2021年度講座開講中!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方

二次のテイスティングはなんとかなる!
二次のテイスティングに出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
ワインの酸とアルコール
赤ワインの尺度

フランス
スペインポルトガル
イタリア
スイスオーストリア
ハンガリースロヴェニア
ギリシャクロアチア
ブルガリアルーマニア
ジョージアモルドバ
英国ルクセンブルク
ドイツ

アメリカカナダ
チリアルゼンチンウルグアイ
オーストラリア
NZ、南アフリカ

日本、日本酒

テイスティング・購入・販売
サービス実技・チーズ
酒類飲料概論

二次受験報告2014
二次受験報告2015
二次ソムリエ2016
二次エキスパート2016
二次ソムリエ2017
二次エキスパート2017

エクセレンス呼称対策
フランスワイン講座

シャブリ <E>

2021/06/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第27回

シャブリという名前が世界的に有名で、ワインを知らない方でも名前だけは知っているのではないでしょうか。そして、シャブリといえばミネラル。牡蠣にシャブリが合うかどうかは別にして、有名な組み合わせです。

シャブリのトップ生産者の一人、フランソワ・ラヴノー。この方のシャブリは圧倒的に硬いんです。→以前お伝えしたシャンパーニュ「サロン」等に通じるイメージです。

わかりやすいミネラルではなく、例えるなら頑強な岩。ワインを構成する粒子がギュッと硬く詰まっているイメージで、若いうちに飲んでも良さを発揮せず、非常に扱いにくい。ただ、このギュッと詰まったものが解放された時の感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。そうですね、ヴィンテージにもよりますが、まぁ最低30年は待ちたいところです。→このラヴノーのシャブリは日本でも大人気なのですが、このわかりにくいワインがこんなに人気なのかと思ってしまいます。もちろん、硬さ等も含め好みの問題でもありますが。

さて、私は極寒の1月大雪の中、シャブリのラヴノーさんを訪ねたことがあります。そして、常々疑問であった、「ご自身のワインの飲み頃と硬さ、ミネラルについてどううお思いですか?」「正直、どのくらい寝かせてから飲んでほしいと感じてらっしゃいますか?」「これまでに飲んだもので一番良かったヴィンテージはいつ飲んだ何年のワインでしょう?」ということを直接聞いてみたことがあります。

比較的友好的にテイスティングを進めながら、ここぞというタイミングで上記の質問を投げかけたのですが、
「いや、私のワインはいつ飲んでもおいしいと思っているよ。飲み頃?今だよ。今、ほら、美味しいでしょ。もちろん、長期熟成にも耐えるから何年後かに飲んでもおいしいんだけどね」
と答えが返ってきたため、私はがっかりしました。さらに、
「これまで一番良かったヴィンテージは…古いものだろ、えっとこの間息子の誕生日に飲んだえっと何年だっけ?いや、199…、あれ忘れた。でも、あれも良かったなぁ」
はぁ、どれを飲んでも美味しいのね…。

フランスに住んでいた頃、特にパリから近いブルゴーニュの生産者をよく訪問したものですが、多くの生産者がこの飲み頃問題に対して、同じように”今だよ”と答えるのです。

そして、ある時、気が付きました。

彼らにとって自分が造ったワインは、いくら若くて硬かろうと出来が良くなかろうと、その時々のワインそれぞれの良さを感じるのであろうと、言うなれば自分の子供が何歳になっても子供は子供でかわいいのと同じように、自分の造った愛おしいワインなのであろうと。

ラヴノー、若くてももちろん突き抜けています。ただ、満開の状態を知っている私としてはもったいないというか、ものたりないというか、そんなことを思ってしまうんです。

ソムリエとして、最高の飲み頃を知ることは大切だと思っておりますが、それぞれのワインの良さをしっかりと感じることも大切だとこのラヴノーを飲むといつも考えさせられます。

明日ではなく、今日少しだけでも頑張りましょう。
今日できない人は明日もたぶん、できません…。

まだ大丈夫です。でも、毎日頑張るんですよ。
にほんブログ村 酒ブログへ




シャブリ <E>

 

冷涼な気候と小さな牡蠣の化石を含む特徴的な土壌より、シャルドネから爽やかでミネラル豊かな白ワインが造られます。

AOC Chablisとしては白ワインのみが認められており、Petit ChablisからChablis Grand Cruまで四つの階層にわかれています。

A シャブリの土壌

牡蠣の化石を含む石灰岩と泥灰岩からなるキンメリジャン<2018>と呼ばれる土壌→ジュラ紀後期キンメリッジ階時代の土壌です。

B シャブリ・グラン・クリュ

Grand Cruの畑はスラン川<2020>の右岸の丘陵地に広がります。最初にGrand Cruの7つの畑とMoutonneを地図を見て覚えましょう。<2018>


のあたりにMoutonneがあります。中央に流れているのはスラン川です。

Grand Cruの畑の中で、
Grenouillesが最小<19>
Les Closが最大<18>
になります。

・Moutonneについて<19>
VaudesirとPreuses<18>にまたがるシトー派修道院が所有していた由緒ある畑。法的に正式なGrand Cruではありませんが、Chablis Grand Cru Moutonneの記載が認められています。→現在は大手ネゴシアン、アルベール・ビショーがMoutonneを所有するドメーヌ・ロン・デバキを管理しています。

・もう一つの特級、Clos des Hospis
Les Closの一部がボーヌの慈善病院に寄進されているためGrand Cruと言われています。
この畑名が認定試験に一度出題されていますが、これはかなり難問の部類に入ります。私はこのワインを見たことがありません。

※ここシャブリに限らず、ボーヌの慈善病院のオークション、いわゆる Hospice de Beauneに関する問題はほとんど出題されません。無視しましょう。


C シャブリ・プルミエ・クリュ

一級はきりがないので一気に覚える必要はありませんが、
Vosgros
Vaillons
Beauroy
はGrand Cruと名前の響きがかぶっている感じがあり、この中からGrand Cruを選びないさいという問題の選択肢として登場します。そのほか有名どころもありますが、何かの機会に出会ったものを覚える程度でよいでしょう。

D グラン・オーセロワ地区

ヨンヌ川右岸、シャブリ地区の南西にあるワイン産地。それほど有名な地域ではありませんが、試験に出る項目があります。

Irancy:赤のみ ピノ・ノワール主体<18><19>←100%じゃなくてもいい。
Saint-Bris:白のみ ブルゴーニュとしては珍しいソーヴィニヨン・ブラン<18>
→私が試験を受けた当時はAOCではなく、その下のクラスで、ソーヴィニヨン・ド・サン・ブリと呼ばれていました。

上記のIrancy、Saint-Brisは日本ではそれほど見かけないのですが、パリではカフェなどでたまに見かけます。

他にもマイナーAOCがあります。本当に余裕のある方、エクセレンス呼称受験の方は赤・白・ロゼすべてが認められているAOC以外(Epineuil、Vezelay<20>、Tonnerreなど)をチェックしておくとよいかもしれません。



ソムリエ試験 過去問

【過去問】
Chablis地区に流れる川を次の中から1つ選び、解答欄にマークしてください。

1. セーヌ川
2. シロン川
3. ソーヌ川
4. スラン川

【過去問】
Chablis Grand Cru の中で最も面積が大きなクリマを 1 つ選び、解答欄にマークしてください。

1. Blanchot
2. Les Clos
3. Grenouilles
4.  Valmur

【過去問】
シャブリ地区の地図中 A に該当するグラン・クリュを 1 つ選んでください。

スクリーンショット 2016-02-15 11.37.55

1. Les Clos
2. Bougros
3. Grenouilles
4. Les Preuses

【過去問】
ブルゴーニュ地方で Sauvignon Blanc を主体に生産される A.O.C. を 1 つ選んでく ださい。

1. Irancy
2. Fixin
3. Saint-Bris
4. Marsannay

【過去問】
Chablis Grand Cruの中で最も面積が大きなクリマを 1 つ選んでください。

1. Blanchot
2. Les Clos
3. Grenouilles
4. Valmur

【過去問】
ブルゴーニュ地方のヨンヌ県で赤ワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。

1. Irancy
2. Saint-Bris
3. Bourgogne
4. Tonnerre

【解説】
シャブリといえばヨンヌ県、頭の片隅にでも置いておくとよいかもしれません。4.Tonnerreなんて出ないと思いますが、白のみのAOCです。

【過去問】
次のクリマの中からChablis Grand Cru 以外のものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Blanchot
2. Bougros
3. Beauroy
4. Valmur

【過去問】
次の畑名の中からシャブリ・グラン・クリュを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Les Ruchotte
2. Les Vercots
3. Valmur
4. Vaucrains

【過去問】
次のシャブリ・グラン・クリュのクリマの中で最も栽培面積の小さいものを1つ選んでください。

1. Bougros
2. Grenouilles
3. Preuses
4. Vaudesir

【過去問】
次の1~5 のブルゴーニュ地方のA.O.C.ワインの中からSauvignon Blanc種のぶどうから造られているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Bouzeron
2. Irancy
3. Vire-Clesse
4. Saint Bris
5. Maranges

【過去問】
次の 1-4 の中からChablis Premier Cruを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1. Beauroy
2. Grenouilles
3. Valmur
4. Bougros

引き続きCBT試験過去問、想定問題です。

【CBT過去問・想定問題 2018】
・Chablisにおいて一番大きなGrand Cruは?
・AOC Irancyの主要ブドウ品種は?
・Chablis Grand Cru Moutonneが位置するGrand Cru二つは?
・シャブリ地区の有名な土壌は?
・ヨンヌ県において赤ワインのみが認められたAOCは?
・地図問題 Chablis Grand Cru Valmurの畑の位置
・Saint-Brisで使用が認められているブドウ品種は?

【CBT過去問・想定問題 2019】
・Chablisにおいて一番小さなGrand Cruは?
・Chablisにおいて二つのGrand Cruにまたがる由緒ある畑は?
・AOC Irancyのワインのタイプ(生産可能色・甘辛・泡)を選べ。

【CBT過去問・想定問題 2020】
・地図問題 Chablis Grand Cru Bougrosの畑の位置
・この川の右岸の丘陵にChablis Grand Cruの畑が並びます。この川の名前は?
・AOC Vezelayが属するエリア(県名)は?【答】
・地図問題 Chablis Grand Cru Les Closの畑の位置

ーーーーーーー

【解答 2020】
・AOC Vezelayが属するエリア(県名)は?
→ヨンヌ県

お疲れ様でした。
今日はそれほどでもありませんよね。ってこともないか…。だっ、大丈夫です!着実に進んでいます。今日はあさっりとこれくらいで終わりたいと思います。
明日も頑張りましょう!

何かございましたらこちらまで
koza★majime2.com 松岡 正浩





この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2021 All Rights Reserved.