目ノルマンディー公ギヨーム2世(英語読み:ウイリアム)がイングランド軍を破り、イングランド王ウイリアム1世となります。イングランド王となったギヨーム2世(ウイリアム1世)ですが、フランスではノルマンディーを治める貴族であり、フランスでの立場はフランス王の臣下のままでした。また、イングランドは今でこそ世界に確固たる地位を築いていますが、当時は人口もフランスの1/4程度(数百万人)、大陸の国々から見ると辺境の地というイメージでした。

1135年、ギヨーム2世(ウイリアム1世)の息子、三代目のヘンリー1世は男子に恵まれず、娘マチルダを後継にして亡くなります。しかし、マチルダの従兄弟スティーブンがその隙をついてイングランドに乗り込み、王を僭称してしまいました。

1150年、マチルダの息子アンリがノルマンディー公の位に就きます。のちにヘンリー2世となるアンリ(英語読みにするとヘンリー。フランス語は“H”を発音しません)とこの後に登場する(ソムリエ試験的にも有名な)アリエノールがボルドーの歴史に大きな影響を及ぼすことになります。

この時期にボルドーを含むアキテーヌ地方(ソムリエ試験的にいうとボルドーから南西地方)を領有していたのが、ポワティエ伯ギヨーム10世(ポワトゥー地方:ソムリエ試験的にいうとロワール川河口付近一帯)で、彼は男の子に恵まれなかった為、その長女アリエノールが相続することになっていました。

15歳になったアリエノールはフランス王ルイ7世と結婚するも離婚、そして30歳になった時に19歳のノルマンディー公アンリ(ヘンリー2世)と再婚します。
→離婚の原因が時代を反映しており面白いです。ウィキペディアより抜粋
ーーー
アリエノールは15歳でフランス王妃となった。南仏アキテーヌの女領主として育った陽気なアリエノールと、修道院育ちであり生真面目で信仰心の篤いルイ7世は性格が合わなかった。後に離婚した際にアリエノールはルイのことを「王と結婚したと思ったら、僧侶だった」と言ったといわれる。しかしルイの温和な性格から、不仲は表面化しなかった。2人の間にはマリー、アリックスの娘2人が生まれたが男子をもうけることはできなかった。

1147年の第2回十字軍に、アリエノールはアキテーヌ軍を引き連れ、夫ルイ7世と共に参加した。信仰篤いルイに対し、アリエノールは物見遊山目的であり、王妃の随員や衣類などの荷物だけで部隊が形成され、さらにその護衛部隊も必要となり、進軍の多大な妨げになっていた。こうしたことから、フランス軍が小アジアでセルジューク朝軍に惨敗した原因ともなった。

中略

十字軍遠征の間に、アリエノールとルイ7世の亀裂は決定的となり、ルイは離別を決意するがアリエノールの不貞を表沙汰にしたくないこと、及び二人の王女への影響、宗教的理由からなかなか決心がつかなかった。
ーーー

こうして、アリエノールとアンリの二人はアキテーヌ地方とポワトゥー地方、そしてノルマンディー地方を治める一大貴族となりました。しかし、それでも立場は貴族であり、フランス王の臣下であることに変わりはありませんでした。フランス王ルイ7世は自分の妃と領地を臣下に取られたことに激怒、ノルマンディー地方に侵攻しますが、アンリに跳ね返されてしまいます。

翌年、アンリは本来受け継ぐはずだったイングランドに侵攻、スティーブンを破り、1154年、イングランドの王位も継承、この王朝はプランタジュネット朝と呼ばれます。

アリエノールがフランス王を捨て、イングランド王となるアンリを選んだことによってイギリスとボルドーの関係が築かれ、ボルドーワインが世界的な銘醸地となる始まりとなりました。

出典:ボルドーでワインを造ってわかったこと (日本ワインの戦略のために)

あと2回続きます。

それでは、想定問題に入ります。
量がありますが、試験問題に慣れておくことは必ず有利に働きます。
しっかり確認して下さい。

※表紙の写真は畑から望むシャトーマルゴー

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ



CBT過去問・想定問題 ボルドー編

 

※これらの問題は受験された方々からいただいた出題情報をもとに、私が手直したものです。CBTという特性上、全く同じ問題という確証は取れませんので<想定問題>とさせていただきました。
実際の試験では選択肢方式ですが、問題量も多いのでそこはつけておりません。また各回の過去問と同じく解答はつけておりませんが、実際の試験で何を問う問題だったのかがわかっている問題は解答をつけました。→なぜ原則解答を付けないかは次回お伝えします。
【答】マークの右横を選択、もしくはタップや長押し(スマホ・タブレットの方)をしていただくと解答が見れるように同系色の文字で記載してあります。
各年度の問題量は、提供していただいた情報量にもとづいており、出題頻度とは無関係です。ランダムに配置しましたので、試験感覚で復習してみて下さい。

目次

 

2018年

 

・地図問題 AOC Saint Georges Saint Emilionの位置

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Saint-Julienに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Lagrange

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Pauillacに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Lynch Moussas

・ジロンド川の最も上流に位置する村名AOCは?

・メドック格付け1級シャトーが3つあるAOCは?

・AOC Bordeaux-Haut-Benaugeのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・メドックの格付け4級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Lafon-Rochet

・1855年のメドックの格付けで唯一選ばれたメドック地区以外のシャトーは?

・地図問題 AOC Pessac-Leognanの位置

・Sauternes地区において、AOC Barsacを名乗ることができる格付けPremiers Cruのシャトーは?

・Graves の格付けにおいて赤ワインのみ生産が認められているシャトーを選べ。

・Saint-Emilion管轄区がユネスコ世界遺産に登録された年は?

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Saint-Julienに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Langoa-Barton

・Graves の格付けにおいて白ワインのみ生産が認められているシャトーを選べ。

・ドルドーニュ川の右岸にあるAOCを選べ。
【答】 Fronsac

・Saint Emilion衛星地区の中で、最北のAOCは?

・地図問題 AOC Sainte-Croix-du-Montの位置

・AOC Blayeのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Desmirail

・2012年に見直しが行われたSaint Emilionの格付けにおいて、Premier Grand Cru Classes Aに昇格したシャトーは?

・地図問題 AOC Barsacの位置

・Ch. Mouton Baronne Philippeの現在の名称は?

・ジロンド川の最も下流に位置する村名AOCは?

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Marquis d’Alesme-Becker

・ガロンヌ川の左岸の白・赤生産可能なAOCは?

・ボトリティス・シネレアが発生することに特徴的なワインが造られる産地は?

・海風からボルドーのブドウ畑を守っているものは?

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Palmer

・Sauternesの格付けPremiers CruのシャトーのうちコミューンPreignacに属しているものを選べ。

・AOC Saint Emilionのシャトーでグラーヴ地区に位置するのは?
【答】 Saint Emilionは、大きく「グラーヴ」と「コート」にわけられます。「グラーヴ」は砂利を意味し、粘土質に砂利が混ざった土壌が特徴です。サンテミリオン北西(ポムロール寄り)に位置し、Ch. Cheval Blanc、Ch. Figeacがあります。一方で、「コート」は丘を意味し、石灰質土壌の丘陵部であり、Ch. Ausone、Ch. Pavie、Ch. Angelusなどが属します。

・Ch. Mouton-Rothschildが2級から1級に昇格した年は?

・メドックの格付け4級のシャトーのうちAOC Pauillacに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Duhart-Milon-Rothschild

・AOC Castillon Cotes de Bordeauxのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・ボルドー地方Graves地区の説明として正しいものを選べ。
【答】 ボルドー市の南部に位置し、ブドウ畑は小石や砂利で形成されいる。

・Sauternes地区を流れる川の名前は?

・サンテミリオン管轄区がユネスコの世界遺産に登録されたのは何年?
【答】 1999年に「サンテミリオン管轄区」が、2007年に「ボルドー市街地区」がユネスコの世界遺産に登録されました。

・メドック格付けにおいて1級、5級がなく、2〜4級に11のシャトーあるコミューンは?

・地図問題 AOC Saint-Emilionの位置

・地図問題 AOC Saint Emilionの位置

・ボルドー地方の気候に影響を及ぼす海流を選べ。

 

2019年

 

・AOC Cote de Bourgのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Cos Labory

・Sauternes地区において、Barsac村にある格付けDeuxiemes Cruのシャトーを選べ。
【答】 Ch.Nairac

・Saint-Emilion衛星地区で最も北に位置するAOCを選べ。

・Saint Emilionの格付け「Premier Grand Cru Classes B」に該当するシャトーを選べ。
【答】 Ch.Larcis Ducasse

・地図問題 AOC Ceronsの位置

・ボルドー地方が属する県名は?
【答】 ジロンド県

・ボルドー地方おいて、赤ワインだけが認められているAOCを選べ。
【答】 Pomerol

・Ch.Pougetと同じ格付け、同じコミューンのシャトーを選べ。
【答】 Ch.Prieure-Lichine(Cantenac)

・Pomerol地区の説明として正しいものを選べ。
【答】 ドルドーニュ川右岸、Saint-Emilionの北西に位置する。粘土石灰質に鉄の酸化物を含んだ土壌において、メルロ種を主体とした赤ワインを造る。

・1987年にAOC Gravesから独立したAOCは?

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Pauillacに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Pontet-Canet

・ボルドーとイギリスは関係が深いが、そのきっかけとなった歴史的出来事は?
【答】 アリエノール・ダキテーヌの結婚

・Graves 地区の格付けシャトーにおいて、コミューンLeognanであるものは?
【答】 Ch.Malartic Lagraviere

・AOC Entre-Deux-Mersのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Ferriere

・Graves の格付けにおいて白ワインのみ生産が認められているシャトーを選べ。

・メドックの格付けにおいて、AOC Saint-Julienに属している2級のシャトーの数は?

・Ch. Haut-BaillyのAOCは?

・「Ch. Belair-Monange」「Ch. Petit Village」「Ch. Beausejour」「Ch. Rieussec」の中からAOC Pomerol のシャトーを選べ。
【答】 Ch.Petit Village。その他「Ch.Nenin」「La Conseillante」も出題されてます。※2022年教本でシャトー名は記載がなくなりました。

・Sauternesの格付けPremiers CruのシャトーのうちコミューンSauternesに属しているものを選べ。



2020年

 

・AOC Loupiacのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・Sauternes地区を流れる川の名前は?

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.d’Issan

・アメリン&ウィンクラー博士による気候区分においてボルドーは何に分類される?

・ボルドー地方において、最も北に位置するAOCは?

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Pauillacに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Pedesclaux

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Ferriere

・Graves の格付けにおいて、赤ワインのみの生産が認められているシャトーを選べ。

・メドックの格付け2級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Lascombes

・AOC Graves Superieuresのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・Graves の格付けにおいて、赤ワインも白ワインも生産が認められているシャトーを選べ。

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Calon-Segur

・地図問題 AOC Margauxの位置

・地図問題 AOC Pomerolの位置

・メドックの格付け2級のシャトーのうちAOC Saint-Julienに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Leoville-Las-Cases

・地図問題 AOC Pomerolの位置

・Ch. PavieがPremier Grand Cru Classes Aに昇格した年は?

・AOC Saint-Foy Cotes de Bordeauxのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・Graves 地区の格付けシャトーにおいて、コミューンPessacであるものは?

・ボルドーの気候に影響を与える海流は?

・メドックの格付けにおいて、格付け5級のシャトーが最も多いAOCを選べ。

・地図問題 AOC Pauillacの位置

・ボルドーのワイン産地のうち、ユネスコ世界遺産に登録されているところは?

・Sauternesの格付けPremiers CruのシャトーのうちコミューンFarguesに属しているものを選べ。

・Ch. Mouton Baronne Philippe現在の名称は?

・ガロンヌ川左岸にあるAOCは?
【答】 Pessac Leognan

・メドックの格付け3級のシャトーの数は?

・ボルドー地方において、メルロ種が80%を占め、熟成が進むと官能的なフレーバーが醸し出されるワインが主体のAOCは?
【答】 Pomerol

・ボルドー地方において、最も東に位置するAOCは?

・地図問題 AOC Saint-Estepheの位置

・次の中からAOC Haut-Medocに属する格付けシャトーを選べ。
【答】 Ch.Cantemerle

・1855年のメドックの格付けで唯一選ばれたメドック地区以外のシャトーは?

・AOC Blaye Cotes de Bordeauxのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・Saint-Emilion Premier Grand Cru Classes Aに登録されているシャトーの数は?

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Cos Labory

 

2021年

 

・ボルドーで最も東にあるAOCを選べ。

・ドルドーニュ川の左岸にあるAOCを選べ。

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Dauzac

・Graves の格付けにおいて、赤ワイン・白ワイン共に生産が認められているシャトーを選べ。

・地図問題 AOC Pomerolの位置

・Saint Emilionの格付け「Premier Grand Cru Classes B」に該当するシャトーを選べ。
【答】 Ch.Figeac

・メドックの格付け4級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Marquis de Terme

・AOC Graves Superieuresのワインのタイプ(生産可能色)を選べ。

・清澄で余った卵白をカヌレに使う地域は?
【答】 Bordeaux

・Graves の格付けにおいて、赤ワインのみの生産が認められているシャトーを選べ。
【答】 Ch.Pape Clement

・地図問題 AOC Saint-Estepheの位置

・Ch. d’Yquemの格付けとして正しい物を選べ。
【答】 Premier Cru Superieur

・Saint Emilionの格付け「Premier Grand Cru Classes A」に該当するシャトーを選べ。

・AOC Sauternesに属さない村を選べ。
【答】 Barsac

・Sauternes地区において、AOC Barsacを名乗ることができる格付けPremiers Cruのシャトーを選べ。
【答】 Ch.Coutet

・地図問題 AOC Margauxの位置

・メドックの格付け4級のシャトーのうちAOC Saint-Julienに属しているものを選べ。

・地図問題 AOC Saint-Julienの位置

・ガロンヌ川左岸にあるAOCは?【答】 AOC Pessac Leognan

・次のボルドーのAOCの中から赤白が認められるものを選べ。

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Calon-Segur

・地図問題 AOC Saint Emilionの位置

・ボルドーの気候に影響を与える海流は?

・ボルドー地方おいて、白ワインだけが認められているAOCを選べ。
【答】 Entre-Deux-Mers

・メドックの格付け3級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。

・メドックの格付け5級のシャトーのうちAOC Pauillacに属しているものを選べ。

・メドックの格付け2級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Rauzan-Segla

・Ch. Mouton-Rothschildが2級から1級に昇格した年は?

・ボルドー地方おいて、赤と白の生産が認められているAOCを選べ。
【答】 Blaye Cotes de Bordeaux

・ボトリティス・シネレアが発生することに特徴的なワインが造られる産地は?

・2012年に見直しが行われたSaint Emilionの格付けにおいて、Premier Grand Cru Classes Aに昇格したシャトーは?
【答】 Ch.Pavie

・メドックの格付け2級のシャトーのうちAOC Margauxに属しているものを選べ。
【答】 Ch.Durfort-Vivens

・アメリン&ウィンクラー博士による気候区分においてボルドーは何に分類される?

・メドックの格付け2級のシャトーのうちAOC Saint-Estepheに属しているものを選べ。

・メドック地区の中で、1番北にあるAOCを選べ。
【答】 Margaux

 

お疲れ様でした。このボリュームはかなり大変だったはずですが、確実に力になっていると思います。
次回、「過去問や試験対策問題の取り組み方」をはさんでロワールに入ります。

 

何かございましたらこちらまで
info★majime2.com 松岡 正浩






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2022 All Rights Reserved.