2022年度講座開講!CBT試験対応!ワインスクールに通わずとも合格できるということ。

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

カテゴリー

はじめに、読み方、使い方
三次試験ソムリエ呼称の実技について
今年の二次のテイスティングを振り返る
試験を終えて
二次試験必勝マニュアルのご案内
テイスティングのセミナーご案内
テイスティングセミナー模範解答
二次のテイスティングはなんとかなる!
テイスティングに関する質疑応答
テイスティング用語選択用紙
二次試験に出題されたワイン
主要ブドウ品種の特徴
論述試験対策
二次のテイスティングを振り返る〜2014年
二次のテイスティングを振り返る〜2015年
二次のテイスティングを振り返る〜2016年
二次のテイスティングを振り返る〜2017年
二次のテイスティングを振り返る〜2018年
二次のテイスティングを振り返る〜2019年
二次のテイスティングを振り返る~2020年
二次のテイスティングを振り返る~2021年
エクセレンス呼称対策(旧シニア呼称)
ボルドー
ロワール
シャンパーニュ
アルザス、ジュラ、サヴォワ
ブルゴーニュ
コート・デュ・ローヌ
プロヴァンス、コルス
ラングドック=ルーシヨン
シュッド・ウエスト
コニャック、フランス概論
スペイン・ポルトガル
イタリア
スイス・オーストリア
ハンガリー・スロヴェニア
ギリシャ・クロアチア
ブルガリア・ルーマニア
ジョージア・モルドバ
英国・ルクセンブルク
ドイツ
アメリカ・カナダ
アルゼンチン・チリ・ウルグアイ
オーストラリア
NZ・南アフリカ
日本
酒類飲料概論
テイスティング、ワインの購入・管理
サービス実技、チーズ

ソムリエ試験一次(CBT方式)の受験日程について考える。

2022/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

第101回

本気で頑張ってますか?

まぁ、絶好調です!という方はそんなにいらっしゃらないでしょう。何とか頑張っていますという方、疲れていてつらいけど、たまにさぼっちゃうけど、なんとかここまで来ましたという方、皆さん、お疲れ様です。イイ感じだと思います。

一方で、まだうまく波に乗りきれていない方もいらっしゃるでしょう。でも、本当に本当に最後のチャンスです。もうダラダラしている時間、うだうだ言ってる暇は一秒たりともありません。今、まさにこの瞬間から本気にならないと、一分一秒を大切にしてやらないと合格が露と消えます。

コツコツ頑張っているのにいまいち手ごたえを感じない。覚えても覚えてもすぐに忘れてしまう。ワインを飲み比べて違いはわかるようになったけど、ブドウ品種の特徴がとらえられない…。

この時期、さまざまな悩み、モヤモヤがあるものです。おそらく受験されるほとんどの方が同じように悩み苦しみながら試験対策を進めているはずです。受験当時、私も同じように苦しみましたから。もしかすると試験当日までこの苦悩から開放されることはないかもしれません。それでも、ここを乗り越えた先に、耐えた抜いた先に合格はあります。

覚えてもすぐに忘れてしまう。これは皆同じです。健全な人間はどんどん忘れるようにできているそうです。全ての記憶を背負って生きることなど恐ろしくて考えるだけでぞっとしてしまいます。

残念ながらコツコツ繰り返し暗記を行うことが合格への道です。ここまで来たのですから自分のやり方を信じて一歩一歩前進しましょう。後で振り返ると試験対策の方法なんてなんでもよかったと思える日が来るはずです。

大切なことは合格するという強い気持ちを持って最後まであきらめずに試験対策を続けることです。

テイスティングについても不安は尽きないと思います。→私は結局よくわからないまま二次試験会場に向かいました…。二次のテイスティング対策についても最後は暗記です。この講座ではなんとかタイプわけして最後は模範テイスティングコメントを暗記して当てはめる方法でいきます。ですから、今の段階では、これまでに何度もお伝えしたように定期的にテイスティングを行い、必ず書き留めて自分なりの感覚、基準を持てるように努力してください。細かいテイスティングコメントなどは一次試験が終わってからでも十分間に合います。

過去の受験報告より抜粋

一次試験対策に夢中で、9月まで全くテイスティング対策に手をつけておらず、たかが1ヶ月ちょいの猛特訓でした。当然、理解する時間も感覚としてとらえる時間も足りず…。こんなレベルでワインを分析と言われても…。ワインをテイスティングしてイメージを持つことすら二次試験直前まで全くできず、淡いか濃いかだけを頼りにしてコメントを当てはめる…。

もっと早く始めておけばよかったと焦りに焦り、最後は後悔の連続…。それでも、この試験に臨めた事、松岡様には本当に感謝しております。←ありがとうございます。ただ、厳しい言い方ですが、ワインのプロになろうという事に対して、たった一ヶ月ちょいのテイスティングの訓練では無謀です。

という事で、ブドウ品種全部外し、生産国もフランス1つだけ正解という無残な結果に終わりました…。今、絶望を味わっております。明らかに経験不足でした

振り返って、やはりもっと早くからテイスティング対策を始めておくべきだったと痛感しました。一次試験対策に追われ、後回しにしたことが痛かったです。いや、やろうと思えば出来たはずでした。ただ、どこから手をつけて良いかいまいちわからず…、松岡さんは”ワインを感じて言葉にしなさい”と言っていたけど、こちらもなんというかうまくいかないというか、だんだん億劫になってしまい…。明日から、来週からと思い続けて結局一次試験が終わるまで、本腰を入れてテイスティング対策に取り組むことができませんでした。

今になって、ワインを言葉にする意味や、テイスティングは時間がかかるということがなんとなく理解できるようになりました…。

もう、テイスティング経験の少なさを痛感した二次試験でした。少なくとも濃い系品種についてもう少し理解していれば、赤1はそれなりに解答できたかなと猛省中です。

温暖と冷涼の違いがある程度わかってきたように感じたのが二次試験一週間前。その時に何かを掴んだ気がしましたが、それを試験向けに落とし込む時間はありませんでした。

主要ブドウ品種の特徴に関しても、”自分のものになった””ポイントを押さえた”という感覚には程遠い状態です。こうなるとわかっていたとはいえ、テイスティング対策になかなか手をつけることができませんでした。

自分の選んだコメントがどこまで通用するのか、合格発表まで戦々恐々です。

この時期、一次試験対策が最優先ですが、できるかぎりテイスティングも時間を作って続けてください。

繰り返しますが、もう本気でやっていなければいけない時期です。ちょっとした空き時間も一切無駄にせず日々前進しましょう。

私ごとですが、このちょっとまじめにこーざも11年目を迎えました。お読みいただいている皆さんがいると思うことがなによりの継続の原動力です。感謝しております。

この“こーざ”の更新を長年やっているので今や自分なりのペースがあるのですが、うまくいかない日もあるもので、弱い自分が顔を出す瞬間が多々あります。正直、今日はいいかなと思う日もあるんです。私も皆さんと同じように(飲食店で)朝から夜遅くまで働いていますから。でも、そこで自分に負けてしまうとこの“こーざ”の存続に関わります。

でもまぁ、私のことはいいんです。

私は最後まで必ず更新を続けると約束しますから、イマイチ乗り切れない人も今日から本気でやりましょうよ。辛い時に頑張れるかどうか、人生において本当に大きな差になります。でも、ずっと頑張れとは言いません。最初のゴールが見えかけているんです。まずは一次試験まで本気のラストスパート、全力疾走です。

疲れているのは皆同じなんですよ。明日ではなく、今日頑張ろうを合言葉に、何よりもこれからは合格を強く意識して前進しましょう。

にほんブログ村 酒ブログ ソムリエへ




ソムリエ試験一次(CBT方式)の受験日程について考える。

 

さて、今年で5年目を迎えるCBT方式による一次試験。二回まで受験可能で、さらに受験日程もご自身で決めることが可能です。

この様なスタイルですから、いろいろと作戦を練ることが可能です。一度目はある程度様子見で受験し、二度目で本番という考え方が一般的だと思われますが、このタイミングでしっかりと考えることにします。→「合否とともに得点の範囲が4段階で表示・掲載されます」とのことです。ちなみに合否は試験終了後、望む望まないにかかわらず即表示されます。

ソムリエ協会のHPによりますと、5月31日までに申し込んだ方と6月1日以降の方では選択できる日程が若干違いますが、ご自身の試験対策の進捗状況等々を鑑みて、日程を検討することになります。

そして、私が思うベストな一次試験の受験日程が下記です。

1回目:8月1日〜7日頃に設定
早めに、ここで本気で突破するつもりで受験します。もちろん二度目があると心のどこかで思っておりますが、この日で一発突破するために今から一次試験対策のペースを上げます。この頃、7月20日に一次試験が始まって十日から二週間、それなりに出題状況やいろんな情報が出回りますから、全くの手探りという感じではありません。→毎年、初日(7/20)に合格しました!というご報告をいただいております。
また、あと二ヶ月弱ですから”本気のラストスパート”としてもちょうど良い期間です。そして、なんと言ってもこの時期に一次試験を突破すれば二次のテイスティング対策に二ヶ月以上時間を費やすことができます。8月末の方より一ヶ月ほどテイスティング対策の時間が多く取れることになり、大きく前進することができるんです。

これまでも一次試験対策と並行してテイスティング対策を行って下さいと言い続けてきましたが、一次試験を突破してからですと、気合の入り方も違います。さらに、もしこの日で一次試験を突破することができなくても、一度経験したことで、見えて来ることが必ずあります。

2回目:8月15日〜22日頃に設定
一回目から約2週間後ですね。一回目受験の時点で一度仕上げておりますから、この二週間で本気の追い込みです。一度目の時に仕上げることが何よりも大切です。でも、まぁ、間に合わなかったよ…という方もたくさんいらっしゃるでしょうけど。

一度実際に一次試験を経験していますから、イメージもつかめています。残りの全ての時間を一次試験対策に費やすという意味では二週間がベストです。ここを三週間にしてダラダラという方はお勧めしません。バシッと二週間、1分も無駄にしないと覚悟を決めて取り組みます。また、15日〜22日に一次試験を突破すれば、8月中から二次のテイスティング対策をしっかりと行うことができます。毎年、感じることですが、やっぱり9月からですとちょいと時間が短いんです。

今週中に、ご自身のこれから一次試験までの試験対策の予定を決め、受験日を決めてしまいましょう。ゴールや期限が決まった方がより力を出せるものです。

今後のちょっとまじめにこーざの更新は以下の予定で進めます。

6月15日〜 アメリカ→カナダ→南米
7月1日〜 オーストラリア→NZ→南アフリカ
7月10日〜 日本・日本酒→その他→酒類飲料概

多少遅れるかもしれませんが、このペースで更新いたします。

今、「よし!やるぞ!」と思えた方は間違いなく一次試験突破です。「え〜、あと二ヶ月って全然間に合いそうにないよ…」という方、二ヶ月で合格ラインを超えるために今しっかり考えましょう。とにかく、一回目は二ヶ月後です。

合格するために、いや今後の人生のために、この一週間、ご自身の生活習慣も含めてしっかりと考えてみて下さい。

何かございましたらこちらまで
info★majime2.com 松岡 正浩





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ , 2022 All Rights Reserved.